所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

工学部・情報系学科・計算機工学分野

職名 【 表示 / 非表示

助教

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

情報学基礎

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

計算機システムソフトウェア,計算機アーキテクチャ

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:データ並列プログラミング言語のマルチスレッド拡張に関する研究

    研究課題概要:

  • 研究課題名:高性能プロセッサに関する研究

  • 研究課題名:超並列計算のためのプログラミング言語に関する研究

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:ヘテロジニアスな並列計算環境における最適な負荷割当(An Optimal Load Allocation on Heterogeneous Parallel Environments)

    掲載誌名:電子情報通信学会論文誌D-IJ88-D-I巻 11号 (頁 1688 ~ 1695)

    発行年月:2005年11月

    著者氏名(共著者含):渡邊誠也

  • 会議名称:第41回パルテノン研究会

    開催期間:2015年12月

    題目又はセッション名:SFLの設計思想と言語機能を受け継いだ新たなハードウェア記述言語FSL

    発表形態:口頭(一般)

    発表者名(共同発表者含):渡邊誠也,名古屋 彰

  • 会議名称:第41回パルテノン研究会

    開催期間:2015年12月

    題目又はセッション名:ハードウェア記述言語FSLからSFLへの変換系の実装

    発表形態:口頭(一般)

    発表者名(共同発表者含):三木啓輔,渡邊誠也,名古屋 彰

全件表示 >>

 

写真

氏名

渡邊 誠也 (ワタナベ ノブヤ)

WATANABE Nobuya

所属専攻講座

自然科学研究科

職名

助教

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)計算機システムソフトウェア,計算機アーキテクチャ

(英)Computer System Software, Comuter Architecture

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:豊橋技術科学大学

    学校の種類:大学

    学部名:工学部

    学科名:情報工学

    卒業年月:1993年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:豊橋技術科学大学

    研究科名:工学研究科

    専攻名:電子・情報工学

    修了課程:博士課程

    修了年月:1998年03月

    修了区分:単位取得満期退学

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(工学) (Doctor (Engineering))

    学位の分野名:情報科学 (Computer Science)

    学位授与機関名:豊橋技術科学大学 (Toyohashi University of Technology)

    取得方法:論文

    取得年月:1999年09月

  • 学位名:修士(工学) (Master of Engineering)

    学位の分野名:情報科学 (Computer Science)

    学位授与機関名:豊橋技術科学大学 (Toyohashi University of Technology)

    取得方法:課程

    取得年月:1995年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:自然科学研究科

    経歴名:助教 (Assistant Professor)

    職務期間:2004年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 電子情報通信学会 リコンフィギャラブルシステム研究専門委員会 /  日本国 ( 2011年05月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:幹事

    活動期間:2011年05月 ~ 継続中

  • 電子情報通信学会 リコンフィギャラブルシステム研究専門委員会 /  日本国 ( 2009年04月 ~ 2011年05月 )

    役職・役割名:幹事補佐

    活動期間:2009年05月 ~ 2011年05月

  • 情報処理学会 /  日本国 ( )

  • 日本ソフトウェア科学会 /  日本国 ( )

  • 電子情報通信学会 /  日本国 ( )

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 情報学基礎 (Fundamental informatics)

  • 計算機システム・ネットワーク (Computer system network)

  • ソフトウエア (Software)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • ディジタル計算機方式

  • 計算機ソフトウエア一般

  • システムプログラミング

  • 計算機方式・ハードウエア一般

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:データ並列プログラミング言語のマルチスレッド拡張に関する研究

    キーワード:データ並列,マルチスレッド,並列処理

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2000年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):ソフトウエア

    専門分野(researchmap分類):

  • 研究課題名:高性能プロセッサに関する研究

    キーワード:高性能プロセッサ,計算機アーキテクチャ,FPGA

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:1998年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):計算機システム・ネットワーク

    専門分野(researchmap分類):

  • 研究課題名:超並列計算のためのプログラミング言語に関する研究

    キーワード:超並列計算,データ並列,プログラミング言語処理系

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:1992年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):ソフトウエア

    専門分野(researchmap分類):

  • 研究課題名:Study on Programming Languages for Massively Parallel Computing (Study on Programming Languages for Massively Parallel Computing)

