所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

先端薬物療法開発学講座、機器分析学応用学分野

職名 【 表示 / 非表示

准教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

物理系薬学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

薬品分析学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:金属ポルフィリン固定化坦体の触媒作用に関する研究

    研究課題概要:金属ポルフィリンをイオン交換樹脂やイオン交換シリカゲルに固定化して、様々な酸化触媒機能を明らかにしてきた。

  • 研究課題名:金属ポルフィリン固定化シリカゲルを用いる高速液体クロマトグラフィー用充填剤の開発

  • 研究課題名:八臭素化ポルフィリンと金属イオンの反応性に関する研究

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Flow injection analysis of hydrogen peroxide using glass-beads modified with manganese(III)-tetra(4-carboxyphenyl)porphine derivative and its analytical application to the determination of serum glucose

    掲載誌名:Analytical Sciences

    発行年月:2003年04月

    著者氏名(共著者含):*Masaki Mifune, Katsuyoshi Sugimoto, Akimasa Iwado, Hiromichi Akizawa, Noriko Motohashi, Yutaka Saito

  • 論文題目名:2,3,7,8,12,13,17,18-Octabromo-5,10,15,20-tetrakis(4-methylpyridyl)porphinと金属イオンとの反応に関する分光学的検討(共著)

    掲載誌名:薬学雑誌131巻 8号 (頁 1233 ~ 1240)

    発行年月:2011年08月

    著者氏名(共著者含):「御舩正樹」a*他

 

写真

氏名

御舩 正樹 (ミフネ マサキ)

MIFUNE Masaki

所属専攻講座

医歯薬学総合研究科

職名

准教授

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)薬品分析学

(英)Analytical Chemistry

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:京都薬科大学

    学校の種類:大学

    学部名:薬学部

    学科名:生物薬学科

    卒業年月:1979年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:岡山大学

    研究科名:薬学研究科

    専攻名:製薬化学

    修了課程:修士課程

    修了年月:1981年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:薬学博士 (Pharmaceutical Doctor)

    学位の分野名:分析化学 (Analytical Chemistry)

    学位授与機関名:京都大学 (Kyoto University)

    取得方法:論文

    取得年月:

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:医歯薬学総合研究科

    経歴名:准教授 (Associate Professor)

    職務期間:2005年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本薬学会 /  日本国 ( )

    役職・役割名:プログラム編成委員(物理系薬学)、実行委員、幹事

    活動期間:2009年10月 ~ 2010年03月

    活動内容:岡山市で日本薬学会第130年会が2010年3月に開催されるため、主に物理系薬学部門の会場準備の幹事、同部門のプログラム編成に携わった。また、130年会中は、津島地区、物理系薬学部門の会場係として学会業務に携わった。
    なお、この間、12回の幹事会や津島地区代表会議等に出席した。

  • 日本薬学会 /  日本国 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • 日本分析化学会 /  日本国 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 物理系薬学 (Physical pharmaceutical science)

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師免許(第177339号)

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:金属ポルフィリン固定化坦体の触媒作用に関する研究

    キーワード:金属ポルフィリン固定化坦体

    研究態様:個人研究

    研究制度:ライフサイエンス基礎科学研究

    研究期間:1987年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):物理系薬学

    専門分野(researchmap分類):有機金属化合物

  • 研究課題名:金属ポルフィリン固定化シリカゲルを用いる高速液体クロマトグラフィー用充填剤の開発 (Development of stationary phase of high-performance liquid chromatography using silica gels immobilized metal-porphyrins)

    キーワード:金属ポルフィリン固定化シリカゲル,高速液体クロマトグラフィー,充填剤 (silica gels immobilized metal-porphyrin,high performance liquid chromatography,stationary phase)

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:1995年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):物理系薬学 、分析化学

    専門分野(researchmap分類):分析化学一般

  • 研究課題名:八臭素化ポルフィリンと金属イオンの反応性に関する研究 (Study on reactivity of octaboromatedporphine and metal ions)

    キーワード:八臭素化ポルフィリン,金属イオン (octaboromatedporphine,metal ions,interactions)

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2008年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):化学系薬学 、物理系薬学

    専門分野(researchmap分類):分析化学一般

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:分析科学3

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:分析科学II

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:分析科学3

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:分析科学2

    担当期間:2019年10月 ~ 2019年12月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:分析科学2

    担当期間:2019年10月 ~ 2019年12月

    授業形式:

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Octabromo-tetrakis(4-methylpyridyl)porphineを用いる銅イオンの吸光光度定量 ( Photometric determination of Cu2+ ion using octabromo-tetrakis(4-methylpyridyl)porphine)

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:薬学雑誌 ( Yakugaku Zasshi) 132巻 8号 (頁 953 ~ 958)

    発行年月:2012年08月

    著者氏名(共著者含):御舩正樹、岩藤章正、神野伸一郎、榎本秀一 ( Masaki Mifune, Akimasa Iwado, SinnIchiro Kamino, Syuichi Enomoto)

    共著区分:共著

    担当部分:全般

  • 論文題目名:2,3,7,8,12,13,17,18-Octabromo-5,10,15,20-tetrakis(4-methylpyridyl)porphinと金属イオンとの反応に関する分光学的検討(共著) ( Photometric Study on the reaction between 2,3,7,8,12,13,17,18-Octabromo-5,10,15,20-tetrakis- (4-methylpyridyl)porphine and various metal ions "jointly worked")

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:薬学雑誌 ( yakugakuzasshi) 131巻 8号 (頁 1233 ~ 1240)

    発行年月:2011年08月

    著者氏名(共著者含):「御舩正樹」a*他 ( Masaki Mifune etc.)

    共著区分:共著

    担当部分:全般

  • 論文題目名:Peroxidase-like catalytic activity of aqueous- and immobilized-Mn3+ -octabromo- porphyrins on ion-exchange resin supplied as mimetic of horseradish peroxidase(共著)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Chem. Pharm. Bull.56巻 (頁 1364 ~ 1366)

    発行年月:2008年06月

    著者氏名(共著者含): Y. Kitamura, K. Mori, M. Yamamoto, A. Nozaki, M. Saito, I. Tsukamoto, M. Mifune and Y. Saito

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Evaluation of the State of Active Ingredients in Pharmaceutical Preparations Using Fourier Transform-Raman Difference Spectra

    記述言語:未設定

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:YAKUGAKU ZASSHI

    発行年月:2006年12月

    著者氏名(共著者含):*Mifune, M., Iwasaki T., Kozaki Y., Tsukamoto I., Saito M., Kitamura, Y., Yamaguchi T.,Saito Y.,

    共著区分:単著

  • 論文題目名:HPLC Retention Behaviors of π-Electron Rich Compounds on Ni(II)- and Cu(II)-Phthalocyanine Derivatives Bound to Silica Gels in Polar Eluents

    記述言語:未設定

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:Anal. Sci., 22巻 (頁 1035 ~ 1038)

    発行年月:2006年04月

    著者氏名(共著者含):Tsukamoto I., Saito M., Yamane M., Kawata K., Kitamura Y., Kitamura Y., Mifune M., Saito Y. and Haginaka J.,

    共著区分:単著

全件表示 >>