職名 【 表示 / 非表示

准教授

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

小児科、血液腫瘍学、感染免疫学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:再発難治AMLの薬剤耐性メカニズムの解明と新規薬剤探索

    研究課題概要:

  • 研究課題名:血栓止血関連遺伝子の網羅的解析

  • 研究課題名:小児 advanced MDSの病態解明

 

写真

氏名

嶋田 明 (シマダ アキラ)

SHIMADA Akira

所属専攻講座

岡山大学病院

職名

准教授

性別

男性

研究室住所

(日)岡山市北区鹿田町2-5-1

研究室電話

(日)086-235-7249

研究室FAX

(日)086-221-4745

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

(日)小児科、血液腫瘍学、感染免疫学

(英)Pediatrics,hematology/oncology. immunology/infectious disease

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:鳥取大学

    学校の種類:大学

    学部名:医学部

    卒業年月:1992年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:鳥取大学

    研究科名:医学研究科

    修了課程:博士課程

    修了年月:1999年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:医学博士 (MD., PhD)

    学位の分野名:小児科学 (Pediatrics)

    学位授与機関名:鳥取大学 (Tottori University)

    取得方法:課程

    取得年月:1999年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:岡山大学病院

    経歴名:准教授 (Associate Professor)

    職務期間:2016年07月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 国際小児がん学会(SIOP) (International Society of pediatric Oncology)  /  フランス共和国 ( 2018年04月 ~ 継続中 )

  • 日本臨床腫瘍学会 (Japanese Society of Medical Oncology)  /  日本国 ( 2017年04月 ~ 継続中 )

  • 日本家族性腫瘍学会 /  日本国 ( 2013年04月 ~ 継続中 )

  • 日本血栓止血学会 (The Japanese Society of Thrombosis and Hemostasis)  /  日本国 ( 2013年03月 ~ 継続中 )

  • 日本造血細胞移植学会 /  日本国 ( 2009年04月 ~ 継続中 )

全件表示 >>

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 小児科学

  • 血液腫よう

  • 血液の疾患

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 医師

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:再発難治AMLの薬剤耐性メカニズムの解明と新規薬剤探索

    キーワード:急性骨髄性白血病

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:ゲノム関係研究

    研究期間:2017年09月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):小児科学

    専門分野(researchmap分類):血液の疾患の治療

  • 研究課題名:血栓止血関連遺伝子の網羅的解析

    キーワード:血友病

    研究態様:個人研究

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:2015年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):内科学一般(含心身医学)

    専門分野(researchmap分類):免疫療法薬,血液製剤

  • 研究課題名:小児 advanced MDSの病態解明 (Molecular analysis of pediatric advanced MDS)

    キーワード:advanced MDS (advanced MDS)

    研究態様:未設定

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:2012年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):小児科学

    専門分野(researchmap分類):その他の医学

 

担当授業科目(その他) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2020年度

    科目名:先天異常における遺伝子診断

    担当期間:2020年07月

    講義内容またはシラバス:大学院学生に、小児科で遭遇する各種疾患の遺伝子診断法などについて講義

  • 年度:2018年度

    科目名:先天異常における遺伝子診断

    担当期間:2018年06月

    講義内容またはシラバス:大学院学生に、小児科で遭遇する各種疾患の遺伝子診断法などについて講義

  • 年度:2018年度

    科目名:小児の血液・腫瘍疾患

    担当期間:2018年05月

    講義内容またはシラバス:歯学部の学生に向け、小児の血液・腫瘍性疾患について講義

  • 年度:2018年度

    科目名:小児の血液・腫瘍疾患

    担当期間:2018年05月

    講義内容またはシラバス:歯学部の学生に向け、小児の血液・腫瘍性疾患について講義

  • 年度:2017年度

    科目名:小児の固形腫瘍

    担当期間:2017年05月

    講義内容またはシラバス:医学部学生に小児の固形腫瘍の講義

全件表示 >>

教育対象学生数 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    卒業論文指導学生: 0人 、(うち留学生数):0人

    博士論文指導学生: 1人 、(うち留学生数): 0人

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Lupus anticoagulant-hypoprothrombinemia syndrome and immunoglobulin-A vasculitis: a report of Japanese sibling cases and review of the literature.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Rheumatology International

    発行年月:2019年08月

    著者氏名(共著者含):Fujiwara K, Shimizu J, Tsukahara H, Shimada A.

    共著区分:共著

  • 論文題目名:High grade glioneuronal tumor with an ARHGEF2-NTRK1 fusion gene: case report.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Brain Tumor Pathology36巻 3号 (頁 121 ~ 128)

    発行年月:2019年04月

    著者氏名(共著者含):Kurozumi K, Nakano Y, Ishida J, Tanaka T, Doi M, Hirato J, Yoshida A, Washio K, Shimada A, Kohno T, Ichimura K, Yanai H, Date I.

