所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

放射線技術科学分野

職名 【 表示 / 非表示

准教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

放射線科学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

放射線治療学,放射線生物物理学,放射線治療物理学,放射線計測学,放射線管理学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:免疫細胞と放射線増感剤併用における時間放射線生物学モデルの構築

    研究課題概要:免疫細胞と放射線増感剤併用における細胞放射線感受性および低酸素細胞への放射線増感特性について,in vitroおよびin vivoを用いて評価し,臨床応用が可能な免疫放射線増感剤の創出ならびに時間放射線生物学モデルに基づく線量評価と治療計画最適化の構築を行う

  • 研究課題名:時間放射線生物学モデルに基づく4次元放射線治療計画法の開発

  • 研究課題名:高エネルギー放射線による有機系太陽電池の動的挙動に関する研究

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Influence of multi-leaf collimator leaf transmission on head and neck intensity-modulated radiation therapy and volumetric-modulated arc therapy planning

    掲載誌名:Japanese Journal of Radiology35巻 9号 (頁 511 ~ 525)

    発行年月:2017年06月

    著者氏名(共著者含):Motoharu Sasaki, Masahide Tominaga,Takeshi Kamomae, Hitoshi Ikushima, Motonori Kitaoka, Ryota Bando, Kanako Sakuragawa, Masataka Oita

  • 論文題目名:Characterization of stochastic noise and post-irradiation density growth for reflective-type radiochromic film in therapeutic photon beam dosimetry

    掲載誌名:Physica Medica16巻 (頁 30224-1 ~ )

    発行年月:2016年08月

    著者氏名(共著者含):T.Kamomae, M.Oita*, N.Hayashi, M.Sasaki, H.Aoyama, H.Oguchi, M.Kawamura, H.Monzen, Y.Itoh, S.Naganawa

  • 論文題目名:Radiosensitivity Unceartainty Evaluation for the In Vitro Biophysical Modeling of EMT6 Cells

    掲載誌名:Anticancer Research34巻 8号 (頁 4621 ~ 4626)

    発行年月:2014年06月

    著者氏名(共著者含):MASATAKA OITA, YOSHIHIRO UTO, MASAHIDE TOMINAGA, MOTOHARU SASAKI, YASUO HARA, TARO KISHI, HITOSHI HORI

全件表示 >>

 

写真

氏名

笈田 将皇 (オイタ マサタカ)

OITA Masataka

所属専攻講座

ヘルスシステム統合科学研究科

職名

准教授

性別

男性

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

(日)放射線治療学,放射線生物物理学,放射線治療物理学,放射線計測学,放射線管理学

(英)Radiotherapy, Radiotherapy Biophysics, Radiotherapy Physics, Radiotechnology, Radiation Control

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:金沢大学

    学校の種類:大学

    学部名:医学部

    学科名:保健学科・放射線技術科学専攻

    卒業年月:2000年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:徳島大学

    研究科名:大学院先端技術科学教育部

    専攻名:物質生命システム工学専攻

    修了課程:博士課程

    修了年月:2016年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

  • 大学院名:北海道大学

    研究科名:医学研究科

    専攻名:高次診断治療学専攻

    修了課程:博士課程

    修了年月:2008年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

  • 大学院名:北海道大学

    研究科名:医学研究科

    専攻名:医科学専攻

    修了課程:修士課程

    修了年月:2004年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(工学) (Doctor (Engineering))

    学位の分野名:生物機能・バイオプロセス (Bio-function/bioprocesses)

    学位授与機関名:徳島大学 (The University of Tokushima)

    取得方法:課程

    取得年月:2016年03月

  • 学位名:博士(医学) (Doctor(Medicine))

    学位の分野名:放射線科学 (Radiation science)

    学位授与機関名:北海道大学 (Hokkaido University)

    取得方法:課程

    取得年月:2008年03月

  • 学位名:修士(医科学) (Master (Medical Sciences))

    学位の分野名:放射線科学 (Radiation science)

    学位授与機関名:北海道大学 (Hokkaido University)

    取得方法:課程

    取得年月:2004年03月

  • 学位名:学士(保健学) (Bachelor(Health Sciences))

    学位の分野名:放射線科学 (Radiation science)

    学位授与機関名:金沢大学 (Kanazawa University)

    取得方法:課程

    取得年月:2000年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:ヘルスシステム統合科学研究科

    経歴名:准教授 (Associate Professor)

    職務期間:2018年04月 ~ 継続中

  • 職務遂行組織:保健学研究科

    経歴名:准教授 (Associate Professor)

    職務期間:2007年11月 ~ 2018年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:広島大学 医歯薬保健学研究科

    経歴名:客員教授

    経歴期間:2016年04月 ~ 継続中

  • 所属(勤務)先:広島大学 医歯薬保健学研究科

    経歴名:非常勤講師

    経歴期間:2012年04月 ~ 2016年03月

  • 所属(勤務)先:島根大学 医学部

    経歴名:非常勤講師

    経歴期間:2010年04月 ~ 2012年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本放射線技術学会 /  日本国 ( 2018年07月 ~ 2020年06月 )

    役職・役割名:代議員

    活動期間:2018年07月 ~ 2020年06月

    活動内容:代議員

  • 日本医学物理士認定機構 /  日本国 ( 2018年03月 ~ 2019年02月 )