    キーワード:Massively Parallel Computing (Massively Parallel Computing)

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:

    専門分野(科研費分類):情報学基礎

    専門分野(researchmap分類):

  • 研究課題名:Study on Multi-thread Expansion of Data-parallel Programming Languages (Study on Multi-thread Expansion of Data-parallel Programming Languages)

    キーワード:Data-parallel,Multi-thread,Parallel Processing (Data-parallel,Multi-thread,Parallel Processing)

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:

    専門分野(科研費分類):情報学基礎

    専門分野(researchmap分類):

全件表示 >>

研修受講歴 【 表示 / 非表示

  • 教員・事務職員 合同研修会  ( 2015年12月 )

  • 平成24年度コンプライアンス意識啓発研修会  ( 2013年04月 )

  • ハラスメント防止に関する研修会  ( 2012年07月 )

  • コンプライアンス意識啓発研修会  ( 2012年02月 )

  • ハラスメント防止に関する研修会  ( 2011年12月 )

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:表現技法2

    担当期間:2019年10月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:技術英語

    担当期間:2019年10月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:コンパイラ

    担当期間:2019年10月 ~ 2019年12月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:コンパイラ

    担当期間:2019年10月 ~ 2019年12月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:コンパイラ

    担当期間:2019年10月 ~ 2019年12月

    授業形式:

全件表示 >>

FDに取り組む姿勢 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    1. 実験科目における取り組み
    担当している情報工学実験A(ハードウェア)について述べる.
    以前,途中で脱落する受講者がでている問題があり,実験担当教員で何度か打合せを行い,以下の対応を実施し脱落者が少なくなるように取り組みを行った.
    (1)学生の進捗把握をきめ細やかに行う
    (2)進捗が遅い学生に対して,重点的なサポートを行う
    (3)従来,実験で実施する内容を最初にまとめて説明していた点を改め,毎回,その日に実施する内容について説明する実施形態への変更
    (4)個人ごとで進めていたのを,一部の期間で少人数(3ないし4名)のグループ制を導入し,座席指定を実施
    (5)履修者に対して,毎回,実施報告書の提出を課した
    (6)実験開始前のプログラミングスキルの確保を目指すために,春季休業期間中にプログラミング課題を課した.
    2010年度からは(6)の課題の内容の追加を行い,受講生がスムーズに実験に取り組めるように改善を行ない2015年度も同様に継続している.
    2014年度からは(5)の報告書以外に,作成物のソースコードをWeb上に登録するシステムを導入することで,学生にきちんと課題に取り組むことへの意識向上を図っている.
    以上の取り組みにより,従来に比べ,不合格となる履修生を減少させることができている.

    また,2016年度からは60分・クオータ制の導入が開始されたため,この制度に合わせて実施するスケジュールの変更を行い対応している.

  • 年度:2016年度

    1. 実験科目における取り組み
    担当している情報工学実験A(ハードウェア)について述べる.
    以前,途中で脱落する受講者がでている問題があり,実験担当教員で何度か打合せを行い,以下の対応を実施し脱落者が少なくなるように取り組みを行った.
    (1)学生の進捗把握をきめ細やかに行う
    (2)進捗が遅い学生に対して,重点的なサポートを行う
    (3)従来,実験で実施する内容を最初にまとめて説明していた点を改め,毎回,その日に実施する内容について説明する実施形態への変更
    (4)個人ごとで進めていたのを,一部の期間で少人数(3ないし4名)のグループ制を導入し,座席指定を実施
    (5)履修者に対して,毎回,実施報告書の提出を課した
    (6)実験開始前のプログラミングスキルの確保を目指すために,春季休業期間中にプログラミング課題を課した.
    2010年度からは(6)の課題の内容の追加を行い,受講生がスムーズに実験に取り組めるように改善を行ない2015年度も同様に継続している.
    2014年度からは(5)の報告書以外に,作成物のソースコードをWeb上に登録するシステムを導入することで,学生にきちんと課題に取り組むことへの意識向上を図っている.
    以上の取り組みにより,従来に比べ,不合格となる履修生を減少させることができている.

    また,2016年度からは60分・クオータ制の導入が開始されたため,この制度に合わせて実施するスケジュールの変更を行い対応した.

