所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

薬学部・薬学科・環境生物薬学研究室

職名 【 表示 / 非表示

教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

生物系薬学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

蛋白質毒素,プロテアーゼ,バイオレメディエーション,環境微生物,ビブリオ

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:病原性ビブリオの環境適応

    研究課題概要:

  • 研究課題名:抗菌ペプチドの新規生理作用

  • 研究課題名:ランドリー洗剤に抵抗性を示す環境微生物

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Stepwise changes in viable but nonculturable Vibrio cholerae cells

    掲載誌名:Microbiol Immunol59巻 5号 (頁 305 ~ 310)

    発行年月:2015年05月

    著者氏名(共著者含):Imamura D, Mizuno T, *Miyoshi S, Shinoda S

  • 著書名:Handbook of Proteolytic Enzymes (Third Edition)

    出版機関名:Elsevier Academic Press

    発行日:2013年05月

    著者名:Okamoto K, Takahashi E, *Miyoshi S

    著書形態:共著

    担当部分:Vibriolysin

 

写真

氏名

三好 伸一 (ミヨシ シンイチ)

MIYOSHI Shinichi

所属専攻講座

医歯薬学総合研究科

職名

教授

性別

男性

研究室電話

(日)086-251-7966

(英)+81-86-251-7966

研究室FAX

(日)086-251-7966

(英)+81-86-251-7966

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

(日)蛋白質毒素,プロテアーゼ,バイオレメディエーション,環境微生物,ビブリオ

(英)Protein toxin, Protease, Bioremediation, Environmental microorganism, Vibrio

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:岡山大学

    学校の種類:大学

    学部名:薬学部

    学科名:製薬化学

    卒業年月:1983年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:岡山大学

    研究科名:薬学研究科

    専攻名:製薬化学

    修了課程:修士課程

    修了年月:1985年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:薬学修士

    学位の分野名:環境系薬学 (Environmental pharmaceutical science)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:課程

    取得年月:1985年03月

  • 学位名:薬学博士 (Doctor of Philosophy)

    学位の分野名:環境系薬学 (Environmental pharmaceutical science)

    学位授与機関名:大阪大学 (Osaka University)

    取得方法:論文

    取得年月:

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:医歯薬学総合研究科

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2005年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:国際協力事業団インド下痢症対策プロジェクト 短期専門家

    経歴名:未設定

    経歴期間:2002年08月 ~ 2002年09月

  • 所属(勤務)先:米国コロラド州立大学 生化学・分子生物学科 博士研究員 (Colorado State University, Department of Biochemistry & Molecular Biology postdoctoral Fellow)

    経歴名:未設定

    経歴期間:1998年06月 ~ 1999年06月

  • 所属(勤務)先:米国コロラド州立大学 生化学・分子生物学科 博士研究員 (Colorado State University, Department of Biochemistry & Mdecular Biology Postdoctoral Fellow)

    経歴名:未設定

    経歴期間:1994年04月 ~ 1995年06月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本国際保健医療学会 /  日本国 ( 2012年08月 ~ 継続中 )

  • 日米医学協力研究会 コレラ・細菌性腸管感染症専門部会 /  日本国 ( 2009年04月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:研究員

    活動期間:2009年04月 ~ 継続中

  • International Proteolysis Society (International Proteolysis Society)  /  アメリカ合衆国 ( 2005年02月 ~ 2010年12月 )

  • 日本防菌防黴学会 /  日本国 ( 2001年04月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:理事

    活動期間:2011年06月 ~ 継続中

  • 日本防菌防黴学会 /  日本国 ( 2001年04月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:防菌防黴誌編集委員

    活動期間:2011年06月 ~ 継続中

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生物系薬学 (Biological system pharmaceutical science)

  • 公衆衛生学・健康科学 (Public hygiene studies/health science)

  • 細菌学(含真菌学) (Bacteriology (includes mycology))

  • 環境系薬学 (Environmental pharmaceutical science)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 感染症,寄生虫病

  • 微生物学・ウィルス学一般

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 薬剤師

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:病原性ビブリオの環境適応 (Adaptation of pathogenic vibrios to environmental stress)

    キーワード:ビブリオ,環境ストレス,遺伝子の発現調節 (Vibrio, Environmental stress, Regulation of gene expression)

    研究態様:個人研究

    研究制度:基礎科学研究

    研究期間:2010年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):細菌学(含真菌学) 、生物系薬学

