所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

工学部・機械システム系学科・メカトロニクスシステム学研究室

職名 【 表示 / 非表示

助教

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

知能機械学・機械システム

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

移動ロボット,自己位置推定,運動計測装置,視覚装置,画像処理,電子回路

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:移動面の視覚追跡による移動ロボットの位置推定および走行制御

    研究課題概要:移動面の自然な模様を撮影するカメラからの画像列を用いて自己位置推定を行い,移動ロボットを誘導制御する.

  • 研究課題名:ビジュアルオドメトリに基づく移動ロボットの制御

  • 研究課題名:床面の回転および並進運動を計測する視覚装置

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Indoor Self-Localization Using Multiple Magnetic Sensors

    掲載誌名:Journal of Robotics and Mechatronics31巻 2号 (頁 203 ~ 211)

    発行年月:2019年04月

    著者氏名(共著者含):Isaku Nagai, Jun Sakai, and Keigo Watanabe

  • 論文題目名:下向きカメラを有する自律走行車のための模様の劣化にロバストな自己位置修正法

    掲載誌名:計測自動制御学会論文集55巻 1号 (頁 15 ~ 24)

    発行年月:2019年01月

    著者氏名(共著者含):永井 伊作,渡辺 桂吾

  • 論文題目名:Noncontact Position Estimation Device with Optical Sensor and Laser Sources for Mobile Robots Traversing Slippery Terrains

    掲載誌名:IROS 2010

    発行年月:2010年10月

    著者氏名(共著者含):Isaku Nagai, Keigo Watanabe, Keiji Nagatani and Kazuya Yoshida

全件表示 >>

 

写真

氏名

永井 伊作 (ナガイ イサク)

NAGAI Isaku

所属専攻講座

自然科学研究科

職名

助教

性別

男性

研究室住所

(日)〒700-8530岡山県岡山市北区津島中3-1-1

(英)3-1-1 Tsushima-naka, Kita-ku, Okayama-shi, Okayama,700-8530 Japan

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

(日)移動ロボット,自己位置推定,運動計測装置,視覚装置,画像処理,電子回路

(英)Mobile robot, Localization, Vision sensor, Motion estimation, Image processing, Electronic circuit

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:岡山大学

    学校の種類:大学

    学部名:工学部

    学科名:機械工

    卒業年月:1995年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:岡山大学

    研究科名:工学研究科

    専攻名:機械工学

    修了課程:修士課程

    修了年月:1997年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(工学) (Doctor(Engineering))

    学位の分野名:知能機械学・機械システム (Intelligent mechanics/mechanical system)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:論文

    取得年月:2007年03月

  • 学位名:修士(工学) (Master of Engineering)

    学位の分野名:知能機械学・機械システム (Intelligent mechanics/mechanical system)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:課程

    取得年月:1997年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:自然科学研究科

    経歴名:助教 (Assistant Professor)

    職務期間:2007年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本機械学会 (The Japan Society of Mechanical Engineers)  /  日本国 ( 1993年06月 ~ 継続中 )

  • 日本ロボット学会 (The Robotics Society of Japan)  /  日本国 ( 2005年01月 ~ 継続中 )

  • 計測自動制御学会 (The Society of Instrument and Control Engineers)  /  日本国 ( 2010年04月 ~ 継続中 )

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 知能機械学・機械システム (Intelligent mechanics/mechanical system)

  • 知覚情報処理・知能ロボティクス (Perception information processing/intelligent robotics)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • ロボット工学

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:移動面の視覚追跡による移動ロボットの位置推定および走行制御

    キーワード:移動ロボット,無人搬送車

    研究態様:個人研究

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:2005年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):知覚情報処理・知能ロボティクス 、知能機械学・機械システム 、システム工学

    専門分野(researchmap分類):ロボット工学

  • 研究課題名:ビジュアルオドメトリに基づく移動ロボットの制御 (Control of mobile robots based on visual odometry)

