所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

家政教育講座

職名 【 表示 / 非表示

教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

教科教育学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

家庭科教育学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:家庭科の授業研究

    研究課題概要:

  • 研究課題名:教員養成カリキュラムに関する研究

  • 研究課題名:わが国における初期家庭科実践史研究

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:米国N.J.州初等家庭科プログラムにみられる家庭科の性格とカリキュラム構成原理

    掲載誌名:日本教科教育学会誌36巻 3号 (頁 59 ~ 70)

    発行年月:2013年12月

    著者氏名(共著者含):信清亜希子、佐藤 園

  • 論文題目名:中学校家庭科におけるFlour Baby Project学習による生徒の心理傾向(自尊感情・人間関係)の変化-家庭科学習評価への心理測定尺度適用の試み-

    掲載誌名:日本教科教育学会誌37巻 1号 (頁 31 ~ 41)

    発行年月:2014年06月

    著者氏名(共著者含):原浩子、平田美智子、原田省吾、佐藤ゆかり、佐藤園

  • 論文題目名:教科教育・教科内容・教育実習の統合を目指す中等学校教員養成家庭科カリキュラム構築の試み-教員養成の課題としての「教科教育と教科専門を架橋する教育研究領域」確立の視点から-

    掲載誌名:日本教科教育学会誌 35巻 2号 (頁 19 ~ 30)

    発行年月:2012年09月

    著者氏名(共著者含):佐藤園,篠原陽子

全件表示 >>

 

写真

氏名

佐藤 園 (サトウ ソノ)

SATO Sono

所属専攻講座

教育学研究科

職名

教授

性別

女性

研究分野・キーワード

(日)家庭科教育学

(英)Home Economics Education

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:広島大学

    学校の種類:大学

    学部名:教育学部

    学科名:高等学校教員養成課程家政科

    卒業年月:1980年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:広島大学

    研究科名:教育学研究科

    専攻名:教科教育学(家政教育)

    修了課程:博士課程

    修了年月:1982年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(教育学)

    学位の分野名:科学教育 (Science education)

    学位授与機関名:広島大学 (Hiroshima University)

    取得方法:論文

    取得年月:2002年07月

  • 学位名:教育学修士

    学位の分野名:教科教育学 (Subject pedagogy)

    学位授与機関名:広島大学 (Hiroshima University)

    取得方法:課程

    取得年月:1982年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:教育学研究科

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2004年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:秋田大学教育学部・岡山大学教育学部併任

    経歴名:講師

    経歴期間:1987年10月 ~ 1988年03月

  • 所属(勤務)先:秋田大学教育学部

    経歴名:講師

    経歴期間:1985年04月 ~ 1987年09月

  • 所属(勤務)先:秋田大学教育学部

    経歴名:助手

    経歴期間:1982年04月 ~ 1985年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本家庭科教育学会中国地区会 /  日本国 ( 2015年08月 ~ 2016年08月 )

    役職・役割名:地区会長

    活動期間:2015年08月 ~ 2016年08月

  • 日本家庭科教育学会中国地区会 /  日本国 ( 2013年08月 ~ 2016年08月 )

    役職・役割名:岡山県代表委員

    活動期間:2013年08月 ~ 2016年08月

  • 日本教育実践学会 /  日本国 ( 2011年09月 ~ 継続中 )

  • 日本教師教育学会 /  日本国 ( 2011年06月 ~ 継続中 )

  • 国際家政学会(IFHE) /  その他 ( 2008年04月 ~ 継続中 )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 教科教育学 (Subject pedagogy)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 教科教育

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 中学校教諭免許(専修・1種・2種)

  • 高等学校教諭免許(専修・1種)

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:家庭科の授業研究 (Research on Teaching in Home Economics)

    キーワード:家庭科,授業研究 (Home Economics,Research on Teaching)

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:1982年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):教科教育学

    専門分野(researchmap分類):教科教育

  • 研究課題名:教員養成カリキュラムに関する研究

    キーワード:教育養成

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:共同研究

    研究期間:2011年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):教育学 、教科教育学

    専門分野(researchmap分類):教科教育

    研究内容:
    教科教育・教科内容・教育実習の統合をめざす教員養成家庭科コアカリキュラムの作成と授業の実践

  • 研究課題名:わが国における初期家庭科実践史研究 (The History of the Practice in Home Economics Education at its Early Stage in Japan)

    キーワード:初期家庭科実践史,日本 (History of the Practice in Home Economics Education at its Early Stage,Japan)

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:1982年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):教科教育学

    専門分野(researchmap分類):教科教育

  • 研究課題名:アメリカにおける家庭科教育の成立 (Foundation of Home Economics Education in America)

    キーワード:家庭科教育の成立,アメリカ (Foundation of Home Economics Education,America)

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:1980年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):教科教育学

    専門分野(researchmap分類):教科教育

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:初等家庭科授業研究B(2)

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:中等家庭科内容論(住居領域)(2)

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:中等家庭科内容構成Ⅱ(内容論Ⅵ)

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:中等家庭科内容論(家政学と家庭科教育)

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:初等家庭科授業研究A(2)

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

全件表示 >>

担当授業科目(その他) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    科目名:学問の方法

    担当期間:2015年04月 ~ 2015年09月

    講義内容またはシラバス:授業計画 1.学部共通のテーマ(3回)
    (1)情報統括センターの利用(履修登録方法の説明を含む)
    (2)図書館の利用法(図書館見学)
    (3)教育実習Ⅰ・養護実習Ⅰの履修に向けて
    3回の日程はグループ分けに従う.