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Exchange transfusion and cytarabine for transient abnormal myelopoiesis in hydrops.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Acta Medica Okayama73巻 2号 (頁 181 ~ 188)

    発行年月:2019年04月

    著者氏名(共著者含):Okamura T, Washioa Y, Yoshimotoa J, Tani K, Tsukahara H, Shimada A.

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Clinical and Biological Features of Pediatric Acute Myeloid Leukemia with Primary Induction Failure in the Japanese Pediatric Leukemia/Lymphoma Study Group (JPLSG) AML-05 Study

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Br J Haematol185巻 2号 (頁 284 ~ 288)

    発行年月:2019年02月

    著者氏名(共著者含):Miyamura T, Moritake H, Nakayama H, Tanaka S, Tomizawa D, Shiba N, Saito AM, Tawa A, Shimada A, Iwamoto S, Hayashi Y, Koike T, Horibe K, Manabe A, Mizutani S, Taga T, Adachi S.

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Remission of Congenital Multi-system Type Langerhans Cell Histiocytosis with Chemotherapy.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Acta Med Okayama73巻 1号 (頁 63 ~ 65)

    発行年月:2019年02月

    著者氏名(共著者含):Tamefusa K, Ishida H, Washio K, Ishida T, Morita H, Shimada A.

    共著区分:共著

    DOI:10.18926/AMO/56459.

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:Hematological malignancies and molecular targeting therapy.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Eur J Pharmacol.

    出版機関名:

    発行年月:2019年09月

    著者氏名(共著者含):Shimada A

    共著区分:単著

  • 題目:Pediatric acute myeloid leukemia with genetic alterations

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:臨床血液58巻 (頁 983 ~ 990)

    出版機関名:

    発行年月:2017年09月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:単著

  • 題目:小児疾患診療のための病態生理 3 改訂第5版】 血液・腫瘍性疾患 急性骨髄性白血病

    記述言語:日本語

    掲載種別:商業雑誌

    掲載誌名:小児内科48巻 (頁 921 ~ 927)

    出版機関名:

    発行年月:2016年11月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:単著

  • 題目:【血球の増加と減少】 赤血球 赤血球増多症 過粘稠度症候群を含めて

    記述言語:日本語

    掲載種別:商業雑誌

    掲載誌名:小児内科48巻 7号 (頁 990 ~ 992)

    出版機関名:

    発行年月:2016年07月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:単著

  • 題目:【Ph陰性骨髄増殖性腫瘍~分子病態と治療の最前線~】 小児骨髄増殖性疾患の分子病態と治療

    記述言語:日本語

    掲載種別:商業雑誌

    掲載誌名:血液フロンティア25巻 7号 (頁 987 ~ 992)

    出版機関名:

    発行年月:2015年06月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:単著

全件表示 >>

論文査読 【 表示 / 非表示

  • 年度:2020年度

    件数:2件

    学術雑誌名:Pediatric International

  • 年度:2020年度

    件数:2件

    学術雑誌名:Acta Medica Okayama

  • 年度:2019年度

    件数:3件

    学術雑誌名:Acta Medica Okayama

  • 年度:2019年度

    件数:1件

    学術雑誌名: Clinical Case Reports

  • 年度:2019年度

    件数:1件

    学術雑誌名:Journal of Cellular and Molecular Medicine

全件表示 >>

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:シンポジウム

    会議名称:MPN Asia

    開催期間:2019年05月

    題目又はセッション名:Pediatric Myeloproliferative Neoplasm in Japan

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:Annual meeting of International Society of Pediactric Oncology

    開催期間:2018年11月

    題目又はセッション名:Pediatric Myeloproliferative neoplasm–About the triple negative Essential Thrombocytosis

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:109th Annual Meeting of American Association of Cancer Research

    開催場所:Chicago USA

    開催期間:2018年04月

    題目又はセッション名:Aberrant Methylation of Tumor Suppressor Genes in Pediatric Myelodysplastic Syndrome / Acute Myeloid Leukemia.

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:109th Annual Meeting of American Association of Cancer Research

    開催場所:Chicago USA

    開催期間:2018年04月

    題目又はセッション名:Panel-based NGS Identifies Prognostic and Actionable Genes in Childhood Acute Lymphoblastic Leukemia and Suits for Clinical Sequence.

