所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

理学部・物理学科・極限物性研究室

職名 【 表示 / 非表示

教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

物性II

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

極限物性、超伝導、磁性

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:酸素分子凝縮系の磁性研究

    研究課題概要:

  • 研究課題名:圧力誘起量子相転移の実験的研究

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Valence crossover of Ce ions in CeCu2Si2 under high pressure –Pressure dependence of the unit cell volume and the NQR Frequency–

    掲載誌名:J. Phys. Soc. Jpn.82巻 11号 (頁 114701-1 ~ 6)

    発行年月:2013年11月

    著者氏名(共著者含):T. C. Kobayashi, K. Fujiwara, K. Takeda, H. Harima, Y. Ikeda, T. Adachi, Y. Ohishi, C. Geibel, F. Steglich

  • 論文題目名:Pressure effects on rattling and superconductivity in the Einstein solids

    掲載誌名:J. Phys. Soc. Jpn.82巻 (頁 063707-1 ~ 4)

    発行年月:2013年06月

    著者氏名(共著者含):Y. Ikeda, Y. Kawasaki, T. Shinohara, S. Araki, T. C. Kobayashi, A. Onosaka, Y. Okamoto, J. Yamaura, Z. Hiroi

 

写真

氏名

小林 達生 (コバヤシ タツオ)

KOBAYASHI Tatsuo

所属専攻講座

自然科学研究科

職名

教授

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)極限物性、超伝導、磁性

(英)Superconductivity, Magnetism, High pressure, High field

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:神戸大学

    学校の種類:大学

    学部名:理学部

    学科名:物理学科

    卒業年月:1985年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:大阪大学

    研究科名:基礎工学研究科

    修了課程:修士課程

    修了年月:1988年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(理学) (Doctor (Science))

    学位の分野名:物性II (Solid state physics)

    学位授与機関名:大阪大学 (Osaka University)

    取得方法:論文

    取得年月:1994年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:自然科学研究科

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2003年10月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本物理学会 (Physical Society of Japan)  /  日本国 ( 1987年04月 ~ 継続中 )

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 物性II (Physical properties II)

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:酸素分子凝縮系の磁性研究 (Magnetic properties of condensed molecular oxygen)

    キーワード:磁性 酸素分子 強磁場 ナノ細孔  (magnetism, molecular oxygen, high magnetic field, nanopore)

    研究態様:国際共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2000年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):物性II

    専門分野(researchmap分類):磁性

  • 研究課題名:圧力誘起量子相転移の実験的研究 (Experimental research for pressure-induced quantum phase transition)

    キーワード:重い電子系 超伝導 磁性 高圧実験  (heavy fermion, superconductivity, magnetism, high pressure)

    研究態様:国際共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:1995年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):物性II

    専門分野(researchmap分類):磁性 、超伝導

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:電磁気学演習2B

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:専任

  • 年度:2019年度

    授業科目:極限環境物理学

    担当期間:2019年10月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:極限物質物理学

    担当期間:2019年10月 ~ 2020年03月

    授業形式:専任

  • 年度:2019年度

    授業科目:電磁気学演習2A

    担当期間:2019年10月 ~ 2019年12月

    授業形式:専任

  • 年度:2019年度

    授業科目:電磁気学演習1B

    担当期間:2019年06月 ~ 2019年08月

    授業形式:専任

全件表示 >>

担当授業科目(その他) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    科目名:物理科学入門

    担当期間:2017年10月 ~ 2018年01月

  • 年度:2017年度

    科目名:自然科学入門

    担当期間:2017年04月 ~ 2017年07月

  • 年度:2016年度

    科目名:物理科学入門

    担当期間:2016年10月 ~ 2017年01月

  • 年度:2016年度

    科目名:自然科学入門

    担当期間:2016年04月 ~ 2016年07月

  • 年度:2015年度

    科目名:物理科学入門

    担当期間:2015年10月 ~ 2016年01月

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Pressure-induced superconductivity from doping-induced antiferromagnetic phase of 112-type Ca1-xLaxFeAs2

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of the Physical Society of Japan86巻 11号 (頁 1191 ~ 1196)

    発行年月:2017年11月

    著者氏名(共著者含):Shunsaku Kitagawa,Taishi Sekiya,Yo Fujiyoshi,Shingo Araki*,Tatsuo C. Kobayashi *,Naoki Nishimoto,Tasuku Mizukami,Satoshi Ioka,Kazunori Fujimura,Kazutaka Kudo*,Minoru Nohara*

    共著区分:共著

    DOI:10.7566/JPSJ.86.113705

  • 論文題目名:α-β and β-γ Phase boundaries of solid oxygen observed by adiabatic magnetocaloric effect

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Physical Review B95巻 10号 (頁 3223 ~ 3225)

    発行年月:2017年03月

    著者氏名(共著者含):T. Nomura,Y. Kohama,Y. H. Matsuda,K. Kindo,T. C. Kobayashi *

    共著区分:共著

    DOI:10.1103/PhysRevB.95.104420

  • 論文題目名:Successive spatial symmetry breaking under high pressure in the spin-orbit-coupled metal Cd2Re2O7

