所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科皮膚科学分野

職名 【 表示 / 非表示

教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

皮膚科学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

皮膚自然免疫

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:表皮角化細胞産生セリンプロテアーゼおよびその阻害因子に関する研究

    研究課題概要:

  • 研究課題名:乾癬病変部における表皮角化細胞の役割

  • 研究課題名:皮膚における自然免疫

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Th2 cytokines increase kallikrein 7 expression and function in patients with atopic dermatitis

    掲載誌名:The Journal of Allergy and Clinical Immunology

    発行年月:2012年04月

    著者氏名(共著者含):Shin Morizane, Kenshi Yamasaki, Ai Kajita, Kazuko Ikeda, Maosheng Zhan, Yumi Aoyama, Richard L. Gallo, Keiji Iwatsuki

  • 論文題目名:Interferon-Gamma Enhances TLR3 Expression and Anti-Viral Activity in Keratinocytes.

    掲載誌名:Journal of Investigative Dermatology135巻 8号 (頁 2005 ~ 2011)

    発行年月:2015年03月

    著者氏名(共著者含):Kajita A, Morizane S, Takiguchi T, Yamamoto T, Yamada M, Iwatsuki K.

 

写真

氏名

森実 真 (モリザネ シン)

MORIZANE Shin

所属専攻講座

医歯薬学総合研究科

職名

教授

性別

男性

研究室住所

(日)岡山市北区鹿田町2-5-1

(英)2-5-1, Shikatacho, Kitaku, Okayama, Japan

研究室電話

(日)086-235-7282

(英)+81-86-235-7282

研究室FAX

(日)086-235-7283

(英)+81-86-235-7283

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

(日)皮膚自然免疫

(英)innate immunity in the skin

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:岡山大学

    学校の種類:大学

    学部名:医学部

    学科名:医学科

    卒業年月:2000年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:岡山大学

    研究科名:医学系研究科

    専攻名:病態制御科学

    修了課程:博士課程

    修了年月:2006年12月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:医学博士

    学位の分野名:皮膚科学 (Dermatology)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:課程

    取得年月:2006年12月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:医歯薬学総合研究科

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2018年07月 ~ 継続中

  • 職務遂行組織:岡山大学病院

    経歴名:講師 (Senior Assistant Professor)

    職務期間:2018年01月 ~ 2018年06月

  • 職務遂行組織:岡山大学病院

    経歴名:助教 (Assistant Professor)

    職務期間:2009年10月 ~ 2017年12月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:米国カリフォルニア大学サンディエゴ校医学部皮膚科学講座 (Division of Dermatology, University of California, San Diego, U.S.A)

    経歴名:ポストドクトラルフェロー (Postdoctoral Fellow)

    経歴期間:2007年07月 ~ 2009年08月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本アレルギー学会 /  日本国 ( 2018年04月 ~ 継続中 )

  • 日本病態プロテアーゼ学会 /  日本国 ( 2017年05月 ~ 継続中 )

  • 日本臨床皮膚科医会 /  日本国 ( 2014年04月 ~ 継続中 )

  • 日本乾癬学会 /  日本国 ( 2012年04月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:評議員

    活動期間:2018年09月 ~ 継続中

  • 日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会 (The Japanese Society for Dermatoallergology and Contact Dermatitis)  /  日本国 ( 2010年09月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:代議員

    活動期間:2015年04月 ~ 継続中

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 皮膚科学 (Dermatology)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 皮膚科学

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:表皮角化細胞産生セリンプロテアーゼおよびその阻害因子に関する研究 (The Research on serine proteases and the inhibitors produced by epidermal keratinocytes)

    キーワード:カリクレイン SPINK5 (Kallikrein SPINK5)

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:2009年10月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):皮膚科学

    専門分野(researchmap分類):皮膚科学

  • 研究課題名:乾癬病変部における表皮角化細胞の役割

    キーワード:乾癬 表皮角化細胞

    研究態様:個人研究

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:2009年09月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):皮膚科学

    専門分野(researchmap分類):皮膚の疾患

  • 研究課題名:皮膚における自然免疫 (Innate immunity in the skin)

    キーワード:自然免疫 (Innate immunity)

