所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

医歯薬学総合研究科 疫学・衛生学分野

職名 【 表示 / 非表示

教授

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

疫学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:環境疫学

    研究課題概要:環境要因が人間の健康にどう影響を及ぼすかを疫学方法論を利用し検討する。

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 著書名:Late lessons from early warnings: science, precaution, innovation

    出版機関名:European Environment Agency

    発行日:2013年01月

    著者名:Takashi Yorifuji, Toshihide Tsuda, Masazumi Harada

    著書形態:共著

    担当部分:Chapter 5. Minamata disease: a challenge for democracy and justice

  • 論文題目名:Long-term exposure to methylmercury and neurological signs in Minamata and neighboring communities

    掲載誌名:Epidemiology19巻 (頁 3 ~ 9)

    発行年月:2008年01月

    著者氏名(共著者含):*Takashi Yorifuji, Toshihide Tsuda, Soshi Takao, Masazumi Harada

 

写真

氏名

賴藤 貴志 (ヨリフジ タカシ)

YORIFUJI Takashi

所属専攻講座

医歯薬学総合研究科

職名

教授

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)疫学

(英)Epidemiology

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:医学

    学位の分野名:公衆衛生学・健康科学 (Public hygiene studies/health science)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:課程

    取得年月:2007年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:医歯薬学総合研究科

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2019年08月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 国際環境疫学会(International Society for Environmental Epidemiology) (International Society for Environmental Epidemiology)  /  アメリカ合衆国 ( 2012年07月 ~ 継続中 )

  • 日本小児科学会 /  日本国 ( 2001年10月 ~ 継続中 )

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:環境疫学 (Environmental Epidemiology)

    キーワード:疫学、環境疫学 (Epidemiology, Environmental Epidemiology)

    研究態様:個人研究

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:2003年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):衛生学

    専門分野(researchmap分類):疫学

    研究内容:環境要因が人間の健康にどう影響を及ぼすかを疫学方法論を利用し検討する。特に、水銀、鉛、ヒ素、大気汚染などの健康影響。

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:国際保健学演習

    担当期間:2019年10月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:臨床研究学

    担当期間:2019年10月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:グローバルヘルス学

    担当期間:2019年04月 ~ 2019年09月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:国際保健学演習

    担当期間:2019年04月 ~ 2019年09月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:国際保健学

    担当期間:2019年04月 ~ 2019年09月

    授業形式:

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Acute exposure to sulfur dioxide and mortality: Historical data from Yokkaichi, Japan.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Arch Environ Occup Health74巻 5号 (頁 271 ~ 278)

    発行年月:2019年08月

    著者氏名(共著者含):Yorifuji T, Kashima S, Suryadhi MAH, Abudureyimu K.

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Long-stay pediatric patients in Japanese intensive care units: their significant presence and a newly developed, simple predictive score.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:J Intensive Care.29巻 7号

    発行年月:2019年07月

    著者氏名(共著者含):Knaup E, Nosaka N, Yorifuji T, Tsukahara K, Naito H, Tsukahara H, Nakao A; JaRPAC Study Group.

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Nitrogen dioxide and acute respiratory tract infections in children in Indonesia.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Arch Environ Occup Health

    発行年月:2019年06月

    著者氏名(共著者含):Suryadhi MAH, Abudureyimu K, Kashima S, Yorifuji T.

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Catch-up growth and behavioral development among preterm, small-for-gestational-age children: A nationwide Japanese population-based study.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Brain Dev41巻 5号 (頁 397 ~ 405)

    発行年月:2019年05月

    著者氏名(共著者含):Takeuchi A, Yorifuji T, Hattori M, Tamai K, Nakamura K, Nakamura M, Kageyama M, Kubo T, Ogino T, Kobayashi K, Doi H.

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Long-term exposure to fine particulate matter and natural-cause and cause-specific mortality in Japan

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Environ Epidemiol.

    発行年月:2019年05月

    著者氏名(共著者含):Yorifuji T, Kashima S, Tani Y, Yamakawa J, Doi H.