    役職・役割名:教育コース認定委員

    活動期間:2017年03月 ~ 2018年02月

    活動内容:日本医学物理士認定機構教育コース認定委員

  • 日本医学物理士認定機構 /  日本国 ( 2017年03月 ~ 2018年02月 )

    役職・役割名:教育コース認定委員

    活動期間:2017年03月 ~ 2018年02月

    活動内容:日本医学物理士認定機構教育コース認定委員

  • 日本放射線技術学会 /  日本国 ( 2016年07月 ~ 2018年06月 )

    役職・役割名:代議員

    活動期間:2016年07月 ~ 2018年06月

    活動内容:代議員

  • 日本医学物理士認定機構 /  日本国 ( 2016年03月 ~ 2017年02月 )

    役職・役割名:教育コース認定委員

    活動期間:2016年03月 ~ 2017年02月

    活動内容:日本医学物理士認定機構教育コース認定委員

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 放射線科学 (Radiation science)

  • 生物物理学 (Biophysics)

  • 生物機能・バイオプロセス (Bio-function/bioprocesses)

  • 応用物理学一般 (General applied physics)

  • 放射線・化学物質影響科学 (Radiation/chemical substance influence science)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 放射線医学

  • 生物物理学

  • 放射線の計測

  • 放射線照射の影響

  • 放射線管理一般

全件表示 >>

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 衛生管理者(第1種)

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:免疫細胞と放射線増感剤併用における時間放射線生物学モデルの構築 (Development of time radiobiology model for chronoradiobiology with imune cells)

    キーワード:放射線,放射線治療,放射線生物学,免疫細胞 (radiation, radiotherapy, radiobiology, immune cell)

    研究態様:個人研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2015年04月 ~ 2019年03月

    専門分野(科研費分類):放射線科学

    専門分野(researchmap分類):放射線医学

  • 研究課題名:時間放射線生物学モデルに基づく4次元放射線治療計画法の開発 (Development of four-dimensional radiotherapy planning based on a modeling of chronoradiobiology )

    キーワード:放射線,4次元放射線治療,放射線生物学 (4DRT, radiotherapy, radiobiology)

    研究態様:個人研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2013年04月 ~ 2015年03月

    専門分野(科研費分類):放射線科学

    専門分野(researchmap分類):放射線医学

  • 研究課題名:高エネルギー放射線による有機系太陽電池の動的挙動に関する研究

    キーワード:放射線,太陽電池

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:共同研究

    研究期間:2012年04月 ~ 2014年03月

    専門分野(科研費分類):応用物理学一般

    専門分野(researchmap分類):計測機器一般

  • 研究課題名:無機・有機太陽電池の特性評価に関する研究

    キーワード:放射線,太陽電池

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:共同研究

    研究期間:2010年04月 ~ 2012年03月

    専門分野(科研費分類):応用物理学一般

    専門分野(researchmap分類):計測機器一般

  • 研究課題名:呼吸運動モデルに基づく4次元放射線治療計画の最適化に関する研究 (A study of optimization of four-dimensional radiotherapy based on a modeling of physiological motion)

    キーワード:放射線,4次元放射線治療 (4DRT, optimization, radiotherapy)

    研究態様:個人研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2006年01月 ~ 2007年12月

    専門分野(科研費分類):放射線科学

    専門分野(researchmap分類):放射線医学

全件表示 >>

研修受講歴 【 表示 / 非表示

  • ESTRO School Particle Therapy Course(クラクフ,ポーランド)  ( 2016年03月 )

  • 平成27年度放射線治療品質管理講習会(西宮)  ( 2016年02月 )

  • Varian Administration and Physics Course  ( 2014年09月 )

  • 札幌医科大学 医学物理インテンシブ研修コース  ( 2012年02月 )

  • 平成23年度医学物理講習会(博多)  ( 2011年09月 )

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    授業科目:臨床医学特別実習

    担当期間:2018年12月 ~ 2019年02月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:放射線治療技術学II

    担当期間:2018年12月 ~ 2019年02月

    授業形式:専任

  • 年度:2018年度

    授業科目:生命健康情報理工学特講Ⅱ

    担当期間:2018年10月 ~ 2019年03月

    授業形式:専任

  • 年度:2018年度

    授業科目:放射線診療技術学演習

    担当期間:2018年10月 ~ 2019年03月

    授業形式:兼任

    講義内容またはシラバス:博士課程での各自の研究テーマに関連する放射線診療技術の最新動向について、自主的、能動的に文献レビューし、討論する。また、調べた内容を人前で説明し、他分野の研究をしている聴衆にも理解させ、質疑応答するなど、今後の発表技術の向上の演習の場とする。文献検索と討論の準備と手法について演習し、さらに自主的、能動的に学習し、相互プレゼンテーションを行う。

  • 年度:2018年度

    授業科目:放射線治療品質管理学演習

    担当期間:2018年10月 ~ 2019年03月

    授業形式:専任

全件表示 >>

担当授業科目(その他) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    科目名:Introduction course for Health Sciences

