職名 【 表示 / 非表示

准教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

日本語教育

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

日本語教育学、第二言語習得

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:視点表現の運用能力育成に重点を置いたオンライン学習交流用教材の開発

    研究課題概要:

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 会議名称:韓国日語教育学会2015年度第27回国際学術大会

    開催期間:2015年04月

    題目又はセッション名:韓国と日本の大学間でのオンライン授業の実践-JFL環境とJSL環境の日本語学習者の学習交流-

    発表形態:口頭(一般)

    発表者名(共同発表者含):末繁美和,神野未翔子

 

写真

氏名

末繁 美和 (スエシゲ ミワ)

SUESHIGE Miwa

所属専攻講座

全学教育・学生支援機構

職名

准教授

性別

女性

研究分野・キーワード

(日)日本語教育学、第二言語習得

(英)Japanese Language Pedagogy, Second Language Acquisition

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:広島大学

    研究科名:教育学研究科

    専攻名:文化教育開発

    修了課程:博士課程

    修了年月:2012年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

  • 大学院名:九州大学

    研究科名:比較社会文化学府

    専攻名:日本社会文化

    修了課程:修士課程

    修了年月:2008年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(教育学)

    学位の分野名:日本語教育 (Japanese education)

    学位授与機関名:広島大学 (Hiroshima University)

    取得方法:課程

    取得年月:2012年03月

  • 学位名:修士(比較社会文化)

    学位の分野名:日本語教育 (Japanese education)

    学位授与機関名:九州大学 (Kyushu University)

    取得方法:課程

    取得年月:2008年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:■廃止組織■ 、言語教育センター

    経歴名:准教授 (Associate Professor)

    職務期間:2015年10月 ~ 継続中

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 日本語教育 (Japanese education)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 日本語教育

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:視点表現の運用能力育成に重点を置いたオンライン学習交流用教材の開発 (Development of conversation material for telecollaboration with a focus on viewpoint expressions)

    キーワード:視点表現、Skype、オンライン学習交流、教材 (viewpoint, skype, telecollaboration, material)

    研究態様:個人研究

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:2015年04月 ~ 2018年03月

    専門分野(科研費分類):日本語教育

    専門分野(researchmap分類):日本語教育

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    授業科目:日本語教材研究2

    担当期間:2018年12月 ~ 2019年02月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:応用日本語(読むB2)

    担当期間:2018年12月 ~ 2019年02月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:日本語(読むB2)

    担当期間:2018年12月 ~ 2019年02月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:メディア・リテラシー2

    担当期間:2018年12月 ~ 2019年02月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:日本語3-2

    担当期間:2018年12月 ~ 2019年02月

    授業形式:

全件表示 >>

 

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:2015 PC Conference

    開催場所:富山大学

    開催期間:2015年08月

    題目又はセッション名:日本語学習者と日本語母語指導者間の言語交換用デジタル教材の開発

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:PCカンファレンス (PC Conference)

    開催場所:富山大学

    開催期間:2015年08月

    題目又はセッション名:大学内での生活会話習得を目指した日本語デジタル教材の開発

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:2015年第2回日本語教育学会研究集会(中部地区)

    開催場所:名古屋大学

    開催期間:2015年06月

    題目又はセッション名:日本語母語話者と日本語学習者間の言語交換による会話能力育成の試みー対面およびSkypeでの学習交流—

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:韓国日語教育学会2015年度第27回国際学術大会

    開催場所:東国大学(韓国)

    開催期間:2015年04月

    題目又はセッション名:韓国と日本の大学間でのオンライン授業の実践-JFL環境とJSL環境の日本語学習者の学習交流-

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:その他

    会議名称:国立国語研究所共同研究 「コミュニケーションのための言語と教育の研究」 研究発表会

    開催場所:キャンパスプラザ京都

    開催期間:2015年02月

    題目又はセッション名:買い物における日本語学習者の聴解困難点

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:若手研究(B)

    研究題目:視点表現の運用能力育成に重点を置いたオンライン学習交流用教材の開発

    研究期間:2015年04月 ~ 2018年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:本研究の目的は、国内外の日本語学習者を対象とした視点表現の運用能力の育成に重点を置いた教材の開発である。留学生30万人計画や移民20万人受け入れ構想を背景に、従来の時間をかけた文法積み上げ式の日本語学習ではなく、短期間で使える、自然な日本語の習得が急務となっている。そこで、本研究では、日本語らしさに大きく関わる日本語特有の話者の視点を表す表現に着目し、その習得を促すオンライン学習交流用の教材開発を行う。また、作成した教材を用いた日本語母語話者および学習者間のオンライン学習交流を実施し、教材の効果の測定も行う。