所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

グローバル人材育成院

職名 【 表示 / 非表示

教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

物理化学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

分子分光学、レーザー分光、気相高分解能分光、不安定分子

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:赤外二重共鳴法によるCH5+分子イオンの分光的解明

    研究課題概要:

  • 研究課題名:ナノ空間貯蔵標的の量子干渉性研究

  • 研究課題名:ホモキラリティーの起源を探る分子化学

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Bridging the Gap between Small Clusters and Nanodroplets: Spectroscopic Study and Computer Simulation of Carbon Dioxide Solvated with Helium Atoms

    掲載誌名:Physcal Review Letters

    発行年月:2004年04月

    著者氏名(共著者含):*J. Tang, A. R. W. McKellar, F. Mezzacapo, and S. Moroni

  • 論文題目名:Quantum Solvation of Carbonyl Sulfide with Helium Atoms

    掲載誌名:Science

    発行年月:2002年09月

    著者氏名(共著者含):*Jian Tang, Yunjie Xu, A. R. W. McKellar, and Wolfgang Jager

 

写真

氏名

唐 健 (タン ジエン)

TANG Jian

所属専攻講座

グローバル人材育成院

職名

教授

性別

男性

研究室住所

(日)〒700-8530 岡山県岡山市津島中3-1-1

(英)3-1-1 Tsushima-naka, Okayama 700-8530 Japan

研究分野・キーワード

(日)分子分光学、レーザー分光、気相高分解能分光、不安定分子

(英)molecular spectroscopy, laser spectroscopy, high resolution spectrum in gas phase, transient molecules

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:総合研究大学院大学

    研究科名:数物科学研究科

    専攻名:構造分子科学専攻

    修了課程:博士課程

    修了年月:1996年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(理学) (Doctor (Science))

    学位の分野名:物理化学 (Physical chemistry)

    学位授与機関名:総合研究大学院大学 (The Graduate University for Advanced Studies)

    取得方法:課程

    取得年月:1996年04月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:グローバル人材育成院

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2017年02月 ~ 継続中

  • 職務遂行組織:自然科学研究科

    経歴名:准教授 (Associate Professor)

    職務期間:2004年05月 ~ 2017年01月

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 物理化学 (Physical chemistry)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 物理化学一般

  • 分子の構造と性質

  • 分子スペクトル

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:赤外二重共鳴法によるCH5+分子イオンの分光的解明

    キーワード:赤外レーザー分光、振動回転分光、大振幅運動

    研究態様:個人研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2015年04月 ~ 2018年03月

    専門分野(科研費分類):物理化学

    専門分野(researchmap分類):物理化学一般

  • 研究課題名:ナノ空間貯蔵標的の量子干渉性研究

    キーワード:超放射、分子過渡現象

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2009年04月 ~ 2014年03月

    専門分野(科研費分類):素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理 、原子・分子・量子エレクトロニクス・プラズマ 、物理化学

    専門分野(researchmap分類):素粒子の性質 、分子スペクトル 、原子スペクトル

  • 研究課題名:ホモキラリティーの起源を探る分子化学

    キーワード:分子分光、振動回転スペクトル、キラリティー

    研究態様:個人研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2008年04月 ~ 2010年03月

    専門分野(科研費分類):物理化学

    専門分野(researchmap分類):物理化学一般 、分子の構造と性質 、分子スペクトル

  • 研究課題名:水素クラスターの赤外分光による水素分子超流動を探る (Exploring superfluidity of hydrogen by infrared spectroscopy of molecular hydrogen culsters)

    キーワード:分子分光、振動回転スペクトル、超流動

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2005年04月 ~ 2008年03月

    専門分野(科研費分類):物理化学 、原子・分子・量子エレクトロニクス・プラズマ

    専門分野(researchmap分類):物理化学一般 、分子の構造と性質 、分子スペクトル

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:Molecular Structures

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:Introduction to Astrochemistry and Atmospheric Chemistry

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:化学英語2

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:赤外分光化学

    担当期間:2019年10月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:レーザー分光科学

    担当期間:2019年10月 ~ 2020年03月

    授業形式:

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Infrared spectroscopy of 2ν4 and ν3 + 2ν4 bands of the NO3 radical

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Molecular Spectroscopy334巻 (頁 10 ~ 21)

    発行年月:2017年04月

    著者氏名(共著者含):Kentarou Kawaguchi,Tatsuo Narahara,Ryuji Fujimori ,Jian Tang*,Takashi Ishiwata

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.jms.2017.02.008

  • 論文題目名:Infrared spectroscopy of the NO3 radical from 2000 to 3000[U+202F]cm-1

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Molecular Spectroscopy (頁 137 ~ 142)

    発行年月:2017年01月

    著者氏名(共著者含):Kentarou Kawaguchi,Ryuji Fujimori ,Jian Tang*,Takashi Ishiwata

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.jms.2017.09.012

  • 論文題目名:DETECTION of HF TOWARD PKS 1830-211, SEARCH for INTERSTELLAR H2F+, and LABORATORY STUDY of H2F+ and H2Cl+ DISSOCIATIVE RECOMBINATION

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Astrophysical Journal822巻 2号

    発行年月:2016年05月

    著者氏名(共著者含):K. Kawaguchi ,S. Muller,J. H. Black,T. Amano,F. Matsushima,R. Fujimori,Y. Okabayahsi,H. Nagahiro,Y. Miyamoto*,J. Tang*

    共著区分:共著

    DOI:10.3847/0004-637X/822/2/115

  • 論文題目名:Erratum

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Chemical Physics, The Journal of Chemical Physics144巻 9号

    発行年月:2016年03月

    著者氏名(共著者含):Wang Chen,Kentarou Kawaguchi,Peter F. Bernath,Jian Tang*

    共著区分:共著

    DOI:10.1063/1.4943286

  • 論文題目名:Study of infrared emission spectroscopy for the B 1Δg- A 1Πu and B ′1Σg +- A 1Πu systems of C2

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Chemical Physics, The Journal of Chemical Physics144巻 6号

    発行年月:2016年01月

    著者氏名(共著者含):Wang Chen,Kentarou Kawaguchi,Peter F. Bernath,Jian Tang*

    共著区分:共著

    DOI:10.1063/1.4940907

全件表示 >>

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第9回分子科学討論会

    開催場所:東京工業大学

    開催期間:2015年09月

    題目又はセッション名:NO3ラジカルの2v4, 3v4-v4, v2+v4-v4バンドの赤外分光

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:シンポジウム

    会議名称:14th National Conference on Chemical dynamics

    開催場所:Xi’an, China

    開催期間:2015年08月

    題目又はセッション名:Simultaneous analysis of the Ballik-Ramsay and Phillips systems and observation of forbidden transitions between singlet and triplet states of C2

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:シンポジウム

    会議名称:Symposium on Advanced Molecular Spectroscopy

    開催場所:東京大学

    開催期間:2015年07月

    題目又はセッション名:Simultaneous analysis of the Ballik-Ramsay and Phillips systems of C2 and observation of forbidden transitions between singlet and triplet states

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:シンポジウム

    会議名称:70th International Symposium on Molecular Spectroscopy

    開催場所:University of Illinois at Urbana-Champaign, USA

    開催期間:2015年06月

    題目又はセッション名:Deperturbation analysis for the a3PI and c3SIGMA of C2

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第15回分子分光研究会 (The 15th Symposium on Molecular Spectroscopy)

    開催場所:九州大学国際ホール

    開催期間:2015年05月

    題目又はセッション名:C2の多電子状態の同時摂動解析 (Simultaneous deperturbation for the multiple electronic states of C2)

 
 

全学的な実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    委員会等の名称:自然生命放射線障害防止委員

    役職:委員

    任期:2015年04月 ~ 2016年03月

所属部局等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    委員会等の名称:MPコース教育委員会

    役職:委員

    任期:2015年04月 ~ 継続中

所属部局等の実績(委員以外) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    貢献の項目と割合等:MPコース担当および新入生担任