職名 【 表示 / 非表示

助教

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

消化管病理

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:消化管の病理

    研究課題概要:

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:胃底腺型胃癌の1例

    掲載誌名:診断病理

    発行年月:2013年01月

    著者氏名(共著者含):

 

写真

氏名

田中 健大 (タナカ タケヒロ)

TANAKA Takehiro

所属専攻講座

医歯薬学総合研究科

職名

助教

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)消化管病理

(英)Gastrointestinal pathology

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:岡山大学

    学校の種類:大学

    学部名:医学部

    卒業年月:2002年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:岡山大学

    研究科名:医学研究科

    修了課程:博士課程

    修了年月:2008年09月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:医学博士

    学位の分野名:人体病理学 (Human pathology)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:課程

    取得年月:2008年09月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:岡山大学病院

    経歴名:助教 (Assistant Professor)

    職務期間:2009年10月 ~ 継続中

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:消化管の病理

    キーワード:消化管

    研究態様:個人研究

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:2010年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):人体病理学

    専門分野(researchmap分類):その他の医学

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:病理学Ⅱ

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:病理学Ⅱ実習

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:病理学(腫瘍病理)II(演習・実習)

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:病理学(腫瘍病理)I(演習・実習)

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:病理学(腫瘍病理)II(講義・演習)

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Gastric neuroendocrine tumor arising from heterotopic pancreas

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Clinical Journal of Gastroenterology (頁 1 ~ 4)

    発行年月:2017年12月

    著者氏名(共著者含):Takehiro Tanaka*,Rika Omote,Noriko Okazaki,Hiroyuki Yanai*,Tadashi Yoshino*

    共著区分:共著

    DOI:10.1007/s12328-017-0795-3

  • 論文題目名:Management of gastric mucosa-associated lymphoid tissue lymphoma in patients with extra copies of the MALT1 gene

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:World Journal of Gastroenterology, World journal of gastroenterology23巻 33号 (頁 6155 ~ 6163)

    発行年月:2017年09月

    著者氏名(共著者含):Masaya Iwamuro*,Ryuta Takenaka,Masahiro Nakagawa,Yuki Moritou,Shunsuke Saito,Shinichiro Hori ,Tomoki Inaba,Yoshinari Kawai,Tatsuya Toyokawa,Takehiro Tanaka*,Tadashi Yoshino*,Hiroyuki Okada

    共著区分:共著

    DOI:10.3748/wjg.v23.i33.6155

  • 論文題目名:Deterioration of duodenal lymphangiectasia after radiotherapy for gastric malt lymphoma

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:ecancermedicalscience11巻 (頁 1 ~ 5)

    発行年月:2017年07月

    著者氏名(共著者含):Masaya Iwamuro*,Takehiro Tanaka*,Hiromitsu Kanzaki*,Seiji Kawano*,Yoshiro Kawahara*,Yoshiaki Iwasaki*,Hiroyuki Okada*

    共著区分:共著

    DOI:10.3332/ecancer.2017.752

  • 論文題目名:Primary pancreatic-type acinar cell carcinoma of the jejunum with tumor thrombus extending into the mesenteric venous system

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:BMC Surgery17巻 1号 (頁 237 ~ 243)

    発行年月:2017年06月

    著者氏名(共著者含):Kosei Takagi,Takahito Yagi*,Takehiro Tanaka*,Yuzo Umeda*,Ryuichi Yoshida*,Daisuke Nobuoka*,Takashi Kuise*,Toshiyoshi Fujiwara*

    共著区分:共著

    DOI:10.1186/s12893-017-0273-3

  • 論文題目名:Management of early gastric cancer that meet the indication for radical lymph node dissection following endoscopic resection

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:BMC Surgery17巻 1号 (頁 687 ~ 694)

    発行年月:2017年06月

    著者氏名(共著者含):Satoru Kikuchi*,Shinji Kuroda*,Masahiko Nishizaki*,Tetsuya Kagawa,Hiromitsu Kanzaki*,Yoshiro Kawahara*,Shunsuke Kagawa*,Takehiro Tanaka*,Hiroyuki Okada*,Toshiyoshi Fujiwara*

    共著区分:共著

    DOI:10.1186/s12893-017-0268-0

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:知っておきたい比較的稀な炎症性疾患 移植後微小血管病変

    記述言語:日本語

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:病理と臨床34巻 10号 (頁 1055 ~ 1059)

    出版機関名:

    発行年月:2016年10月

    著者氏名(共著者含):田中健大

    共著区分:単著

  • 題目:【消化管悪性リンパ腫2014】消化管原発low-grade lymphoma MALTリンパ腫 MALTリンパ腫の病理

    記述言語:日本語

    掲載種別:商業雑誌

    掲載誌名:胃と腸

    出版機関名:医学書院

    発行年月:2014年05月

    著者氏名(共著者含):田中健大、市村浩一、佐藤康晴、高田尚良、岡田裕之、柳井広之、吉野正

    共著区分:共著

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第105回 日本病理学会総会

    開催期間:2016年05月

    題目又はセッション名:マイクロサテライト不安定性胃癌の組織像

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第105回 日本病理学会総会

    開催期間:2016年05月

    題目又はセッション名:致死的な転機をとったEBV関連腸炎の一例