    キーワード:ビジュアルオドメトリ,カメラ,画像追跡,電子回路,画像探索,移動面画像,走行制御 (Visual odometry, Camera, Tracking, Electronic circuits, Image search, Passage plane, Vehicle control)

    研究態様:個人研究

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:1999年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):知能機械学・機械システム

    専門分野(researchmap分類):ロボット工学

  • 研究課題名:床面の回転および並進運動を計測する視覚装置 (Visual device measuring translation and rotation of floor image)

    キーワード:画像処理,画像追跡,路面,床面,デッドレコニング,自己位置推定,CCDカメラ,電子回路,FPGA (Robotics, Mechatronics, Image Processing, CCD Camera, Electronics, Visual Sensor, Floor image, Image tracking)

    研究態様:個人研究

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:1999年01月 ~ 2005年03月

    専門分野(科研費分類):知覚情報処理・知能ロボティクス 、知能機械学・機械システム 、システム工学

    専門分野(researchmap分類):ロボット工学

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:ディジタル電子回路

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年03月

    授業形式:専任

  • 年度:2019年度

    授業科目:ディジタル電子回路

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年03月

    授業形式:専任

  • 年度:2019年度

    授業科目:機械システム工学演習2

    担当期間:2019年10月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:システム工学総合Ⅱ

    担当期間:2019年10月 ~ 2020年03月

    授業形式:専任

  • 年度:2019年度

    授業科目:システムCAD

    担当期間:2019年10月 ~ 2019年11月

    授業形式:専任

全件表示 >>

担当授業科目(その他) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2020年度

    科目名:特別研究

    担当期間:2020年04月 ~ 2021年03月

    講義内容またはシラバス:メカトロニクスシステム学研究室における特別研究の指導

  • 年度:2019年度

    科目名:特別研究

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    講義内容またはシラバス:メカトロニクスシステム学研究室における特別研究の指導

  • 年度:2019年度

    科目名:システム工学で何ができるか

    担当期間:2019年04月 ~ 2019年09月

    講義内容またはシラバス:本講義では,システム工学とは何か,システム工学のアプローチがなぜ必要になるか,システム工学のアプローチにはどのようなものがあるか,システム工学をどのように役立てていくかについて生産,ロボット,応用の3つを取り上げて講義する.
    システム工学とは何に関する基礎的な素養を身に付ける.

  • 年度:2018年度

    科目名:特別研究

    担当期間:2018年04月 ~ 2019年03月

    講義内容またはシラバス:メカトロニクスシステム学研究室における特別研究の指導

  • 年度:2018年度

    科目名:システム工学で何ができるか

    担当期間:2018年04月 ~ 2018年09月

    講義内容またはシラバス:本講義では,システム工学とは何か,システム工学のアプローチがなぜ必要になるか,システム工学のアプローチにはどのようなものがあるか,システム工学をどのように役立てていくかについて生産,ロボット,応用の3つを取り上げて講義する.
    システム工学とは何に関する基礎的な素養を身に付ける.

