所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

附属 大麦・野生植物資源研究センター 遺伝資源ユニット

職名 【 表示 / 非表示

助教

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

生物多様性・分類

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

系統分類学 

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:単子葉植物の大規模分子系統樹の構築と形態・分子データの調和による新分類体系の設立

    研究課題概要:

  • 研究課題名:外来植物のリスク評価と蔓延防止策

  • 研究課題名:双子葉植物から単子葉植物への進化の道すじの推定-単子葉植物の起源を探る第一段階-

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 著書名:,岡山県版レッドデータブック2009・絶滅の恐れのある野生生物・植物編

    出版機関名:岡山県生活環境部自然環境課

    発行日:2010年03月

    著者名:岡山県野生動植物調査検討会

    著書形態:共著

  • 著書名:岡山市植物目録(共編著)

    出版機関名:岡山市環境保全課

    発行日:2010年03月

    著者名:山下 純, 小畠 裕子, 狩山 俊悟, 榎本 敬

    著書形態:共編著

  • 著書名:都市・森・人をつなぐ -森の植物園からの提言-

    出版機関名:京都大学学術出版会

    発行日:2014年12月

    著者名:山下 純

    著書形態:単著

    担当部分:II-3 野生シダ植物の多様性と植物相の変化.

全件表示 >>

 

写真

氏名

山下 純 (ヤマシタ ジュン)

YAMASHITA Jun

所属専攻講座

資源植物科学研究所

職名

助教

性別

男性

研究室住所

(日)〒710-0046 岡山県倉敷市中央2-20-1

(英)2-20-1 Chuo, Kurashiki 710-0046, Japan

研究室電話

(日)086-434-1240

(英)+81-86-434-1240

研究室FAX

(日)086-434-1240

(英)+81-86-434-1240

研究分野・キーワード

(日)系統分類学 

(英)plant systematics

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:大阪市立大学

    学校の種類:大学

    学部名:理学部

    学科名:生物学科

    卒業年月:1995年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(理学)

    学位の分野名:生物多様性・分類 (Living organisms diversity/classification)

    学位授与機関名:大阪市立大学 (Osaka City University)

    取得方法:課程

    取得年月:2001年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:資源植物科学研究所

    経歴名:助教 (Assistant Professor)

    職務期間:2007年04月 ~ 継続中

  • 職務遂行組織:

    組織名:資源生物科学研究所

    経歴名:助手 (Research Associate)

    職務期間:2006年04月 ~ 2007年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本雑草学会 /  日本国 ( 2008年04月 ~ 2009年04月 )

    役職・役割名:日本雑草学会第48回大会運営委員

    活動期間:2008年04月 ~ 2009年04月

    活動内容:大会会場(倉敷市芸文館)の設営・運営の現場指揮を担当

  • 日本雑草学会 (The Weed Science Society of Japan)  /  日本国 ( 2006年12月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:和文誌編集委員

    活動期間:2012年04月 ~ 継続中

    活動内容:和文誌「雑草研究」編集委員

  • 日本植物学会 /  日本国 ( 1997年05月 ~ 継続中 )

  • 日本植物分類学会 /  日本国 ( 1996年05月 ~ 継続中 )

  • 日本植生史学会 /  日本国 ( 1996年01月 ~ 継続中 )

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生物多様性・分類 (Living organisms diversity/classification)

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:単子葉植物の大規模分子系統樹の構築と形態・分子データの調和による新分類体系の設立 (Reconstructing a large molecular phylogeny on entire monocts)

    キーワード:単子葉植物 分子系統 分類体系 (monocotyledon, molecular phylogeny, taxonomic system)

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2006年04月 ~ 2007年03月

    専門分野(科研費分類):生物多様性・分類

    専門分野(researchmap分類):植物学一般

  • 研究課題名:外来植物のリスク評価と蔓延防止策 (A risk management of alien invasive plants in Japan)

    キーワード:リスク評価 データベース 帰化植物 種子画像 (risk assessment, database, alien plants, seed image)