    担当期間:2016年04月 ~ 2016年09月

教科書、教材等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    教科書,教材等の種類:教材作成

    大学教育教材開発:「医用画像概論(学部1年第1学期)」学習用プリント,e-learning資料
    「放射線治療技術学Ⅰ(学部3年第2学期)」学習用プリント,e-learning資料
    「放射線治療技術学Ⅱ(学部3年第4学期)」学習用プリント,e-learning資料
    「放射線治療物理学(学部3年第2学期)」学習用プリント,e-learning資料
    「放射線治療品質管理学(修士2年前期)」学習用プリント,e-learning資料
    「放射線治療技術学特論(修士1年前期)」学習用プリント
    「医学物理士試験対策ゼミ(修士1,2年前期)」学習用プリント,e-learning資料
    「臨床医学特別実習」国家試験対策問題
    「診療放射線技師国家試験対策ゼミ(学部4年)」学習用プリント,e-learning資料
    「ヘルスシステム統合科学概論Ⅱ(修士1年第1学期)」学習用プリント,e-learning資料
    「ヒューマンイノベーション・ヘルスケア科学概論(修士1年第1学期)」学習用プリント,e-learning資料
    「ビッグデータ解析学(修士1年第1学期)」学習用プリント,e-learning資料
    「Introduction course for health science(博士1年前期,留学生プログラム)」学習用プリント,e-learning資料

  • 年度:2017年度

    教科書,教材等の種類:教材作成

    大学教育教材開発:「放射線治療技術学Ⅰ(学部3年第2学期)」学習用プリント,e-learning資料
    「放射線治療技術学Ⅱ(学部3年第4学期)」学習用プリント,e-learning資料
    「放射線治療物理学(学部3年第2学期)」学習用プリント,e-learning資料
    「放射線治療品質管理学(修士2年前期)」学習用プリント,e-learning資料
    「放射線治療技術学特論(修士1年前期)」学習用プリント
    「医学物理士試験対策ゼミ(修士1,2年前期)」学習用プリント,e-learning資料
    「臨床医学特別実習」国家試験対策問題
    「診療放射線技師国家試験対策ゼミ(学部4年)」学習用プリント,e-learning資料

  • 年度:2016年度

    教科書,教材等の種類:教材作成

    大学教育教材開発:「放射線治療技術学Ⅰ(学部3年第2学期)」学習用プリント,e-learning資料
    「放射線治療技術学Ⅱ(学部3年第2学期)」学習用プリント,e-learning資料
    「放射線治療物理学(学部3年第4学期)」学習用プリント,e-learning資料
    「放射線治療品質管理学(修士2年前期)」学習用プリント,e-learning資料
    「放射線治療技術学特論(修士1年前期)」学習用プリント
    「医学物理士試験対策ゼミ(修士1,2年前期)」学習用プリント,e-learning資料
    「臨床医学特別実習」国家試験対策問題
    「診療放射線技師国家試験対策ゼミ(学部4年)」学習用プリント,e-learning資料

  • 年度:2015年度

    教科書,教材等の種類:教材作成

    大学教育教材開発:「放射線治療技術学Ⅰ(学部3年前期)」学習用プリント,e-learning資料
    「放射線治療技術学Ⅱ(学部3年後期)」学習用プリント,e-learning資料
    「放射線治療物理学(学部3年後期)」学習用プリント,e-learning資料
    「放射線治療品質管理学(修士2年前期)」学習用プリント,e-learning資料
    「放射線治療技術学特論(修士1年前期)」学習用プリント
    「医学物理士試験対策ゼミ(修士1,2年前期)」学習用プリント,e-learning資料
    「臨床医学特別実習」国家試験対策問題
    「診療放射線技師国家試験対策ゼミ(学部4年)」学習用プリント,e-learning資料

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Evaluation of Setup Errors at the Skin Surface Position for Whole Breast Radiotherapy of Breast Cancer Patients

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Acta Medica Okayama72巻 4号 (頁 331 ~ 336)

    発行年月:2018年08月

    著者氏名(共著者含):Miyahara K, Kuroda M, Yoshimura Y, Aoyama H, Oita M, Sugianto I, Matsuzaki H, Ihara H, Katayama N, Katsui K, Kanazawa S, Asaumi J.

    共著区分:共著

    DOI:10.18926/AMO/56167

  • 論文題目名:生物学的影響を考慮した前立腺VMAT治療計画に関する基礎的検討 ~正常臓器および腫瘍の回復効果と照射スケジュールの影響~

    記述言語:日本語

    掲載種別:その他

    掲載誌名:平成29年度岡山大学医学部保健学科卒業論文集 (頁 1 ~ 12)

    発行年月:2018年02月

    著者氏名(共著者含):北川征児,*笈田将皇

    共著区分:共著

  • 論文題目名:治療計画装置を利用したファントム散乱係数の評価 ~乳房接線照射モデルにおけるファントムサイズの影響に関する基礎的検討~

    記述言語:日本語

    掲載種別:その他

    掲載誌名:平成29年度岡山大学医学部保健学科卒業論文集 (頁 1 ~ 9)

    発行年月:2018年02月

    著者氏名(共著者含):中須賀梨奈, 中山夏織, *笈田将皇

    共著区分:共著

  • 論文題目名:治療計画装置を利用したファントム散乱係数の評価 ~乳房接線照射モデルにおける線量評価点位置の影響に関する基礎的検討~

    記述言語:日本語

    掲載種別:その他

    掲載誌名:平成29年度岡山大学医学部保健学科卒業論文集 (頁 1 ~ 8)

