所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

病理診断科

職名 【 表示 / 非表示

教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

人体病理学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

婦人科病理、泌尿器病理

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:婦人科疾患の病理診断学

    研究課題概要:

  • 研究課題名:前立腺癌の病理

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 著書名:Frontiers in Ovarian Cancer Science

    出版機関名:Springer Singapore

    発行日:2017年09月

    著者名:Hiroyuki Yanai

    著書形態:共著

  • 論文題目名:Histologic Appearance and Immunohistochemistry of DNA Mismatch Repair Protein and p53 in Endometrial Carcinosarcoma: Impact on Prognosis and Insights Into Tumorigenesis.

    掲載誌名:American Journal of Surgical Pathology

    発行年月:2019年08月

    著者氏名(共著者含):Saijo M, Nakamura K, Ida N, Nasu A, Yoshino T, Masuyama H, Yanai H.

  • 題目:子宮の間葉系腫瘍

    掲載誌名:病理と臨床36巻 8号 (頁 787 ~ 793)

    発行年月:2018年08月

    著者氏名(共著者含):柳井広之

全件表示 >>

 

写真

氏名

柳井 広之 (ヤナイ ヒロユキ)

YANAI Hiroyuki

所属専攻講座

岡山大学病院

職名

教授

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)婦人科病理、泌尿器病理

(英)Gynecological Pathology, Urologic Paghology

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:岡山大学

    学校の種類:大学

    学部名:医学部

    学科名:医学科

    卒業年月:1991年03月

    卒業区分:

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:岡山大学大学院

    研究科名:医学研究科

    専攻名:病理学

    修了課程:博士課程

    修了年月:1996年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:医学博士 (Doctor(Medicine))

    学位の分野名:実験病理学 (Experimental pathology)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:課程

    取得年月:1996年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:岡山大学病院

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2011年05月 ~ 継続中

  • 職務遂行組織:岡山大学病院

    経歴名:准教授 (Associate Professor)

    職務期間:2004年07月 ~ 2011年04月

  • 職務遂行組織:岡山大学病院

    経歴名:助手 (Research Associate)

    職務期間:2004年01月 ~ 2004年06月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本婦人科病理学会 /  日本国 ( 2011年04月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:編集委員

    活動期間:2012年01月 ~ 継続中

  • 日本脳腫瘍病理学会 /  日本国 ( 2008年05月 ~ 継続中 )

  • 日本小児病理研究会 /  日本国 ( 2001年09月 ~ 継続中 )

  • 日本婦人科腫瘍学会 /  日本国 ( 1999年04月 ~ 継続中 )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • 日本臨床細胞学会 /  日本国 ( 1999年01月 ~ 継続中 )

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 人体病理学 (Human pathology)

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:婦人科疾患の病理診断学 (Pathologic Diagnosis of Gynecological Diseases)

    キーワード:病理診断 (Pathologic Diagnosis)

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2004年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):人体病理学

    専門分野(researchmap分類):女性生殖器と胎児の腫よう

  • 研究課題名:前立腺癌の病理 (Pathology of prostatic cancer)

    キーワード:前立腺癌、病理 (Prostatic cancer, Pathology)

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2004年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):人体病理学

    専門分野(researchmap分類):泌尿生殖器の腫よう

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:病理病態学

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

担当授業科目(その他) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    科目名:選択制臨床実習 病理診断学

    担当期間:2019年01月 ~ 2019年08月

    講義内容またはシラバス:教員の指導の下に病理診断の実際を経験する。クリニカル・クラークシップの形式をとる。

  • 年度:2018年度

    科目名:病理学(2)

    担当期間:2018年10月 ~ 2018年11月

    講義内容またはシラバス:生殖器のおもな疾患について講義した。

  • 年度:2017年度

    科目名:病理学(2)

    担当期間:2017年11月

    講義内容またはシラバス:生殖器のおもな疾患について講義した。

  • 年度:2017年度

    科目名:選択制臨床実習 病理診断学

    担当期間:2017年03月 ~ 2017年08月

    講義内容またはシラバス:教員の指導の下に病理診断の実際を経験する。クリニカル・クラークシップの形式をとる。

  • 年度:2016年度

    科目名:病理学(2)

