職名 【 表示 / 非表示

准教授

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:新規OVと分子標的薬の併用療法

    研究課題概要:腫瘍微小環境をターゲットとした分子標的薬と新規腫瘍溶解ウイルス(OV: 34.5ENVE)との併用による治療効果について実験する。次に分子標的薬と新規OV治療との併用療法による相乗効果についてのメカニズムを調べ、OVの効果をさらに増強させる因子を探していく。OVと分子標的薬との併用療法は、脳腫瘍治療の新たな展開に必要であると考える。

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Effect of tumor microenvironment modulation on the efficacy of oncolytic virus therapy.

    掲載誌名:Journal of National Cancer Institute99巻 23号 (頁 1768 ~ 1781)

    発行年月:2007年12月

    著者氏名(共著者含):Kazuhiko Kurozumi, Jayson Hardcastle, Roopa Thakur, Ming Yang, Gregory Christoforidis, Giulia Fulci, Fred H. Hochberg, Ralph Weissleder, William Carson, E. Antonio Chiocca and Balveen Kaur

  • 論文題目名:Integrin inhibitor suppresses bevacizumab-induced glioma invasion

    掲載誌名:Translational Oncology7巻 2号 (頁 292 ~ 302)

    発行年月:2014年04月

    著者氏名(共著者含):Ishida J, Onishi M, Kurozumi K, Ichikawa T, Fujii K, Shimazu Y, Oka T, Date I

  • 論文題目名:Serine/Threonine Kinase MLK4 Determines Mesenchymal Identity in Glioma Stem Cells in an NF-κB-dependent Manner.

    掲載誌名:Cancer cell29巻 2号 (頁 201 ~ 213)

    発行年月:2016年02月

    著者氏名(共著者含):Sung-Hak Kim, Ravesanker Ezhilarasan, Emma Phillips, Daniel Gallego-Perez, Amanda Sparks, David Taylor, Katherine Ladner, Takuya Furuta, Hemragul Sabit, Rishi Chhipa, Ju Hwan Cho, Ahmed Mohyeldin, Samuel Beck, Kazuhiko Kurozumi, Toshihiko Kuroiwa, Ryoichi Iwata, Akio Asai, Jonghwan Kim, Erik P. Sulman, Shi-Yuan Cheng, L. James Lee, Mitsutoshi Nakada, Denis Guttridge, Biplab DasGupta, Violaine Goidts, Krishna P. Bhat, Ichiro Nakano

 

写真

氏名

黒住 和彦 (クロズミ カズヒコ)

KUROZUMI Kazuhiko

所属専攻講座

岡山大学病院

職名

准教授

性別

男性

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(医学)

    学位の分野名:脳神経外科学 (Cerebral neurosurgery)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:論文

    取得年月:2004年06月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:医歯薬学総合研究科

    経歴名:准教授 (Associate Professor)

    職務期間:2018年04月 ~ 継続中

  • 職務遂行組織:岡山大学病院

    経歴名:講師 (Senior Assistant Professor)

    職務期間:2013年04月 ~ 2018年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:オハイオ州立大学

    経歴名:研究員

    経歴期間:2005年01月 ~ 2008年03月

  • 所属(勤務)先:札幌医科大学分子医学研究部門

    経歴名:研究員

    経歴期間:2001年11月 ~ 2002年11月

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 神経系の腫よう

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:新規OVと分子標的薬の併用療法

    キーワード:脳腫瘍学 悪性グリオーマ 分子標的薬 腫瘍溶解性ウイルス Cilengitide オンコリティックウイルス cilengitide 脳腫瘍 抗血管新生治療薬 抗血管新生薬 腫瘍マイクロエンバイロメント

    研究態様:国際共同研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2014年04月 ~ 2017年03月

    専門分野(科研費分類):脳神経外科学

    専門分野(researchmap分類):神経系の腫よう

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:外科学I

    担当期間:2019年06月 ~ 2019年08月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:臨床医歯科学概論

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:外科学I

    担当期間:2018年06月 ~ 2018年08月

    授業形式:

  • 年度:2017年度

    授業科目:外科学I

    担当期間:2017年06月 ~ 2017年08月

    授業形式:

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Effect of tumor microenvironment modulation on the efficacy of oncolytic virus therapy. ( Effect of tumor microenvironment modulation on the efficacy of oncolytic virus therapy.)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of National Cancer Institute ( Journal of National Cancer Institute) 99巻 23号 (頁 1768 ~ 1781)

    発行年月:2007年12月

    著者氏名(共著者含):Kazuhiko Kurozumi, Jayson Hardcastle, Roopa Thakur, Ming Yang, Gregory Christoforidis, Giulia Fulci, Fred H. Hochberg, Ralph Weissleder, William Carson, E. Antonio Chiocca and Balveen Kaur ( Kazuhiko Kurozumi, Jayson Hardcastle, Roopa Thakur, Ming Yang, Gregory Christoforidis, Giulia Fulci, Fred H. Hochberg, Ralph Weissleder, William Carson, E. Antonio Chiocca and Balveen Kaur)

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Integrin inhibitor suppresses bevacizumab-induced glioma invasion ( Integrin inhibitor suppresses bevacizumab-induced glioma invasion)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Translational Oncology ( Translational Oncology) 7巻 2号 (頁 292 ~ 302)

    発行年月:2014年04月

    著者氏名(共著者含):Ishida J, Onishi M, Kurozumi K, Ichikawa T, Fujii K, Shimazu Y, Oka T, Date I ( Ishida J, Onishi M, Kurozumi K, Ichikawa T, Fujii K, Shimazu Y, Oka T, Date I)

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Serine/Threonine Kinase MLK4 Determines Mesenchymal Identity in Glioma Stem Cells in an NF-κB-dependent Manner. ( Serine/Threonine Kinase MLK4 Determines Mesenchymal Identity in Glioma Stem Cells in an NF-κB-dependent Manner.)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Cancer cell ( Cancer cell) 29巻 2号 (頁 201 ~ 213)

    発行年月:2016年02月

    著者氏名(共著者含):Sung-Hak Kim, Ravesanker Ezhilarasan, Emma Phillips, Daniel Gallego-Perez, Amanda Sparks, David Taylor, Katherine Ladner, Takuya Furuta, Hemragul Sabit, Rishi Chhipa, Ju Hwan Cho, Ahmed Mohyeldin, Samuel Beck, Kazuhiko Kurozumi, Toshihiko Kuroiwa, Ryoichi Iwata, Akio Asai, Jonghwan Kim, Erik P. Sulman, Shi-Yuan Cheng, L. James Lee, Mitsutoshi Nakada, Denis Guttridge, Biplab DasGupta, Violaine Goidts, Krishna P. Bhat, Ichiro Nakano ( Sung-Hak Kim, Ravesanker Ezhilarasan, Emma Phillips, Daniel Gallego-Perez, Amanda Sparks, David Taylor, Katherine Ladner, Takuya Furuta, Hemragul Sabit, Rishi Chhipa, Ju Hwan Cho, Ahmed Mohyeldin, Samuel Beck, Kazuhiko Kurozumi, Toshihiko Kuroiwa, Ryoichi Iwata, Akio Asai, Jonghwan Kim, Erik P. Sulman, Shi-Yuan Cheng, L. James Lee, Mitsutoshi Nakada, Denis Guttridge, Biplab DasGupta, Violaine Goidts, Krishna P. Bhat, Ichiro Nakano )

    共著区分:共著

  • 論文題目名:高度救命救急センター発足後5年間で、救急搬送され開頭血腫除去術を受けた頭部外傷症例─予後良好群の特徴─

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:神経外傷41巻 1号 (頁 33 ~ 35)

    発行年月:2018年09月

    著者氏名(共著者含):安原隆雄、菱川朋人、亀田雅博、黒住和彦、伊達 勲

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Comparative histologic and molecular analysis of 2 recurrent lesions showing different magnetic resonance imaging responses after bevacizumab treatment: Report of a case of anaplastic astrocytoma ( Comparative histologic and molecular analysis of 2 recurrent lesions showing different magnetic resonance imaging responses after bevacizumab treatment: Report of a case of anaplastic astrocytoma)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:World Neurosurgery ( World Neurosurgery) 116巻 (頁 464 ~ 471)