全件表示 >>

教育対象学生数 【 表示 / 非表示

  • 年度:2020年度

    卒業論文指導学生: 8人 、(うち留学生数):0人

    修士論文指導学生: 21人 、(うち留学生数): 3人

    博士論文指導学生: 2人 、(うち留学生数): 2人

    研究生等指導学生: 0人 、(うち留学生数): 0人

    AA担当学生数: 30人

  • 年度:2019年度

    卒業論文指導学生: 8人 、(うち留学生数):0人

    修士論文指導学生: 19人 、(うち留学生数): 1人

    博士論文指導学生: 3人 、(うち留学生数): 2人

    研究生等指導学生: 0人 、(うち留学生数): 0人

    AA担当学生数: 30人

  • 年度:2018年度

    卒業論文指導学生: 8人 、(うち留学生数):0人

    修士論文指導学生: 20人 、(うち留学生数): 1人

    博士論文指導学生: 3人 、(うち留学生数): 2人

    研究生等指導学生: 0人 、(うち留学生数): 0人

    AA担当学生数: 30人

  • 年度:2017年度

    卒業論文指導学生: 11人 、(うち留学生数):0人

    修士論文指導学生: 25人 、(うち留学生数): 4人

    博士論文指導学生: 1人 、(うち留学生数): 0人

    研究生等指導学生: 0人 、(うち留学生数): 0人

    AA担当学生数: 30人

  • 年度:2016年度

    卒業論文指導学生: 11人 、(うち留学生数):0人

    修士論文指導学生: 20人 、(うち留学生数): 4人

    博士論文指導学生: 3人 、(うち留学生数): 2人

    研究生等指導学生: 0人 、(うち留学生数): 0人

    AA担当学生数: 30人

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Load-swing Suppression Control Using an Omnidirectionally Movable Multi-rotor in 2D-horizontal Plane

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Artificial Life and Robotics (頁 in printing ~ )

    発行年月:2020年12月

    著者氏名(共著者含):R. Mino, S. Kanda, K. Watanabe, and I. Nagai

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Dual Quaternion-based Tracking Control for a Quadrotor

    記述言語:英語

    掲載種別:国際会議proceedings

    掲載誌名:Proc. of the 25th Int. Symp. on Artificial Life and Robotics (AROB 25th 2020) (頁 617 ~ 622)

    発行年月:2020年01月

    著者氏名(共著者含):N. Serikawa, K. Watanabe, and I. Nagai

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Multi-task Deep Neural Networks for Environment Recognition by Camera Attached to UAV

    記述言語:英語

    掲載種別:国際会議proceedings

    掲載誌名:Proc. of the 25th Int. Symp. on Artificial Life and Robotics (AROB 25th 2020) (頁 657 ~ 662)

    発行年月:2020年01月

    著者氏名(共著者含):Y. Takashima, M. Maimaitimin, K. Watanabe, I. Nagai, and K. Yamamoto

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Construction of a Range-finding System Using Two Lasers for a Manta Robot

    記述言語:英語

    掲載種別:国際会議proceedings

    掲載誌名:Proc. of the 25th Int. Symp. on Artificial Life and Robotics (AROB 25th 2020) (頁 647 ~ 651)

    発行年月:2020年01月

    著者氏名(共著者含):H. Masuda, K. Watanabe, and I. Nagai

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Load-Swing Suppression Control Using a Mechanism Driven by Multi-Rotors

    記述言語:英語

    掲載種別:国際会議proceedings

    掲載誌名:Proc. of the 25th Int. Symp. on Artificial Life and Robotics (AROB 25th 2020) (頁 641 ~ 646)

    発行年月:2020年01月

    著者氏名(共著者含):R. Mino, S. Kanda, K. Watanabe, and I. Nagai

    共著区分:共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:ロボット制御学ハンドブック

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:近代科学社

    発行日:2017年12月

    著者名:多数

    著書形態:共著

  • 著書名:鮎、牡蠣の香りの水晶振動子を用いた定性評価に関する基礎研究

    記述言語:日本語

    著書種別:その他

    出版機関名:公益財団法人 浦上食品・食文化振興財団

    発行日:2016年03月

    著者名:一橋和義(東京大学,東洋大学),永井伊作,倉橋みどり(東京大学)

    著書形態:共著

  • 著書名:Fundamental Control for a Manta-Like Fish Robot

    記述言語:英語

    著書種別:著書

    出版機関名:IGI Global

    発行日:2014年12月

    著者名:Masaaki Ikeda, Keigo Watanabe, Isaku Nagai

    著書形態:共著

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第38回日本ロボット学会学術講演会(RSJ 2020)

    開催場所:オンライン

    開催期間:2020年10月

    題目又はセッション名:移動面の自然な模様のみを参照して経路追従および速度制御を行う小型移動ロボット

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本動物学会第91回大会

    開催場所:オンライン

    開催期間:2020年09月

    題目又はセッション名:マナマコの24時間の行動

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:25th Int. Symp. on Artificial Life and Robotics (AROB 25th 2020)