  • 年度:2015年度

    1. 実験科目における取り組み
    担当している情報工学実験第1/第2(第5セメスター開講)において,途中で脱落する受講者がでている問題があった.
    実験担当教員で何度か打合せを行い,以下の対応を実施し脱落者が少なくなるように取り組みを行った.
    (1)学生の進捗把握をきめ細やかに行う
    (2)進捗が遅い学生に対して,重点的なサポートを行う
    (3)従来,実験で実施する内容を最初にまとめて説明していた点を改め,毎回,その日に実施する内容について説明する実施形態への変更
    (4)個人ごとで進めていたのを,一部の期間で少人数(3ないし4名)のグループ制を導入し,座席指定を実施
    (5)履修者に対して,毎回,実施報告書の提出を課した
    (6)実験開始前のプログラミングスキルの確保を目指すために,春季休業期間中にプログラミング課題を課した.
    2010年度からは(6)の課題の内容の追加を行い,受講生がスムーズに実験に取り組めるように改善を行ない2015年度も同様に継続している.
    2014年度からは(5)の報告書以外に,作成物のソースコードをWeb上に登録するシステムを導入することで,学生にきちんと課題に取り組むことへの意識向上を図っている.
    以上の取り組みにより,従来に比べ,不合格となる履修生を減少させることができている.

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 賞名:平成27年度電気・情報関連学会中国支部連合大会 奨励賞

    受賞年月:2016年03月

    授与機関:電子情報通信学会中国支部

    受賞者・受賞グループ名:田邊亮介

    受賞内容:平成27年度電気・情報関連学会中国支部連合大会における論文発表「大規模データに対するクラスタリングのGPUによる高速化」

  • 賞名:情報処理学会中国支部 奨励賞

    受賞年月:2015年05月

    授与機関:情報処理学会中国支部

    受賞者・受賞グループ名:西佐古 祐太

    受賞内容:平成26年度(第65回)電気・情報関連学会中国支部連合大会における発表論文「ブロック暗号CamelliaのGPGPU向けの各種実装手法の比較評価 」


教科書、教材等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    教科書,教材等の種類:その他

    大学教育教材開発:【学部 情報工学実験A(ハードウェア)】
    今年度の実験内容のマイナーな変更に対応するため,履修生に対してweb上で公開している実験実施のマニュアルおよび配布するソースファイルの改訂を行った.
    また,実験で使用するツール類も,機能追加とバグフィックスを行った.
    また,希望する学生には自宅のPCでツールを利用できるように配布している.

    実験では受講生にハードウェア設計を行なわせている.設計の元となるサンプルファイルの配布と学生に設計させたコードを収集するために2014年度からgitbucketというツールを導入し利用できる環境を構築しており,2017年度も引き続きこのツールをより有効に活用できるようにした.

  • 年度:2016年度

    教科書,教材等の種類:その他

    大学教育教材開発:【学部 情報工学実験A(ハードウェア)】
    今年度の実験内容のマイナーな変更に対応するため,履修生に対してweb上で公開している実験実施のマニュアルおよび配布するソースファイルの改訂を行った.
    また,実験で使用するツール類(具体的には,アセンブラとシミュレータ)も,機能追加とバグフィックスを行った.
    また,希望する学生には自宅のPCでツールを利用できるように配布している.

    実験では受講生にハードウェア設計を行なわせている.設計の元となるサンプルファイルの配布と学生に設計させたコードを収集するために2014年度からgitbucketというツールを導入し利用できる環境を構築しており,2016年度も引き続きこのツールをより有効に活用できるようにした.

学生活動支援 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    学生活動支援の種類:その他

    学生活動支援:第15回情報科学技術フォーラム(FIT 2016)で開催された「第7回相磯秀夫杯デザインコンテスト The 2ndt RECONF/CPSY/ARC/GI Trax デザインコンペティション」への出場支援を行った.(2016年9月7日)

  • 年度:2015年度

    学生活動支援の種類:その他

    学生活動支援:第14回情報科学技術フォーラム(FIT 2015)で開催された「第6回相磯秀夫杯デザインコンテスト The 1st RECONF/CPSY/ARC/GI Trax デザインコンペティション」への出場支援を行った.(2015年9月17-18日)