    専門分野(researchmap分類):感染症,寄生虫病 、微生物学・ウィルス学一般

  • 研究課題名:抗菌ペプチドの新規生理作用 (Novel biological activities of human antimicrobial peptides)

    キーワード:ビブリオ,抗菌ペプチド,遺伝子の発現調節 (Vibrio, Antimicrobial peptides, Regulation of gene expression)

    研究態様:個人研究

    研究制度:基礎科学研究

    研究期間:2010年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):細菌学(含真菌学) 、生物系薬学

    専門分野(researchmap分類):感染症,寄生虫病 、微生物学・ウィルス学一般

  • 研究課題名:ランドリー洗剤に抵抗性を示す環境微生物 (Studies on the detergent-resistant environmental microorganisms)

    キーワード:環境微生物,洗剤抵抗性 (environmental microorganism, detergent-resistant)

    研究態様:個人研究

    研究制度:基礎科学研究

    研究期間:2009年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):生物系薬学 、環境系薬学 、公衆衛生学・健康科学

    専門分野(researchmap分類):微生物学・ウィルス学一般 、環境因子の生物に対する影響

  • 研究課題名:病原性ビブリオの細胞間コミュニケーション (Intercellular communication in pathogenic vibrios)

    キーワード:ビブリオ,クォーラム・センシング,細菌フェロモン (Vibrio, Quorum-sinsing, Bacterial pheromone)

    研究態様:個人研究

    研究制度:基礎科学研究

    研究期間:2002年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):細菌学(含真菌学) 、生物系薬学

    専門分野(researchmap分類):

  • 研究課題名:環境微生物によるジクロロメタンの分解 (Biodegradation of dichloromethane by environmental microorganisms)

    キーワード:環境微生物,ジクロロメタン,バイオレメディエーション (environmental microorganism, dichloromethane, bioremediation)

    研究態様:個人研究

    研究制度:基礎科学研究

    研究期間:2002年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):生物系薬学 、環境系薬学 、公衆衛生学・健康科学

    専門分野(researchmap分類):

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    授業科目:衛生薬学6

    担当期間:2018年12月 ~ 2019年02月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:衛生薬学6

    担当期間:2018年12月 ~ 2019年02月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:衛生薬学4

    担当期間:2018年06月 ~ 2018年08月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:衛生薬学4

    担当期間:2018年06月 ~ 2018年08月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:衛生薬学3

    担当期間:2018年04月 ~ 2018年06月

    授業形式:

全件表示 >>

担当授業科目(その他) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    科目名:卒業論文基礎実習

    担当期間:2017年12月 ~ 2018年03月

    講義内容またはシラバス:シラバスに記載

  • 年度:2017年度

    科目名: 薬学セミナー

    担当期間:2017年04月 ~ 2018年03月

    講義内容またはシラバス:シラバスに記載

  • 年度:2017年度

    科目名:卒業論文実習

    担当期間:2017年04月 ~ 2018年03月

    講義内容またはシラバス:シラバスに記載

  • 年度:2017年度

    科目名:卒業論文基礎実習

    担当期間:2017年04月 ~ 2018年03月

    講義内容またはシラバス:シラバスに記載

  • 年度:2017年度

    科目名:薬学ガイダンス

    担当期間:2017年04月 ~ 2017年09月

    講義内容またはシラバス:シラバスに記載

全件表示 >>

FDに取り組む姿勢 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    薬学部において実施されたFDフォーラムに2回参加した。