    発行年月:2018年02月

    著者氏名(共著者含):中山夏織,中須賀梨奈, *笈田将皇

    共著区分:共著

  • 論文題目名:フリッケ線量計の開発応用の関する基礎的検討 ~時間吸光度特性について~

    記述言語:日本語

    掲載種別:その他

    掲載誌名:平成29年度岡山大学医学部保健学科卒業論文集 (頁 1 ~ 9)

    発行年月:2018年02月

    著者氏名(共著者含):木下佳祐, 中澤健吾, *笈田将皇

    共著区分:共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:生物学的影響を考慮した前立腺VMAT治療計画に関する基礎的検討 ~細胞不均一性を考慮した腫瘍線量評価~

    記述言語:日本語

    掲載種別:その他

    掲載誌名:広島県放射線治療技術研究会会誌2017号 (頁 28 ~ 39)

    出版機関名:広島県放射線治療技術研究会

    発行年月:2017年12月

    著者氏名(共著者含):宮川 千幹,*笈田 将皇,青山 英樹,大塚 裕太,宇野 弘文, 香川 芳徳,田原 誠司

    共著区分:共著

  • 題目:放射線治療用金属マーカーの治療計画への影響に関する基礎的検討 ~CT撮影法とアーチファクトの線量分布への影響について~

    記述言語:日本語

    掲載種別:その他

    掲載誌名:広島県放射線治療技術研究会会誌2017号 (頁 63 ~ 74)

    出版機関名:広島県放射線治療技術研究会

    発行年月:2017年12月

    著者氏名(共著者含):中村 直道,*笈田 将皇,山田 誠一,近藤 和人,平田 祐希, 園田 泰章,中桐 将人 ,花田 善治郎

    共著区分:共著

  • 題目:放射線治療用金属マーカーの治療計画への影響に関する基礎的検討 ~CT撮影法とアーチファクトの影響~

    記述言語:日本語

    掲載種別:その他

    掲載誌名:広島県放射線治療技術研究会会誌2017号 (頁 51 ~ 62)

    出版機関名:広島県放射線治療技術研究会

    発行年月:2017年12月

    著者氏名(共著者含):大森 圭悟,*笈田 将皇,山田 誠一,近藤 和人,平田 祐希, 園田 泰章,中桐 将人 ,花田 善治郎

    共著区分:共著

  • 題目:生物学的影響を考慮した前立腺VMAT治療計画に関する基礎的検討 ~細胞不均一性を考慮した正常臓器線量評価~

    記述言語:日本語

    掲載種別:その他

    掲載誌名:広島県放射線治療技術研究会会誌2017号 (頁 40 ~ 50)

    出版機関名:広島県放射線治療技術研究会

    発行年月:2017年12月

    著者氏名(共著者含):永田 貴紀,*笈田 将皇,青山 英樹,大塚 裕太,宇野 弘文, 香川 芳徳,田原 誠司

    共著区分:共著

  • 題目:RTTに求められる放射線生物学の知識について

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:日本放射線治療専門放射線技師認定機構機関誌 11巻 1号 (頁 109 ~ 115)

    出版機関名:日本放射線治療専門放射線技師認定機構

    発行年月:2017年03月

    著者氏名(共著者含):*笈田将皇

    共著区分:単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:図解 診療放射線技術実践ガイド(第3版)

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:株式会社 文光堂

    発行日:2014年02月

    著者名:小田敍弘,笠井俊文,杜下淳次,東村享治,片渕哲朗,河村 正,中島俊文,中田 学,西谷源展,他多数,笈田将皇

    著書形態:共著

  • 著書名:外部放射線治療装置の品質保証・品質管理

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:株式会社 PILAR PRESS ピラールプレス

    発行日:2013年07月

    著者名:熊谷孝三,吉浦隆雄,橘昌幸,富永正英,笈田将皇

    著書形態:共著

論文査読 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    件数:2件

    学術雑誌名:Acta Medica Okayama

  • 年度:2017年度

    件数:1件

    学術雑誌名:日本ハイパーサーミア学会

  • 年度:2016年度

    件数:1件

    学術雑誌名:Journal of Radiation Research

  • 年度:2016年度

    件数:1件

    学術雑誌名:Radiation Emergency Medicine

  • 年度:2016年度

    件数:1件

    学術雑誌名:Japanese Journal of Radiology

全件表示 >>

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:研究集会

    会議名称:日本放射線技術学会中国・四国支部 一般撮影領域のEntrance Skin Dose測定セミナー

    開催場所:岡山市

    開催期間:2018年09月

    題目又はセッション名:電離箱線量計の基礎特性

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:AAPM 60th Annual Meeting

    開催場所:Nashville, USA

    開催期間:2018年07月 ~ 2018年08月

    題目又はセッション名:Immunological aspects of Improved Tumor and Normal Tissue Responses Using Biophysical modelling

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:AAPM 60th Annual Meeting

    開催場所:Nashville, USA

    開催期間:2018年07月 ~ 2018年08月

    題目又はセッション名:Comparison of head scatter factor using different ionization chambers in flattened and unflattenned beams

