職名 【 表示 / 非表示

教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

医用生体工学・生体材料学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

身体運動解析,生体電気物性,生体インピーダンス

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:生体電気インピーダンスを用いた身体運動解析

    研究課題概要:生体電気インピーダンスを用いて投球動作の判別などの身体運動解析を行っている。

  • 研究課題名:インピーダンス法を用いた皮膚バリア機能診断装置の開発

  • 研究課題名:医療機器の最適設計

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Motion discrimination of throwing a baseball using forearm electrical Impedance

    掲載誌名:Journal of Physics: Conference Series 434、 15th International Conference on Electrical Bioimpedance and 14th Confererence on Electrical Impedance Tomography 2007434巻 12070号 (頁 1 ~ 4)

    発行年月:2013年04月

    著者氏名(共著者含):*T.Nakamura, T.Kusuhara, Y.Yamamoto

  • 著書名:生体電気計測 【ME教科書シリーズA-3】(共著)

    出版機関名:コロナ社

    発行日:2011年11月

    著者名:山本尚武、中村隆夫

    著書形態:共著

  • 工業所有権区分:特許

    発明の名称:皮膚バリア機能を評価する演算処理装置、プログラム、前記演算処理装置を有する電子機器及び皮膚バリア機能の評価方法

    発明(考案)者名:中村隆夫,楠原俊昌,上原治, 松崎健一

全件表示 >>

 

写真

氏名

中村 隆夫 (ナカムラ タカオ)

NAKAMURA Takao

所属専攻講座

保健学研究科

職名

教授

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)身体運動解析,生体電気物性,生体インピーダンス

(英)Biodynamic Analysis,Bioelectrical Property,Bioimpedance

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:岡山大学

    学校の種類:大学

    学部名:工学部

    学科名:電気工学

    卒業年月:1987年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:岡山大学

    研究科名:自然科学研究科

    専攻名:システム科学

    修了課程:博士課程

    修了年月:1992年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(工学),工学修士

    学位の分野名:医用生体工学 (Bio medical Engineering)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:課程

    取得年月:1992年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:保健学研究科

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2016年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:スウェーデン王国リンシェピン大学医用生体工学科

    経歴名:研究員

    経歴期間:1996年03月 ~ 1996年08月

  • 所属(勤務)先:台湾 長庚大学

    経歴名:未設定

    経歴期間:2019年09月

  • 所属(勤務)先:台湾 長庚大学

    経歴名:未設定

    経歴期間:2017年09月

  • 所属(勤務)先:岡山理科大学大学院工学研究科

    経歴名:非常勤講師

    経歴期間:1997年04月 ~ 2008年03月

  • 所属(勤務)先:川崎医療福祉大学医療技術学部臨床工学科

    経歴名:非常勤講師

    経歴期間:2009年04月 ~ 2017年03月

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本生体医工学会 /  日本国 ( 1987年04月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:中国四国支部 評議員

    活動期間:2013年04月 ~ 継続中

  • 電子情報通信学会 /  日本国 ( 1987年04月 ~ 継続中 )

    役職・役割名: 

    活動期間:1987年04月 ~ 継続中

  • 岡山県医用工学研究会 /  日本国 ( 1994年04月 ~ 継続中 )

  • ハートフルビジネスおかやま /  日本国 ( 2004年04月 ~ 継続中 )

  • 日本公衆衛生学会 /  日本国 ( 1991年04月 ~ 継続中 )

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 医用生体工学・生体材料学 (Biomedical engineering/biological material studies)

  • スポーツ科学 (Sports science)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 医用生体工学・生体材料学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 基本情報技術者/第2種情報処理技術者

  • 文部科学省後援 2級アクセシビリティリーダー 第1920080002号

  • 日本スポーツ協会公認スポーツ指導者 弓道コーチ3 登録番号0110775

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:生体電気インピーダンスを用いた身体運動解析 (Biodynamic Analysis Using Bioelectrical Impedance)

