所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

理学部生物学科

職名 【 表示 / 非表示

教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

動物生理・行動

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

神経行動学、時間生物学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:昆虫概日時計の複眼依存性光同調の分子機構

    研究課題概要:

  • 研究課題名:不完全変態昆虫概日時計の分子振動機構

  • 研究課題名:不完全変態昆虫概日時計の光同調機構の解析

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Green-sensitive opsin is the photoreceptor for photic entrainment of an insect circadian clock.

    掲載誌名:Zoological Letters1巻 (頁 11 ~ )

    発行年月:2015年02月

    著者氏名(共著者含):Komada S, Kamae Y, Koyanagi M, Tatewaki K, Hassaneen E, Saifullah ASM, Yoshii T, Terakita A and Tomioka K

  • 題目:The circadian system in insects: Cellular, molecular, and functional organization

    掲載誌名:Advances in Insect Physiology56巻 (頁 73 ~ 115)

    発行年月:2019年04月

    著者氏名(共著者含):K. Tomioka, A. Matsumoto

  • 論文題目名:The clock gene cycle plays an important role in the circadian clock of the cricket Gryllus bimaculatus

    掲載誌名:Journal of Insect Physiology59巻 7号 (頁 697 ~ 704)

    発行年月:2013年07月

    著者氏名(共著者含):Uryu O, Karpova SG, Tomioka K

 

写真

氏名

富岡 憲治 (トミオカ ケンジ)

TOMIOKA Kenji

所属専攻講座

自然科学研究科

職名

教授

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)神経行動学、時間生物学

(英)Neuroethology,Chronobiology

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:岡山大学

    学校の種類:大学

    学部名:理学部

    学科名:生物学科

    卒業年月:1978年03月

    卒業区分:

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:岡山大学

    研究科名:理学研究科

    専攻名:生物学

    修了課程:修士課程

    修了年月:1980年03月

    修了区分:

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:理学博士

    学位の分野名:動物生理・行動 (Animal physiology/behavior)

    学位授与機関名:北海道大学 (Hokkaido University)

    取得方法:論文

    取得年月:1986年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:自然科学研究科 、生物科学専攻

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2005年04月 ~ 継続中

  • 職務遂行組織:理学部 、生物学科

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2003年04月 ~ 2005年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:山口大学理学部

    経歴名:教授

    経歴期間:1995年04月 ~ 2003年03月

  • 所属(勤務)先:山口大学理学部

    経歴名:助教授

    経歴期間:1992年11月 ~ 1995年03月

  • 所属(勤務)先:ノースキャロライナ大学チャペルヒル校 (University of North Carolina at Chapel Hill)

    経歴名:博士研究員 (Research Associate)

    経歴期間:1986年08月 ~ 1987年08月

  • 所属(勤務)先:山口大学理学部

    経歴名:助手

    経歴期間:1980年04月 ~ 1992年10月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 国際神経行動学会(International Society for Neuroethology) /  その他 ( 1995年01月 ~ 2006年12月 )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • 日本時間生物学会 /  日本国 ( 1994年01月 ~ 継続中 )

    活動内容:ReaD移行データ日付 : 2005-

  • 生物リズム学会(Society for Research on Biological Rhythms) /  その他 ( 1991年01月 ~ 継続中 )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • ニューロエソロジー談話会 /  日本国 ( 1991年01月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:世話人

    活動期間:

    活動内容:ReaD移行データ日付 : 1999-

  • 日本比較生理生化学会 /  日本国 ( 1979年01月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:編集幹事

    活動期間:

    活動内容:ReaD移行データ日付 : 1998-

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 動物生理・行動 (Animal physiology/behavior)