  • 年度:2016年度

    薬学部において実施されたFDフォーラムに参加した。

  • 年度:2015年度

    薬学部において実施された計5回のFDフォーラムに毎回参加した。

教育対象学生数 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    卒業論文指導学生: 9人

    修士論文指導学生: 1人 、(うち留学生数): 1人

    博士論文指導学生: 1人 、(うち留学生数): 1人

    研究生等指導学生: 0人 、(うち留学生数): 0人

    AA担当学生数: 1人

  • 年度:2016年度

    卒業論文指導学生: 8人

    修士論文指導学生: 2人

    博士論文指導学生: 0人

    研究生等指導学生: 1人 、(うち留学生数): 1人

    AA担当学生数: 1人

  • 年度:2015年度

    卒業論文指導学生: 9人

    修士論文指導学生: 1人

    博士論文指導学生: 0人

    研究生等指導学生: 1人 、(うち留学生数): 1人

教科書、教材等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    教科書,教材等の種類:教科書出版

    大学教育教材開発:標準微生物学 改訂第13版(中込 治,神谷 茂,錫谷達夫編), 医学書院

  • 年度:2017年度

    教科書,教材等の種類:教科書出版

    大学教育教材開発:シンプル微生物学 改訂第6版(小熊惠二,堀田 博,若宮伸隆編),南江堂

  • 年度:2016年度

    教科書,教材等の種類:教科書出版

    大学教育教材開発:薬学領域の環境衛生学(石井一行,松野康二,三好伸一編),廣川書店

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Antibacterial activities of surfactants in the laundry detergents and isolation of the surfactant resistant aquatic bacteria

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Biocontrol Science22巻 4号 (頁 229 ~ 232)

    発行年月:2017年12月

    著者氏名(共著者含):Yoko Maehara, Shin-Ichi Miyoshi*

    共著区分:共著

    DOI:10.4265/bio.22.229

  • 論文題目名:Comparative genome analysis of VSP-II and SNPs reveals heterogenic variation in contemporary strains of Vibrio cholerae O1 isolated from cholera patients in Kolkata, India

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:PLoS Neglected Tropical Diseases11巻 2号 (頁 1600 ~ 1606)

    発行年月:2017年02月

    著者氏名(共著者含):Daisuke Imamura, Masatomo Morita, Tsuyoshi Sekizuka,Tamaki Mizuno, Taichiro Takemura,Tetsu Yamashiro, Goutam Chowdhury, Gururaja P. Pazhani, Asish K. Mukhopadhyay, Thandavarayan Ramamurthy, Shin-Ichi Miyoshi *, Makoto Kuroda, Sumio Shinoda, Makoto Ohnishi

    共著区分:共著

    DOI:10.1371/journal.pntd.0005386

  • 論文題目名:Regulation systems of protease and hemolysin production in Vibrio vulnificus

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Microbiology and Immunology61巻 1号 (頁 1 ~ 11)

    発行年月:2017年01月

    著者氏名(共著者含):Abdelaziz Elgaml, Shin-Ichi Miyoshi*

    共著区分:共著

    DOI:10.1111/1348-0421.12465

  • 論文題目名:Regulation of Vibrio mimicus metalloprotease (VMP) production by the quorum-sensing master regulatory protein, LuxR

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Basic Microbiology56巻 (頁 1051 ~ 1058)

    発行年月:2016年10月

    著者氏名(共著者含):Abdel-Sattar E-S, Miyoshi S*, Elgaml A

    共著区分:共著

    DOI:10.1002/jobm.201600002

  • 論文題目名:Indolo[3,2-b]quinoline derivatives suppressed the hemolytic activity of beta-pore forming toxins, aerolysin-like hemolysin produced by aeromonas sobria and alpha-hemolysin produced by staphylococcus aureus

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Biological and Pharmaceutical Bulletin39巻 1号 (頁 114 ~ 120)

    発行年月:2016年01月

    著者氏名(共著者含):Takahashi E, Fujinami C, Kuroda T, Takeuchi Y, Miyoshi S*, Arimoto S, Negishi T, Okamoto K

    共著区分:共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:食品・医薬品・環境分野等の微生物試験法および微生物汚染の制御に関する最近の話題7 「衛生試験法・注解2015」収載微生物試験法

    記述言語:日本語

    掲載種別:学会誌

    掲載誌名:防菌防黴45巻 5号 (頁 277 ~ 279)

    出版機関名:日本防菌防黴学会

    発行年月:2017年05月

    著者氏名(共著者含):三好伸一*

    共著区分:単著

  • 題目:International collaborative research on infectious diseases by Japanese universities and institutes in Asia and Africa with a special emphasis on J-GRID

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Biocontrol Sci20巻 2号 (頁 77 ~ 89)

    出版機関名:

    発行年月:2015年06月

    著者氏名(共著者含):Shinoda S, Imamura D, Mizuno T, *Miyoshi S, Ramamurthy T

    共著区分:共著

  • 題目:インドにおける感染症研究の連携:岡山大学インド感染症共同研究センターとコレラおよび腸管感染症研究所 (NICED)

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:最新医学70巻 4号 (頁 738 ~ 744)

    出版機関名:

    発行年月:2015年04月

    著者氏名(共著者含):篠田 純男. 今村 大輔. 水野 環, *三好 伸一

    共著区分:共著

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:薬学領域の環境衛生学

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:廣川書店

    発行日:2017年03月

    著者名:

    著書形態:共編著

  • 著書名:有害微生物の制御と管理−現場対応への実践的な取り組み−

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:テクノシステム

    発行日:2016年11月

    著者名:

    著書形態:共著

  • 著書名:菌・カビを知る・防ぐ・60の知恵

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:化学同人

    発行日:2015年06月

    著者名:

    著書形態:共著

  • 著書名:衛生試験法・注解2015

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:金原出版

    発行日:2015年03月

    著者名:*三好伸一, 高松宏治,渡部一仁, 飯島義雄, 千葉隆司,上村 尚, 小西典子,小西良子, 杉田 隆, 田中廣行, 岡田由美子

    著書形態:共著

    担当部分:一般試験法:微生物試験法

  • 著書名:標準微生物学 改訂第12版

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:医学書院

    発行日:2015年02月

    著者名:*三好伸一

    著書形態:共著

全件表示 >>

学術雑誌編集委員 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    学術雑誌名:Toxins

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2017年度

    学術雑誌名:Toxin Reviews

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2017年度

    学術雑誌名:Microbiology and Immunology

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2017年度

    学術雑誌名:Biocontrol Science

    委員長/委員等の種類:副委員長

  • 年度:2016年度

    学術雑誌名:Toxins

    委員長/委員等の種類:委員

全件表示 >>

論文査読 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    件数:5件

    学術雑誌名:Biocontol Science

  • 年度:2017年度

    件数:1件

    学術雑誌名:Nature Reviews Disease Primers

  • 年度:2017年度

    件数:1件

    学術雑誌名:Comprehensive Reviews in Food Science and Food Safety

  • 年度:2017年度

    件数:1件

    学術雑誌名:Journal of Microbiological Methods

  • 年度:2017年度

    件数:1件

    学術雑誌名:Current Analytical Chemistry

全件表示 >>

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:The 14th Asian Coference on Diarrhoeal Disease and Nutrition

    開催場所:Kochi, India

    開催期間:2017年10月 ~ 2017年11月

    題目又はセッション名:Analysis of extracellular proteases of bacteria which inhabit aquatic environments

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第51回ビブリオシンポジウム

    開催場所:石垣島

    開催期間:2017年10月

    題目又はセッション名:Vibrio choleraeの保有する可動性伝達因子SXT elementの解析

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第70回日本細菌学会中国・四国支部総会

    開催場所:東広島

    開催期間:2017年10月

    題目又はセッション名:コルカタ市で分離されたVibrio cholerae O1の保有する薬剤耐性遺伝子の解析

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第44回日本防菌防黴学会年次大会

    開催場所:大阪

    開催期間:2017年09月

    題目又はセッション名:岡山市内環境水のコレラ菌を含むビブリオ・コレレ汚染に関する研究

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:シンポジウム

    会議名称:第44回日本防菌防黴学会年次大会

    開催場所:大阪

    開催期間:2017年09月

    題目又はセッション名:災害時における食中毒とその対策について

全件表示 >>

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 日本食品微生物学会

    役職・役割名:学術セミナー世話人

    活動期間:2017年12月

  • 日本食品微生物学会

    役職・役割名:理事

    活動期間:2017年01月 ~ 継続中

  • 日本細菌学会

    役職・役割名:MI誌編集委員会委員

    活動期間:2017年01月 ~ 継続中

  • 日本防菌防黴学会

    役職・役割名:評議員

    活動期間:2017年01月 ~ 継続中

  • 日本食品微生物学会

    役職・役割名:評議員

    活動期間:2017年01月 ~ 継続中

全件表示 >>

報道機関発表 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    全国版/地方版別:全国版

    メディアの種類:新聞

    会社名等:科学新聞

    番組名等及び内容:主要赤痢菌6種混合標品経口赤痢ワクチン候補に

    報道年月日:2016年03月18日

  • 年度:2016年度

    全国版/地方版別:地方版

    メディアの種類:テレビ

    会社名等:NHK

    番組名等及び内容:赤痢のワクチン開発へ

    報道年月日:2016年03月28日

  • 年度:2016年度

    全国版/地方版別:地方版

    メディアの種類:新聞

    会社名等:山陽新聞

    番組名等及び内容:赤痢ワクチン開発加速

    報道年月日:2016年06月27日

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 資金名称:厚生労働科学研究費補助金

    研究題目:アジア地域にまん延している疾病に関する研究

    研究期間:2015年04月 ~ 2016年03月

    資金支給機関:厚生労働省

  • 資金名称:厚生労働科学研究費補助金

    研究題目:アジア地域にまん延している疾病に関する研究

    研究期間:2014年04月 ~ 2015年03月

    資金支給機関:厚生労働省

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 研究題目:インド国を拠点とした下痢症感染症の予防-診断-創薬における国際協同研究