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:ヘテロジニアスな並列計算環境における最適な負荷割当(An Optimal Load Allocation on Heterogeneous Parallel Environments)

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:電子情報通信学会論文誌D-IJ88-D-I巻 11号 (頁 1688 ~ 1695)

    発行年月:2005年11月

    著者氏名(共著者含):渡邊誠也

    共著区分:単著

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:研究集会

    会議名称:第42回パルテノン研究会

    開催場所:東海大学高輪キャンパス(東京都)

    開催期間:2016年12月

    題目又はセッション名:Scala記述のOpenCLカーネルからのハードウェア記述生成手法の検討

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:研究集会

    会議名称:第41回パルテノン研究会

    開催場所:東京都立産業技術研究センター

    開催期間:2015年12月

    題目又はセッション名:ハードウェア記述言語FSLからSFLへの変換系の実装

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:研究集会

    会議名称:第41回パルテノン研究会

    開催場所:東京都立産業技術研究センター

    開催期間:2015年12月

    題目又はセッション名:ハードウェア記述言語SFLからVerilog HDLへの変換系「SFLコンパイラ」の設計と実装

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:研究集会

    会議名称:第41回パルテノン研究会

    開催場所:東京都立産業技術研究センター

    開催期間:2015年12月

    題目又はセッション名:SFLの設計思想と言語機能を受け継いだ新たなハードウェア記述言語FSL

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:電子情報通信学会リコンフィギャラブルシステム研究会

    開催場所:松山市(愛媛大学)

    開催期間:2015年09月

    題目又はセッション名:オブジェクト指向/関数型言語をベースとするハードウェア記述言語FSLの設計

全件表示 >>

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 電子情報通信学会 リコンフィギャラブルシステム研究専門委員会

    役職・役割名:委員

    活動期間:2014年06月 ~ 継続中

    活動内容:研究会の専門委員を努めた.

  • 電子情報通信学会

    役職・役割名:デザインガイア2017・ポスター賞選奨実行委員(ポスター審査員)

    活動期間:2017年11月

    活動内容:デザインガイア2017のポスター発表の審査員を務めた.

出展・出場・入賞等 【 表示 / 非表示

  • 名称:SFL/PARTHENONを用いた設計によるTraxのFPGA実装

    作品分類:その他

    大会区分:展覧会

    発表年月:2016年09月07日

    発表者氏名(共同作業者含):寺山直輝, 本城和樹, 渡邊誠也, 名古屋 彰

    発表内容:第15回情報科学技術フォーラム(FIT2016)イベント企画 第7回 相磯秀夫杯デザインコンテスト The 2nd RECONF/CPSY/ARC/GI TraxデザインコンペティションのTraxデザインコンテストに出場した.

    入賞等:予選リーグ(Bリーグ6チーム中 3位)

  • 名称:SFLを用いた設計によるTraxのFPGA実装

    作品分類:その他

    大会区分:展覧会

    発表年月:2015年09月16日

    発表者氏名(共同作業者含):高山敬生,板嶋公希,寺山直輝,渡邊誠也,名古屋 彰

    発表内容:情報科学フォーラム(FIT2015)のTraxデザインコンテストに出場した.

    入賞等:予選リーグ敗退(Cリーグ6チーム中3位,うち1チームは不参加)

学会賞等受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:連合大会奨励賞

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:2016年03月04日

    受賞国:日本国

    授与機関:電子情報通信学会中国支部

    受賞者・受賞グループ名:田邊 亮介

    題目名:大規模データに対するクラスタリングのGPUによる高速化

  • 受賞学術賞名:奨励賞

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:2015年05月22日

    受賞国:日本国

    授与機関:情報処理学会中国支部

    受賞者・受賞グループ名:西佐古 祐太

    題目名:ブロック暗号CamelliaのGPGPU向けの各種実装手法の比較評価

  • 受賞学術賞名:連合大会奨励賞

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:2015年02月27日

    受賞国:日本国

    授与機関:電子情報通信学会中国支部

    受賞者・受賞グループ名:西佐古 祐太

    題目名:ブロック暗号CamelliaのGPGPU向けの各種実装手法の比較評価

 

公開講座・講演会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    講座、講演会等種類:オープンキャンパス

