所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

資源植物科学研究所・環境応答機構研究グループ

職名 【 表示 / 非表示

准教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

植物生理・分子

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

植物生理学,気孔,電気生理学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:孔辺細胞の環境応答機構の解明

    研究課題概要:

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Difference in abscisic acid perception mechanisms between closure induction and opening inhibition of stomata

    掲載誌名:Plant Physiol

    発行年月:2013年10月

    著者氏名(共著者含):

 

写真

氏名

森 泉 (モリ イズミ)

MORI Izumi.C

所属専攻講座

資源植物科学研究所

職名

准教授

性別

男性

研究室住所

(日)岡山県倉敷市中央 2-20-1

(英)2-20-1 Chuo, Kurashiki

研究室FAX

(日)086-434-1249

(英)+81-86-434-1249

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

(日)植物生理学,気孔,電気生理学

(英)Plant Physiology, Stomata, Electrophysiology

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:名古屋大学

    研究科名:農学研究科

    修了課程:博士課程

    修了年月:1998年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

  • 大学院名:東京学芸大学

    研究科名:教育学研究科

    修了課程:修士課程

    修了年月:1994年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(農学)

    学位の分野名:植物生理・分子 (Plant physiology/molecule)

    学位授与機関名:名古屋大学 (Nagoya University)

    取得方法:課程

    取得年月:1998年03月

  • 学位名:教育学

    学位の分野名:教科教育学 (Subject pedagogy)

    学位授与機関名:東京学芸大学 (Tokyo Gakugei University)

    取得方法:課程

    取得年月:1992年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:資源植物科学研究所

    経歴名:准教授 (Associate Professor)

    職務期間:2014年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:カリフォルニア大学サンディエゴ (University of California, San diego)

    経歴名:研究員 (Researcher)

    経歴期間:2000年07月 ~ 2004年06月

  • 所属(勤務)先:日本学術振興会PD 名古屋大学

    経歴名:日本学術振興会特別研究員

    経歴期間:1999年04月 ~ 2002年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • アメリカ植物生物学会(American Society of Plant Biologists) /  アメリカ合衆国 ( 2014年04月 ~ 継続中 )

  • 日本農芸化学会 /  日本国 ( 2007年04月 ~ 継続中 )

  • 日本植物学会 /  日本国 ( 2007年04月 ~ 継続中 )

  • 日本植物生理学会 /  日本国 ( 2007年03月 ~ 継続中 )

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 植物生理・分子 (Plant physiology/molecule)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 植物生理学

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:孔辺細胞の環境応答機構の解明

    キーワード:気孔 環境シグナル 電気生理学

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2004年06月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):植物生理・分子

    専門分野(researchmap分類):植物生理学

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:栽培演習(2)

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:植物生理学2

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:情報伝達機構解析学演習

    担当期間:2019年10月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:栽培演習(1)

    担当期間:2019年10月 ~ 2019年12月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:植物分子細胞生理学

    担当期間:2019年04月 ~ 2019年09月

    授業形式:

全件表示 >>

教育対象学生数 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    博士論文指導学生: 1人 、(うち留学生数): 1人

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Disruption of ureide degradation affects plant growth and development during and after transition from vegetative to reproductive stages.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:BMC plant Biology18巻 (頁 287 ~ )

    発行年月:2018年11月

    著者氏名(共著者含):Takagi, Watanabe, Tanaka, Matsuura, Mori, Hirayama, Shimada, Sakamoto

    共著区分:共著

  • 論文題目名:A cyclic nucleotide-gated channel, HvCNGC2-3, is activate by the co-presence of Na+ and K+ and permeable to Na+ and K+ non-selectively.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Plants7巻 (頁 61 ~ )

    発行年月:2018年07月

    著者氏名(共著者含):Izumi C. Mori, Yuichi Nobukiyo, Yoshiki Nakahara, Mineo Shibasaka, Takuya Furuichi, Maki Katsuhara

    共著区分:共著

  • 論文題目名:The mechanism of SO2-induced stomatal closure differs from O3 and CO2 responses and is mediated by nonapoptotic cell death in guard cells.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Plant Cell and Environment42巻 (頁 437 ~ 447)