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Physical Review B95巻 2号 (頁 163 ~ 170)

    発行年月:2017年01月

    著者氏名(共著者含):Jun Ichi Yamaura ,Keiki Takeda,Yoichi Ikeda,Naohisa Hirao,Yasuo Ohishi,Tatsuo C. Kobayashi *,Zenji Hiroi

    共著区分:共著

    DOI:10.1103/PhysRevB.95.020102

  • 論文題目名:Irreversible heating measurement with microsecond pulse magnet

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of the Physical Society of Japan85巻 9号

    発行年月:2016年09月

    著者氏名(共著者含):Toshihiro Nomura ,Yasuhiro H. Matsuda,Shojiro Takeyama ,Tatsuo C. Kobayashi*

    共著区分:共著

    DOI:10.7566/JPSJ.85.094601

  • 論文題目名:Chemical analysis of superconducting phase in K-doped picene

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Physics Condensed Matter, Journal of Physics C: Solid State Physics28巻 44号

    発行年月:2016年09月

    著者氏名(共著者含):Takashi Kambe*,Saki Nishiyama,Huyen L T Nguyen ,Takahiro Terao,Masanari Izumi,Yusuke Sakai,Lu Zheng*,Hidenori Goto*,Yugo Itoh,Taiki Onji,Tatsuo C. Kobayashi*,Hisako Sugino,Shin Gohda,Hideki Okamoto*,Yoshihiro Kubozono*

    共著区分:共著

    DOI:10.1088/0953-8984/28/44/444001

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:静水圧性が向上して明らかになった相転移

    記述言語:日本語

    掲載種別:学会誌

    掲載誌名:高圧力の科学と技術26巻 1号 (頁 21 ~ 26)

    出版機関名:日本高圧力学会

    発行年月:2016年03月

    著者氏名(共著者含):小林達生,荒木新吾

    共著区分:共著

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本物理学会2015年秋季大会

    開催場所:関西大学

    開催期間:2015年09月

    題目又はセッション名:CeTiGe3における圧力誘起強磁性量子臨界点

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本物理学会2015年秋季大会

    開催場所:関西大学

    開催期間:2015年09月

    題目又はセッション名:固体酸素の強磁場下磁気熱量効果と磁場 温度相図

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本物理学会2015年秋季大会

    開催場所:関西大学

    開催期間:2015年09月

    題目又はセッション名:鉄系超伝導体Ca1-xLaxFeAs2の圧力-Laドープ量-温度3次元相図

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本物理学会2015年秋季大会

    開催場所:関西大学

    開催期間:2015年09月

    題目又はセッション名:CeRh2Si2の高圧ホール効果

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本物理学会2015年秋季大会

    開催場所:関西大学

    開催期間:2015年09月

    題目又はセッション名:単結晶CeCu2Si2の高圧下Cu-NMR

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:萌芽研究

    研究題目:電子強誘電体鉄酸化物は超伝導体となりうるか

    研究期間:2013年04月 ~ 2016年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:高圧・極低温下で電子強誘電体鉄酸化物は超伝導体となりうるかを実験的に検証する。

  • 研究種目名:萌芽研究

    研究題目:電子強誘電体鉄酸化物は超伝導体となりうるか

    研究期間:2013年04月 ~ 2016年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:高圧・極低温下で電子強誘電体鉄酸化物は超伝導体となりうるかを実験的に検証する。

  • 研究種目名:萌芽研究

    研究題目:電子強誘電体鉄酸化物は超伝導体となりうるか

    研究期間:2013年04月 ~ 2016年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:高圧・極低温下で電子強誘電体鉄酸化物は超伝導体となりうるかを実験的に検証する。

 
 

部局長などの実績 【 表示 / 非表示

  • 年度:2014年度

    役職:副学部長

    職名:理学部 副学部長

    任期:2014年04月 ~ 2016年03月

全学的な実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2014年度

    委員会等の名称:岡山大学免許状更新講習運営委員会

    役職:委員

    任期:2014年04月 ~ 2015年03月

  • 年度:2014年度

    委員会等の名称:教養教育管理委員会

    役職:委員

    任期:2014年04月 ~ 2015年03月

  • 年度:2014年度

    委員会等の名称:国際センター運営委員会

    役職:委員

    任期:2014年04月 ~ 2015年03月

  • 年度:2014年度

    委員会等の名称:教職課程運営委員会

    役職:委員

    任期:2014年04月 ~ 2015年03月

所属部局等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2014年度

    委員会等の名称:学科長会

    役職:委員

    任期:2014年04月 ~ 2015年03月

  • 年度:2014年度

    委員会等の名称:運営会議

    役職:委員

    任期:2014年04月 ~ 2015年03月

  • 年度:2014年度

    委員会等の名称:将来計画検討委員会

    役職:委員長

    任期:2014年04月 ~ 2015年03月

  • 年度:2014年度

    委員会等の名称:安全衛生委員会

    役職:委員

    任期:2014年04月 ~ 2015年03月

  • 年度:2014年度

    委員会等の名称:教務学生支援委員会

    役職:委員

    任期:2014年04月 ~ 2015年03月