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第74回日本放射線技術学会総会学術大会

    開催場所:横濱市

    開催期間:2018年04月

    題目又はセッション名:膵臓癌陽子線治療におけるAdaptive Radiotherapyの検討

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:研究集会

    会議名称:第58回日本放射線技術学会中国・四国支部学術大会

    開催場所:徳島市

    開催期間:2017年12月

    題目又はセッション名:全学60分授業・クォーター制の導入に伴う教育効果への影響に関する検討

全件表示 >>

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 第74回日本放射線技術学会総会学術大会

    役職・役割名:座長

    活動期間:2018年04月

    活動内容:一般研究発表座長

  • 日本医学物理士認定機構

    役職・役割名:コース認定委員

    活動期間:2018年04月 ~ 2019年03月

  • 第73回日本放射線技術学会総会学術大会

    役職・役割名:座長

    活動期間:2017年04月

    活動内容:一般研究発表座長

  • 日本医学物理士認定機構

    役職・役割名:コース認定委員

    活動期間:2017年04月 ~ 2018年03月

  • 第44回日本放射線技術学会秋季学術大会

    役職・役割名:座長

    活動期間:2016年10月

    活動内容:一般研究発表座長

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:免疫細胞と放射線増感剤併用における時間放射線生物学モデルの構築

    研究期間:2015年04月 ~ 2019年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:本研究は、前回採択された「時間放射線生物学モデルに基づく4次元放射線治療計画法の開発、若手(B)」の成果で得られた重要な知見である「放射線生物学パラメータによる治療計画最適化のシミュレーション再現を可能とした」ことを踏まえ、新たに免疫細胞と放射線増感剤併用における細胞放射線感受性および低酸素細胞への放射線増感特性について、in vitroおよびin vivo(腫瘍移植鶏卵モデル)を用いて評価し、臨床応用が可能な免疫放射線増感剤の創出ならびに時間放射線生物学モデルに基づく線量評価と治療計画最適化の構築を行うものである。

  • 研究種目名:若手研究(B)

    研究題目:時間放射線生物学モデルに基づく4次元放射線治療計画法の開発

    研究期間:2013年04月 ~ 2015年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:悪性腫瘍の放射線抵抗性,再増殖(回復効果)は,個々の患者で異なり放射線治療の成績を大きく左右する.しかし,それらの特性は個々の腫瘍細胞で異なり不明な点が多く,治療効果や副作用の正確な予測,評価は困難である.そこで,本研究では,腫瘍細胞の時間放射線生物学的な応答特性を考慮した 4次元放射線治療計画法の開発を行う.これより,従来よりも質の高い治療計画最適化が行える環境を構築し,臨床応用に向けて実践することを目指す.

  • 研究種目名:若手研究(B)

    研究題目:時間放射線生物学モデルに基づく4次元放射線治療計画法の開発

    研究期間:2013年04月 ~ 2015年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:悪性腫瘍の放射線抵抗性,再増殖(回復効果)は,個々の患者で異なり放射線治療の成績を大きく左右する.しかし,それらの特性は個々の腫瘍細胞で異なり不明な点が多く,治療効果や副作用の正確な予測,評価は困難である.そこで,本研究では,腫瘍細胞の時間放射線生物学的な応答特性を考慮した 4次元放射線治療計画法の開発を行う.これより,従来よりも質の高い治療計画最適化が行える環境を構築し,臨床応用に向けて実践することを目指す.

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 研究題目:中性子線における人体等価型線量計の開発応用に関する研究

    共同研究区分:国内共同研究

    研究期間:2018年04月 ~ 2019年03月

    相手先機関名:京都大学原子炉実験所

    研究内容:本研究では,BNCTへのradiochromic filmの応用開発を目指し,中性子線源に対する基礎特性の評価およびradiochromic物質を利用した中性子吸収剤等との併用による新たな簡易線量評価システムの構築を目的とする。今回,中性子線に対する人体等価線量計の開発として有機フィルムの一種として利用されているGafchromicフィルムに着目し,それらの中性子線応答の最適化に向けたradiochromic物質の開発応用ならびに新たな放射線計測法を創案し,研究開発を行う.

  • 研究題目:中性子線における人体等価型線量計の開発応用に関する研究

    共同研究区分:国内共同研究

    研究期間:2017年04月 ~ 2018年03月

    相手先機関名:京都大学原子炉実験所

    研究内容:本研究では,BNCTへのradiochromic filmの応用開発を目指し,中性子線源に対する基礎特性の評価およびradiochromic物質を利用した中性子吸収剤等との併用による新たな簡易線量評価システムの構築を目的とする。今回,中性子線に対する人体等価線量計の開発として有機フィルムの一種として利用されているGafchromicフィルムに着目し,それらの中性子線応答の最適化に向けたradiochromic物質の開発応用ならびに新たな放射線計測法を創案し,研究開発を行う.

  • 研究題目:中性子線における人体等価型線量計の開発応用に関する研究

    共同研究区分:国内共同研究

    研究期間:2016年10月 ~ 2017年03月

    相手先機関名:京都大学原子炉実験所

    研究内容:本研究では,BNCTへのradiochromic filmの応用開発を目指し,中性子線源に対する基礎特性の評価およびradiochromic物質を利用した中性子吸収剤等との併用による新たな簡易線量評価システムの構築を目的とする。今回,中性子線に対する人体等価線量計の開発として有機フィルムの一種として利用されているGafchromicフィルムに着目し,それらの中性子線応答の最適化に向けたradiochromic物質の開発応用ならびに新たな放射線計測法を創案し,研究開発を行う.