    発行年月:2018年07月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Salicylic acid-dependent immunity contributes to resistance against Rhizoctonia solani, a necrotrophoc fungal agent of sheath blight, in rice and Brachypodium distachuon.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:New Phytologist217巻 (頁 771 ~ 783)

    発行年月:2018年01月

    著者氏名(共著者含):KOuzai, Kimura, Watanabe, Kusunoki, Osaka, Suzuki, Matsui, Yamamoto, Ichinose, Toyoda, Matsuura, Mori, Hirayama, Miami, Nishizawa, Inoue, Onda, Mochida, Noutoshi

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Circumnutation and distribution of phytohormones in Vigna angularis epicotyls

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Plant Research, The Botanical Magazine Tokyo (頁 1 ~ 14)

    発行年月:2017年08月

    著者氏名(共著者含):Motoyuki Iida,Toshihiko Takano,Takakazu Matsuura,Izumi C. Mori *,Shingo Takagi

    共著区分:共著

    DOI:10.1007/s10265-017-0972-y

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:Phytohormones in red seaweeds: a technical review of methods for analysis and a consideration of genomic data

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Botanica Marina60巻 (頁 153 ~ 170)

    出版機関名:

    発行年月:2017年04月

    著者氏名(共著者含):Mori I.C., Ikeda Y., Matsuura T., Hirayama T., Mikami K.

    共著区分:共著

  • 題目:Diverse Stomatal Signaling and the Signal Integration Mechanism

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:ANNUAL REVIEW OF PLANT BIOLOGY66巻 (頁 369 ~ 392)

    出版機関名:ANNUAL REVIEWS, 4139 EL CAMINO WAY, PO BOX 10139, PALO ALTO, CA 94303-0897 USA

    発行年月:2015年04月

    著者氏名(共著者含):Murata Y, Mori IC, Munemasa S

    共著区分:共著

    DOI:10.1146/annurev-arplant-043014-114707

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:Comprehensive phytohormone quantification in the red alga Pyropia yezoensis by liquid chromatography-mass spectrometry. In Protocols for Macroalgae Research

    記述言語:英語

    著書種別:著書

    出版機関名:CRC Press

    発行日:2018年04月

    著者名:

    著書形態:共著

  • 著書名:Environmental toxicity and evaluation. In Environmental Risk Analysis for Asian-Oriented, Risk-Based Watershed management.

    記述言語:英語

    著書種別:著書

    出版機関名:Springer Nature Singapore Pte Ltd.

    発行日:2018年01月

    著者名:Lee Yook Heng, Lia Ooi, Izumi C. Mori, Dedi Futra

    著書形態:共著

学術雑誌編集委員 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    学術雑誌名:Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2018年度

    学術雑誌名:Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2017年度

    学術雑誌名:Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry

    委員長/委員等の種類:委員

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第60回日本植物生理学会年会

    開催場所:名古屋

    開催期間:2019年03月

    題目又はセッション名:Functional analyses of ALMT-family malate transporters in tomato

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第60回日本植物生理学会年会

    開催場所:名古屋

    開催期間:2019年03月

    題目又はセッション名:Is hormonal regulation involved in sulfur dioxide-induced stomatal closure?

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第60回日本植物生理学会年会

    開催場所:名古屋

    開催期間:2019年03月

    題目又はセッション名:Characterization of defensin-like (DEFL) family proteins on Zinc deficient condition in Arabidopsis thaliana root.

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第60回日本植物生理学会年会

    開催場所:名古屋

    開催期間:2019年03月

    題目又はセッション名:Functional analyses of ALMT-family malateCEP5 and CEPR1 contribute to zinc homeostasis in Arabidopsis thaliana.transporters in tomato

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第60回日本植物生理学会年会

    開催場所:名古屋

    開催期間:2019年03月

    題目又はセッション名:Apoplastic bypass flow is involved in cadmium uptake in rice.

全件表示 >>

 
 

全学的な実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2010年度

    委員会等の名称:岡山大学出版会編集委員会

    役職:委員

    任期:2010年04月 ~ 継続中