    キーワード:生体電気インピーダンス,身体運動解析 (Bioelectrical Impedance,Biodynamic Analysis)

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:1992年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):医用生体工学・生体材料学

    専門分野(researchmap分類):医用生体工学・生体材料学

  • 研究課題名:インピーダンス法を用いた皮膚バリア機能診断装置の開発 (Development of Impedance Measuring Device for Evaluation of Skin Barrier Function)

    キーワード:皮膚バリア機能 (Skin Barrier Function)

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2014年07月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):医用生体工学・生体材料学

    専門分野(researchmap分類):医用生体工学・生体材料学

  • 研究課題名:医療機器の最適設計 (Optimum Design of Medical Instrument)

    キーワード:医療機器,最適設計 (Medical Instrument,Optimum Design)

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:1992年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):医用生体工学・生体材料学

    専門分野(researchmap分類):医用生体工学・生体材料学

  • 研究課題名:日常生活動作の客観的評価 (Objective Evaluation of Activities of Daily Living)

    キーワード:日常生活動作,モニター (Activities of Daily Living,Monitor)

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:1992年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):医用生体工学・生体材料学

    専門分野(researchmap分類):医用生体工学・生体材料学

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:環境と健康

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:生体情報科学演習

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:臨床医学特別実習

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:生体情報計測学演習

    担当期間:2019年10月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:医用物理工学演習

    担当期間:2019年10月 ~ 2020年03月

    授業形式:

全件表示 >>

担当授業科目(その他) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    科目名:数学物理補講

    担当期間:2017年06月

    講義内容またはシラバス:高校数学と高校物理の補講を行う

  • 年度:2017年度

    科目名:修士論文審査

    担当期間:2017年04月 ~ 2018年03月

    講義内容またはシラバス: 

  • 年度:2017年度

    科目名:卒業研究

    担当期間:2017年04月 ~ 2018年03月

    講義内容またはシラバス: 

  • 年度:2017年度

    科目名:博士論文審査

    担当期間:2017年04月 ~ 2018年03月

    講義内容またはシラバス: 

  • 年度:2017年度

    科目名:研究方法論

    担当期間:2017年04月 ~ 2017年09月

    講義内容またはシラバス: 諸科学に共通する研究方法論について学ぶ。研究の意義,研究デザイン,研究プロセス,文献検索,データの収集と解析,研究計画書について学習する。さらに,質的・量的研究デザインでの具体的研究方法の概要,文献レビュー,論文クリティークの必要性と方法について学習する。研究と実践を繋ぐEvidence-Based Practiceについても学ぶ。

全件表示 >>

教科書、教材等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2011年度

    教科書,教材等の種類:教科書出版

    大学教育教材開発:日本生体医工学会編/ME教科書シリーズA-3
    生体電気計測

学生活動支援 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    学生活動支援の種類:課外活動支援

    学生活動支援:体育会弓道部顧問 2000年4月〜現在まで
    校友会鹿田分局(医学部)弓道部部長 2019年4月〜現在まで
    全日本弓道連盟教士六段、文部科学大臣認定日本スポーツ協会弓道コーチ3の資格を持ち、
    クラブ活動運営、技術指導を行っている。

  • 年度:2016年度

    学生活動支援の種類:課外活動支援

    学生活動支援:体育会弓道部顧問 2000年4月〜現在まで
    校友会鹿田分局(医学部・歯学部)弓道部コーチ 1994年4月〜現在まで
    全日本弓道連盟錬士六段、文部科学大臣認定日本体育協会弓道コーチの資格を持ち、
    クラブ活動運営、技術指導を行っている。

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:A PORTABLE SYSTEM TO MEASURE MULTI-FREQUENCY IMPEDANCE

    記述言語:英語

    掲載種別:その他

    掲載誌名:Book of Abstacts 16th International Conference on Electrical Bioimpedance and 17th Confererence on Electrical Impedance Tomography (頁 24)