    担当期間:2016年12月

    講義内容またはシラバス:生殖器のおもな疾患について講義した。

全件表示 >>

FDに取り組む姿勢 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

     医学科3年次生の講義では生殖器疾患の基礎的な疾患の成り立ちを教授するとともに学問的,社会的な最新の情報を講義内容に組み入れている。一方,選択制臨床実習での教育は医療の中の病理診断の実際を体験させるとともに,最終学年の学生であることから基礎医学から臨床医学を通覧する内容のミニレクチャーを適宜行なっている。

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Simultaneous immunostaining with anti-S100P and anti-SV40 antibodies revealed the origin of BK virus-infected decoy cells in voided urine samples.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Cytopathology26巻 4号 (頁 250 ~ 255)

    発行年月:2015年08月

    著者氏名(共著者含):Ariyasu S, Yanai H, Sato M, Shinno Y, Taniguchi K, Yamadori I, Miki Y, Sato Y, Yoshino T, Takahashi K.

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Histologic Appearance and Immunohistochemistry of DNA Mismatch Repair Protein and p53 in Endometrial Carcinosarcoma: Impact on Prognosis and Insights Into Tumorigenesis.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:American Journal of Surgical Pathology

    発行年月:2019年08月

    著者氏名(共著者含):Saijo M, Nakamura K, Ida N, Nasu A, Yoshino T, Masuyama H, Yanai H.

    共著区分:共著

    DOI:10.1097/PAS.0000000000001353

  • 論文題目名:Burned-out Prostate Cancer ? Primary Metastatic Cancer Not Detected on Repeat Biopsy.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Acta Medica Okayama72巻 6号 (頁 605 ~ 609)

    発行年月:2018年12月

    著者氏名(共著者含):Mitsui Y, Sadahira T, Maruyama Y, Wada K, Tanimoto R, Sugimoto M, Araki M, Watanabe M, Yanai H, Watanabe T, Nasu Y

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Quality indicators for cervical cancer care in Japan.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Gynecolical Oncology29巻 6号 (頁 e83 ~ )

    発行年月:2018年11月

    著者氏名(共著者含):Watanabe T, Mikami M, Katabuchi H, Kato S, Kaneuchi M, Takahashi M, Nakai H, Nagase S, Niikura H, Mandai M, Hirashima Y, Yanai H, Yamagami W, Kamitani S, Higashi T.

    共著区分:共著

  • 論文題目名:分節性に多発した神経鞘腫の1例

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:西日本皮膚科80巻 5号 (頁 446 ~ 449)

    発行年月:2018年10月

    著者氏名(共著者含):河田真理子,山崎 修,竹原 彩,鈴木大介,岩月啓氏,柳井広之

    共著区分:共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:血栓症/塞栓症と臓器障害

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:診断病理35巻 4号 (頁 264 ~ 279)

    出版機関名:

    発行年月:2018年10月

    著者氏名(共著者含):松林 純, 若狹 朋子, 柳井 広之

    共著区分:共著

  • 題目:子宮の間葉系腫瘍

    記述言語:日本語

    掲載種別:商業雑誌

    掲載誌名:病理と臨床36巻 8号 (頁 787 ~ 793)

    出版機関名:

    発行年月:2018年08月

    著者氏名(共著者含):柳井広之

    共著区分:単著

  • 題目:病理解剖を行うための法律・規則・指針

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:診断病理35巻 2号 (頁 93 ~ 98)

    出版機関名:

    発行年月:2018年04月

    著者氏名(共著者含):柳井広之

    共著区分:単著

  • 題目:外陰癌・膣癌の病理

    記述言語:日本語

    掲載種別:商業雑誌

    掲載誌名:日本臨牀76巻 増刊号 (頁 712 ~ 716)

    出版機関名:

    発行年月:2018年03月

    著者氏名(共著者含):柳井広之

    共著区分:単著

  • 題目:【病理診断に直結した組織学】子宮体部

    記述言語:日本語

    掲載種別:商業雑誌

    掲載誌名:病理と臨床35巻 (頁 330 ~ 338)

    出版機関名:文光堂

    発行年月:2017年05月

    著者氏名(共著者含):柳井広之

    共著区分:単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:Frontiers in Ovarian Cancer Science

    記述言語:英語

    著書種別:著書

    出版機関名:Springer Singapore

    発行日:2017年09月

    著者名:Hiroyuki Yanai

    著書形態:共著

  • 著書名:Pathology of Female Cancers

    記述言語:英語

    著書種別:著書

    出版機関名:Springer

    発行日:2018年09月

    著者名:Hiroyuki Yanai

    著書形態:共著

  • 著書名:卵巣・卵管腫瘍病理アトラス (改訂・改題第2販)

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:文光堂

    発行日:2016年11月

    著者名:*柳井広之、(全60名)

    著書形態:共著

    担当部分:横紋筋肉腫を発生した奇形腫

  • 著書名:カラーアトラス病理組織の見方と鑑別診断 第6版

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:医歯薬出版

    発行日:2018年09月

    著者名:柳井広之

    著書形態:共著

  • 著書名:腫瘍病理鑑別診断アトラス 子宮頸癌 第2版

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:文光堂

    発行日:2018年05月

    著者名:柳井広之

    著書形態:共著

全件表示 >>

学術雑誌編集委員 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    学術雑誌名:日本婦人科病理学会雑誌