  • 研究題目:金属イオンドープ光触媒による選択的抗微生物活性のドープ量依存性に関する研究

    共同研究区分:国内共同研究

    研究期間:2015年11月 ~ 2016年03月

    相手先機関名:東京理科大学 総合研究院 光触媒研究推進拠点

    研究内容:一般的に細菌は病気などの原因になり有害なものであるとされ、除去するための研究が古くから行われてきた。しかし、ヒトの体内に含まれる免疫反応の一端を占める大腸菌などの腸内細菌や、皮膚の健康維持に働く表皮ブドウ球菌などの皮膚常在菌、発酵など食品生産に関わる酵母などはむしろ有用菌として広く用いられている。そういった有用菌を利用するうえで問題となるのが、バクテリオファージ(細菌のウィルス、以下、ファージと呼ぶ)である。実際にヨーグルトやチーズといった乳酸菌を利用した発酵乳製品の製造において、乳酸菌へのファージ感染は、酸生成の低下や発酵の遅延、発酵乳製品生産の品質低下を引き起こす。そのため、こういったファージについては排除する必要がある。そこで菌を無秩序に殺菌せず、ファージを選択的に不活化する方法が検討されてきている。これまで当研究室において可視光応答型光触媒であるRhドープSrTiO3(以下STO:Rhと省略)がファージに対して特異的な不活化効果をしめし、光触媒表面に存在するRh4+イオンが寄与していることが示唆された。このことから光触媒は生物種に対して選択性を有する抗微生物薬になるのではないかと考えた。そこで今回、STO:RhにおけるRhドープ量が抗微生物効果に与える影響について調べ、抗微生物効果のメカニズムについて解明することを目的とした。

その他 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    がんプロ活動を通じて,中国・四国地区の放射線治療施設との連携が整った.本がんプロコンソーシアムおよび各地域で育成(試験合格)した医学物理士は,資格の認定を受ける際や維持に際して臨床研究能力(論文や研究発表など)が同時に求められるため,各施設におけるスタッフとの共同研究および研究支援・技術支援ができる体制作りを構築している.

  • 年度:2017年度

    がんプロ活動を通じて,中国・四国地区の放射線治療施設との連携が整った.本がんプロコンソーシアムおよび各地域で育成(試験合格)した医学物理士は,資格の認定を受ける際や維持に際して臨床研究能力(論文や研究発表など)が同時に求められるため,各施設におけるスタッフとの共同研究および研究支援・技術支援ができる体制作りを構築している.

  • 年度:2016年度

    がんプロ活動を通じて,中国・四国地区の放射線治療施設との連携が整った.本がんプロコンソーシアムおよび各地域で育成(試験合格)した医学物理士は,資格の認定を受ける際や維持に際して臨床研究能力(論文や研究発表など)が同時に求められるため,各施設におけるスタッフとの共同研究および研究支援・技術支援ができる体制作りを構築している.

  • 年度:2015年度

    がんプロ活動を通じて,中国・四国地区の放射線治療施設との連携が整った.本がんプロコンソーシアムおよび各地域で育成(試験合格)した医学物理士は,資格の認定を受ける際や維持に際して臨床研究能力(論文や研究発表など)が同時に求められるため,各施設におけるスタッフとの共同研究および研究支援・技術支援ができる体制作りを構築している.

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 共同研究希望テーマ:細胞間放射線感受性の違いを考慮した最適放射線治療計画法に関する研究

    共同研究実施形態:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する

    産学連携協力可能形態:共同研究

 