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:科学技術振興調整費

    研究期間:2006年04月 ~ 2008年03月

    専門分野(科研費分類):作物学・雑草学

    専門分野(researchmap分類):植物学一般

  • 研究課題名:双子葉植物から単子葉植物への進化の道すじの推定-単子葉植物の起源を探る第一段階-

    キーワード:単子葉植物 分子系統 分類体系 (monocotyledon, molecular phylogeny, taxonomic system)

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2008年04月 ~ 2011年03月

    専門分野(科研費分類):生物多様性・分類

    専門分野(researchmap分類):植物学一般

  • 研究課題名:野生植物種子画像データベースの構築とインターネットへの公開

    キーワード:雑草 種子画像 データベース (weed, seed image, database)

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2009年04月 ~ 2012年03月

    専門分野(科研費分類):作物学・雑草学

    専門分野(researchmap分類):植物学一般

  • 研究課題名:都市と森の共生をめざして-大学附属の森の植物園からの提言-

    キーワード:生物多様性 保全 生態系 市民啓蒙 (biodiversity, preservation, ecosystem)

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:2009年10月 ~ 2011年09月

    専門分野(科研費分類):科学教育

    専門分野(researchmap分類):科学教育 、環境保全

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:植物形態学

    担当期間:2019年10月 ~ 2019年12月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:植物形態学

    担当期間:2018年10月 ~ 2018年12月

    授業形式:

担当授業科目(その他) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    科目名:植物形態学

    担当期間:2017年11月

    講義内容またはシラバス:授業の概要: 農学の基礎となる植物の形態について、器官別に構造的特徴や形態的多様性について概説する。
    学習目標: 植物の形態的特徴を体系的に理解する。
    担当部分: 第11回 根の形態、第12回 植物の生存戦略、第13回 植物の分類と名前、第14回 分類学と形態学
    成績評価: 出席と最終試験により行う。

  • 年度:2016年度

    科目名:植物形態学

    担当期間:2016年11月

    講義内容またはシラバス:授業の概要: 農学の基礎となる植物の形態について、器官別に構造的特徴や形態的多様性について概説する。
    学習目標: 植物の形態的特徴を体系的に理解する。
    担当部分: 第11回 根の形態、第12回 植物の生存戦略、第13回 植物の分類と名前、第14回 分類学と形態学
    成績評価: 出席と最終試験により行う。

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Estimation of soil-to-plant transfer factors of radiocesium in 99 wild plant species grown in arable lands one year after the Fukushima 1 Nuclear Power Plant accident.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Plant Research127巻 1号 (頁 11 ~ 22)

    発行年月:2014年01月

    著者氏名(共著者含):Yamashita, J., Enomoto, T., Yamada, M., Ono, T., Hanafusa, T., Nagamatsu, T., Sonoda, S. and Yamamoto, Y.

    共著区分:共著

    DOI:10.1007s/10265-013-0605-z

  • 論文題目名:A phylogenetic re-evaluation of morphological variations of starch grains among Poaceae species

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Applied Glycoscience60巻 (頁 37 ~ 44)

    発行年月:2013年03月

    著者氏名(共著者含):Jun Yamashita, Ryo Matsushima, Shungo Kariyama, Takashi Enomoto, Wataru Sakamono

    共著区分:共著

    DOI:10.5458/jag.jag.JAG-2012_006

  • 論文題目名:Biosystematic studies on the family Tofieldiaceae III: Classification of Tofieldia nuda into three species and three varieties.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Taxon60巻 5号 (頁 1339 ~ 1348)

    発行年月:2011年10月

    著者氏名(共著者含):Minoru N. Tamura, Shizuka Fuse, NamSook Lee, JinOhk Kim, Jun Yamashita, Takaaki Ishii

    共著区分:共著

  • 論文題目名:A new species of Dioscorea (Dioscoreaceae) from Japan.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Acta Phytotaxonomica et Geobotanica59巻 1号 (頁 51 ~ 53)

    発行年月:2008年03月

    著者氏名(共著者含):山下 純, 田村 実

    共著区分:共著

  • 論文題目名:カブリダニ類(ダニ目:カブリダニ科)の天敵温存植物ヤイトバナ(アカネ科)がモモ圃場におけるハダニ類(ダニ目:ハダニ科)の発生に及ぼす影響 ( Effects of Skunk Vine (Rubiaceae) on Spider Mite (Acari: Tetranychidae) Occurrence at Peach Orchards as an Insectary Plant of Phytoseiid Mites (Acari: Phytoseiidae).)