    参加人数:131人

    開催日:2018年08月

    講座等名:岡山大学オープンキャンパス(2018年8月10日(金))

    講義題名:研究室見学(新しいコンピュータの構成技術)

    主催者:岡山大学

    対象者:高校生,高校教員,高校生の父兄など

    開催地,会場:岡山大学工学部 4号館 306室

  • 年度:2017年度

    講座、講演会等種類:オープンキャンパス

    参加人数:139人

    開催日:2017年08月

    講座等名:岡山大学オープンキャンパス(2017年8月5日(土))

    講義題名:研究室見学(新しいコンピュータの構成技術)

    主催者:岡山大学

    対象者:高校生,高校教員,高校生の父兄など

    開催地,会場:岡山大学工学部 4号館 306室

  • 年度:2016年度

    講座、講演会等種類:オープンキャンパス

    参加人数:103人

    開催日:2016年08月

    講座等名:岡山大学オープンキャンパス(2016年8月5日(金))

    講義題名:研究室見学(新しいコンピュータの構成技術)

    主催者:岡山大学

    対象者:高校生,高校教員,高校生の父兄など

    開催地,会場:岡山大学工学部 4号館 306室

  • 年度:2016年度

    講座、講演会等種類:オープンキャンパス

    参加人数:75人

    開催日:2016年08月

    講座等名:岡山大学オープンキャンパス(2016年8月6日(土))

    講義題名:研究室見学(新しいコンピュータの構成技術)

    主催者:岡山大学

    対象者:高校生,高校教員,高校生の父兄など

    開催地,会場:岡山大学工学部 4号館 306室

  • 年度:2015年度

    講座、講演会等種類:オープンキャンパス

    参加人数:71人

    開催日:2015年08月

    講座等名:岡山大学オープンキャンパス(2015年8月7日(金))

    講義題名:研究室見学(新しいコンピュータの構成技術)

    主催者:岡山大学

    対象者:高校生,高校教員,高校生の父兄など

    開催地,会場:岡山大学工学部 4号館 306室

全件表示 >>

高大連携 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    高大連携の種類:その他

    高校名等:兵庫県立北条高等学校(研究室見学,参加者 5名)

    実施日時,時間数:2017年 6月19日(月)13:55〜14:15

    活動内容:大学訪問の高校生に対して,研究室見学・紹介の対応をした.

  • 年度:2017年度

    高大連携の種類:その他

    高校名等:岡山県立井原高校,岡山高校(研究室見学,参加者 10名(井原高校2年生6名,岡山高校1年生4名)

    実施日時,時間数:2017年11月10日(金)13:35〜13:55

    活動内容:大学訪問の高校生に対して,研究室見学・紹介の対応をした.

  • 年度:2016年度

    高大連携の種類:その他

    高校名等:岡山県立西大寺高等学校(研究室見学,参加者 4名)

    実施日時,時間数:2016年 7月15日(金)14:00〜14:20

    活動内容:大学訪問の高校生に対して,研究室見学・紹介の対応をした.

  • 年度:2015年度

    高大連携の種類:その他

    高校名等:岡山県立瀬戸高等学校,高松第一高等学校(1年生)(研究室見学,参加者 8名)

    実施日時,時間数:2015年10月 1日(木)13:55〜14:15

    活動内容:大学訪問の高校生に対して,研究室見学・紹介の対応をした.

 

所属部局等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    委員会等の名称:大学院自然科学研究科・研究・教育用電子計算機システム技術審査職員及び検査職員

    役職:その他

    任期:2015年06月 ~ 2016年02月

    貢献の実績:大学院自然科学研究科に平成28年3月納入の研究・教育用電子計算機システムの技術審査および検査業務に従事した.

所属講座等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:計算機管理運営委員(情報系学科)

    役職:委員

    貢献の実績:学科(講座)の教育用計算機システムの管理運営業務

  • 年度:2016年度

    委員会等の名称:計算機管理運営委員(情報系学科)

    役職:委員

    貢献の実績:学科(講座)の教育用計算機システムの管理運営業務

  • 年度:2015年度

    委員会等の名称:計算機管理運営委員(情報系学科)

    役職:委員

    貢献の実績:学科(講座)の教育用計算機システムの管理運営業務