公開講座・講演会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    講座、講演会等種類:公開講座

    参加人数:5人

    開催日:2018年04月

    講座等名:中国・四国がんプロ養成コンソーシアム
    平成30年度第1回岡山大学医学物理コース(インテンシブ)地域連携セミナー

    講義題名:「放射線治療品質管理基礎技術1(物性)」

    主催者:中国・四国がんプロ養成コンソーシアム
    岡山大学医学物理士インテンシブコース

    対象者:医師,診療放射線技師,看護師,放射線治療品質管理士,医学物理士

    開催地,会場:岡山市,岡山大学大学院保健学研究科 総合教育研究棟8F リフレッシュルーム

  • 年度:2018年度

    講座、講演会等種類:公開講座

    参加人数:7人

    開催日:2018年06月

    講座等名:中国・四国がんプロ養成コンソーシアム
    平成30年度第28回岡山大学医学物理コース(インテンシブ)地域連携セミナー

    講義題名:「陽子線治療における不確かさとRobustness評価」



    主催者:中国・四国がんプロ養成コンソーシアム
    岡山大学医学物理士インテンシブコース

    対象者:医師,診療放射線技師,看護師,放射線治療品質管理士,医学物理士

    開催地,会場:津山市,津山中央病院がん陽子線治療センター 治療計画室

  • 年度:2018年度

    講座、講演会等種類:公開講座

    参加人数:5人

    開催日:2018年07月

    講座等名:中国・四国がんプロ養成コンソーシアム
    平成30年度第27回岡山大学医学物理コース(インテンシブ)地域連携セミナー

    講義題名:「放射線治療品質管理基礎技術15B(小線源治療)」

    主催者:中国・四国がんプロ養成コンソーシアム
    岡山大学医学物理士インテンシブコース

    対象者:医師,診療放射線技師,看護師,放射線治療品質管理士,医学物理士

    開催地,会場:岡山市,岡山大学大学院保健学研究科 総合教育研究棟8F リフレッシュルーム

  • 年度:2018年度

    講座、講演会等種類:公開講座

    参加人数:5人

    開催日:2018年07月

    講座等名:中国・四国がんプロ養成コンソーシアム
    平成30年度第26回岡山大学医学物理コース(インテンシブ)地域連携セミナー

    講義題名:「放射線治療品質管理基礎技術15A(小線源治療)」

    主催者:中国・四国がんプロ養成コンソーシアム
    岡山大学医学物理士インテンシブコース

    対象者:医師,診療放射線技師,看護師,放射線治療品質管理士,医学物理士

    開催地,会場:岡山市,岡山大学大学院保健学研究科 総合教育研究棟8F リフレッシュルーム

  • 年度:2018年度

    講座、講演会等種類:公開講座

    参加人数:7人

    開催日:2018年06月

    講座等名:中国・四国がんプロ養成コンソーシアム
    平成30年度第25回岡山大学医学物理コース(インテンシブ)地域連携セミナー

    講義題名:「4次元放射線治療における最適マージンの考え方」


    主催者:中国・四国がんプロ養成コンソーシアム
    岡山大学医学物理士インテンシブコース

    対象者:医師,診療放射線技師,看護師,放射線治療品質管理士,医学物理士

    開催地,会場:津山市,津山中央病院がん陽子線治療センター 治療計画室

全件表示 >>

高大連携 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    高大連携の種類:大学紹介

    高校名等:大阪国際会議場

    実施日時,時間数:平成30年7月21日,3時間

    活動内容:岡山大学医学部保健学科の概要説明

  • 年度:2016年度

    高大連携の種類:大学紹介

    高校名等:松山コミュニティセンター

    実施日時,時間数:平成28年7月18日,3時間

    活動内容:岡山大学医学部保健学科の概要説明

  • 年度:2016年度

    高大連携の種類:講義

    高校名等:兵庫県立柏原高等学校

    実施日時,時間数:平成28年10月4日,15:45~17:05

    活動内容:物理学(医療における物理学の重要性と放射線の応用技術)の講義

  • 年度:2015年度

    高大連携の種類:大学紹介

    高校名等:岡山大学50周年記念会館

    実施日時,時間数:平成27年6月21日,3時間

    活動内容:岡山大学医学部保健学科の概要説明

生涯学習支援貢献 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    ・中四国地区の社会人を対象としたがんプロ医学物理士コースインテンシブコースの企画・運営(1件)
    ・地域の社会人を対象としたがんプロ医学物理士コースインテンシブコース地域連携セミナーの企画・運営(22件)
    ・広域の社会人を対象とした学会等セミナー講師(2件)
    ・社会人を対象とした中国地区放射線治療専門技師セミナー講師(2件)
    ・広島大学医歯薬保健学研究科非常勤講師

  • 年度:2016年度

    ・中四国地区の社会人を対象としたがんプロ医学物理士コースインテンシブコースの企画・運営(7件)
    ・地域の社会人を対象としたがんプロ医学物理士コースインテンシブコース地域連携セミナーの企画・運営(27件)
    ・広域の社会人を対象とした学会等セミナー講師(2件)
    ・社会人を対象とした中国地区放射線治療専門技師セミナー講師(1件)
    ・広島大学医歯薬保健学研究科非常勤講師

  • 年度:2015年度

    ・中四国地区の社会人を対象としたがんプロ医学物理士コースインテンシブコースの企画・運営(7件)
    ・地域の社会人を対象としたがんプロ医学物理士コースインテンシブコース地域連携セミナーの企画・運営(27件)
    ・地域の社会人を対象とした放射線治療技師の教育・指導(実習型講習会:1件)
    ・地域の社会人を対象とした研究会等セミナー講師(5件)
    ・広域の社会人を対象とした学会等セミナー講師(2件)
    ・社会人を対象とした中国地区放射線治療専門技師セミナー講師(1件)
    ・広島大学医歯薬保健学研究科非常勤講師

診療活動・医療支援 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    医療活動の実績:大学病院放射線治療部門における診療支援活動,強度変調放射線治療(IMRT)および脳・体幹部定位放射線治療,I-125前立腺がん永久刺入療法の技術的支援

    医療教育の実績:臨床実習における学生指導
    病院スタッフとの連携による高精度放射線治療に関する臨床研究
    がんプロ・医学物理士インテンシブコースの運営

    医療支援:高精度放射線治療に関するコンサルテーション
    放射線治療機器の導入時における技術的サポート

  • 年度:2017年度

    医療活動の実績:大学病院放射線治療部門における診療支援活動,強度変調放射線治療(IMRT)および脳・体幹部定位放射線治療,I-125前立腺がん永久刺入療法の技術的支援

    医療教育の実績:臨床実習における学生指導
    病院スタッフとの連携による高精度放射線治療に関する臨床研究
    がんプロ・医学物理士インテンシブコースの運営

    医療支援:高精度放射線治療に関するコンサルテーション
    放射線治療機器の導入時における技術的サポート

  • 年度:2016年度

    医療活動の実績:大学病院放射線治療部門における診療支援活動,強度変調放射線治療(IMRT)および脳・体幹部定位放射線治療,I-125前立腺がん永久刺入療法の技術的支援

    医療教育の実績:臨床実習における学生指導
    病院スタッフとの連携による高精度放射線治療に関する臨床研究
    がんプロ・医学物理士インテンシブコースの運営