    共著区分:共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:大気汚染による健康影響-疫学研究の知見より

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:日本の科学者53巻 5号 (頁 259 ~ 264)

    出版機関名:

    発行年月:2018年05月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:単著

  • 題目:疫学方法論とその応用 -小児における環境保健学的研究-

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:小児感染免疫29巻 2号 (頁 183 ~ 193)

    出版機関名:

    発行年月:2017年07月

    著者氏名(共著者含):頼藤貴志

    共著区分:単著

  • 題目:水俣病における胎児期メチル水銀曝露-見過ごされてきた胎児期低・中濃度曝露によ る神経認知機能の影響-

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:環境と公害46巻 2号 (頁 52 ~ 58)

    出版機関名:

    発行年月:2016年10月

    著者氏名(共著者含):頼藤貴志、入江佐織、加戸陽子、眞田敏

    共著区分:共著

  • 題目:胎児期メチル水銀曝露による神経認知機能:水俣病

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:水俣学研究7号 (頁 3 ~ 17)

    出版機関名:

    発行年月:2016年09月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

  • 題目:民主主義と正義のための挑戦

    記述言語:日本語

    掲載種別:大学紀要

    掲載誌名:水俣学研究6号 (頁 103 ~ 138)

    出版機関名:

    発行年月:2015年03月

    著者氏名(共著者含):頼藤貴志

    共著区分:共著

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:Late lessons from early warnings: science, precaution, innovation

    記述言語:英語

    著書種別:著書

    出版機関名:European Environment Agency

    発行日:2013年01月

    著者名:Takashi Yorifuji, Toshihide Tsuda, Masazumi Harada

    著書形態:共著

    担当部分:Chapter 5. Minamata disease: a challenge for democracy and justice

学術雑誌編集委員 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    学術雑誌名:Environmental Health

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2018年度

    学術雑誌名:Journal of Epidemiology

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2018年度

    学術雑誌名:Journal of Preventive Medicine and Public Health

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2018年度

    学術雑誌名:Environmental Epidemiology

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2017年度

    学術雑誌名:Journal of Epidemiology

    委員長/委員等の種類:委員

全件表示 >>

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第77回日本公衆衛生学会総会

    開催場所:福島

    開催期間:2018年10月

    題目又はセッション名:常時および臨時大気測定局を用いた二酸化窒素 Land use regressionモデルの比較検討

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:ISES-ISEE 2018 Joint Annual Meeting

    開催期間:2018年08月

    題目又はセッション名:Long-term exposure to PM2.5 and all-cause and cause-specific mortality in Japan

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:The 2018 Joint Annual Meeting of the International Society of Exposure Science and the International Society for Environmental Epidemiology

    開催場所:Ottawa, Canada

    開催期間:2018年08月

    題目又はセッション名:The validity of land use regression models for NO2 based on routine and campaign monitoring data from an urban area of Japan

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:その他

    会議名称:ISES-ISEE 2018 Joint Annual Meeting

    開催場所:Ottawa, Canada

    開催期間:2018年08月

    題目又はセッション名:Accelerated functional losses in ageing congenital Minamata disease patients

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:2018 Conference of International Society for Environment Epidemiology, and of Exposure Science –Asia Chapter

    開催場所:Taipei, Taiwan

    開催期間:2018年06月

    題目又はセッション名:Land use regression models for PM2.5 based on ground-based and remote sensing estimates

