職名 【 表示 / 非表示

助教

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

内分泌学、細胞生物学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:下垂体隆起部の生理機能

    研究課題概要:

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:TRC8-dependent degradation of hepatitis C virus immature core protein regulates viral propagation and pathogenesis.

    掲載誌名:Nature Communications 7巻 (頁 11379 ~ )

    発行年月:2016年05月

    著者氏名(共著者含):Aizawa S, Okamoto T, Sugiyama Y, Kouwaki T, Ito A, Suzuki T, Ono C, Fukuhara T, Yamamoto M. Okochi M, Hiraga N, Imamura M. Chayama K, Suzuki R, Shoji I, Moriishi K, Moriya K, Koike K, Matsuura Y.

  • 論文題目名:Negative regulation of neuromedin U mRNA expression in the rat pars tuberalis by melatonin.

    掲載誌名:PLoS One

    発行年月:2013年07月

    著者氏名(共著者含):Aizawa S, Sakata I, Nagasaka M, Higaki Y, Sakai T.

  • 論文題目名:Glutamine and glutamic acid enhance thyroid-stimulating hormone β subunit mRNA expression in the rat pars tuberalis.

    掲載誌名:Journal of Endocrinology

    発行年月:2012年03月

    著者氏名(共著者含):Aizawa S, Sakai T, Sakata I.

全件表示 >>

 

写真

氏名

相澤 清香 (アイザワ サヤカ)

AIZAWA Sayaka

所属専攻講座

自然科学研究科

職名

助教

性別

女性

研究分野・キーワード

(日)内分泌学、細胞生物学

(英)endocrinology, cell biology

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(理学)

    学位の分野名:形態・構造 (Form/structure)

    学位授与機関名:埼玉大学 (Saitama University)

    取得方法:課程

    取得年月:2012年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:自然科学研究科

    経歴名:助教 (Assistant Professor)

    職務期間:2015年03月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本動物学会 /  日本国 ( 2015年04月 ~ 継続中 )

  • 日本下垂体研究会 /  日本国 ( 2015年04月 ~ 継続中 )

  • 日本比較内分泌学会 /  日本国 ( 2015年04月 ~ 継続中 )

  • 日本分子生物学会  /  日本国 ( 2014年04月 ~ 継続中 )

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:下垂体隆起部の生理機能

    キーワード:下垂体 隆起部 メラトニン

    研究態様:個人研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2015年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):形態・構造

    専門分野(researchmap分類):内分泌系の生理と解剖学 、細胞生理

 
 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Milk basic protein increases ghrelin secretion and bone mineral density in rodents.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Nutrition39-40巻 (頁 15 ~ 19)

    発行年月:2017年07月

    著者氏名(共著者含):Ishida Y, Chacrabati R, Ono-Ohmachi A, Zhi G, Ikenoya C, Aizawa S, Y. Nara T, Morita Y, Kato K, Sakai T, Sakata I.

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.nut.2017.02.003

  • 論文題目名:脳下垂体隆起部の新たな生理機能の探索.

    記述言語:日本語

    掲載種別:その他

    掲載誌名:比較内分泌学43巻 161号 (頁 89 ~ 90)

    発行年月:2017年05月

    著者氏名(共著者含):相澤清香

    共著区分:単著

  • 論文題目名:下垂体隆起部の発生期に特異的に発現する遺伝子Cytokine-like 1, Gap junction protein alpha 5の同定. ( The expression of cytokine-like 1 and gap junction protein alpha 5 in the chicken pars tuberalis. )

    記述言語:日本語

    掲載種別:その他

    掲載誌名:岡山実験動物研究会報33号 (頁 31 ~ 34)

    発行年月:2017年04月

    著者氏名(共著者含):相澤清香, 檜垣佑理子, 御輿真穂, 竹内栄, 高橋純夫. ( S Aizawa, Y Higaki, M Ogoshi, S Takeuchi, S Takahashi.)

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Identification of marker genes for pars tuberalis morphogenesis in chick embryo: expression of Cytokine-like 1 and Gap junction protein alpha 5 in pars tuberalis

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Cell and Tissue Research

    発行年月:2016年09月

    著者氏名(共著者含):Aizawa S, Higaki Y, Dudaui A, Nagasaka M, Takahashi S, Sakata I, Sakai T.

    共著区分:共著

    DOI:10.1007/s00441-016-2484-9

  • 論文題目名:TRC8-dependent degradation of hepatitis C virus immature core protein regulates viral propagation and pathogenesis.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Nature Communications 7巻 (頁 11379 ~ )

    発行年月:2016年05月

    著者氏名(共著者含):Aizawa S, Okamoto T, Sugiyama Y, Kouwaki T, Ito A, Suzuki T, Ono C, Fukuhara T, Yamamoto M. Okochi M, Hiraga N, Imamura M. Chayama K, Suzuki R, Shoji I, Moriishi K, Moriya K, Koike K, Matsuura Y.

    共著区分:共著

    DOI:10.1038/ncomms11379

全件表示 >>

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第73回岡山実験動物研究会例会

    開催場所:岡山大学(岡山・岡山市)

    開催期間:2017年07月

    題目又はセッション名:ラット隆起部におけるニューロメジンUの発現とその制御メカニズム.

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:7th ISAJ Symposium

    開催場所:インド大使館

    開催期間:2016年12月

    題目又はセッション名:Most Active and Responsive Site For Motilin- And Ghrelin-Induced Gastric Contractions Is Proximal Stomach In Asian Musk Shrew Stomach In Vitro.

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第41回日本比較内分泌学会大会

    開催場所:北里大学(神奈川・相模原)

    開催期間:2016年12月

    題目又はセッション名:食虫目スンクスにおける下垂体前葉ホルモン産生細胞の局在の検討.

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第41回日本比較内分泌学会大会

    開催場所:北里大学(神奈川・相模原)

    開催期間:2016年12月

    題目又はセッション名:黄体ホルモンによるマウス子宮内膜間質細胞における TGF-β 受容体遺伝子発現の制御.

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第41回日本比較内分泌学会大会

    開催場所:北里大学(神奈川・相模原)

    開催期間:2016年12月

    題目又はセッション名:ネッタイツメガエルの造血・免疫系におけるアドレノメデュリン5遺伝子の発現解析.

全件表示 >>