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2018年度

    学術雑誌名:Acta Medica Okayama

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2018年度

    学術雑誌名:Pathology International

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2018年度

    学術雑誌名:岡山県臨床細胞学会誌

    委員長/委員等の種類:委員長

  • 年度:2018年度

    学術雑誌名:International Case Conference Journal

    委員長/委員等の種類:委員

全件表示 >>

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第36回日本脳腫瘍病理学会

    開催期間:2019年09月

    題目又はセッション名:Midline gliomaの遺伝子変異と長期治療成績の検討

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第36回日本脳腫瘍病理学会

    開催期間:2019年09月

    題目又はセッション名:NTRK遺伝子融合を有する高悪性度glioneuronal tumorの1例

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第36回日本脳腫瘍病理学会

    開催期間:2019年09月

    題目又はセッション名:乳児脳室外上衣下巨細胞性星細胞腫の一例

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第58回日本臨床細胞学会総会

    開催期間:2019年06月

    題目又はセッション名:ラブドイド細胞を伴う耳下腺筋上皮癌の一例

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第107回日本病理学会

    開催期間:2019年06月

    題目又はセッション名:脂肪、骨および軟骨への分化を示す、脱分化型solitary fibrous tumorの一例

全件表示 >>

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 日本婦人科腫瘍学会

    役職・役割名:理事

    活動期間:2018年07月 ~ 継続中

    活動内容:学会の運営に参画した

  • 日本泌尿器病理研究会

    役職・役割名:幹事

    活動期間:2017年05月 ~ 継続中

    活動内容:研究会の運営に参画している

  • 日本病理学会

    役職・役割名:子宮体癌取扱い規約2017年病理編委員

    活動期間:2015年10月 ~ 2017年07月

  • 日本婦人科病理学会

    役職・役割名:理事

    活動期間:2014年01月 ~ 継続中

  • 日本臨床細胞学会

    役職・役割名:評議員

    活動期間:2013年04月 ~ 継続中

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 資金名称:厚生労働科学研究費補助金

    研究題目:乳幼児突然死症候群(SIDS)および乳幼児突発性危急事態(ALTE)の 病態解明等と死亡数減少のための研究

    研究期間:2018年04月 ~ 2019年03月

    資金支給機関:厚生労働省

    研究内容:病理解剖が行われた乳幼児突然死症候群の実態調査と登録システム構築に関する研究を行った

  • 資金名称:厚生労働科学研究費補助金

    研究題目:乳幼児突然死症候群(SIDS)および乳幼児突発性危急事態(ALTE)の 病態解明等と死亡数減少のための研究

    研究期間:2017年04月 ~ 2018年03月

    資金支給機関:厚生労働省

    研究内容:病理解剖が行われた乳幼児突然死症候群の実態調査と登録システム構築に関する研究を行った

  • 資金名称:厚生労働科学研究費補助金

    研究題目:乳幼児突然死症候群(SIDS)および乳幼児突発性危急事態(ALTE)の 病態解明等と死亡数減少のための研究

    研究期間:2016年04月 ~ 2017年03月

    資金支給機関:厚生労働省

    研究内容:病理解剖が行われた乳幼児突然死症候群の実態調査と登録システム構築に関する研究を行った

 

公開講座・講演会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    講座、講演会等種類:講演会

    開催日:2015年10月

    講座等名:岩手婦人科病理セミナー

    講義題名:WHO分類第4版にみる卵巣上皮性腫瘍の病理診断

    対象者:婦人科医,病理医など

  • 年度:2015年度

    講座、講演会等種類:講演会

    開催日:2015年11月

    講座等名:IAP日本支部教育シンポジウム

    講義題名:子宮体部腫瘍

    主催者:国際病理アカデミー日本支部

    対象者:病理医

診療活動・医療支援 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    医療活動の実績:病理診断を行うとともに病理部の運営実務を担当している。

    医療教育の実績:卒後初期研修で病理部を選択した研修医に対して、病理診断の指導を行った。
    また、病理部医員,大学院生を対象に病理診断の指導を行った。

    医療支援:福山医療センター、広島市民病院の病理診断支援を行った。また、他施設からの病理診断コンサルテーション・病理中央診断(100件程度)にも応じた。

  • 年度:2017年度

    医療活動の実績:病理診断を行うとともに病理部の運営実務を担当している。

    医療教育の実績:卒後初期研修で病理部を選択した研修医に対して、病理診断の指導を行った。
    また、病理部医員,大学院生を対象に病理診断の指導を行った。

    医療支援:福山医療センター、広島市民病院の病理診断支援を行った。また、他施設からの病理診断コンサルテーション・病理中央診断(70件程度)にも応じた。

  • 年度:2016年度

    医療活動の実績:病理診断を行うとともに病理部の運営実務を担当している。

    医療教育の実績:卒後初期研修で病理部を選択した研修医に対して、病理診断の指導を行った。
    また、病理部医員,ミャンマーからの研修生に対しても病理診断の指導を行った。

    医療支援:福山医療センター、広島市民病院の病理診断支援を行った。また、他施設からの病理診断コンサルテーション(30件程度)にも応じた。

  • 年度:2015年度

    医療活動の実績:病理診断を行うとともに病理部の運営実務を担当している。

    医療教育の実績:卒後初期研修で病理部を選択した研修医に対して、病理診断の指導を行った。
    また、病理部医員に対しても病理診断の指導を行った。

    医療支援:福山医療センター、広島市民病院の病理診断支援を行った。また、他施設からの病理診断コンサルテーション(30件程度)にも応じた。

 

所属部局等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:治験審査委員会

    役職:委員長

    任期:2012年04月 ~ 継続中

    貢献の実績:岡山大学病院で行われる治験についての審査に参加した。

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:治験審査委員会

    役職:委員長

    任期:2012年04月 ~ 継続中

    貢献の実績:岡山大学病院で行われる治験についての審査に参加した。

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:臨床研究審査専門委員会

    役職:委員長

    任期:2013年04月 ~ 継続中

    貢献の実績:岡山大学病院で行われる臨床研究についての審査に委員長(議長)として参加した。

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:臨床研究審査専門委員会

    役職:委員長

    任期:2013年04月 ~ 継続中

    貢献の実績:岡山大学病院で行われる臨床研究についての審査に委員長(議長)として参加した。

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:未承認新規医薬品・医療機器評価委員会

    役職:委員長

    任期:2017年04月 ~ 継続中

全件表示 >>