所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

腎・免疫・内分泌代謝内科学

職名 【 表示 / 非表示

助教

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

慢性腎臓病 心腎連関 腎移植

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:慢性腎臓病患者における腎障害進展・心血管疾患発症に関与する心腎連関バイオマーカーの開発

    研究課題概要:

  • 研究課題名:慢性腎臓病患者における心腎連関バイオマーカーの探索と心腎連関ステージの開発

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:A decreased level of serum soluble Klotho is an independent biomarker associated with arterial stiffness in patients with chronic kidney disease

    掲載誌名:PLoS One8巻 2号 (頁 e56695 ~ )

    発行年月:2013年02月

    著者氏名(共著者含):

  • 題目:Soluble Klotho as a Biomarker of Vascular Dysfunction in Chronic Kidney Disease

    掲載誌名:Biomarkers in Disease: Methods, Discoveries and Applications. General Methods and their Applications2巻 (頁 891 ~ 917)

    発行年月:2015年04月

    著者氏名(共著者含):

 

写真

氏名

北川 正史 (キタガワ マサシ)

KITAGAWA Masashi

所属専攻講座

医歯薬学総合研究科

職名

助教

性別

男性

研究室住所

(日)岡山県岡山市北区鹿田町2-5-1

研究室電話

(日)086-235-7235

研究分野・キーワード

(日)慢性腎臓病 心腎連関 腎移植

(英)chronic kidney disease, cardiorenal syndrome, kidney transplantation

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科博士課程

    学位の分野名:腎臓内科学 (Nephrology)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:課程

    取得年月:2013年12月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:岡山大学病院

    経歴名:助教 (Assistant Professor)

    職務期間:2012年08月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:岡山大学病院 (Okayama University Hospital)

    経歴名:助教 (Assistant Professor)

    経歴期間:2012年08月 ~ 継続中

  • 所属(勤務)先:岡山大学医学部・歯学部附属病院腎臓内科

    経歴名:職員(その他)

    経歴期間:2008年04月 ~ 2009年03月

  • 所属(勤務)先:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科博士課程

    経歴名:大学院生(博士課程)

    経歴期間:2005年04月 ~ 2013年12月

  • 所属(勤務)先:独立行政法人国立病院機構岡山医療センター

    経歴名:職員(その他)

    経歴期間:2005年04月 ~ 2008年03月

  • 所属(勤務)先:津山中央病院

    経歴名:職員(その他)

    経歴期間:2003年05月 ~ 2005年03月

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:慢性腎臓病患者における腎障害進展・心血管疾患発症に関与する心腎連関バイオマーカーの開発

    キーワード:慢性腎臓病 心腎連関 バイオマーカー

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:共同研究

    研究期間:2014年08月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):腎臓内科学

    専門分野(researchmap分類):診断学,治療学

  • 研究課題名:慢性腎臓病患者における心腎連関バイオマーカーの探索と心腎連関ステージの開発

    キーワード:慢性腎臓病 心腎連関

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:共同研究

    研究期間:2009年03月 ~ 2014年03月

    専門分野(科研費分類):腎臓内科学

    専門分野(researchmap分類):診断学,治療学

 
 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:A decreased level of serum soluble Klotho is an independent biomarker associated with arterial stiffness in patients with chronic kidney disease

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:PLoS One8巻 2号 (頁 e56695 ~ )

    発行年月:2013年02月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Serum high sensitivity cardiac troponin T is a significant biomarker of left ventricular diastolic dysfunction in subjects with non-diabetic chronic kidney disease

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Nephron Extra1巻 1号 (頁 166 ~ 177)

    発行年月:2011年10月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

  • 論文題目名:The possible involvement of intestine-derived IgA1

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:BMC Nephrology17巻 1号

    発行年月:2016年09月

    著者氏名(共著者含):Tomohiro Terasaka,Haruhito A. Uchida*,Ryoko Umebayashi,Keiko Tsukamoto,Keiko Tanaka,Masashi Kitagawa*,Hitoshi Sugiyama*,Hiroaki Tanioka,Jun Wada*

    共著区分:共著

    DOI:10.1186/s12882-016-0344-1

  • 論文題目名:The possible involvement of intestine-derived IgA1: a case of IgA nephropathy associated with Crohn's disease.

    記述言語:英語

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:BMC Nephrol.17巻 1号 (頁 122)

    発行年月:2016年09月

    著者氏名(共著者含):Terasaka T, Uchida HA, Umebayashi R, Tsukamoto K, Tanaka K, Kitagawa M, Sugiyama H, Tanioka H, Wada J

    共著区分:共著

  • 論文題目名:The efficacy of rituximab in high-risk renal transplant recipients.

