所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

大学院自然科学研究科化学生命工学専攻 

職名 【 表示 / 非表示

助教

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

生物機能・バイオプロセス

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

酵素工学,遺伝子工学,超好熱菌,タンパク質,ペプチド,固定化,分子間相互作用

 

写真

氏名

今中 洋行 (イマナカ ヒロユキ)

IMANAKA Hiroyuki

所属専攻講座

自然科学研究科

職名

助教

性別

男性

研究室住所

(日)岡山県岡山市北区津島中3-1-1

研究室電話

(日)086-251-8202

(英)+81-86-251-8202

研究室FAX

(日)086-251-8264

(英)+81-86-251-8264

研究分野・キーワード

(日)酵素工学,遺伝子工学,超好熱菌,タンパク質,ペプチド,固定化,分子間相互作用

(英)enzyme engineering, genetic engineering, hyperthemophile, protein, peptide, immobilization, intermolecular interaction

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:自然科学研究科

    経歴名:助教 (Assistant Professor)

    職務期間:2004年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 化学工学会 /  日本国 ( 2004年04月 ~ 継続中 )

  • 日本化学会 /  日本国 ( 2007年10月 ~ 継続中 )

  • 日本食品工学会 /  日本国 ( 2004年04月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:実行委員(受付担当)

    活動期間:2009年08月

  • 日本農芸化学会 /  日本国 ( 2004年04月 ~ 継続中 )

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生物機能・バイオプロセス (Bio-function/bioprocesses)

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    授業科目:反応工学

    担当期間:2017年12月 ~ 2018年02月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:反応工学

    担当期間:2017年12月 ~ 2018年02月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:応用化学特別研究

    担当期間:2017年04月 ~ 2018年03月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:先端材料プロセス化学

    担当期間:2017年04月 ~ 2017年09月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:材料プロセス実験2

    担当期間:2017年04月 ~ 2017年06月

    授業形式:

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Adsorption of lysozyme on base metal surfaces in the presence of an external electric potential

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Colloids and Surfaces B: Biointerfaces147巻 (頁 9 ~ 16)

    発行年月:2016年11月

    著者氏名(共著者含):Htwe Ei Ei,Yuhi Nakama,Hiroshi Tanaka,Hiroyuki Imanaka*,Naoyuki Ishida*,Koreyoshi Imamura*

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.colsurfb.2016.07.042

  • 論文題目名:Nanostructures of 3-aminopropyltriethoxysilane created on flat substrate by combining colloid lithography and vapor deposition

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Colloids and Surfaces A: Physicochemical and Engineering Aspects495巻 (頁 39 ~ 45)

    発行年月:2016年04月

    著者氏名(共著者含):Naoyuki Ishida*,Ryohei Nishihara,Hiroyuki Imanaka*,Koreyoshi Imamura*

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.colsurfa.2016.01.047

  • 論文題目名:Surfactant-free solid dispersion of fat-soluble flavour in an amorphous sugar matrix

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Food Chemistry, Journal of Micronutrient Analysis197巻 (頁 1136 ~ 1142)

    発行年月:2016年04月

    著者氏名(共著者含):Tomo Satoh,Fumihiro Hidaka,Kento Miyake,Natsuki Yoshiyama,Koji Takeda,Tsutashi Matsuura,Hiroyuki Imanaka*,Naoyuki Ishida*,Koreyoshi Imamura*

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.foodchem.2015.11.097

  • 論文題目名:The Use of a Proteinaceous “Cushion” with a Polystyrene-Binding Peptide Tag to Control the Orientation and Function of a Target Peptide Adsorbed to a Hydrophilic Polystyrene Surface

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Biotechnology Progress

    発行年月:2016年01月

    著者氏名(共著者含):Hiroyuki Imanaka,Daisuke Yamadzumi,Keisuke Yanagita,Naoyuki Ishida,Kazuhiro Nakanishi,Koreyoshi Imamura*

    共著区分:共著

    DOI:10.1002/btpr.2232

  • 論文題目名:Improving the physical stability of freeze-dried amorphous sugar matrices by compression at several hundreds MPa

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Pharmaceutical Sciences102巻 7号 (頁 2187 ~ 2197)

    発行年月:2013年04月

    著者氏名(共著者含):Kagotani R, Kinugawa K, Nomura M, Imanaka H, Ishida N, Imamura K.