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:昆虫概日時計の複眼依存性光同調の分子機構

    キーワード:生物時計、光同調、分子機構、時計遺伝子、昆虫

    研究態様:個人研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2018年04月 ~ 2021年03月

    専門分野(科研費分類):動物生理・行動

    専門分野(researchmap分類):動物生理学一般

  • 研究課題名:不完全変態昆虫概日時計の分子振動機構

    キーワード:生物時計、分子振動機構、昆虫

    研究態様:個人研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2015年04月 ~ 2018年03月

    専門分野(科研費分類):動物生理・行動

    専門分野(researchmap分類):動物生理学一般

  • 研究課題名:不完全変態昆虫概日時計の光同調機構の解析

    キーワード:生物時計、同調機構、昆虫

    研究態様:個人研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2011年04月 ~ 2015年03月

    専門分野(科研費分類):動物生理・行動

    専門分野(researchmap分類):動物生理学一般

  • 研究課題名:概日リズムを指標とした脳神経回路の老化評価システムの構築

    キーワード:生物リズム、 脳、 老化

    研究態様:個人研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2011年04月 ~ 2014年03月

    専門分野(科研費分類):動物生理・行動

    専門分野(researchmap分類):動物生理学一般

  • 研究課題名:時計遺伝子のRNA干渉法による昆虫光周測時機構への概日時計の関与の検討 (Examination of involvement of the circadian clock in insect photoperiodism by RNA interference of clock genens.)

    キーワード:視葉、概日時計、光周情報、ニューロン (insect, clock gnenes, photoperiodism, RNA intereference)

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2005年01月 ~ 2006年12月

    専門分野(科研費分類):動物生理・行動

    専門分野(researchmap分類):動物生理学一般

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:神経生物学IB

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:時間生物学特論

    担当期間:2019年10月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:生体制御学IIIB

    担当期間:2019年06月 ~ 2019年08月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:環境および時間生物学演習

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:生物測時機構学

    担当期間:2019年04月 ~ 2019年09月

    授業形式:

全件表示 >>

その他 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    イラン、テヘラン大学の大学院生1名を後期6か月間受け入れ、研究指導を行った。

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Temperature synchronization of daily locomotor and transcriptional rhythms in the cricket, Gryllus bimaculatus

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Zoological Science36巻 2号 (頁 95 ~ 104)

    発行年月:2019年04月

    著者氏名(共著者含):Kannan, N. N., Tomiyama, Y., Nose M., Tokuoka, A., Tomioka, K.

    共著区分:共著

    DOI:10.2108/zs180148

  • 論文題目名:A novel photic entrainment mechanism for the circadian clock in an insect: involvement of c-fos and cryptochromes

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Zoological Letters4巻

    発行年月:2018年08月

    著者氏名(共著者含):101. Yuki Kutaragi, Atsushi Tokuoka, Yasuaki Tomiyama, Motoki Nose, Takayuki Watanabe, Tetsuya Bando, Yoshiyuki Moriyama, Kenji Tomioka

    共著区分:共著

  • 論文題目名:A tug-of-war between Cryptochrome and the visual system allows the adaptation of evening activity in long summer days in Drosophila melanogaster

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Biological Rhythms33巻 (頁 24 ~ 34)

    発行年月:2018年01月

    著者氏名(共著者含):97. Kistenpfennig C, Nakayama M, Nihara R, Tomioka K, Helfrich-Förster C, Yoshii T

    共著区分:共著

    DOI:10.1177/0748730417738612

  • 論文題目名:cryptochrome genes mediate photoperiodic responses in the cricket Modicogryllus siamensis

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Physiological Entomology43巻

    発行年月:2018年01月

    著者氏名(共著者含):Haruki Ueda, Saori Tamaki, Taiki Miki, Outa Uryu, Yuichi Kamae, Motoki Nose, Tsugumichi Shinohara, Kenji Tomioka

    共著区分:共著

    DOI:10.1111/phen.12258

  • 論文題目名:timeless2 plays an important role in reproduction and circadian rhythms in the cricket Gryllus bimaculatus

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Insect Physiology105巻 (頁 9 ~ 17)

    発行年月:2018年01月

    著者氏名(共著者含):Nose M., Tokuoka A., Bando T., Tomioka K

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.jinsphys.2017.12.007

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:The circadian system in insects: Cellular, molecular, and functional organization

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Advances in Insect Physiology56巻 (頁 73 ~ 115)

    出版機関名:Elsevier

    発行年月:2019年04月

    著者氏名(共著者含):K. Tomioka, A. Matsumoto

    共著区分:共著

  • 題目:Heterogeneity of the peripheral circadian systems in Drosophila melanogaster: A Review. ,

    記述言語:未設定

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:Frontiers in Physiology7巻 8号

    出版機関名:

    発行年月:2016年01月

    著者氏名(共著者含):Ito, C., Tomioka, K.