    医療支援:高精度放射線治療に関するコンサルテーション
    放射線治療機器の導入時における技術的サポート

  • 年度:2015年度

    医療活動の実績:大学病院放射線治療部門における診療支援活動,強度変調放射線治療(IMRT)および脳・体幹部定位放射線治療,I-125前立腺がん永久刺入療法の技術的支援

    医療教育の実績:臨床実習における学生指導
    病院スタッフとの連携による高精度放射線治療に関する臨床研究
    がんプロ・医学物理士インテンシブコースの運営

    医療支援:高精度放射線治療に関するコンサルテーション
    放射線治療機器の導入時における技術的サポート

教育臨床 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    認定講習会の実績:中国地区放射線治療専門技師講習会指導委員

  • 年度:2017年度

    認定講習会の実績:中国地区放射線治療専門技師講習会指導委員

  • 年度:2016年度

    認定講習会の実績:中国地区放射線治療専門技師講習会指導委員

  • 年度:2015年度

    認定講習会の実績:中国地区放射線治療専門技師講習会指導委員

国際貢献(協力事業) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2010年度

    相手方国名:アメリカ合衆国

    プロジェクト名:Hansen Chen医学物理士 特別講演会

    期間:2010年04月

    活動国名:日本,岡山大学

    役割:米国医学物理士として,将来的に国際的な医学物理教育を実践するために現地コーディネータである.

    相手方機関名:NewYork-Presbyterian Hospital Columbia Campus
    Radiation Oncology Department, Director

他機関等における教育支援 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    他機関名:倉敷中央病院

    活動内容:倉敷中央病院放射線治療部門において若手診療放射線技師に対する技術的・学術的サポートを行った.

  • 年度:2017年度

    他機関名:倉敷中央病院

    活動内容:倉敷中央病院放射線治療部門において若手診療放射線技師に対する技術的・学術的サポートを行った.

  • 年度:2016年度

    他機関名:倉敷中央病院

    活動内容:倉敷中央病院放射線治療部門において若手診療放射線技師に対する技術的・学術的サポートを行った.

  • 年度:2015年度

    他機関名:倉敷中央病院

    活動内容:倉敷中央病院放射線治療部門において若手診療放射線技師に対する技術的・学術的サポートを行った.

 

全学的な実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2011年度

    委員会等の名称:電子ジャーナル等選定ワーキンググループ

    役職:委員

    任期:2008年05月 ~ 継続中

    貢献の実績:平成24年度以降の購読タイトル選定方法に関すること。
    平成24年度購読タイトルの選定に関すること。

  • 年度:2011年度

    委員会等の名称:岡山大学出版会編集委員会

    役職:委員

    任期:2011年04月 ~ 継続中

  • 年度:2011年度

    委員会等の名称:附属図書館運営委員会鹿田分館分科会

    役職:委員

    任期:2011年04月 ~ 継続中

    貢献の実績:鹿田地区の図書に関する委員会出席(保健学研究科代表)

  • 年度:2011年度

    委員会等の名称:附属図書館運営委員会

    役職:委員

    任期:2011年04月 ~ 継続中

    貢献の実績:全学図書に関する委員会出席(保健学研究科代表)

  • 年度:2010年度

    委員会等の名称:電子ジャーナル等選定ワーキンググループ

    役職:委員

    任期:2008年05月 ~ 継続中

    貢献の実績:平成23年度以降の購読タイトル選定方法に関すること。
    平成23年度購読タイトルの選定に関すること。

所属部局等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:がんプロフェッショナル養成プラン(医学物理士コース)WG

    役職:委員長

    任期:2012年04月 ~ 継続中

    貢献の実績:医学物理士コースの海外研修活動に関する企画立案
    FDセミナーおよびインテンシブコースの運営・企画立案

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:がんプロフェッショナル養成プラン(医学物理士コース)WG

    役職:委員長

    任期:2012年04月 ~ 継続中

    貢献の実績:医学物理士コースの海外研修活動に関する企画立案
    FDセミナーおよびインテンシブコースの運営・企画立案

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:保健学科電子ジャーナル等選定小ワーキンググループ

    役職:委員長

    任期:2008年08月 ~ 継続中

    貢献の実績:部局内における平成31年度以降の購読タイトル選定方法に関すること。
    部局内における平成31年度購読タイトルの選定に関すること。

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:保健学科紀要委員会

    役職:委員

    任期:2011年04月 ~ 継続中

    貢献の実績:大学院保健学研究科紀要に関すること.

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:電子ジャーナル等選定小ワーキンググループ

    役職:委員長

    任期:2008年08月 ~ 継続中

    貢献の実績:部局内における平成30年度以降の購読タイトル選定方法に関すること。
    部局内における平成30年度購読タイトルの選定に関すること。

全件表示 >>

所属講座等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    役職:委員長

    貢献の実績:海外FD研修活動,FDセミナー,インテンシブコースセミナーの準備など

  • 年度:2017年度

    役職:委員長

    貢献の実績:海外FD研修活動,FDセミナー,インテンシブコースセミナーの準備など

  • 年度:2016年度

    役職:委員長

    貢献の実績:海外FD研修活動,FDセミナー,インテンシブコースセミナーの準備など

  • 年度:2015年度

    役職:委員長

    貢献の実績:海外FD研修活動,FDセミナー,インテンシブコースセミナーの準備など