所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

医歯薬学総合研究科 臨床薬剤学

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

応用薬理学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

精神神経薬理学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:在宅医療に関する薬剤師業務の新たな展開

    研究課題概要:

  • 研究課題名:抗がん剤投与による精神機能変化

  • 研究課題名:炎症による精神機能変化に関する研究

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Doxorubicin and cyclophosphamide treatment produces anxiety-like behavior and spatial cognition impairment in rats: Possible involvement of hippocampal neurogenesis via brain-derived neurotrophic factor and cyclin D1 regulation

    掲載誌名:Behavioural Brain Research (頁 184 ~ 193)

    発行年月:2015年06月

    著者氏名(共著者含):Kitamura Y., Hattori S., Yoneda S., Watanabe S., Kanemoto E., Sugimoto M., Kawai T., Machida A., Kanzaki H., Miyazaki I., Asanuma M., Sendo T.

  • 論文題目名:Effects of (+)-8-OH-DPAT on the duration of immobility during the forced swim test and hippocampal cell proliferation in ACTH-treated rats

    掲載誌名:Pharmacol. Bioche, Behav

    発行年月:2014年12月

    著者氏名(共著者含):

  • 著書名:視床下部-下垂体-副腎皮質系過活動モデルを用いた治療抵抗性うつ病モデルの作製および創薬への応用 実験薬理学 実践行動薬理学

    出版機関名:金芳堂

    発行日:2010年04月

    著者名:

    著書形態:共著

 

写真

氏名

北村 佳久 (キタムラ ヨシヒサ)

KITAMURA Yoshihisa

所属専攻講座

岡山大学病院

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)精神神経薬理学

(英)Psychopharmacology

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(薬学)

    学位の分野名:精神神経科学 (Psychoneurosis studies)

    学位授与機関名:福岡大学 (Fukuoka University)

    取得方法:論文

    取得年月:2001年10月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本精神薬学会 (The Japanese Society of Psychiatric Pharmacy)  /  日本国 ( 2017年06月 ~ 継続中 )

  • 日本薬学教育学会 (Japan Society for Pharmaceutical Education)  /  日本国 ( 2016年08月 ~ 継続中 )

  • 日本緩和医療薬学会 /  日本国 ( 2014年10月 ~ 継続中 )

  • 日本医薬品情報学会 /  日本国 ( 2014年04月 ~ 継続中 )

  • 国際神経精神薬理学会 (Collegium Internationale Neuro-Psychopharmacologicum)  /  グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(英国) ( 2012年04月 ~ 継続中 )

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 応用薬理学 (Applied pharmacology)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 薬理学一般

  • 薬学一般

  • 精神医学

  • 中枢神経系作用薬

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師

  • 日本医療薬学会 指導薬剤師

  • 日本病院薬剤師会 日病薬病院薬学認定薬剤師

  • 日本医療薬学会 認定薬剤師

  • 日本薬剤師研修センター 認定実務実習指導薬剤師

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:在宅医療に関する薬剤師業務の新たな展開

    キーワード:在宅医療

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:2016年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):医療系薬学

    専門分野(researchmap分類):社会医学一般

  • 研究課題名:抗がん剤投与による精神機能変化

    キーワード:精神機能

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2015年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):応用薬理学

    専門分野(researchmap分類):精神医学

  • 研究課題名:炎症による精神機能変化に関する研究

    キーワード:炎症薬理学

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:2015年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):応用薬理学

    専門分野(researchmap分類):精神医学

  • 研究課題名:がん患者の気持ちに配慮した薬剤師のコミュニケーションスキル法の確立

    キーワード:コミュニケーション

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:2015年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):その他

    専門分野(researchmap分類):その他の医学

  • 研究課題名:治療抵抗性うつ病の病態解明および次世代抗うつ薬の創薬研究

    キーワード:治療抵抗性うつ病

    研究態様:未設定

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:1997年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):応用薬理学

    専門分野(researchmap分類):精神障害

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    授業科目:がん専門薬剤師特論

    担当期間:2018年04月 ~ 2019年03月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:がん治療修練

    担当期間:2018年04月 ~ 2019年03月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:臨床薬剤学II(演習・実習)

    担当期間:2018年04月 ~ 2019年03月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:臨床薬剤学I(演習・実習)

    担当期間:2018年04月 ~ 2019年03月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:臨床医薬品治療学I

    担当期間:2018年04月 ~ 2019年03月

    授業形式:

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Intracranial self-stimulation and immobilization had different effects on neurite extension and the p38 MAPK pathway in PC12m3 cells

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Life Sciences, Life sciences. Pt. 2: Biochemistry, general and molecular biology190巻 (頁 78 ~ 83)

    発行年月:2017年12月

    著者氏名(共著者含):Yutaka Gomita,Satoru Esumi,Yoshihisa Kitamura*,Hirotoshi Motoda,Toshiaki Sendo*,Hidenori Sagara,Hiroaki Araki,Mitsunobu Mio ,Shigeki Inoue,Yoshio Kano

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.lfs.2017.09.032

  • 論文題目名:Trends in the medication reviews of community pharmacies in Japan

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:International Journal of Clinical Pharmacy, Pharmacy World and Science, Pharmaceutisch Weekblad - Scientific Edition (頁 1 ~ 8)

    発行年月:2017年11月

    著者氏名(共著者含):Toshihiro Koyama*,Hiroshi Onoue,Ayako Ohshima,Yuri Tanaka,Yasuhisa Tatebe,Yoshito Zamami,Kazuaki Shinomiya*,Yoshihisa Kitamura*

    共著区分:共著

    DOI:10.1007/s11096-017-0559-7

  • 論文題目名:Pattern of CT use in Japan, 2014: A nationwide cross-sectional study.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Eur J Radiology97巻 (頁 96 ~ 100)

    発行年月:2017年10月

    著者氏名(共著者含):Koyama T., Zamami Y., Oshima A., Teratani Y., Shinomiya K., Kitamura Y.

