職名 【 表示 / 非表示

准教授

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

プラズモニクス

 

写真

氏名

武安 伸幸 (タケヤス ノブユキ)

TAKEYASU Nobuyuki

所属専攻講座

自然科学研究科

職名

准教授

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)プラズモニクス

(英)plasmonics

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:自然科学研究科

    経歴名:准教授 (Associate Professor)

    職務期間:2012年09月 ~ 継続中

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:生体分析化学

    担当期間:2019年10月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:分析化学4

    担当期間:2019年06月 ~ 2019年08月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:一般化学2

    担当期間:2019年06月 ~ 2019年08月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:一般化学2

    担当期間:2019年06月 ~ 2019年08月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:基礎化学実験2

    担当期間:2019年06月 ~ 2019年08月

    授業形式:

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Hydrophobic assembly of gold nanoparticles into plasmonic oligomers with Langmuir–Blodgett film

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Japanese Journal of Applied Physics

    発行年月:2018年12月

    著者氏名(共著者含):Shiho Ikegami, Kenzo Yamaguchi, Takuo Tanaka, Nobuyuki Takeyasu and Takashi Kaneta

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Extraction of three-dimensional silver nanostructures with supercritical fluid

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Applied Physics Express

    発行年月:2018年11月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Enhanced Optical Collection of Micro- and Nanovesicles in the Presence of Gold Nanoparticles

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:ACS Omega

    発行年月:2018年03月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Selective electroless plating of 3D-printed plastic structures for three-dimensional microwave metamaterials

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Applied Physics Letters111巻 18号 (頁 921 ~ 926)

    発行年月:2017年10月

    著者氏名(共著者含):Atsushi Ishikawa*,Taiki Kato,Nobuyuki Takeyasu*,Kazuhiro Fujimori*,Kenji Tsuruta*

    共著区分:共著

    DOI:10.1063/1.4986203

  • 論文題目名:Temperature-induced coalescence of droplets manipulated by optical trapping in an oil-in-water emulsion

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Analytical Sciences33巻 6号 (頁 709 ~ 713)

    発行年月:2017年01月

    著者氏名(共著者含):Manami Mitsunobu,Sakurako Kobayashi,Nobuyuki Takeyasu*,Takashi Kaneta*

    共著区分:共著

    DOI:10.2116/analsci.33.709

全件表示 >>

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:招待講演

    会議名称:NANOPIA 2018

    開催期間:2018年11月

    題目又はセッション名:Plasmon-driven chemical transformations of aromatic and aliphatic compounds monitored by SERS

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第79回応用物理学会秋季学術講演会

    開催期間:2018年09月

    題目又はセッション名:フッ素系ポリマーのプラズモン誘起化学反応

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第79回応用物理学会秋季学術講演会

    開催期間:2018年09月

    題目又はセッション名:1-ブタンチオールのSERS計測中のプラズモン誘起化学反応

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本分析化学会中四国支部 愛媛地区講演会(第1回 先端ナノ・バイオ分析研究会)

    開催期間:2018年08月

    題目又はセッション名:表面増強ラマン散乱によるプラズモン駆動化学反応モニタリング

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:E-MRS 2018 Spring Meeting

    開催期間:2018年06月

    題目又はセッション名:Plasmon-induced chemical transformations on 2D plasmonic nanoparticle array

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:プラズモニックダイマーの高選択的作製と表面増強ラマン計測への応用

    研究期間:2015年04月 ~ 2018年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:金ナノ粒子でダイマー構造を高選択的に作製する手法を開発する.また,作製したダイマー構造を用いて,表面増強ラマン計測による評価を行う.

 

国際貢献(受入実績) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    外国人研修生数:1人