    2.専修固有のテーマ(13回)
    (1)家政教育を学ぶに当たって(家庭科の各領域別に指導)

    3.期末試験

FDに取り組む姿勢 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    教育FD委主催「電気安全に関する研修会」11月21日参加
    教育FD委主催「ハラスメント防止に関するFD研修会」2月27日参加
    授業公開・ピアレビュー「初等家庭科内容研究」4月12日授業者として参加
    授業公開・ピアレビュー「中等家庭科内容論」4月9日授業者として参加

学生活動支援 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    学生活動支援の種類:課外活動支援

    学生活動支援:華道部顧問

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:米国N.J.州初等家庭科プログラムにみられる家庭科の性格とカリキュラム構成原理

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:日本教科教育学会誌36巻 3号 (頁 59 ~ 70)

    発行年月:2013年12月

    著者氏名(共著者含):信清亜希子、佐藤 園

    共著区分:共著

    担当部分:研究全般、論文執筆

  • 論文題目名:中学校家庭科におけるFlour Baby Project学習による生徒の心理傾向(自尊感情・人間関係)の変化-家庭科学習評価への心理測定尺度適用の試み-

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:日本教科教育学会誌37巻 1号 (頁 31 ~ 41)

    発行年月:2014年06月

    著者氏名(共著者含):原浩子、平田美智子、原田省吾、佐藤ゆかり、佐藤園

    共著区分:共著

    担当部分:研究全般、論文執筆

  • 論文題目名:教科教育・教科内容・教育実習の統合を目指す中等学校教員養成家庭科カリキュラム構築の試み-教員養成の課題としての「教科教育と教科専門を架橋する教育研究領域」確立の視点から- ( A Preliminary Resarch to Develop a Secondary School Home Economics Curriculum, which Aims to Integrate Academic Subjects, Curriculum and Teacher Training : From the Viewpoint of "Creating a Bridge between Academic Subjects and their Subject Specialty" to Estabilish a New Subject for Teacher Training)

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:日本教科教育学会誌 ( The Bulletin of Japanese Curriculum Research and Development) 35巻 2号 (頁 19 ~ 30)

    発行年月:2012年09月

    著者氏名(共著者含):佐藤園,篠原陽子 ( Sono Sato and Yoko Shinohara)

    共著区分:共著

  • 論文題目名:ESD(持続発展教育)を視点とした家庭科教育内容開発研究(Ⅰ)-小学校家庭科における布の熱移動特性に関する実験の開発- ( Development of the Home Economics Curriculum Based on the ESD (1):Development of the experiment concerning heart transfer characteristics of a variety of fabrics for the elementary school Home Economics Class)

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:日本教科教育学会誌 ( The Bulletin of Japanese curriculum Research and Development) 34巻 4号 (頁 9 ~ 18)

    発行年月:2012年03月

    著者氏名(共著者含):篠原陽子,久保沙織,信清亜希子,佐藤園 ( Yoko Shinohara, Saori Kubo, Akiko Nobukiyo and Sono Sato)

    共著区分:共著

  • 論文題目名:子どもの食習慣を育成するための環境としての「食教育」に関する一考察(第Ⅰ報)   -食教育に関する基本的価値認識の観点からみたわが国の食教育実践の現状-

    記述言語:日本語

    掲載種別:大学紀要

    掲載誌名:岡山大学大学院教育学研究科研究集録169号 (頁 47 ~ 56)

    発行年月:2018年11月

    著者氏名(共著者含):佐藤 園・出野誉大・陳北辰・山本郁子

    共著区分:共著

    担当部分:論文構成・執筆

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:アクティブラーニングを活かした家庭科の授業開発-「深い学び」に向けて-

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:教育図書

    発行日:2017年06月

    著者名:青木佳美他(50音順)

    著書形態:共著

    担当部分:「家庭科教員養成における資料分析研究を取り入れた家庭科授業開発-岡山大学宇教育学部『中等家庭科内容論』の実践と評価ー」を執筆した

  • 著書名:教科教育ハンドブック-今日から役立つ研究手引き-

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:教育図書

    発行日:2017年03月

    著者名:角屋重樹他

    著書形態:共著

    担当部分:第2部第1章「教科教育研究とその方法」を執筆した

  • 著書名:いきいき家庭科-「開かれた個」を育成するカリキュラム開発と授業研究

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:教育図書

    発行日:2010年06月

    著者名:

    著書形態:編著

    担当部分:共同研究代表者として編集を行い、論文を執筆した。

  • 著書名:米国家庭科スタンダードにみられる多文化社会におけるカリキュラム開発に関する研究

    記述言語:日本語

    著書種別:その他

    出版機関名:

    発行日:2010年05月

    著者名:佐藤園

    著書形態:単著

  • 著書名:教職用語辞典

    記述言語:日本語

    著書種別:著書・辞典

    出版機関名:一藝社

    発行日:2008年04月

    著者名:佐藤園

    著書形態:単著

    担当部分:「家庭科教育」

全件表示 >>

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本教科教育学会第44回大会

    開催場所:日本体育大学

    開催期間:2018年09月

    題目又はセッション名:小学校におけるESDを視点とした衣服製作授業の開発-ESDを視点とした家庭科教育内容開発研究(3)-

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本家庭科教育学会第61回大会

    開催場所:茨城大学

    開催期間:2018年07月

    題目又はセッション名:岡山大学教育学部家政教育講座における初等家庭科授業研究・内容研究の実践と 「教科内容構成力」の育成-小学校教員養成における教科教育と教科内容の統合を 目指す授業内容構築の試み-

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本教科教育学会第43回大会

    開催場所:北海道教育大学札幌校

    開催期間:2017年09月

    題目又はセッション名:ESDを視点とした家庭科授業開発研究-平成28年度岡山大学教養教育科目「教育の現代的課題(生活と環境)」の実践と検討-

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本家庭科教育学会第60会大会

    開催場所:国立オリンピック記念青少年総合センター

    開催期間:2017年08月

    題目又はセッション名:教員養成家庭科カリキュラムにおける「教科内容構成力」の育成-平成28年度岡山大学教育学部「中等家庭科内容論」「衣生活論」の実践と検討を通して-

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本教科教育学会第56回大会

    開催場所:鳴門教育大学(鳴門市)

    開催期間:2016年10月

    題目又はセッション名:中学校におけるESDを視点とした衣生活カリキュラムの実践と検討-ESDを視点とした家庭科教育内容開発研究(2)

全件表示 >>

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 日本教科教育学会

    役職・役割名:全国理事

    活動期間:2017年09月 ~ 継続中

    活動内容:日本教科教育学会全国理事として、学会の研究・運営活動に携わった

  • 教科教育学会

    役職・役割名:常任理事

    活動期間:2017年09月 ~ 継続中

    活動内容:日本教科教育学会の常任理事として、研究・運営活動に携わった

  • 日本家庭科教育学会

    役職・役割名:地区代表委員(中国地区)

    活動期間:2017年08月 ~ 2018年08月

    活動内容:日本家庭科教育学会中国地区会の代表委員として、日本家庭科教育学会の研究・運営に携わった

  • 日本家庭科教育学会

    役職・役割名:中国地区会会長

    活動期間:2017年04月 ~ 2017年08月

    活動内容:中国地区会会長として、2017年8月まで2年間、地区会および日本家庭科教育学会の運営・研究に携わった。

  • 日本教科教育学会

    役職・役割名:全国理事

    活動期間:2014年10月 ~ 継続中

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:米国スタンダードの分析によるESDを視点とした家庭科環境教育に関する教育内容開発

    研究期間:2012年04月 ~ 2017年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:本研究では、環境教育先進国と言われる米国で、1980年以降、若者の学力低下問題を克服するために行われた教育改革の中で開発された環境教育と家庭科のNational Standardsと、それに基づき作成された各州の多様なCurriculum Standardsの収集・分析を通して、環境教育に一貫した体系性を与え、その中での家庭科の環境教育の内容・実践の位置づけを構築するための理論の探求とそれを具現化するESDを視点とする家庭科の教育内容・授業開発を目的とする。

 

公開講座・講演会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    講座、講演会等種類:公開講座

    参加人数:15人

    開催日:2018年12月

    講座等名:免許状更新講習

    講義題名:初等家庭科教育の最前線

    主催者:岡山大学教育学部

    対象者:小・中・高等学校・特別支援学校・幼稚園教師

    開催地,会場:岡山大学虚位浮く学部

審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    外部委員会区分:委員会

    名称:岡山県人事委員会

    役職:委員

    活動内容:岡山県人事に関する審議、入試など

  • 年度:2017年度

    外部委員会区分:委員会

    名称:岡山県人事委員会

    役職:委員

 

部局長などの実績 【 表示 / 非表示

  • 年度:2014年度

    役職:副学部長

    職名:教育学部副学部長

    任期:2014年04月 ~ 2016年03月

  • 年度:2014年度

    役職:副研究科長

    職名:大学院教育学研究科 副研究科長

    任期:2014年04月 ~ 2016年03月

所属部局等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:連合教育学研究科生活・健康系講座 

    役職:その他

    任期:2018年04月 ~ 継続中

    貢献の実績:連合教育学研究科生活・健康系講座の副議長として、入試、教員資格審査などの仕事を遂行した。