    記述言語:英語

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:Acta Medica Okayama70巻 4号 (頁 295 ~ 297)

    発行年月:2016年08月

    著者氏名(共著者含):Araki M, Wada K, Mitsui Y, Kubota R, Yoshioka T, Ariyoshi Y, Kobayashi Y, Kitagawa M, Tanabe K, Sugiyama H, Wada J, Watanabe M, Watanabe T, Hotta K, Nasu Y

    共著区分:共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:Soluble Klotho as a Biomarker of Vascular Dysfunction in Chronic Kidney Disease

    記述言語:英語

    掲載種別:商業雑誌

    掲載誌名:Biomarkers in Disease: Methods, Discoveries and Applications. General Methods and their Applications2巻 (頁 891 ~ 917)

    出版機関名:Springer

    発行年月:2015年04月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

  • 題目:慢性腎臓病における血中・尿中バイオマーカー.

    記述言語:日本語

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:新しい循環器病のバイオマーカー19巻 12号 (頁 117 ~ 122)

    出版機関名:メジカルビュー社

    発行年月:2015年11月

    著者氏名(共著者含):北川 正史、杉山 斉

    共著区分:共著

  • 題目:肥満関連腎症

    記述言語:日本語

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:腎臓内科・泌尿器科2巻 2号 (頁 138 ~ 142)

    出版機関名:科学評論社

    発行年月:2015年08月

    著者氏名(共著者含):和田淳、中司敦子、北川正史

    共著区分:共著

  • 題目:動脈硬化リスク因子から探る動脈硬化の新しい分子機序 Klothoによる動脈stiffnessの制御.

    記述言語:日本語

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:循環器専門医22巻 2号 (頁 280 ~ 282)

    出版機関名:

    発行年月:2014年09月

    著者氏名(共著者含):中村一文、伊藤浩、北川正史、杉山斉

    共著区分:共著

  • 題目:慢性腎臓病と尿中バイオマーカー.

    記述言語:日本語

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:Angiology Frontier13巻 2号 (頁 127 ~ 133)

    出版機関名:

    発行年月:2014年08月

    著者氏名(共著者含):北川正史、杉山斉、槇野博史

    共著区分:共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:Biomarkers in Disease: Methods, Discoveries and Applications. General Methods in Biomarker Research and their Applications

    記述言語:英語

    著書種別:未設定

    出版機関名:Springer

    発行日:2015年04月

    著者名:Kitagawa M, Sugiyama H, Nakamura K, Ito H, Makino H

    著書形態:共著

    担当部分:Soluble Klotho as a Biomarker of Vascular Dysfunction in Chronic Kidney Disease

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第60回日本腎臓学会

    開催場所:仙台

    開催期間:2017年05月

    題目又はセッション名:腎内細動脈硝子化、動脈硬化病変は全身の動脈硬化指標の異なる因子が規定する

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第59回日本腎臓学会

    開催場所:横浜

    開催期間:2016年06月

    題目又はセッション名:非糖尿病慢性腎臓病患者において、FGF21は拡張機能、FGF23は収縮機能と関連する

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称: ASN Kidney Week 2015 San Diego, CA

    開催期間:2015年11月

    題目又はセッション名:Serum Fibroblast Growth Factor 21 is a Significant Predictor for Renal Outcomes in Patients with Chronic Kidney Disease

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第58回日本腎臓学会

    開催場所:名古屋

    開催期間:2015年06月

    題目又はセッション名:血中FGF21は腎機能、蛋白尿と独立した腎予後を予測するバイオマーカーである

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:ASN Kidney Week 2014

    開催場所:Philadelphia

    開催期間:2014年11月

    題目又はセッション名:Serum FGF21 Is a Novel Biomarker Associated with Endothelial Dysfunction and Aortic Calcification in Chronic Kidney Disease

全件表示 >>

学会賞等受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:平成25年度岡山県医師会学術奨励賞

    受賞区分:その他の賞

    受賞年月:2014年02月01日

    受賞国:日本国

    授与機関:岡山県医師会

    受賞者・受賞グループ名:北川正史

    題目名:血清可溶型Klothoの低下は慢性腎臓病患者の動脈スティフネスを規定する独立したバイオマーカーである

  • 受賞学術賞名:CKD Award 2011 奨励賞

    受賞区分:その他の賞

    受賞年月:2011年11月19日

    受賞国:日本国

    授与機関:ベーリンガーインゲルハイム

    受賞者・受賞グループ名:北川正史

    題目名:慢性腎臓病患者における血管内皮機能および心機能を指標とした心・腎・骨・血管連関バイオマーカーの開発

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:若手研究(B)

    研究題目:慢性腎臓病患者における抗老化因子Klothoの心・腎・骨・血管連関に果たす意義

    研究期間:2014年04月 ~ 継続中

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:慢性腎臓病(CKD)では、ミネラル代謝異常が高率に見られ、非糖尿病CKD においてもインスリン抵抗性は早期から見られるとされる。Endocrine FGFs にはFGF19/21/23 があり、FGF19/21-βKlotho系は糖・脂質代謝、FGF23/αKlotho系はリンの調節に関連する。これらの機構の破綻は、慢性腎臓病における老化促進や心血管疾患発症に関与することが示唆される。本研究では、慢性腎臓病患者の循環血中のEndocrine FGFsを測定し、動脈硬化病変との関連、また予後との関連、さらに作用機序を明らかにすることにより、心腎連関の新たな機序を解明することを目的とする。