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:日本応用動物昆虫学会誌61巻 3号 (頁 178 ~ 183)

    発行年月:2017年09月

    著者氏名(共著者含):David Wari, 佐藤 翼, 山下 純, 園田 昌司

    共著区分:共著

    DOI:10.1303/jjaez.2017.178

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:モモ圃場におけるカブリダニの植物餌資源の利用 ( Utilization of Plant Resources by Phytoseiid Mite Species in Peach Orchards.)

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:植物防疫71巻 2号 (頁 28 ~ 34)

    出版機関名:一般社団法人日本植物防疫協会

    発行年月:2017年02月

    著者氏名(共著者含):園田 昌司, 山下 純, 岸本 英成

    共著区分:共著

  • 題目:高梁川流域のシダ植物に寄せて

    記述言語:日本語

    掲載種別:商業雑誌

    掲載誌名:高梁川流域連盟機関誌「高梁川」71巻 (頁 130 ~ 143)

    出版機関名:高梁川流域連盟

    発行年月:2013年12月

    著者氏名(共著者含):山下 純

    共著区分:単著

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:Flora of Japan(共著)

    記述言語:英語

    著書種別:著書

    出版機関名:Kodansha

    発行日:2016年03月

    著者名:Yamashita, J. and Tamura, M. N.

    著書形態:共著

    担当部分:Dioscoreaceae

  • 著書名:Flora of Japan(共著)

    記述言語:英語

    著書種別:著書

    出版機関名:Kodansha

    発行日:2016年03月

    著者名:Yamashita, J. and Tamura, M. N.

    著書形態:共著

    担当部分:Liliaceae (Asparagus, Liriope, Ophiopogon)

  • 著書名:都市・森・人をつなぐ -森の植物園からの提言-

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:京都大学学術出版会

    発行日:2014年12月

    著者名:山下 純

    著書形態:単著

    担当部分:II-3 野生シダ植物の多様性と植物相の変化.

  • 著書名:岡山市植物目録(共編著) (A Check List of Wild Vascular Plants in Okayama City. "jointly worked")

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:岡山市環境保全課 (Okayama City)

    発行日:2010年03月

    著者名:山下 純, 小畠 裕子, 狩山 俊悟, 榎本 敬 (Jun Yamashita, Hiroko Kobatake, Syungo Kariyama, Takashi Enomoto)

    著書形態:共編著

  • 著書名:,岡山県版レッドデータブック2009・絶滅の恐れのある野生生物・植物編 (Red Data Book in Okayama)

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:岡山県生活環境部自然環境課 (Okayama Prefecture)

    発行日:2010年03月

    著者名:岡山県野生動植物調査検討会

    著書形態:共著

全件表示 >>

学術雑誌編集委員 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    学術雑誌名:雑草研究

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2018年度

    学術雑誌名:雑草研究

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2017年度

    学術雑誌名:雑草研究

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2016年度

    学術雑誌名:雑草研究

    委員長/委員等の種類:委員

論文査読 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    件数:1件

    学術雑誌名:Weed Biology and Management

  • 年度:2018年度

    件数:1件

    学術雑誌名:雑草研究

  • 年度:2017年度

    件数:1件

    学術雑誌名:雑草研究

  • 年度:2017年度

    件数:1件

    学術雑誌名:Weed Biology and Management

  • 年度:2016年度

    件数:1件

    学術雑誌名:Weed Biology and Management

全件表示 >>

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:シンポジウム

    会議名称:第26回ニッセイ財団助成研究ワークショップ: 都市と森の共生をめざして

    開催場所:大阪

    開催期間:2012年01月

    題目又はセッション名:大阪市立大学理学部附属植物園に野生するシダ植物と種子植物の種多様性調査と評価

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:シンポジウム

    会議名称:東アジア植物分類学国際シンポジウム (East Asian Botany: International Symposium 2011)

    開催場所:筑波

    開催期間:2011年03月

    題目又はセッション名:Achene micromorphology variarions of Carex sect. Rarae in Japan.