    発行年月:2016年06月

    著者氏名(共著者含):Takao Nakamura, Toshimasa Kusuhara, Yoshitake Yamamoto

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Construction of skin impedance model for evaluation of skin barrier functions in case wet-type electrode

    記述言語:英語

    掲載種別:国際会議proceedings

    掲載誌名:Proceeding of the International Federation for Medical and Biological Engineering, The 15th International Conference on Biomedical Engineering43巻 (頁 825 ~ 827)

    発行年月:2013年12月

    著者氏名(共著者含): Yoshitake Yamamoto, Kiyoko Shirai, Toshimasa Kusuhara,*Takao Nakamura

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Motion discrimination of throwing a baseball using forearm electrical Impedance

    記述言語:英語

    掲載種別:国際会議proceedings

    掲載誌名:Journal of Physics: Conference Series 434、 15th International Conference on Electrical Bioimpedance and 14th Confererence on Electrical Impedance Tomography 2007434巻 12070号 (頁 1 ~ 4)

    発行年月:2013年04月

    著者氏名(共著者含):*T.Nakamura, T.Kusuhara, Y.Yamamoto

    共著区分:共著

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:生体電気計測 【ME教科書シリーズA-3】(共著)

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:コロナ社

    発行日:2011年11月

    著者名:山本尚武、中村隆夫

    著書形態:共著

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:電子情報通信学会2018年総合大会

    開催場所:東京

    開催期間:2018年03月

    題目又はセッション名:リアルタイムストレス評価のためのRRI測定システムの構築

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:電子情報通信学会2017年総合大会

    開催場所:名古屋

    開催期間:2017年03月

    題目又はセッション名:皮膚電気インピーダンスを用いた経表皮水分蒸散量(TEWL)の推定法の改善

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:平成29年電気学会全国大会

    開催場所:富山

    開催期間:2017年03月

    題目又はセッション名:各種測定機器から得られる角層水分量の皮膚電気インピーダンスを用いた推定法について

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:平成28年電気学会全国大会

    開催場所:仙台

    開催期間:2016年03月

    題目又はセッション名:皮膚アドミタンスによる角層水分量の経時変化の検出

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:電子情報通信学会2016年総合大会

    開催場所:福岡

    開催期間:2016年03月

    題目又はセッション名:皮膚バリア機能評価のための皮膚電気インピーダンスを用いたTEWL互換指標の検討

全件表示 >>

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 日本生体医工学会

    役職・役割名:第59回日本生体医工学会全国大会 実行・プログラム委員

    活動期間:2019年07月 ~ 2020年03月

  • 日本生体医工学会

    役職・役割名:日本生体医工学会中国四国支部大会 評議員

    活動期間:2019年04月 ~ 2020年03月

  • 日本生体医工学会

    役職・役割名:日本生体医工学会中国四国支部大会 評議員

    活動期間:2018年04月 ~ 2019年03月

  • 日本生体医工学会

    役職・役割名:日本生体医工学会中国四国支部大会 評議員

    活動期間:2017年04月 ~ 2018年03月

  • 日本生体医工学会

    役職・役割名:第39回日本生体医工学会中国四国支部大会 若手研究奨励賞 審査員