    受託研究区分:一般受託研究

    研究期間:2016年04月 ~ 2017年03月

    相手先機関名:国立研究開発法人日本医療研究開発機構

    研究内容:本研究開発は,インド国での下痢症感染症等の制御を目的としたものである。この目的を達成するため,(1)下痢症の積極的動向調査,(2)安価な経口ワクチンの開発研究,(3)コレラ菌の環境適応に関する研究,(4)下痢原因微生物等の変異,病原性,薬剤耐性に関する研究の4課題を実施する。

  • 研究題目:インド国を拠点とした下痢症感染症の予防-診断-創薬における国際協同研究

    受託研究区分:一般受託研究

    研究期間:2016年04月 ~ 2017年03月

    相手先機関名:国立研究開発法人日本医療研究開発機構

    研究内容:本研究開発は,インド国での下痢症感染症等の制御を目的としたものである。この目的を達成するため,(1)下痢症の積極的動向調査,(2)安価な経口ワクチンの開発研究,(3)コレラ菌の環境適応に関する研究,(4)下痢原因微生物等の変異,病原性,薬剤耐性に関する研究の4課題を実施する。

  • 研究題目:インド国を拠点とした下痢症感染症の予防-診断-創薬における国際協同研究

    受託研究区分:一般受託研究

    研究期間:2015年04月 ~ 2016年03月

    相手先機関名:国立研究開発法人日本医療研究開発機構

    研究内容:本研究開発は,インド国での下痢症感染症等の制御を目的としたものである。この目的を達成するため,(1)下痢症の積極的動向調査,(2)安価な経口ワクチンの開発研究,(3)コレラ菌の環境適応に関する研究,(4)下痢原因微生物等の変異,病原性,薬剤耐性に関する研究の4課題を実施する。

  • 研究題目:インド国を拠点とした腸管感染症の研究

    受託研究区分:一般受託研究

    研究期間:2014年04月 ~ 2015年03月

    相手先機関名:文部科学省研究振興局

学内競争的資金(学長裁量経費等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    研究期間:2015年04月 ~ 2016年03月

    研究費名:大学機能強化戦略経費(大型プロジェクト等支援)

    課題名:インド国を拠点とした下痢症感染症の予防-診断-創薬における国際
    協同研究

  • 年度:2015年度

    研究期間:2015年04月 ~ 2016年03月

    研究費名:大学機能強化戦略経費(研究大学強化促進事業支援)

    課題名:インド拠点を中核とした腸管感染症制御研究プロジェクト

  • 年度:2014年度

    研究期間:2014年04月 ~ 2015年03月

    研究費名:大学機能強化戦略経費(研究大学強化促進事業支援)

    課題名:インド拠点を中核とした腸管感染症制御研究プロジェクト

寄付金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • 寄附金名称:寄附金 (三好 伸一)

    寄附者名称:全国クリーニング生活衛生同業組合連合会

    寄附年月:2017年12月

  • 寄附金名称:寄附金 (三好 伸一)

    寄附者名称:全国クリーニング生活衛生同業組合連合会

    寄附年月:2017年02月

  • 寄附金名称:寄附金 (三好 伸一)

    寄附者名称:全国クリーニング生活衛生同業組合連合会

    寄附年月:2016年02月

 

公開講座・講演会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    講座、講演会等種類:公開講座

    開催日:2016年09月

    講座等名:岡山健康講座2016:やさしい保健と健康の話

    講義題名:グローバル時代の感染症とその対策

    主催者:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科
    岡山大学大学院保健学研究科

    対象者:一般市民

    開催地,会場:岡山大学鹿田キャンパスJホール

  • 年度:2015年度

    講座、講演会等種類:講演会

    開催日:2015年07月

    講座等名:岡山大学感染症制圧コア「感染症研究国際展開戦略プログラム」キックオフシンポジウム

    講義題名:インド国を拠点とした国際協同創薬研究

    主催者:岡山大学

    対象者:学内外の学生・教職員,感染症研究者,および一般市民

    開催地,会場:岡山大学 Junko Fukutake Hall

  • 年度:2015年度

    講座、講演会等種類:公開講座

    開催日:2015年07月

    講座等名:現代の薬学(第27回)