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本植物学会第74回大会 (The 74th annual meeting of the Botanical Society of Japan)

    開催場所:中部大学

    開催期間:2010年09月

    題目又はセッション名:分子系統に基づくカヤツリグサ科スゲ属のミヤマカンスゲと近縁種群の分類学的再検討

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本雑草学会第49回大会 (49th annual meeting of the Weed Science Society of Japan)

    開催場所:福井市

    開催期間:2010年04月

    題目又はセッション名:雑草を含むカヤツリグサ属(カヤツリグサ科)の分類学的再検討

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本植物分類学会第9回大会 (the 9th annual meeting of the Japanese Society for Plant Systematics)

    開催場所:愛知教育大学

    開催期間:2010年03月

    題目又はセッション名:日本産ヤマノイモ属(ヤマノイモ科)の分子系統と分類学的再検討

全件表示 >>

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 日本放射線安全管理学会

    役職・役割名:第15回学術大会実行委員会委員

    活動期間:2016年04月 ~ 2016年12月

  • 日本雑草学会

    役職・役割名:用語委員

    活動期間:2016年04月 ~ 継続中

    活動内容:雑草学事典の改訂作業

  • 日本雑草学会

    役職・役割名:和文誌編集委員

    活動期間:2012年04月 ~ 継続中

  • 日本雑草学会

    役職・役割名:日本雑草学会第48回大会運営委員

    活動期間:2008年04月 ~ 2009年04月

    活動内容:全国大会

  • 国際シンポジウム 東アジアの植物多様性と保全

    役職・役割名:幹事

    活動期間:2008年05月 ~ 2008年08月

    活動内容:日韓中3国の植物分類学会連合設立に向けた第1回シンポジウム。参加申し込み受付、問い合わせへの対応、講演要旨編集、連絡通知を担当。

学会賞等受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:日本雑草学会第49回大会ベスト講演賞

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:2010年04月11日

    受賞国:日本国

    授与機関:日本雑草学会

    受賞者・受賞グループ名:吉野将史, 山下純, 榎本敬 (Masashi Yoshino, Jun Yamashita, Takashi Enomoto)

    題目名:雑草を含むカヤツリグサ属(カヤツリグサ科)の分類学的再検討

 