    共著区分:共著

    DOI:doi: 10.3389/fphys.2016.00008

学術雑誌編集委員 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    学術雑誌名:Zoological Letters

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2019年度

    学術雑誌名:Journal of Insect Physiology

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2019年度

    学術雑誌名:Zoological Science

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2019年度

    学術雑誌名:Physiological Entomology

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2018年度

    学術雑誌名:Zoological Letters

    委員長/委員等の種類:委員

全件表示 >>

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:OKOIS昆虫学研究会

    開催場所:大阪大学

    開催期間:2017年12月

    題目又はセッション名:コオロギ概日時計の光同調機構

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第39回日本比較生理生化学会大会

    開催場所:福岡大学

    開催期間:2017年11月

    題目又はセッション名:Timeless2 plays an important role in the circadian clock of the cricket, Gryllus bimaculatus.

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本時間生物学会学術大会

    開催期間:2017年10月

    題目又はセッション名:Molecular physiological mechanism of nymphal diapause in the cricket Modicogryllus siamensis.

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本時間生物学会 時間生物学トレーニングコース

    開催期間:2017年10月

    題目又はセッション名:Pittendrighの古典を読む:ショウジョウバエの時計機構を中心に.

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本動物学会第88回大会

    開催場所:富山市

    開催期間:2017年09月

    題目又はセッション名:フタホシコオロギにおける誘引歌および日周発音行動への時計遺伝子の関与

全件表示 >>

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 生物リズムに関する札幌シンポジウム

    役職・役割名:座長

    活動期間:2018年07月

    活動内容:口演4題の座長として、発表および質疑応答を主導した。

  • 日本動物学会

    役職・役割名:理事

    活動期間:2012年09月 ~ 2016年09月

    活動内容:中国四国支部長として、支部活動の統括、及び理事として学会運営を行っている。

  • 日本動物学会

    役職・役割名:理事

    活動期間:2012年09月 ~ 2016年09月

    活動内容:広報担当として、学会活動に関連した広報を行っている。
    2014年9月からは中国四国支部長として、支部活動の統括を行っている。

  • 日本動物学会

    役職・役割名:評議員

    活動期間:2011年01月 ~ 継続中

    活動内容:ReaD移行データ日付 : 2005-

  • 生物リズム学会(Society for Research on Biological Rhythms)

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

学会賞等受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:山陽新聞賞(学術功労)

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞

    受賞年月:2016年01月07日

    受賞国:日本国

    授与機関:山陽新聞社

    受賞者・受賞グループ名:富岡憲治

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:基盤研究(B)

    研究題目:昆虫概日時計の複眼依存性光同調の分子機構

    研究期間:2018年04月 ~ 2021年03月

    資金支給機関:日本学術振興会

    研究内容:昆虫の概日時計の複眼を経由した光同調機構を分子レベルで解明することを目指す。

  • 研究種目名:基盤研究(B)

    研究題目:昆虫概日時計の複眼依存性光同調の分子機構

    研究期間:2018年04月 ~ 2021年03月

    資金支給機関:日本学術振興会

    研究内容:昆虫の概日時計の複眼を経由した光同調機構を分子レベルで解明することを目指す。

  • 研究種目名:基盤研究(B)

    研究題目:不完全変態昆虫概日時計の分子振動機構

    研究期間:2015年04月 ~ 2018年03月

    資金支給機関:日本学術振興会

    研究内容:不完全変態昆虫の概日時計の振動機構を分子レベルで解明することを目指す。

  • 研究種目名:基盤研究(B)