    活動期間:2016年10月

    活動内容:第39回日本生体医工学会中国四国支部大会における若手研究奨励賞の審査員を務めた

全件表示 >>

発明・工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 工業所有権区分:特許

    発明の名称:皮膚バリア機能を評価する演算処理装置、プログラム、前記演算処理装置を有する電子機器及び皮膚バリア機能の評価方法

    発明(考案)者名:中村隆夫,楠原俊昌,上原治, 松崎健一

  • 工業所有権区分:特許

    発明の名称:皮膚バリア機能を評価する演算処理装置、プログラム、前記演算処理装置を有する電子機器及び皮膚バリア機能の評価方法

    発明(考案)者名:中村隆夫,楠原俊昌,上原治, 松崎健一

  • 工業所有権区分:特許

    発明の名称:皮膚インピーダンスを測定する演算処理装置、プログラム、前記演算処理装置を備えた電子機器及び皮膚インピーダンスの評価法

    発明(考案)者名:上原治, 中村隆夫,楠原俊昌,

  • 工業所有権区分:特許

    発明の名称:皮膚バリア機能を評価する演算処理装置、プログラム、前記演算処理装置を有する電子機器及び皮膚バリア機能の評価方法

    発明(考案)者名:上原治, 松崎健一, 中村隆夫,楠原俊昌

学会賞等受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:第18回日本エム・イー学会秋季大会 研究奨励賞

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:2004年11月05日

    受賞国:日本国

    授与機関:日本エム・イー学会秋季大会

    受賞者・受賞グループ名:楠原俊昌、中村隆夫、白川靖博、森 恵子、猶本良夫,山本尚武

    題目名:食道癌手術前後の嚥下機能変化の評価におけるインピーダンス咽頭図(IPG)の有効性の検討

  • 受賞学術賞名:電気学会 論文発表賞

    受賞区分:国内外の国際的学術賞

    受賞年月:1996年04月

    受賞国:日本国

    授与機関:電気学会

    受賞者・受賞グループ名:中村隆夫

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:挑戦的萌芽研究

    研究題目:生体電気インピーダンスの高時間分解能測定による投球動作の判別

    研究期間:2014年04月 ~ 2016年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:身体運動中の体肢電気インピーダンスを無侵襲、低拘束に高時間分解能で測定し、そのインピーダンス周波数特性を特長づける4パラメータにより運動の質(スキル)の判定や疲労評価を目指している。実際のスポーツ動作への応用として野球の投球動作に着目し、前腕部電気インピーダンスによって4種類の投球(1.通常の投球、2.前腕部が強く回内する投球、3.前腕部を回外する投球、4.肘関節を強く伸展させる投球)の判別結果が95.8%と高精度であったことを受けて、本研究においては、測定システムを実用化に向けて小型化・省電力化するとともに、球種の違いをこれまで通りに判別できるよう研究を進める。

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 研究題目:インピーダンスを用いた皮膚バリア機能診断を行なうための機器設計とその妥当性に関する研究

    共同研究区分:国内共同研究

    研究期間:2019年08月 ~ 2020年07月

    相手先機関名:アルケア株式会社医工学研究所

    研究内容:インピーダンスを用いた皮膚バリア機能診断を行なうための機器設計に向けた回路構築、及びインプットされるインピーダンス特性とアウトプットされる生体情報の妥当性の検証

  • 研究題目:インピーダンスを用いた皮膚バリア機能診断を行なうための機器設計とその妥当性に関する研究

    共同研究区分:国内共同研究

    研究期間:2018年08月 ~ 2019年07月

    相手先機関名:アルケア株式会社医工学研究所

    研究内容:インピーダンスを用いた皮膚バリア機能診断を行なうための機器設計に向けた回路構築、及びインプットされるインピーダンス特性とアウトプットされる生体情報の妥当性の検証

  • 研究題目:インピーダンスを用いた皮膚バリア機能診断を行なうための機器設計とその妥当性に関する研究

    共同研究区分:国内共同研究

    研究期間:2017年08月 ~ 2018年07月

    相手先機関名:アルケア株式会社医工学研究所

    研究内容:インピーダンスを用いた皮膚バリア機能診断を行なうための機器設計に向けた回路構築、及びインプットされるインピーダンス特性とアウトプットされる生体情報の妥当性の検証

  • 研究題目:インピーダンスを用いた皮膚バリア機能診断を行なうための機器設計とその妥当性に関する研究

    共同研究区分:国内共同研究

    研究期間:2016年08月 ~ 2017年07月

    相手先機関名:アルケア株式会社医工学研究所

    研究内容:インピーダンスを用いた皮膚バリア機能診断を行なうための機器設計に向けた回路構築、及びインプットされるインピーダンス特性とアウトプットされる生体情報の妥当性の検証