    研究態様:個人研究

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:2007年07月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):皮膚科学

    専門分野(researchmap分類):皮膚科学

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:皮膚科学II(講義・演習)

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:皮膚科学II(演習・実習)

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:臨床医歯科学概論

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:皮膚科学(基本臨床実習)

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:皮膚科学I(講義・演習)

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

全件表示 >>

担当授業科目(その他) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    科目名:看護と病態生理IV(旧小児看護学)

    担当期間:2018年11月 ~ 継続中

    講義内容またはシラバス:皮膚症状から考えるアレルギー

  • 年度:2018年度

    科目名:教養講義「医学入門(医学といのち)」

    担当期間:2018年11月 ~ 継続中

    講義内容またはシラバス:アレルギーについて

  • 年度:2016年度

    科目名:アンチエイジング特論(医学)

    担当期間:2017年01月 ~ 継続中

    講義内容またはシラバス:皮膚の老化と細胞外マトリックスに関する講義を行った。

  • 年度:2016年度

    科目名:皮膚科学 紅斑症・炎症性角化症

    担当期間:2015年11月 ~ 継続中

    講義内容またはシラバス:皮膚科学 紅斑症・炎症性角化症の定義、分類、発症機序、診断、治療について講義を行った。

  • 年度:2016年度

    科目名:臨床医歯科学概論

    担当期間:2014年05月 ~ 継続中

    講義内容またはシラバス:皮膚科学の基礎をわかりやすく講義するとともに、皮膚科学分野における最近の進歩やトピックス,特にアトピー性皮膚炎の発症メカニズムや研究にも触れた。

全件表示 >>

教育対象学生数 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    卒業論文指導学生: 7人 、(うち留学生数):0人

    博士論文指導学生: 7人 、(うち留学生数): 0人

  • 年度:2017年度

    卒業論文指導学生: 5人

    博士論文指導学生: 5人

  • 年度:2016年度

    卒業論文指導学生: 2人

    修士論文指導学生: 0人

    博士論文指導学生: 2人

    研究生等指導学生: 1人

  • 年度:2015年度

    卒業論文指導学生: 2人

    博士論文指導学生: 4人

    研究生等指導学生: 1人

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Clinical manifestations of skin, lung and muscle diseases in dermatomyositis positive for anti-aminoacyl tRNA synthetase antibodies.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:The Journal of Dermatology

    発行年月:2019年08月

    著者氏名(共著者含):Fukamatsu H, Hirai Y, Miyake T, Kaji T, Morizane S, Yokoyama E, Hamada T, Oono T, Koyama Y, Norikane S, Iwatsuki K.

    共著区分:共著

    DOI:doi: 10.1111/1346-8138.15049.

  • 論文題目名: Pediatric-onset annular pustular psoriasis in a patient with Down syndrome.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:The Journal of Dermaotology

    発行年月:2019年05月

    著者氏名(共著者含):Morita A, Kawakami Y, Kaji T, Hirai Y, Miyake T, Takahashi M, Yamasaki O, Sugiura K, Morizane S.

    共著区分:共著

    DOI:doi: 10.1111/1346-8138.14896.

  • 論文題目名: Cross-sectional multicenter observational study of psoriatic arthritis in Japanese patients: Relationship between skin and joint symptoms and results of treatment with tumor necrosis factor-α inhibitors.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:The Journal of Dermatology

    発行年月:2019年03月

    著者氏名(共著者含):Tsuruta N, Narisawa Y, Imafuku S, Ito K, Yamaguchi K, Miyagi T, Takahashi K, Fukamatsu H, Morizane S, Koketsu H, Yamaguchi M, Hino R, Nakamura M, Ohyama B, Ohata C, Kuwashiro M, Sato T, Saito K, Kaneko S, Yonekura K, Hayashi H, Yanase T, Morimoto K, Sugita K, Yanagihara S, Kikuchi S, Mitoma C, Nakahara T, Furue M, Okazaki F.

    共著区分:単著

    DOI:doi: 10.1111/1346-8138.14745.

