所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

教師教育開発センター 教師教育開発部門

職名 【 表示 / 非表示

教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

教育社会学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

教育社会学 教師教育学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:昼間定時制高校における協同学習を軸とした組織的授業改善の実証的研究

    研究課題概要:本研究は、協同学習の理念と技法を採り入れた授業改善に取り組む昼間定時制高校を対象に、 その有効性・可能性と限界とを含めた検証をフィールドワークに基づいて行うものである。か つて勤労青少年の学習機会を保障していた定時制高校は、今日、多様な学習歴と学習ニーズを もつ生徒を包摂し、その人間形成や学力保障を担う場として自らを再定義している。この変化 は同時に、定時制高校が自らの授業をめぐる組織的実践力や内発的改善力を主体的に向上させ ることを求めている。学校の自律的な組織改善を支える5つの要素(課題設定、組織体制の構 築、時間確保、意欲喚起、成果検証)に注目し、個々の教師の授業改善と、これを組織の実践 知へと編み上げる「教師の協同」の必要と困難とを、学校現場の実態に即して明らかにする。

  • 研究課題名:協同学習の教育効果の計量社会学的研究

  • 研究課題名:若手教員の育成プログラム開発および支援システム構築に関する総合的研究

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:全学教職課程の質保証に関する実証的研究(1)―平成22年度入学生の経年変化を中心に―

    掲載誌名:岡山大学教師教育開発センター紀要3巻 (頁 80 ~ 89)

    発行年月:2013年03月

    著者氏名(共著者含):

  • 論文題目名:グループ学習の技法をめぐる実態とイメージの構造分析

    掲載誌名:協同と教育6号 (頁 21 ~ 31)

    発行年月:2010年04月

    著者氏名(共著者含):高旗浩志,原田信之,関田一彦

  • 論文題目名:教員養成教育のカリキュラム・マネジメントを考える

    掲載誌名:文部科学省先導的大学改革推進委託事業(2009-2010年度)「課程認定大学における評価団体と連携した教員養成に関するモデルカリキュラムの作成に関する調査研究」(実践交流ワークショップ報告書) (頁 7 ~ 35)

    発行年月:2011年02月

    著者氏名(共著者含):高旗浩志

 

写真

氏名

髙旗 浩志 (タカハタ ヒロシ)

TAKAHATA Hiroshi

所属専攻講座

教師教育開発センター

職名

教授

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)教育社会学 教師教育学

(英)Sociology of Education Teacher Education

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:広島大学

    学校の種類:大学

    学部名:教育学部

    学科名:教育学科

    卒業年月:1991年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:広島大学

    研究科名:教育学研究科

    修了課程:博士課程

    修了年月:1996年03月

    修了区分:単位取得満期退学

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:修士(教育学)

    学位の分野名:教育学 (Pedagogy)

    学位授与機関名:広島大学 (Hiroshima University)

    取得方法:論文

    取得年月:1993年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:教師教育開発センター

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2014年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:島根大学教育学部

    経歴名:准教授

    経歴期間:2007年04月 ~ 2009年03月

  • 所属(勤務)先:島根大学教育学部

    経歴名:助教授

    経歴期間:2004年04月 ~ 2007年03月

  • 所属(勤務)先:島根大学教育学部附属教育臨床総合研究センター

    経歴名:助教授

    経歴期間:2002年04月 ~ 2004年03月

  • 所属(勤務)先:島根大学教育学部附属教育臨床総合研究センター

    経歴名:講師

    経歴期間:2001年04月 ~ 2002年03月

  • 所属(勤務)先:島根大学教育学部附属教育実践研究指導センター

    経歴名:講師

    経歴期間:1997年04月 ~ 2001年03月

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本教育学会 /  日本国 ( 2011年08月 ~ 継続中 )

  • 日本協同教育学会 /  日本国 ( 2004年05月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:理事

    活動期間:2010年04月 ~ 継続中

  • 日本教師教育学会 /  日本国 ( 2001年04月 ~ 継続中 )

  • 日本教育社会学会 /  日本国 ( 1991年04月 ~ 継続中 )

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 教育社会学 (Educational sociology)

  • 教育学 (Pedagogy)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 社会学(含社会福祉関係)

  • 教育学

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:昼間定時制高校における協同学習を軸とした組織的授業改善の実証的研究

    キーワード:定時制高校 学校改善 授業改善 協同学習

    研究態様:個人研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2013年04月 ~ 2016年03月

    専門分野(科研費分類):教育学

    専門分野(researchmap分類):教育学

    研究内容:本研究は、協同学習の理念と技法を採り入れた授業改善に取り組む昼間定時制高校を対象に、
    その有効性・可能性と限界とを含めた検証をフィールドワークに基づいて行うものである。か つて勤労青少年の学習機会を保障していた定時制高校は、今日、多様な学習歴と学習ニーズを もつ生徒を包摂し、その人間形成や学力保障を担う場として自らを再定義している。この変化 は同時に、定時制高校が自らの授業をめぐる組織的実践力や内発的改善力を主体的に向上させ ることを求めている。学校の自律的な組織改善を支える5つの要素(課題設定、組織体制の構 築、時間確保、意欲喚起、成果検証)に注目し、個々の教師の授業改善と、これを組織の実践 知へと編み上げる「教師の協同」の必要と困難とを、学校現場の実態に即して明らかにする。