    共著区分:共著

全件表示 >>

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:招待講演

    会議名称:日本応用糖質科学会 近畿/中国・四国合同支部会(第38回近畿支部会・講演会)

    開催期間:2013年11月

    題目又はセッション名:Bacillus circulans由来β-ガラクトシダーゼ(BgaD)の生化学的特性解析

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第65回日本生物工学会大会

    開催期間:2013年09月

    題目又はセッション名:新規金表面親和性ペプチドの同定及びタンパク質固定化への応用

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第65回日本生物工学会大会

    開催期間:2013年09月

    題目又はセッション名:リガンド分子の固定化配向および密度がバイオ分子間相互作用に及ぼす影響

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:化学工学会 第45回秋季大会

    開催場所:岡山

    開催期間:2013年09月

    題目又はセッション名:固体材料親和性ペプチドタグを用いた機能的バイオ分子固定化技術の開発とその応用

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第23回 アメリカペプチド学会 (23rd American Peptide Symposium)

    開催場所:Hawaii Island (USA)

    開催期間:2013年06月

    題目又はセッション名:Utilization of hydrophilic polystyrene affinity peptide for functional biomolecular immobilization and effective site specific peptide binder screening

全件表示 >>

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 日本生物工学会

    役職・役割名:若手会幹事(副会長)

    活動期間:2016年01月 ~ 2016年12月

  • Young Asian Biological Engineers’community(YABEC) 2016

    役職・役割名:実行委員

    活動期間:2016年01月 ~ 2016年10月

  • 日本生物工学会

    役職・役割名:若手口頭発表会オーガナイザー

    活動期間:2016年01月 ~ 2016年09月

  • 日本生物工学会

    役職・役割名:若手会幹事(副会長)

    活動期間:2015年09月 ~ 2015年12月

  • 日本生物工学会

    役職・役割名:若手会幹事(会計担当)

    活動期間:2015年01月 ~ 2015年09月

全件表示 >>

学会賞等受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:農芸化学会中四国支部奨励賞

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:2013年06月

    受賞国:日本国

    授与機関:農芸化学会中四国支部

    受賞者・受賞グループ名:今中洋行

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:クッションタンパク質を用いた高感度バイオ分子間相互作用検出システムの開発

    研究期間:2014年04月 ~ 2015年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容: 昨今の本格的なポストゲノム時代において,バイオ分子の微量分析,医療診断やプロテオーム解析などは非常に重要な技術である.そして,その基盤となるバイオ分子の固定化を精密に制御し,既往技術の限界を超える感度でバイオ分子間相互作用を迅速に検出する手法の開発に対する需要は今もって高い.本研究では,固体表面親和性ペプチドおよび構造が安定なクッションタンパク質をスペーサーとして利用する新しいアイデアに基づいた標的バイオ分子の高度機能的固定化法を確立するとともに,これを用いた簡便,迅速かつ超高感度なバイオ分子間相互作用検出システムの開発を目指す.

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:クッションタンパク質を用いた高感度バイオ分子間相互作用検出システムの開発

    研究期間:2013年04月 ~ 2014年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容: 昨今の本格的なポストゲノム時代において,バイオ分子の微量分析,医療診断やプロテオーム解析などは非常に重要な技術である.そして,その基盤となるバイオ分子の固定化を精密に制御し,既往技術の限界を超える感度でバイオ分子間相互作用を迅速に検出する手法の開発に対する需要は今もって高い.本研究では,固体表面親和性ペプチドおよび構造が安定なクッションタンパク質をスペーサーとして利用する新しいアイデアに基づいた標的バイオ分子の高度機能的固定化法を確立するとともに,これを用いた簡便,迅速かつ超高感度なバイオ分子間相互作用検出システムの開発を目指す.

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:クッションタンパク質を用いた高感度バイオ分子間相互作用検出システムの開発

    研究期間:2012年04月 ~ 2013年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容: 昨今の本格的なポストゲノム時代において,バイオ分子の微量分析,医療診断やプロテオーム解析などは非常に重要な技術である.そして,その基盤となるバイオ分子の固定化を精密に制御し,既往技術の限界を超える感度でバイオ分子間相互作用を迅速に検出する手法の開発に対する需要は今もって高い.本研究では,固体表面親和性ペプチドおよび構造が安定なクッションタンパク質をスペーサーとして利用する新しいアイデアに基づいた標的バイオ分子の高度機能的固定化法を確立するとともに,これを用いた簡便,迅速かつ超高感度なバイオ分子間相互作用検出システムの開発を目指す.