所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

医歯薬学総合研究科

職名 【 表示 / 非表示

講師

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

乳癌治療 

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:若年性乳がん患者に対する生殖機能温存に関するサポート

    研究課題概要:

  • 研究課題名:Stage IV乳癌の標準治療確立に関する研究

  • 研究課題名:乳癌治療の個別化におけるがん幹細胞の同定の有用性に関する研究

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Tamoxifen plus tegafur-uracil (TUFT) versus tamoxifen plus Adriamycin (doxorubicin) and cyclophosphamide (ACT) as adjuvant therapy to treat node-positive premenopausal breast cancer (PreMBC): results of Japan Clinical Oncology Group Study 9404.

    掲載誌名:Cancer Chemother Pharmacol.

    発行年月:2014年09月

    著者氏名(共著者含):

 

写真

氏名

枝園 忠彦 (シエン タダヒコ)

SHIEN Tadahiko

所属専攻講座

岡山大学病院

職名

講師

性別

男性

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

(日)乳癌治療 

(英)Breast Cancer Surgical Oncology

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(医学) (Doctor (medical))

    学位の分野名:外科学一般 (General surgery)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:課程

    取得年月:2005年04月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:岡山大学病院

    経歴名:講師 (Senior Assistant Professor)

    職務期間:2018年04月 ~ 継続中

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 内分泌外科専門医

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:若年性乳がん患者に対する生殖機能温存に関するサポート

    キーワード:乳癌 生殖機能温存

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:その他の試験研究機関

    研究期間:2016年12月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):医化学一般

    専門分野(researchmap分類):臨床腫よう学

  • 研究課題名:Stage IV乳癌の標準治療確立に関する研究 (Treatment strategy for Stage IV breast cancer)

    キーワード:乳癌 Stage IV (Stage IV breast cancer)

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:厚生労働科学研究費補助金

    研究期間:2013年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):外科学一般

    専門分野(researchmap分類):臨床腫よう学

  • 研究課題名:乳癌治療の個別化におけるがん幹細胞の同定の有用性に関する研究

    キーワード:乳癌 幹細胞 

    研究態様:未設定

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2009年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):外科学一般

    専門分野(researchmap分類):外科学

 
 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Primary tumor resection improves the survival of younger patients with metastatic breast cancer.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Oncology report21巻 3号 (頁 827 ~ 832)

    発行年月:2009年03月

    著者氏名(共著者含):*Shien T, Kinoshita T, Shimizu C, Hojo T, Taira N, Doihara H, Akashi-Tanaka S.

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Comparison among different classification systems for pathological response of preoperative chemotherapy in relation to long-term outcome

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Breast Cancer Research and Treatment

    発行年月:2008年02月

    著者氏名(共著者含):*Tadahiko Shien, Chikako Shimizu, Kunihiko Seki, Taro Shibata, Takashi Hojo, Masashi Ando, Tsutomu Kohno, Noriyuki Katsumata, Sadako Akashi-Tanaka, Takayuki Kinoshita, Yasuhiro Fujiwara

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Tamoxifen versus tamoxifen plus doxorubicin and cyclophosphamide as adjuvant therapy for node-positive postmenopausal breast cancer: results of a Japan Clinical Oncology Group Study (JCOG9401).

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Int J Clin Oncol.

    発行年月:2014年12月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

  • 論文題目名:The efficacy and feasibility of dose-dense sequential chemotherapy for Japanese patients with breast cancer

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Breast Cancer, Breast cancer (Tokyo, Japan) (頁 1 ~ 6)

    発行年月:2018年06月

    著者氏名(共著者含):Daisuke Takabatake,Yukiko Kajiwara,Shoichiro Ohtani,Yoko Itano,Mari Yamamoto,Shinichiro Kubo,Masahiko Ikeda,Mina Takahashi,Fumikata Hara,Kenjiro Aogi (Kenjirou Aogi),Shozo Ohsumi,Yutaka Ogasawara,Yoshitaka Nishiyama,Hajime Hikino,Kinya Matsuoka,Yuko Takahashi,Tadahiko Shien*,Naruto Taira*,Hiroyoshi Doihara*

    共著区分:共著

    DOI:10.1007/s12282-018-0877-1

  • 論文題目名:Current status of postmastectomy radiation therapy in T1?2 breast cancer with limited positive lymph nodes in Japan

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Breast Cancer, Breast cancer (Tokyo, Japan) (頁 1 ~ 2)

    発行年月:2018年03月

    著者氏名(共著者含):Shinsuke Sasada,Tadahiko Shien*,Hiroji Iwata

    共著区分:共著

    DOI:10.1007/s12282-018-0855-7

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 資金名称:厚生労働科学研究費補助金

    研究題目:国立がん研究センター研究費

    研究期間:2017年04月 ~ 2018年03月

    資金支給機関:厚生労働省

 
 

所属部局等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2009年度

    委員会等の名称:外来医長会

    役職:委員

    任期:2009年04月 ~ 継続中

  • 年度:2009年度

    委員会等の名称:病棟医長会

    役職:委員

    任期:2009年04月 ~ 継続中