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:Annual Meeting of International BFM study group

    開催期間:2016年05月

    題目又はセッション名:The challenge of risk-reclassification of Pediatric AML with FLT3 wild type – JPLSG AML05 study,

全件表示 >>

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 日本臨床腫瘍学会

    役職・役割名:専門医委員会委員

    活動期間:2017年04月 ~ 2021年03月

  • 日本小児血液がん学会

    役職・役割名:白血病・リンパ腫委員会委員

    活動期間:2017年09月 ~ 2022年03月

  • JCCG

    役職・役割名:脳腫瘍委員会委員

    活動期間:2016年04月 ~ 2022年03月

  • 日本血液学会

    役職・役割名:専門医委員会委員

    活動期間:2016年04月 ~ 2019年03月

  • JPLSG(日本白血病リンパ腫研究グループ)

    役職・役割名:AML委員

    活動期間:2014年04月 ~ 2022年03月

    活動内容:全国の小児AMLのグループスタディを行う

全件表示 >>

学会賞等受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:クレディセゾン賞

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞

    受賞年月:2011年11月01日

    受賞国:日本国

    授与機関:日本白血病研究基金

    受賞者・受賞グループ名:嶋田 明

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:小児骨髄異形成症候群(RAEB, RAEBT)の分子病態解析 (Molecular analysis of pediatric MDS (RAEBm RAEBT))

    研究期間:2016年04月 ~ 2019年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:本邦における小児advanced MDS (RAEB, RAEBT)の疾患登録システムを構築し、引き続き分子病態解明を行し、新規治療法の開発を目指す。

  • 研究種目名:基盤研究(B)

    研究題目:小児白血病・リンパ腫におけるバイオマーカーによる早期診断技術の確立と実用化に関する研究

    研究期間:2014年04月 ~ 2017年03月

    資金支給機関:厚生労働省

    研究内容:小児白血病・リンパ腫におけるバイオマーカーによる早期診断技術の確立と実用化に関する研究の一環として、次世代シーケンサーの応用を目指す

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 資金名称:川野小児医学奨学財団

    研究題目:小児難治性急性骨髄性白血病の新規治療法の開発

    研究期間:2019年09月 ~ 2021年03月

    資金支給機関:民間財団等

  • 資金名称:両備檉園記念財団

    研究題目:ダウン症に合併する重症一過性骨髄異常増殖症(TAM)の治療標的となるサイトカインの同定

    研究期間:2018年10月 ~ 2019年10月

    資金支給機関:民間財団等

  • 資金名称:がんの子供を守る会研究助成

    研究題目:JACLS長期フォローアップ患者のうち二次がん発症者に関する研究

    研究期間:2017年10月 ~ 2018年10月

    資金支給機関:民間財団等

  • 資金名称:平成28年度小児がん治療研究助成金・ゴールドリボン・ネットワーク

    研究題目:次世代シーケンサーを用いた再発白血病の分子標的同定と新規分子標的療法の開発

    研究期間:2016年04月 ~ 2017年03月

    資金支給機関:NPO法人ゴールドリボン・ネットワーク

  • 資金名称:バクスター凝固関連研究基金

    研究題目:血液凝固異常症における簡易かつ安価な遺伝子診断システムの構築

    研究期間:2015年08月 ~ 2016年03月

    資金支給機関:Baxter Coagulation Research Fund(BCRF)

    研究内容:次世代シーケンサーを用いて、血液凝固異常症における簡易かつ安価な遺伝子診断システムの構築を目指す。

全件表示 >>

 

公開講座・講演会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    講座、講演会等種類:公開講座

    参加人数:50人

    講座等名:小児がんフォーラムin岡山

  • 年度:2017年度

    講座、講演会等種類:公開講座

    参加人数:100人

    開催日:2017年09月

    講座等名:小児がんフォーラムin岡山

  • 年度:2017年度

    講座、講演会等種類:講演会

    開催日:2017年07月

    講座等名:元気保育園

    講義題名:小児がんの最近の治療

  • 年度:2017年度

    講座、講演会等種類:公開講座

    開催日:2017年10月

    講座等名:岡山大学小児医療センター

    講義題名:小児がんの治療の進歩2017

  • 年度:2016年度

    講座、講演会等種類:公開講座

    参加人数:200人

    開催日:2016年09月

    講座等名:小児がんフォーラムin 岡山

    主催者:岡山大学病院小児科・小児血液腫瘍科

    対象者:元患者さん、家族、一般市民、行政

    開催地,会場:岡山大学病院J Hall

審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    外部委員会区分:その他公的団体

    名称:日本小児白血病リンパ腫研究グループ(JPLSG)
    AML委員会
    分子診断委員会
    再発ALL委員会

    役職:委員

    活動内容:AML, ALLプロトコールについて審議する。
    特にAML, ALLの分子診断について提言する。

診療活動・医療支援 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

 

全学的な実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:臨床遺伝子診療科遺伝カウンセリング委員会

    役職:委員

    任期:2019年04月 ~ 2020年03月

    貢献の実績:臨床遺伝子診療科遺伝カウンセリング外来担当
    臨床遺伝子診療科ガンゲノム医療外来エキスパートパネル構成員

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:リプロダクションセンター

    役職:委員

    任期:2018年04月 ~ 継続中

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:中四国ガンプロ

    役職:部会長

    任期:2017年04月 ~ 2022年03月

    貢献の実績:小児・AYA世代ガンワーキンググループ長