全件表示 >>

報道機関発表 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    全国版/地方版別:全国版

    メディアの種類:テレビ

    会社名等:NHK

    番組名等及び内容:クローズアップ現代

    報道年月日:2015年06月04日

  • 年度:2016年度

    全国版/地方版別:地方版

    メディアの種類:新聞

    会社名等:熊本日日新聞

    番組名等及び内容:インドネシア ジャカルタでの水銀セミナー

    報道年月日:2016年12月08日

  • 年度:2016年度

    全国版/地方版別:地方版

    メディアの種類:新聞

    会社名等:熊本日日新聞

    番組名等及び内容:胎児性水俣病 胎児性世代の被害は今
    月に一回の現地訪問

    報道年月日:2016年11月06日

  • 年度:2016年度

    全国版/地方版別:地方版

    メディアの種類:新聞

    会社名等:熊本日日新聞

    番組名等及び内容:胎児性水俣病 胎児性世代の被害は今
    見過ごされた被害

    報道年月日:2016年11月05日

  • 年度:2016年度

    全国版/地方版別:全国版

    メディアの種類:新聞

    会社名等:朝日新聞

    番組名等及び内容:水俣病検診記録の分析

    報道年月日:2016年10月03日

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:岡山市における大気汚染短期・長期曝露の健康影響評価

    研究期間:2017年04月 ~ 2020年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:岡山市救急搬送データを利用し、大気汚染短期曝露(特にPM2.5とオゾン)と疾病罹患の関連評価を行う。また岡山市健康診査データを利用し、大気汚染長期曝露と疾患別死亡・その他アウトカムとの関連評価を行う。

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:地理情報システム(GIS)による個人の大気汚染曝露と健康影響に関する コホート研究

    研究期間:2015年04月 ~ 2018年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:1990年より開始の多目的コホート研究のベースライン時またはアンケート回答時に近い時点の居住地情報を用いて大気汚染の個人曝露評価を行い、すでに得られている疾病情報を用いて、我が国の大気汚染と県境影響との菅んを前向きコホート研究にて明らかにする。

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:東アジア地域における黄砂による健康影響評価(直接的・効果修飾的影 響)

    研究期間:2015年04月 ~ 2017年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:黄砂による健康影響の東アジア地域における地理的差異を明らかにする。⓵日本国内における黄砂の影響の差異はあるのか⓶東アジア地域と日本で黄砂の影響が異なるのかをそれぞれ評価する

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:地理情報システム(GIS)による個人の大気汚染曝露と健康影響に関する コホート研究

    研究期間:2015年04月 ~ 2018年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:1990年より開始の多目的コホート研究のベースライン時またはアンケート回答時に近い時点の居住地情報を用いて大気汚染の個人曝露評価を行い、すでに得られている疾病情報を用いて、我が国の大気汚染と県境影響との菅んを前向きコホート研究にて明らかにする。

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:地理情報システム(GIS)による個人の大気汚染曝露と健康影響に関する コホート研究

    研究期間:2015年04月 ~ 2018年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:1990年より開始の多目的コホート研究のベースライン時またはアンケート回答時に近い時点の居住地情報を用いて大気汚染の個人曝露評価を行い、すでに得られている疾病情報を用いて、我が国の大気汚染と県境影響との菅んを前向きコホート研究にて明らかにする。

全件表示 >>

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 研究題目:岡山いきいき子どもプランに係る県民意識調査解析業務

    受託研究区分:一般受託研究

    研究期間:2014年05月 ~ 2015年03月

    相手先機関名:岡山県庁

    研究内容:岡山県の少子化の要因分析を疫学・統計学に基づき行う

 

公開講座・講演会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    講座、講演会等種類:その他

    開催日:2017年10月

    講座等名:ルワンダ小児医療・学校保健 支援活動報告会

    主催者:AMDA

    開催地,会場:岡山国際交流センター

  • 年度:2016年度

    講座、講演会等種類:講演会

    開催日:2016年02月

    講座等名:水俣病事件60年を問うシンポジウム(第一回)
    「被害の全体像を考える ~メチル水銀の健康影響に関する疫学研究を踏まえて~」

    開催地,会場:水俣市公民館ホール

  • 年度:2016年度

    講座、講演会等種類:講演会

    開催日:2016年11月

    講座等名:第48回日本小児感染症学会総会・学術集会教育講演6

    講義題名:「疫学方法論とその応用 -小児における環境保健学的研究-」

    主催者:日本小児感染症学会

  • 年度:2016年度

    講座、講演会等種類:公開講座

    開催日:2016年11月

    講座等名:平成28年度中央区民カレッジ(まなびのコース)

    講義題名:環境と命を考える~水俣病や大気汚染の疫学研究を通して~

    主催者:東京都中央区

  • 年度:2016年度

    講座、講演会等種類:講演会

    開催日:2016年10月

    講座等名:平成28年度「国際貢献・協力セミナー」

    主催者:岡山国際交流協会

全件表示 >>

 

全学的な実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2014年度

    委員会等の名称:安全衛生委員会

    役職:委員

    任期:2014年04月 ~ 2015年03月