    共著区分:共著

  • 論文題目名:集中治療室専任薬剤師の常駐体制によるバンコマイシンTDMの介入効果

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:日本臨床救急医学会雑誌20巻 5号 (頁 638 ~ 643)

    発行年月:2017年10月

    著者氏名(共著者含):田坂 健, 東恩納 司, 白石奈緒子, 日野隼人, 大川恭昌, 武本あかね, 河崎陽一, 村川公央, 北村佳久, 千堂年昭

    共著区分:共著

  • 論文題目名:携帯情報端末(PDA)を用いたピッキングサポートシステムと調剤個数記入による調剤エラーの防止

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:医療薬学43巻 8号 (頁 430 ~ 437)

    発行年月:2017年08月

    著者氏名(共著者含):神崎浩孝, 田中雄太, 小沼利光, 西原茂樹, 真鍋洋平, 井上知美, 井上誠子, 力丸理菜, 村川公央, 北村佳久, 千堂年昭

    共著区分:共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:ためになる薬の話~薬物相互作用(40-肺動脈性肺高血圧症治療薬における薬物相互作用)

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:岡山医学会雑誌129巻 3号 (頁 187 ~ 193)

    出版機関名:

    発行年月:2017年12月

    著者氏名(共著者含):川西秀明, 江角 悟, 北村佳久, 千堂年昭

    共著区分:共著

  • 題目:連載・薬剤師による処方設計 62  薬原性錐体外路障害評価尺度と等価換算に基づいた抗精神病薬処方設計への関わり

    記述言語:日本語

    掲載種別:商業雑誌

    掲載誌名:医学ジャーナル53巻 11号 (頁 147 ~ 152)

    出版機関名:

    発行年月:2017年11月

    著者氏名(共著者含):江角 悟, 北村佳久, 千堂年昭

    共著区分:共著

  • 題目:ためになる薬の話~薬物相互作用(39-前立腺がん治療薬と薬物相互作用)

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:岡山医学会雑誌129巻 2号 (頁 131 ~ 136)

    出版機関名:

    発行年月:2017年08月

    著者氏名(共著者含):神崎浩孝, 田中雄太, 丸尾陽成, 西原茂樹, 北村佳久, 千堂年昭

    共著区分:共著

  • 題目:患者のQOL向上と薬剤師の関わりPARTⅡ 服薬指導と病棟活動(118)臓器移植における薬物療法 ~肺移植への薬剤師の関わり~

    記述言語:日本語

    掲載種別:商業雑誌

    掲載誌名:医薬ジャーナル53巻 8号 (頁 151 ~ 156)

    出版機関名:

    発行年月:2017年08月

    著者氏名(共著者含):川西秀明, 北村佳久, 千堂年昭

    共著区分:共著

  • 題目:連載「患者のQOLの向上と薬剤師の関わり」 Part II.服薬指導と病棟活動(115)病院薬剤師と地域連携 ~病棟薬剤師業務・入院支援室業務の視点から~

    記述言語:日本語

    掲載種別:商業雑誌

    掲載誌名:医薬ジャーナル53巻 5号 (頁 1313 ~ 1318)

    出版機関名:

    発行年月:2017年05月

    著者氏名(共著者含):錦織淳美, 北村佳久, 千堂年昭

    共著区分:共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:視床下部-下垂体-副腎皮質系過活動モデルを用いた治療抵抗性うつ病モデルの作製および創薬への応用 実験薬理学 実践行動薬理学

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:金芳堂

    発行日:2010年04月

    著者名:

    著書形態:共著

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:Neuroscience2017

    開催期間:2017年11月

    題目又はセッション名:Effects of mirtazapine on doxorubicin and cyclophosphamide-induced spatial cognitive impairment and anxiety-like behavior in rats

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:Neuroscience2017

    開催期間:2017年11月

    題目又はセッション名:Mirtazapine exerts astrocytes-mediated dopaminergic neuroprotection

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:Neuroscience2017

    開催期間:2017年11月

    題目又はセッション名:Dual effect of nicotine on neutrite outgrowth of rat superior cervical ganglia cells and PC12 cells

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:Neuroscience2017

    開催期間:2017年11月

    題目又はセッション名:Influence of nicotine on doxorubicin and cyclophosphamide-induced spatial cognitive impairment and anxiety-like behavior in rats

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本糖尿病学会中国四国地方会第55回総会

    開催期間:2017年11月

    題目又はセッション名:高齢者のSAP導入において事前のFree Style リブレの使用が有効だった1例

全件表示 >>

 
 

所属部局等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:共同実験室運営委員会

    役職:委員

    任期:2015年04月 ~ 継続中

  • 年度:2016年度

    委員会等の名称:共同実験室運営委員会

    役職:委員

    任期:2015年04月 ~ 継続中

  • 年度:2015年度

    委員会等の名称:共同実験室運営委員会

    役職:委員

    任期:2015年04月 ~ 継続中

  • 年度:2010年度

    委員会等の名称:薬学部実務実習部会

    役職:委員

    任期:2010年04月 ~ 継続中

  • 年度:2010年度

    委員会等の名称:薬学部実務実習学生相談部会

    役職:委員

    任期:2010年04月 ~ 継続中

全件表示 >>