  • 論文題目名: An effective and promising treatment with adalimumab for impetigo herpetiformis with postpartum flare-up.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:International Journal of Dermatology58巻 3号 (頁 350 ~ 353)

    発行年月:2019年03月

    著者氏名(共著者含):Yamashita T, Hamada T, Maruta Y, Kajita A, Hirai Y, Morizane S, Watanabe S, Sugiura K, Iwatsuki K.

    共著区分:共著

    DOI:doi: 10.1111/ijd.14141.

  • 論文題目名:Toll-like receptor signalling induces the expression of serum amyloid A in epidermal keratinocytes and dermal fibroblasts.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Clinical and Experimental Dermatology44巻 1号 (頁 40 ~ 46)

    発行年月:2019年01月

    著者氏名(共著者含):Morizane S, Kajita A, Mizuno K, Takiguchi T, Iwatsuki K.

    共著区分:共著

    DOI:doi: 10.1111/ced.13604

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:Th2環境が表皮角化細胞産生カリクレインの発現および皮膚バリアに与える影響

    記述言語:日本語

    掲載種別:学会誌

    掲載誌名:日本皮膚免疫アレルギー学会雑誌1巻 2号 (頁 85 ~ 89)

    出版機関名:

    発行年月:2018年04月

    著者氏名(共著者含):森実 真

    共著区分:単著

  • 題目:【アトピー性皮膚炎の病態研究】 Neuroplastin βとextracellular matrix metallo-protease inducerはS100A8/A9に対する機能的な受容体であり、ケラチノサイトの増殖とアトピーの皮膚炎症の増強に関与している

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:臨床免疫・アレルギー科67巻 6号 (頁 594 ~ 598)

    出版機関名:

    発行年月:2017年06月

    著者氏名(共著者含):阪口 政清 山本 真実, 宮井 雅史, 木下 理恵, 村田 等, 山本 健一, 森実 真, 岩月 啓氏, 許 南浩, 坪井 良治, 日比野 利彦

    共著区分:共著

  • 題目:【皮膚疾患ペディア】角化症 Gibertばら色粃糠疹

    記述言語:日本語

    掲載種別:学会誌

    掲載誌名:日本医師会雑誌145巻 S2号 (頁 S213)

    出版機関名:日本医師会

    発行年月:2016年10月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:単著

  • 題目:【皮膚疾患ペディア】角化症 乾癬

    記述言語:日本語

    掲載種別:学会誌

    掲載誌名:日本医師会雑誌145巻 S2号 (頁 S208 ~ S209)

    出版機関名:日本医師会

    発行年月:2016年10月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:単著

  • 題目:【皮膚疾患ペディア】角化症 扁平苔癬

    記述言語:日本語

    掲載種別:学会誌

    掲載誌名:日本医師会雑誌145巻 S2号 (頁 S211 ~ S212)

    出版機関名:日本医師会

    発行年月:2016年10月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:Evolution of Atopic Dermatitis in the 21st Century

    記述言語:英語

    著書種別:著書

    出版機関名:Springer

    発行日:2017年12月

    著者名:Keiji Iwatsuki, Osamu Yamasaki, Shin Morizane

    著書形態:共著

  • 著書名:EBM皮膚疾患の治療up-to-date

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:中外医学社

    発行日:2015年02月

    著者名:森実真

    著書形態:単著

  • 著書名:今日の処方改訂第5版「(共著)」

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:南江堂

    発行日:2013年11月

    著者名:森実真

    著書形態:単著

  • 著書名:今日の治療と看護 改訂第3版

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:南江堂

    発行日:2013年03月

    著者名:

    著書形態:共著

  • 著書名:皮膚のリンパ腫 最新分類に基づく診療ガイド「(共著)」

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:中山書店

    発行日:2012年12月

    著者名:

    著書形態:共著

全件表示 >>

論文査読 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    件数:1件

    学術雑誌名:Journal of Dermatology

  • 年度:2018年度

    件数:1件

    学術雑誌名:Acta Medica Okayama

  • 年度:2018年度

    件数:4件

    学術雑誌名:Journal of Dermatological Science

  • 年度:2018年度

    件数:1件

    学術雑誌名:Journal of Investigative Dermatology

  • 年度:2018年度

    件数:1件

    学術雑誌名:Clinical and Experimental Dermatology

全件表示 >>

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:特別講演

    会議名称:日本皮膚科学会愛媛地方会第69回学術大会

    開催期間:2019年03月

    題目又はセッション名:岡山大学における乾癬診療・研究

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:特別講演

    会議名称:第3回中国五県乾癬治療を語る会

    開催期間:2019年03月

    題目又はセッション名:乾癬診療と基礎研究

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第28回EBウイルス感染症研究会

    開催期間:2019年03月

    題目又はセッション名:種痘様水疱症と蚊刺過敏症における血球・血漿EBV DNA定量の臨床的意義

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:特別講演

    会議名称:日本皮膚科学会第226回熊本地方会

    開催期間:2019年03月

    題目又はセッション名:当科における乾癬診療・研究~外用剤から生物学的製剤まで~

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第2回岡山県難病診療連携拠点病院研修会

    開催期間:2019年02月

    題目又はセッション名:皮膚科が関わる指定難病

全件表示 >>

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 日本皮膚免疫アレルギー学会

    役職・役割名:第48回日本皮膚免疫アレルギー学会総会学術大会座長

    活動期間:2018年11月

  • 日本乾癬学会

    役職・役割名:第33回日本乾癬学会学術大会 座長

    活動期間:2018年09月

  • 日本皮膚科学会

    役職・役割名:第117回日本皮膚科学会総会 座長

    活動期間:2018年05月 ~ 2018年06月

  • 日本研究皮膚科学会 (Japanese Society for Investigative Dermaotology)

    役職・役割名:第42回日本研究皮膚科学会年次総会 座長 (Chairman, The 42nd Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative Dermatology)

    活動期間:2017年12月

  • 日本皮膚科学会西部支部

    役職・役割名:第69回日本皮膚科学会西部支部学術大会 座長

    活動期間:2017年10月

全件表示 >>

学会賞等受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:JD Award “Most cited paper in 2014 Impact Factor period”

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰

    受賞年月:2015年06月

    受賞国:日本国

    授与機関:Japanese Dermatological Association

    受賞者・受賞グループ名:Shin Morizane, Richard L. Gallo

    題目名:Antimicrobial peptides in the pathogenesis of psoriasis

  • 受賞学術賞名:ASDR/JSID Exchange Program

    受賞区分:国際学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:2015年05月15日

    受賞国:日本国

    授与機関:日本研究皮膚科学会

    受賞者・受賞グループ名:森実 真

    題目名:Inflammatory cytokines and antimicrobial peptides highly expressed in psoriatic lesions induce serum amyloid A expression in epidermal keratinocytes.

  • 受賞学術賞名:JD Award “Most downloaded paper in 2013”

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰

    受賞年月:2014年08月

    受賞国:日本国

    授与機関:Japanese Dermatological Association

    受賞者・受賞グループ名:Shin Morizane, Richard L. Gallo

    題目名:Antimicrobial peptides in the pathogenesis of psoriasis

  • 受賞学術賞名:JD Award “Most cited paper in 2013 Impact Factor period”

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰

    受賞年月:2014年08月

    受賞国:日本国

    授与機関:Japanese Dermatological Association

    受賞者・受賞グループ名:Shin Morizane, Richard L. Gallo

    題目名:Antimicrobial peptides in the pathogenesis of psoriasis

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:表皮角化細胞産生セリンプロテアーゼ阻害因子の発現制御機構の解析

    研究期間:2014年04月 ~ 2017年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:本研究は培養表皮角化細胞,アトピー性皮膚炎および乾癬病変部の病理組織標本,ハプテン繰り返し投与のTh2 依存性皮膚炎モデルマウス(アトピー性皮膚炎モデルマウス)を用いてセリンプロテアーゼ阻害因子の発現制御機構について検討する。加えて,アトピー性皮膚炎モデルマウスを用いてセリンプロテアーゼ阻害剤の外用塗布が皮膚炎に与える影響を検証する。

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 資金名称:2019年日本イーライリリー株式会社研究助成