    講義題名:グローバル化する感染症と感染症研究

    主催者:岡山大学薬学部

    対象者:薬剤師および一般市民

    開催地,会場:岡山大学薬学部中講義室

高大連携 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    高大連携の種類:学部紹介

    高校名等:雲雀丘学園高等学校

    実施日時,時間数:11月4日

    活動内容:学部の戦略的高校訪問事業として,雲雀丘学園高等学校に出張し,薬学部および薬学に関する概要を説明した。

  • 年度:2017年度

    高大連携の種類:学部紹介

    高校名等:兵庫県立洲本高等学校

    実施日時,時間数:9月29日

    活動内容:学部の戦略的高校訪問事業として,兵庫県立洲本高等学校に出張し,薬学部および薬学に関する概要を説明した。

  • 年度:2015年度

    高大連携の種類:学部紹介

    高校名等:親和女子高等学校

    実施日時,時間数:11月16日

    活動内容:学部の戦略的高校訪問事業として,親和女子高等学校に出張し,薬学部および薬学に関する概要を説明した。

審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    外部委員会区分:委員会

    名称:クリーニングと公衆衛生に関する研究委員会

    役職:委員

  • 年度:2017年度

    外部委員会区分:国家試験委員

    名称:国家試験問題検討委員(衛生)

    役職:委員

  • 年度:2017年度

    外部委員会区分:他大学評価委員

    名称:薬学教育評価機構評価委員会委員

    役職:委員

    活動内容:薬学教育評価機構の評価委員会委員として,評価対象薬科大学(1大学)の外部評価(第三者評価)を実施した。外部評価に関しては,評価チームの主査として報告書を取り纏めた。

  • 年度:2017年度

    外部委員会区分:他大学評価委員

    名称:第三者評価外部委員会

    役職:委員

  • 年度:2017年度

    外部委員会区分:委員会

    名称:衛生薬学教科担当教員会議

    役職:委員

全件表示 >>

調査・研究会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    名称:日米医学協力研究会コレラ・細菌性腸管感染症専門部会

    役職:会員・委員

  • 年度:2016年度

    名称:日米医学協力研究会コレラ・細菌性腸管感染症専門部会

    役職:会員・委員

国際貢献(協力事業) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    相手方国名:インド国

    プロジェクト名:文部科学省/日本医療研究開発機構「感染症研究国際展開戦略プログラム」
    インド国を拠点とした下痢症感染症の予防-診断-創薬における国際協同研究

    期間:2017年04月 ~ 2018年03月

    活動国名:インド国

    役割:下痢症感染症の診断・治療および予防のためのワクチンや医薬品の開発を目指した国際共同研究の推進

    相手方機関名:インド国立コレラおよび腸管感染症研究所

  • 年度:2016年度

    相手方国名:インド国

    プロジェクト名:国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)日本・アジア青少年サイエンス交流事業(さくらサイエンスプラン)

    期間:2016年11月

    活動国名:インド国

    役割:相手方機関からポスドク1名と大学院生4名を大学院医歯薬学総合研究科に招聘し、国際交流事業を実施した。

    相手方機関名:インド国立コレラおよび腸管感染症研究所

  • 年度:2016年度

    相手方国名:インド国

    プロジェクト名:文部科学省/日本医療研究開発機構「感染症研究国際展開戦略プログラム」
    インド国を拠点とした下痢症感染症の予防-診断-創薬における国際協同研究

    期間:2016年04月 ~ 2017年03月

    活動国名:インド国

    役割:下痢症感染症の診断・治療および予防のためのワクチンや医薬品の開発を目指した国際共同研究の推進

    相手方機関名:インド国立コレラおよび腸管感染症研究所

  • 年度:2015年度

    相手方国名:インド国

    プロジェクト名:文部科学省/日本医療研究開発機構「感染症研究国際展開戦略プログラム」
    インド国を拠点とした下痢症感染症の予防-診断-創薬における国際協同研究