    研究題目:不完全変態昆虫概日時計の分子振動機構

    研究期間:2015年04月 ~ 2018年03月

    資金支給機関:日本学術振興会

    研究内容:不完全変態昆虫の概日時計の振動機構を分子レベルで解明することを目指す。

  • 研究種目名:基盤研究(B)

    研究題目:不完全変態昆虫概日時計の分子振動機構

    研究期間:2015年04月 ~ 2018年03月

    資金支給機関:日本学術振興会

    研究内容:不完全変態昆虫の概日時計の振動機構を分子レベルで解明することを目指す。

全件表示 >>

 

公開講座・講演会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    講座、講演会等種類:その他

    参加人数:22人

    開催日:2019年02月

    講座等名:清心女子高校出前講義

    講義題名:時間生物学

    主催者:清心女子高等学校

    対象者:高校1年生 

    開催地,会場:倉敷市、清心女子高等学校

  • 年度:2017年度

    講座、講演会等種類:その他

    参加人数:22人

    開催日:2017年01月

    講座等名:清心女子高校出前講義

    講義題名:時間生物学

    主催者:清心女子高等学校

    対象者:高校1年生 

    開催地,会場:倉敷市、清心女子高等学校

  • 年度:2016年度

    講座、講演会等種類:その他

    参加人数:22人

    開催日:2016年01月

    講座等名:清心女子高校出前講義

    講義題名:時間生物学

    主催者:清心女子高等学校

    対象者:高校1年生 

    開催地,会場:倉敷市、清心女子高等学校

  • 年度:2015年度

    講座、講演会等種類:その他

    参加人数:22人

    開催日:2016年01月

    講座等名:清心女子高校出前講義

    講義題名:時間生物学

    主催者:清心女子高等学校

    対象者:高校1年生 

    開催地,会場:倉敷市、清心女子高等学校

 

部局長などの実績 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    役職:副学部長

    職名:理学部 副学部長

    任期:2016年04月 ~ 2017年03月

    貢献の実績:副学部長として特に広報、入試関係について学部運営に携わった。

  • 年度:2015年度

    役職:副学部長

    職名:理学部 副学部長

    任期:2015年04月 ~ 2016年03月

  • 年度:2014年度

    役職:副学部長

    職名:理学部 副学部長

    任期:2014年04月 ~ 2015年03月

全学的な実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    委員会等の名称:ウーマン・テニュア・トラック(WTT)人事協議会

    役職:委員

    任期:2016年04月 ~ 2017年03月

    貢献の実績:WTTの採用、評価等について協議を行った。

  • 年度:2015年度

    委員会等の名称:ウーマン・テニュア・トラック(WTT)人事協議会

    役職:委員

    任期:2015年04月 ~ 2016年03月

    貢献の実績:WTTの採用、評価等について協議を行った。

所属部局等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    委員会等の名称:理学部入試検討委員会

    役職:委員長

    任期:2016年04月 ~ 2017年03月

    貢献の実績:入試の方式等について検討を行った。

  • 年度:2016年度

    委員会等の名称:理学部広報委員会

    役職:委員長

    任期:2016年04月 ~ 2017年03月

    貢献の実績:理学部案内作成、オープンキャンパス、オープンスクール、学外オープンキャンパス、理学部HP作成等の広報全般に関する作業を行った。

  • 年度:2015年度

    委員会等の名称:理学部広報委員会

    役職:委員長

    任期:2015年04月 ~ 2016年03月

    貢献の実績:理学部案内作成、オープンキャンパス、オープンスクール、学外オープンキャンパス、理学部HP作成等の広報全般に関する作業を行った。

  • 年度:2015年度

    委員会等の名称:理学部入試検討委員会

    役職:委員長

    任期:2015年04月 ~ 2016年03月

    貢献の実績:入試の方式等について検討を行った。

  • 年度:2014年度

    委員会等の名称:理学部入試検討委員会

    役職:委員長

    任期:2014年04月 ~ 2015年03月

    貢献の実績:入試の方式等について検討を行った。

全件表示 >>