    開催場所:Beppu, Japan

    開催期間:2020年01月

    題目又はセッション名:Dual Quaternion-based Tracking Control for a Quadrotor

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:25th Int. Symp. on Artificial Life and Robotics (AROB 25th 2020)

    開催場所:Beppu, Japan

    開催期間:2020年01月

    題目又はセッション名:Multi-task Deep Neural Networks for Environment Recognition by Camera Attached to UAV

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:25th Int. Symp. on Artificial Life and Robotics (AROB 25th 2020)

    開催場所:Beppu, Japan

    開催期間:2020年01月

    題目又はセッション名:Construction of a Range-finding System Using Two Lasers for a Manta Robot

全件表示 >>

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • FAN2017

    役職・役割名:実行委員・事務

    活動期間:2017年11月

出展・出場・入賞等 【 表示 / 非表示

  • 名称:おかやまテクノロジー展OTEX 2020

    作品分類:その他

    大会区分:展覧会

    発表年月:2020年01月23日

    発表者氏名(共同作業者含):渡辺 桂吾,永井 伊作

    発表内容:研究室パネル,飛行ロボット

  • 名称:電子デバイス事業化フォーラム

    作品分類:その他

    大会区分:展覧会

    発表年月:2018年01月20日

    発表内容:移動面の自然な模様を利用する自律走行車

  • 名称:次世代産業に関わる大学・高専シーズ発信会

    作品分類:その他

    大会区分:展覧会

    発表年月:2017年03月10日

    発表内容:自律走行車のための移動面模様参照式軌跡推定法

  • 名称:岡山リサーチパーク研究・展示発表会

    作品分類:その他

    大会区分:展覧会

    発表年月:2017年01月17日

    発表者氏名(共同作業者含):永井 伊作

    発表内容:カトロニクスシステム学研究室の研究紹介ポスター

  • 名称:岡山大学産学官融合センター 研究協力会 理事会・総会

    作品分類:その他

    大会区分:展覧会

    発表年月:2016年06月16日

    発表者氏名(共同作業者含):永井伊作

    発表内容:一輪駆動型パーソナルモビリティOtellerの開発

全件表示 >>

発明・工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 工業所有権区分:特許

    発明の名称:光点位置検出装置

    発明(考案)者名:永井 伊作

    登録番号:第5429897号

    登録日:2013年12月13日

学会賞等受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:Best Paper Finalist

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:2018年08月

    受賞国:中華人民共和国

    授与機関:2018 IEEE Int. Conf. on Mechatronics and Automation (ICMA 2018)

    受賞者・受賞グループ名:Y. Nakamura, A. Arakawa, K. Watanabe, and I. Nagai

    題目名:Transitional Flight Simulations for a Tilted Quadrotor with a Fixed-wing

  • 受賞学術賞名:SI2017優秀講演賞

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:2017年12月23日

    受賞国:日本国

    授与機関:第18回 公益社団法人 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会

    受賞者・受賞グループ名:永井 伊作,渡辺 桂吾

  • 受賞学術賞名:Best Paper Award

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:2013年08月

    受賞国:マレーシア

    授与機関:2nd Int. Conf. on Electrical, Control and Computer Engineering (InECCE2013)

    受賞者・受賞グループ名:J. A. Safar, K. Watanabe, S. Maeyama, and I. Nagai

    題目名:Tip-over Stability Enhancement for Omnidirectional Mobile Robot with ADWCs

 

公開講座・講演会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    講座、講演会等種類:オープンキャンパス

    参加人数:139人

    開催日:2019年08月

    講座等名:オープンキャンパス

    講義題名:研究室見学

    主催者:工学部

    対象者:高校生(保護者も有り)