    研究題目:表皮角化細胞産生IL-39が乾癬性炎症に与える影響

    研究期間:2019年10月 ~ 2020年09月

    資金支給機関:イーライリリー株式会社

  • 資金名称:2019年度第一三共奨学寄付プログラム

    研究題目:アトピー性皮膚炎病変部におけるトリプシン様セリンプロテアーゼ活性増強メカニズムの解明

    研究期間:2019年10月 ~ 2020年09月

    資金支給機関:第一三共株式会社

  • 資金名称:マルホ株式会社 医学・薬学に関する研究活動への支援

    研究題目:フィラグリン遺伝子変異陰性アトピー性皮膚炎患者における表皮セリンプロテアーゼ活性

    研究期間:2019年09月 ~ 2020年08月

    資金支給機関:マルホ株式会社

  • 資金名称:サノフィ株式会社 研究・教育支援(奨学寄附) 

    研究題目:アトピー性皮膚炎に対する新規外用剤の組成物に関する検討

    研究期間:2019年08月 ~ 2020年07月

    資金支給機関:サノフィ株式会社

  • 資金名称:大鵬薬品 奨学寄附金

    研究題目:乾癬に対する新規外用剤の開発

    研究期間:2019年07月 ~ 2020年06月

    資金支給機関:大鵬薬品工業株式会社

全件表示 >>

 

公開講座・講演会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    講座、講演会等種類:その他

    参加人数:5人

    開催日:2018年11月

    講座等名:患者・家族のつどい

    主催者:岡山県難病相談支援センター

    対象者:天疱瘡、類天疱瘡、神経線維腫症

    開催地,会場:岡山県医師会館

  • 年度:2018年度

    講座、講演会等種類:その他

    参加人数:40人

    開催日:2018年11月

    講座等名:皮膚病無料検診

    主催者:日本臨床皮膚科医会岡山県支部、岡山県皮膚科医会

    対象者:皮膚疾患患者・家族

    開催地,会場:岡山県医師会館

  • 年度:2017年度

    講座、講演会等種類:その他

    参加人数:20人

    開催日:2017年11月

    講座等名:患者・家族のつどい

    主催者:岡山難病相談・支援センター

    対象者:天疱瘡・膿疱性乾癬・表皮水疱症・魚鱗癬様紅皮症・弾性線維性仮性黄色腫

    開催地,会場:岡山コンベンションセンター

  • 年度:2016年度

    講座、講演会等種類:その他

    参加人数:20人

    開催日:2016年11月

    講座等名:患者・家族のつどい

    講義題名: 

    主催者:岡山難病相談・支援センター

    対象者:天疱瘡・膿疱性乾癬・表皮水疱症・魚鱗癬様紅皮症・弾性線維性仮性黄色腫 

    開催地,会場:岡山コンベンションセンター

  • 年度:2015年度

    講座、講演会等種類:公開講座

    参加人数:120人

    開催日:2015年04月

    講座等名:岡山乾癬市民公開講座

    講義題名:正しく知ろう!乾癬の病態と治療

    主催者:ヤンセンファーマ(株)、サンケイリビング新聞社 共催

    対象者:乾癬患者さんやそのご家族

    開催地,会場:岡山コンベンションセンター

全件表示 >>

審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    外部委員会区分:委員会

    名称:岡山県医師会皮膚科部会委員会

    役職:委員

診療活動・医療支援 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    治験,臨床研究の実績:中等症~重症の乾癬患者に対するrisankizumabの治験において責任医師を務めた。

その他 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    労災協力医

 

全学的な実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    委員会等の名称:教務委員会

    役職:委員

    任期:2019年04月 ~ 2021年03月

    貢献の実績:学生生活・厚生補導担当

  • 年度:2019年度

    委員会等の名称:鶴翔会会報編集委員会

    役職:委員

    任期:2019年04月 ~ 継続中

  • 年度:2019年度

    委員会等の名称:入試委員会

    役職:委員

    任期:2019年04月 ~ 継続中

  • 年度:2019年度

    委員会等の名称:岡山県難病医療連絡協議会

    役職:委員

    任期:2019年04月 ~ 継続中

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:褥瘡委員会

    役職:委員

    任期:2018年09月 ~ 継続中

全件表示 >>

所属部局等の実績(委員以外) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    貢献の項目と割合等:外来医長

その他管理運営活動 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    岡山大学医学部皮膚科学教室同門会事務局長

  • 年度:2016年度

    岡山大学医学部皮膚科学教室同門会事務局長