  • 研究題目:インピーダンスを用いた皮膚バリア機能診断を行なうための機器設計とその妥当性に関する研究

    共同研究区分:国内共同研究

    研究期間:2015年08月 ~ 2016年07月

    相手先機関名:アルケア株式会社医工学研究所

    研究内容:インピーダンスを用いた皮膚バリア機能診断を行なうための機器設計に向けた回路構築、及びインプットされるインピーダンス特性とアウトプットされる生体情報の妥当性の検証

全件表示 >>

共同研究(外部資金無し) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    相手方組織名称:川崎医療福祉大学、岡山理科大学

    研究課題等:腱反射の計測とその診断に関する研究

    研究テーマにおける役割:調査、実験、解析

  • 年度:2018年度

    相手方組織名称:川崎医療福祉大学、岡山理科大学

    研究課題等:腱反射の計測とその診断に関する研究

    研究テーマにおける役割:調査、実験、解析

  • 年度:2017年度

    相手方組織名称:川崎医療福祉大学、岡山理科大学

    研究課題等:腱反射の計測とその診断に関する研究

    研究テーマにおける役割:調査、実験、解析

  • 年度:2016年度

    相手方組織名称:川崎医療福祉大学、岡山理科大学

    研究課題等:腱反射の計測とその診断に関する研究

    研究テーマにおける役割:調査、実験、解析

産学官連携等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    株式会社アルケアと共同研究で、「皮膚バリア機能評価の測定装置の開発」を推進している。
    この研究で得られた知的財産については、共同で特許出願を行う。

  • 年度:2018年度

    株式会社アルケアと共同研究で、「皮膚バリア機能評価の測定装置の開発」を推進している。
    この研究で得られた知的財産については、共同で特許出願を行う。

  • 年度:2017年度

    株式会社アルケアと共同研究で、「皮膚バリア機能評価の測定装置の開発」を推進している。
    この研究で得られた知的財産については、共同で特許出願を行う。

  • 年度:2016年度

    株式会社アルケアと共同研究で、「皮膚バリア機能評価の測定装置の開発」を推進している。
    この研究で得られた知的財産については、共同で特許出願を行う。

  • 年度:2015年度

    株式会社アルケアと共同研究で、「皮膚バリア機能評価の測定装置の開発」を推進している。
    この研究で得られた知的財産については、共同で特許出願を行う。

 

審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    外部委員会区分:その他公的団体

    名称:公益財団法人 全日本弓道連盟 理事会

    役職:その他

  • 年度:2011年度

    外部委員会区分:委員会

    名称:公益財団法人 全日本弓道連盟 医事委員会

    役職:委員

他機関等における教育支援 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    他機関名:岡山県体育協会
    岡山県弓道連盟

    活動内容:日本スポーツ協会ならびに全日本弓道連盟の主催による日本体育協会公認指導者養成講習会(弓道専門科目)において、基礎理論の講師および実習の補助を行った。

  • 年度:2017年度

    他機関名:岡山県体育協会
    岡山県弓道連盟

    活動内容:日本体育協会ならびに全日本弓道連盟の主催による日本体育協会公認指導者養成講習会(弓道専門科目)において、基礎理論の講師および実習の補助を行った。

その他 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    2019(R01)年8月より公益財団法人全日本弓道連盟 理事
    2016(H28)年9月より全日本学生弓道連盟 副会長
    2013(H25)年9月より中四国学生弓道連盟 会長
    2014(H26)年4月より岡山県弓道連盟 副会長
    2017(H29)年4月より岡山県実業団弓道連盟 会長
    2007(H19)年4月より岡山県弓道連盟 大学支部長