公開講座・講演会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    講座、講演会等種類:公開講座

    参加人数:4人

    開催日:2019年08月

    講座等名:高校生SummerScienceSchool

    講義題名:身の回りの植物からDNAを増やしてみよう

    主催者:岡山大学資源植物科学研究所

    対象者:岡山県内の高校生

    開催地,会場:岡山大学資源植物科学研究所

  • 年度:2019年度

    講座、講演会等種類:公開講座

    参加人数:10人

    開催日:2019年06月

    講座等名:自然観察会「第24回シダの世界」

    主催者:倉敷市立自然史博物館

    対象者:一般市民

    開催地,会場:岡山県井原市 滝山自然公園

  • 年度:2019年度

    講座、講演会等種類:公開講座

    参加人数:50人

    開催日:2018年08月

    講座等名:自然の標本なんでも相談会

    主催者:倉敷市立自然史博物館

    対象者:一般市民

    開催地,会場:倉敷市立自然史博物館

  • 年度:2018年度

    講座、講演会等種類:公開講座

    参加人数:4人

    開催日:2018年08月

    講座等名:高校生SummerScienceSchool

    講義題名:身の回りの植物からDNAを増やしてみよう

    主催者:岡山大学資源植物科学研究所

    対象者:岡山県内の高校生

    開催地,会場:岡山大学資源植物科学研究所

  • 年度:2018年度

    講座、講演会等種類:公開講座

    参加人数:18人

    開催日:2018年10月

    講座等名:自然観察会「第23回シダの世界」

    主催者:倉敷市立自然史博物館

    対象者:一般市民

    開催地,会場:岡山県岡山市 岡山後楽園

全件表示 >>

審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    外部委員会区分:委員会

    名称:岡山県野生生物調査検討会

    役職:委員

  • 年度:2018年度

    外部委員会区分:委員会

    名称:岡山県野生生物調査検討会

    役職:委員

  • 年度:2017年度

    外部委員会区分:委員会

    名称:岡山県野生生物調査検討会

    役職:委員

  • 年度:2016年度

    外部委員会区分:委員会

    名称:岡山県野生生物調査検討会

    役職:委員

調査・研究会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    名称:稀少野生動植物種保存推進員(環境省)

    役職:会員・委員

    活動内容:絶滅危惧植物種の生育地における現状調査。

  • 年度:2019年度

    名称:第5次レッドリスト作成のための主任調査員(環境省委託・日本植物分類学会絶滅危惧植物専門第一委員会)

    役職:会員・委員

    活動内容:環境省が指定する絶滅のおそれのある野生維管束植物のうち、岡山県内における現在の状況を現地調査および標本資料調査により明らかにする。

  • 年度:2018年度

    名称:稀少野生動植物種保存推進員(環境省)

    役職:会員・委員

    活動内容:絶滅危惧植物種の生育地における現状調査。

  • 年度:2018年度

    名称:第5次レッドリスト作成のための主任調査員(環境省委託・日本植物分類学会絶滅危惧植物専門第一委員会)

    役職:会員・委員

    活動内容:環境省が指定する絶滅のおそれのある野生維管束植物のうち、岡山県内における現在の状況を現地調査および標本資料調査により明らかにする。

  • 年度:2017年度

    名称:稀少野生動植物種保存推進員(環境省)

    役職:会員・委員

    活動内容:各地での絶滅危惧種調査の他、岡山県の絶滅危惧植物ミズアオイの保全活動に参加している。

全件表示 >>

 

所属部局等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    委員会等の名称:放射線安全管理委員会

    役職:委員

    任期:2019年04月 ~ 2020年03月

  • 年度:2019年度

    委員会等の名称:人事評価委員会

    役職:委員

    任期:2019年04月 ~ 2020年03月

  • 年度:2019年度

    委員会等の名称:大麦・野生植物資源研究センター運営委員会

    役職:委員

    任期:2019年04月 ~ 2020年03月

  • 年度:2019年度

    委員会等の名称:広報委員会

    役職:委員

    任期:2019年04月 ~ 2020年03月

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:倉敷キャンパスマネジメント委員会

    役職:委員

    任期:2018年04月 ~ 2019年03月

全件表示 >>

所属部局等の実績(委員以外) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    貢献の項目と割合等:化学物質管理責任者

  • 年度:2018年度

    貢献の項目と割合等:化学物質管理責任者

  • 年度:2017年度

    貢献の項目と割合等:化学物質管理責任者

  • 年度:2016年度

    貢献の項目と割合等:化学物質管理責任者

 

提供可能な資源 【 表示 / 非表示

  • タイトル:野生植物冷凍種子

    内容:野外で採取された野生植物210科約4千種18千点の種子を冷凍保存しており、共同研究目的での提供が可能です。保存量に限りがあり、品質保証はありません。提供には申請手続きに少々時間が必要です。
    押し葉標本7万点、種子の乾燥標本3万点の閲覧も可能です。

  • タイトル:植物標本庫の閲覧可(腊葉、種子)

    内容:野生植物の腊葉(押し葉)標本(約6600種7万点)、乾燥種子標本(約5600種34千点)の閲覧が可能。研究室の過去の指向から帰化植物を含む雑草種が充実しているが、草本、シダ植物から樹木まで広く揃っている。岡山県産を中心に国内産(沖縄県、北海道など)、海外産(韓国など)標本も多い。共同研究歓迎。