    開催地,会場:機械システム系学科 総合研究棟5階

  • 年度:2018年度

    講座、講演会等種類:オープンキャンパス

    参加人数:87人

    開催日:2018年08月

    講座等名:オープンキャンパス

    講義題名:研究室見学

    主催者:工学部

    対象者:高校生(保護者も有り)

    開催地,会場:機械システム系学科 総合研究棟5階

  • 年度:2017年度

    講座、講演会等種類:オープンキャンパス

    参加人数:150人

    開催日:2017年08月

    講座等名:オープンキャンパス

    講義題名:研究室見学

    主催者:工学部

    対象者:高校生(保護者も有り)

    開催地,会場:機械システム系学科 総合研究棟5階

  • 年度:2016年度

    講座、講演会等種類:オープンキャンパス

    参加人数:150人

    開催日:2016年08月

    講座等名:オープンキャンパス

    講義題名:研究室見学

    主催者:工学部

    対象者:高校生(保護者も有り)

    開催地,会場:機械システム系学科 総合研究棟5階

高大連携 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    高大連携の種類:講義

    高校名等:鳥取県立米子東高等学校

    実施日時,時間数:2019年9月19日(木)14:00~17:00
    3時間

    活動内容:大学訪問
    科学実験(工学)「ロボットセンサー」

  • 年度:2019年度

    高大連携の種類:学部紹介

    高校名等:香川高等専門学校詫間キャンパス

    実施日時,時間数:2020年1月25日

    活動内容:合同大学説明会

  • 年度:2018年度

    高大連携の種類:講義

    高校名等:鳥取県立米子東高等学校

    実施日時,時間数:2018年9月13日(木)14:00~17:00
    3時間

    活動内容:大学訪問
    科学実験(工学)「ロボットセンサー」

  • 年度:2018年度

    高大連携の種類:その他

    高校名等:中国人高校生(平成30年度さくらサイエンスプラン・ハイスクールプログラム)

    実施日時,時間数:2018年7月24日

    活動内容:研究室見学

  • 年度:2018年度

    高大連携の種類:その他

    高校名等:同済大学(中国)

    実施日時,時間数:2018年7月23日

    活動内容:研究室見学

全件表示 >>

 

所属部局等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2020年度

    委員会等の名称:工学部同窓会

    役職:委員

    任期:2020年04月 ~ 2021年03月

    貢献の実績:システム系学内幹事

  • 年度:2019年度

    委員会等の名称:工学部同窓会

    役職:委員

    任期:2019年04月 ~ 2020年03月

    貢献の実績:システム系学内幹事

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:工学部同窓会

    役職:委員

    任期:2018年04月 ~ 2019年03月

    貢献の実績:システム系学内幹事

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:紀要委員会

    役職:委員

    任期:2017年04月 ~ 2018年03月

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:工学部同窓会

    役職:委員

    任期:2017年04月 ~ 2018年03月

    貢献の実績:システム系学内幹事

全件表示 >>

所属講座等の実績(自由記述) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2020年度

    貢献の項目と割合等:学科共通ソフトウェア(Azure Dev Tools for Teaching等)管理者,研究室ネットワークおよびソフトウェア管理者

  • 年度:2019年度

    貢献の項目と割合等:学科共通ソフトウェア(Azure Dev Tools for Teaching等)管理者,研究室ネットワークおよびソフトウェア管理者

  • 年度:2018年度

    貢献の項目と割合等:学科共通ソフトウェア(MS-Imagine等)管理者,
    研究室ネットワークおよびソフトウェア管理者

  • 年度:2017年度

    貢献の項目と割合等:学科共通ソフトウェア(MS-Imagine等)管理者,
    研究室ネットワークおよびソフトウェア管理者

  • 年度:2016年度

    貢献の項目と割合等:学科ホームページ担当,
    学科共通ソフトウェア(DreamSpark等)管理者,
    専攻サーバ管理者,
    研究室ネットワークおよびソフトウェア管理者