  • 年度:2018年度

    2016(H28)年9月より全日本学生弓道連盟 副会長
    2013(H25)年9月より中四国学生弓道連盟 会長
    2014(H26)年4月より岡山県弓道連盟 副会長
    2017(H29)年4月より岡山県実業団弓道連盟 会長
    2007(H19)年4月より岡山県弓道連盟 大学支部長


 

部局長などの実績 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    役職:副研究科長

    職名:大学院保健学研究科

    任期:2019年04月 ~ 2021年03月

  • 年度:2019年度

    役職:その他

    職名:大学院保健学研究科放射線技術科学分野 分野長
    医学部保健学科放射線技術科学専攻 専攻長

    任期:2019年04月 ~ 2021年03月

  • 年度:2018年度

    役職:その他

    職名:大学院保健学研究科放射線技術科学分野 副分野長
    医学部保健学科放射線技術科学専攻 副専攻長

    任期:2018年04月 ~ 2019年03月

  • 年度:2017年度

    役職:その他

    職名:大学院保健学研究科放射線技術科学分野 副分野長
    医学部保健学科放射線技術科学専攻 副専攻長

    任期:2017年04月 ~ 2019年03月

全学的な実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    委員会等の名称:情報セキュリティ委員会

    役職:委員

    任期:2019年04月 ~ 2020年03月

    貢献の実績:情報セキュリティ技術責任者
    保健学研究科のHPサーバの管理

  • 年度:2019年度

    委員会等の名称:情報統括センター 専門委員会

    役職:委員

    任期:2019年04月 ~ 2020年03月

  • 年度:2019年度

    委員会等の名称:情報統括センター 情報基盤専門委員会

    役職:委員

    任期:2019年04月 ~ 2020年03月

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:情報統括センター 情報基盤専門委員会

    役職:委員

    任期:2018年04月 ~ 2019年03月

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:情報セキュリティ委員会

    役職:委員

    任期:2018年04月 ~ 2019年03月

    貢献の実績:情報セキュリティ技術責任者
    保健学研究科のHPサーバの管理

全件表示 >>

全学的な実績(委員以外) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    貢献の項目と割合等:グローバル人材育成院 履修アドバイザー

  • 年度:2018年度

    貢献の項目と割合等:グローバル人材育成院 履修アドバイザー

  • 年度:2017年度

    貢献の項目と割合等:グローバル人材育成院 履修アドバイザー

  • 年度:2016年度

    貢献の項目と割合等:グローバル人材育成院 履修アドバイザー

  • 年度:2015年度

    貢献の項目と割合等:グローバル人材育成院 履修アドバイザー

所属部局等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:教務委員会

    役職:委員

    任期:2018年04月 ~ 2019年03月

    貢献の実績:学部教務に関する会議および業務を行った。

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:70年史編纂委員会

    役職:委員

    任期:2018年04月 ~ 2019年03月

    貢献の実績:70年史編纂について作業を行った。

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:学生就職担当

    役職:その他

    任期:2018年04月 ~ 2019年03月

    貢献の実績:企業・病院などの問い合わせに対応した

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:広報委員会

    役職:委員

    任期:2018年04月 ~ 2019年03月

    貢献の実績:広報に関する会議および業務を行った。

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:国際関係WG

    役職:委員

    任期:2018年04月 ~ 2019年03月

    貢献の実績:海外留学、留学生の受入について検討を行った

全件表示 >>

所属部局等の実績(委員以外) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    貢献の項目と割合等:岡山大学教職員弓道部の代表を務める。全日本弓道連盟教士六段および日本スポーツ協会弓道コーチ3の資格を持ち、教職員の方に弓道の指導を行う。

    チーム医療演習用のノートコンピュータの保守・管理を行った。

 

提供可能な資源 【 表示 / 非表示

  • タイトル:岡山大学病院総合患者支援センターのロゴマーク

    内容:2003年岡山大学医学部附属病院総合患者支援センターのロゴマークコンクールに応募(太田武夫教授(当時、現在名誉教授)と共同作成)し、最優秀賞に選ばれロゴコークとして採用されている。