  • 研究課題名:協同学習の教育効果の計量社会学的研究

    キーワード:協同学習 隠れたカリキュラム

    研究態様:個人研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2008年04月 ~ 2010年03月

    専門分野(科研費分類):教育社会学 、教育学

    専門分野(researchmap分類):教育学

  • 研究課題名:若手教員の育成プログラム開発および支援システム構築に関する総合的研究

    キーワード:若手教員 資質向上 成長支援

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2013年04月 ~ 2016年03月

    専門分野(科研費分類):教育学

    専門分野(researchmap分類):教育学

    研究内容:本研究は、若手教員育成プログラムおよび支援システムについて、特に採用されてから5年以内の 教員に焦点をあて、自治体の採用規模や校種の差異も視野に入れ、以下の3つの課題を探究・遂行するものである。

  • 研究課題名:大学と教育委員会連携に基づく「5年後問題」解決のための教師教育プログラムの開発

    キーワード:教師教育 5年後問題

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2009年04月 ~ 2014年03月

    専門分野(科研費分類):教育学

    専門分野(researchmap分類):教育学

  • 研究課題名:学級を「学びの共同体」にするための教師の力量形成プログラムの開発

    キーワード:協同学習

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2007年04月 ~ 2010年03月

    専門分野(科研費分類):教育学 、教育社会学

    専門分野(researchmap分類):教育学

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    授業科目:特別活動とキャリア教育の実際

    担当期間:2017年10月 ~ 2018年03月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:学校社会学特論Ⅱ

    担当期間:2017年10月 ~ 2018年03月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:アクティブラーニングの理論と実践

    担当期間:2017年10月 ~ 2018年03月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:特別活動論C(2)

    担当期間:2017年06月 ~ 2017年08月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:養護実習I

    担当期間:2017年04月 ~ 2017年09月

    授業形式:

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:全学教職課程の質保証に関する実証的研究(1)―平成22年度入学生の経年変化を中心に―

    記述言語:日本語

    掲載種別:大学紀要

    掲載誌名:岡山大学教師教育開発センター紀要3巻 (頁 80 ~ 89)

    発行年月:2013年03月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:単著

  • 論文題目名:グループ学習の技法をめぐる実態とイメージの構造分析

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:協同と教育6号 (頁 21 ~ 31)

    発行年月:2010年04月

    著者氏名(共著者含):高旗浩志,原田信之,関田一彦

    共著区分:共著

    担当部分:共著であるが第一執筆者として全文を執筆した。

  • 論文題目名:教員養成教育のカリキュラム・マネジメントを考える

    記述言語:日本語

    掲載種別:その他

    掲載誌名:文部科学省先導的大学改革推進委託事業(2009-2010年度)「課程認定大学における評価団体と連携した教員養成に関するモデルカリキュラムの作成に関する調査研究」(実践交流ワークショップ報告書) (頁 7 ~ 35)

    発行年月:2011年02月

    著者氏名(共著者含):高旗浩志

    共著区分:単著

  • 論文題目名:「母校訪問」を核とする全学教職課程初年次プログラムの成果と課題

    記述言語:日本語

    掲載種別:大学紀要

    掲載誌名:岡山大学教師教育開発センター紀要2巻 (頁 126 ~ 135)

    発行年月:2012年03月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:教育制度と教育の経営 -学校・家庭・地域をめぐる教育の営み(現場と結ぶ教職シリーズ5)

    記述言語:未設定

    著書種別:未設定

    出版機関名:あいり出版

    発行日:2011年11月

    著者名:

    著書形態:単著

  • 著書名:教職論ハンドブック

    記述言語:未設定

    著書種別:未設定

    出版機関名:ミネルヴァ書房

    発行日:2011年04月

    著者名:

    著書形態:単著

  • 著書名:シリーズ現代の教職 新しい特別活動

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:ミネルヴァ書房

    発行日:2010年04月

    著者名:

    著書形態:共著

  • 著書名:教育社会学概論

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:ミネルヴァ書房

    発行日:2010年03月

    著者名:高旗浩志

    著書形態:共著

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 日本協同教育学会

    役職・役割名:理事

    活動期間:2010年09月 ~ 継続中

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:基盤研究(B)

    研究題目:大学と教育委員会連携に基づく「5年後問題」解決のための教師教育プログラムの開発

    研究期間:2009年04月 ~ 継続中

    資金支給機関:総務省

    研究内容:研究代表者:丹沢哲郎(静岡大学)
    平成21-25年度科学研究費補助金(基盤研究(B))課題番号21330200
    研究分担者として参画し,特に島根県教育委員会との連携のもと,県下の公立小中学校に勤務するベテラン教師と新任教師を対象とした聞き取り調査の企画・立案と実施を担当している。