    期間:2015年04月 ~ 2016年03月

    活動国名:インド国

    役割:下痢症感染症の診断・治療および予防のためのワクチンや医薬品の開発を目指した国際共同研究の推進

    相手方機関名:インド国立コレラおよび腸管感染症研究所

  • 年度:2015年度

    相手方国名:インド国

    プロジェクト名:国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)日本・アジア青少年サイエンス交流事業(さくらサイエンスプラン)

    期間:2015年09月

    活動国名:インド国

    役割:相手方機関からポスドク1名と大学院生6名を大学院医歯薬学総合研究科に招聘し、国際交流事業を実施した。

    相手方機関名:インド国立コレラおよび腸管感染症研究所

全件表示 >>

国際貢献(受入実績) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    外国人研究者受入数:1人

    外国人訪問者数:1人

    外国人留学生数:2人

    外国人研修生数:0人

  • 年度:2016年度

    外国人研究者受入数:1人

    外国人訪問者数:5人

    外国人留学生数:1人

    外国人研修生数:0人

  • 年度:2015年度

    外国人研究者受入数:0人

    外国人訪問者数:7人

    外国人留学生数:1人

    外国人研修生数:0人

他機関等における教育支援 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    他機関名:岡山県立大学

    活動内容:岡山県立大学保健福祉学部の特別講師として,平成29年度共通教育科目「環境の科学」において,講義題目『諸外国の感染症事情』の講義を3コマ行った。

  • 年度:2016年度

    他機関名:岡山県立大学

    活動内容:岡山県立大学保健福祉学部の特別講師として,平成28年度共通教育科目「環境の科学」において,講義題目『諸外国の感染症事情』の講義を3コマ行った。

  • 年度:2015年度

    他機関名:岡山県立大学

    活動内容:岡山県立大学保健福祉学部の特別講師として,平成27年度共通教育科目「環境の科学」において,講義題目『諸外国の感染症事情』の講義を3コマ行った。

 

部局長などの実績 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    役職:副学部長

    職名:薬学部 副学部長

    任期:2017年04月 ~ 2018年03月

  • 年度:2016年度

    役職:副学部長

    職名:薬学部 副学部長

    任期:2016年04月 ~ 2017年03月

  • 年度:2015年度

    役職:副学部長

    職名:薬学部 副学部長

    任期:2015年04月 ~ 2016年03月

  • 年度:2014年度

    役職:副学部長

    職名:薬学部 副学部長

    任期:2014年11月 ~ 2015年03月

全学的な実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:グローバル最先端異分野融合研究機構 腸管感染症研究コア

    役職:委員長

    任期:2017年04月 ~ 2018年03月

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:情報統括センター運営委員会

    役職:委員

    任期:2017年04月 ~ 2018年03月

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:情報公開担当者

    役職:その他

    任期:2017年04月 ~ 2018年03月

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:自然生命科学研究支援センター設備・技術サポート推進室運営会議

    役職:委員

    任期:2017年04月 ~ 2018年03月

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:研究用病原体等安全管理委員会

    役職:委員

    任期:2017年04月 ~ 2018年03月

全件表示 >>

所属部局等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:共同利用機器部会

    役職:委員長

    任期:2017年04月 ~ 2018年03月

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:医療系広報委員会

    役職:委員

    任期:2017年04月 ~ 2018年03月

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:薬学系中期将来構想委員会

    役職:委員

    任期:2017年04月 ~ 2018年03月

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:コンプライアンス委員会

    役職:委員

    任期:2017年04月 ~ 2018年03月

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:薬用植物園運営委員会

    役職:委員

    任期:2017年04月 ~ 2018年03月

全件表示 >>

所属部局等の実績(委員以外) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    貢献の項目と割合等:特別管理産業廃棄物管理責任者

  • 年度:2016年度

    貢献の項目と割合等:特別管理産業廃棄物管理責任者

その他管理運営活動 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    薬学部入試委員会委員として,オープンキャンパスやオープンスクールなどにおいて,入試に関する説明と個別相談を行った。

  • 年度:2016年度

    薬学部入試委員会委員として,オープンキャンパスやオープンスクールなどにおいて,入試に関する説明と個別相談を行った。

  • 年度:2015年度

    薬学部入試委員会委員として,オープンキャンパスやオープンスクールなどにおいて,入試に関する説明と個別相談を行った。