職名 【 表示 / 非表示

助教

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

生物多様性・分類

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

植物進化学、系統地理学、高山植物

 

写真

氏名

池田 啓 (イケダ ハジメ)

IKEDA Hajime

所属専攻講座

資源植物科学研究所

職名

助教

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)植物進化学、系統地理学、高山植物

(英)plants evolution, phylogeography, alpine plants

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:京都大学

    学校の種類:大学

    学部名:総合人間学部

    卒業年月:2005年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:京都大学

    研究科名:人間・環境学研究科

    修了課程:博士課程

    修了年月:2010年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:京都大学博士(人間・環境学)

    学位の分野名:生物多様性・分類 (Living organisms diversity/classification)

    学位授与機関名:京都大学 (Kyoto University)

    取得方法:課程

    取得年月:2010年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:資源植物科学研究所

    経歴名:助教 (Assistant Professor)

    職務期間:2013年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:東京大学大学院理学系研究科

    経歴名:助教

    経歴期間:2010年04月 ~ 2011年03月

  • 所属(勤務)先:国立科学博物館 植物研究部

    経歴名:研究員

    経歴期間:2011年04月 ~ 2013年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • ヨーロッパ進化学会 (European Society for Evolutionary Biology)  /  グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国(英国) ( 2009年01月 ~ 継続中 )

  • 日本生態学会 /  日本国 ( 2007年01月 ~ 継続中 )

  • アメリカ植物学会 (Botanical Society of America)  /  アメリカ合衆国 ( 2006年01月 ~ 継続中 )

  • 日本植物学会 /  日本国 ( 2005年04月 ~ 継続中 )

  • 日本進化学会 /  日本国 ( 2005年04月 ~ 継続中 )

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生物多様性・分類 (Living organisms diversity/classification)

  • 生態・環境 (Ecology/environment)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 植物学一般

 
 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Phylogeographical insight into the Aleutian flora inferred from the historical range shifts of the alpine shrub Therorhodion camtschaticum (Pall.) Small (Ericaceae)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Biogeography44巻 (頁 283 ~ 293)

    発行年月:2017年02月

    著者氏名(共著者含):Hata D, Higashi H, Yakubov V, Barkalov V, Ikeda H, Setoguchi H

    共著区分:共著

    DOI:10.1111/jbi.12876

  • 論文題目名:Importance of demographic history for phylogeographic inference on the arctic-alpine plant Phyllodoce caerulea in East Asia

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Heredity116巻 2号 (頁 232 ~ 238)

    発行年月:2016年02月

    著者氏名(共著者含):H. Ikeda*,S. Sakaguchi,V. Yakubov ,V. Barkalov ,H. Setoguchi

    共著区分:共著

    DOI:10.1038/hdy.2015.95

  • 論文題目名:Persistent history of the bird-dispersed arctic-alpine plant Vaccinium vitis-idaea L. (Ericaceae) in Japan

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Plant Research128巻 (頁 437 ~ 444)

    発行年月:2015年05月

    著者氏名(共著者含):Ikeda H, Yoneta Y, Higashi H, Eidesen P, Barkalov V, Yakubov V, Brochmann C, Setoguchi H

    共著区分:共著

    DOI:10.1007/s10265-015-0709-8

  • 論文題目名:Phylogeographical study of the alpine plant Cassiope lycopodioides (Ericaceae) suggests a range connection between the Japanese archipelago and Beringia during the Pleistocene

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Biological Journal of the Linnean Society113巻 (頁 497 ~ 509)

    発行年月:2014年10月

    著者氏名(共著者含):Ikeda H, Higashi H, Yakubov V, Barkalov V,Setoguchi H

    共著区分:共著

    DOI:10.1111/bij.12342

  • 論文題目名:Molecular evidence for ancient relicts of arctic-alpine plants in East Asia

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:New Phytologist203巻 (頁 990 ~ 988)

    発行年月:2014年08月

    著者氏名(共著者含):Ikeda H, Yakubov V, Barkalov V, Setoguchi H

    共著区分:共著

    DOI:10.1111/nph.12863

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:系統地理学 ‐DNAで解き明かす生きものの自然史‐

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:文一総合出版

    発行日:2013年06月

    著者名:池田啓

    著書形態:単著

    担当部分:責任編集、執筆

学術雑誌編集委員 【 表示 / 非表示

  • 年度:2013年度

    学術雑誌名:Journal of Plant Research

    委員長/委員等の種類:委員

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:シンポジウム

    会議名称:第9回国際植物学会議

    開催場所:深セン

    開催期間:2017年07月

    題目又はセッション名:Biogeograpohic history of alpine flora in the Japanese Archipelago

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:シンポジウム

    会議名称:5th NIBB-MPIPZ-TLL symposium

    開催場所:Cologne

    開催期間:2014年11月

    題目又はセッション名: Molecular evolution of phytochromes and their day-length relevant divergence

学会賞等受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:日本植物分類学会奨励賞

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:2014年03月22日

    受賞国:日本国

    授与機関:日本植物分類学会

    受賞者・受賞グループ名:池田啓

    題目名:日本産高山植物の系統地理:分布形成の歴史と地域適応への示唆

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:挑戦的萌芽研究

    研究題目:モデル生物を利用した野生集団に保持される遺伝的変異の機能解析

    研究期間:2011年04月 ~ 2013年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:モデル生物を利用した野生集団に保持される遺伝的変異の機能解析

  • 研究種目名:挑戦的萌芽研究

    研究題目:モデル生物を利用した野生集団に保持される遺伝的変異の機能解析

    研究期間:2011年04月 ~ 2013年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:モデル生物を利用した野生集団に保持される遺伝的変異の機能解析