    発行年月:2018年08月

    著者氏名(共著者含):Otani Y, Ichikawa T, Uneda A, Kurozumi K, Ishida J, Date I ( Otani Y, Ichikawa T, Uneda A, Kurozumi K, Ishida J, Date I)

    共著区分:共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:髄芽腫─神経上皮性腫瘍─

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Clinical Neuroscience36巻 5号 (頁 564 ~ 567)

    出版機関名:

    発行年月:2018年05月

    著者氏名(共著者含):黒住和彦

    共著区分:単著

  • 題目:グリオーマ血管新生に対する分子標的薬─血管制御系と疾患─.

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:生体の科学68巻 4号 (頁 339 ~ 343)

    出版機関名:

    発行年月:2017年08月

    著者氏名(共著者含):黒住和彦、伊達 勲

    共著区分:共著

  • 題目:グリオーマの分子標的治療薬概論─脳腫瘍の治療:脳腫瘍の分子標的治療─

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:日本臨床 増刊号 脳腫瘍学─基礎研究と臨床研究の進歩─74巻 Suppl 7号 (頁 665 ~ 671)

    出版機関名:

    発行年月:2016年09月

    著者氏名(共著者含):黒住和彦、石田穣治、市川智継、伊達 勲

    共著区分:共著

  • 題目:Cilengitide─脳腫瘍の治療:脳腫瘍の分子標的治療─

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:日本臨床 増刊号 脳腫瘍学─基礎研究と臨床研究の進歩─74巻 Suppl 7号 (頁 672 ~ 675)

    出版機関名:

    発行年月:2016年09月

    著者氏名(共著者含):黒住和彦、石田穣治、市川智継、伊達 勲

    共著区分:共著

  • 題目:Phenotypic transition as a survival strategy of glioma ( Phenotypic transition as a survival strategy of glioma)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Neurologia medico-chirurgica (Tokyo)56巻 (頁 387 ~ 395)

    出版機関名:

    発行年月:2016年05月

    著者氏名(共著者含):Ichikawa T, Otani Y, Kurozumi K, Date I ( Ichikawa T, Otani Y, Kurozumi K, Date I)

    共著区分:共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:新 脳神経外科手術のための解剖学

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:メジカルビュー社

    発行日:2019年02月

    著者名:黒住和彦、伊達 勲

    著書形態:共著

    担当部分:脳室内病変に対する神経内視鏡手術─テント上病変─

  • 著書名:神経内視鏡治療 スタート&スタンダード

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:メジカルビュー社

    発行日:2019年01月

    著者名:黒住和彦、伊達 勲

    著書形態:共著

    担当部分:神経内視鏡手術のセットアップと周術期管理─スタート編─

  • 著書名:第32回微小脳神経外科解剖研究会 講演集

    記述言語:日本語

    著書種別:その他

    出版機関名:メッド

    発行日:2018年10月

    著者名:安原隆雄、黒住和彦、亀田雅博、菱川朋人、大野充昭、武田吉正、小見山高明、大杉博幸、大塚愛二、伊達 勲

    著書形態:共著

    担当部分:微小脳神経外科解剖をリアルに理解する─臨床応用解剖の意義─

  • 著書名:新NS NOW No.15 脳幹・脳深部の手術─手術アプローチの基本と手術の考えかた─

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:メジカルビュー社

    発行日:2018年09月

    著者名:黒住和彦、伊達 勲

    著書形態:共著

    担当部分:橋病変に対するposterior transpetrosal approach

  • 著書名:医学・医療系学生のための総合医学英語テキスト Step 2

    記述言語:英語

    著書種別:翻訳

    出版機関名:メジカルビュー社

    発行日:2017年10月

    著者名:黒住和彦、小島多香子

    著書形態:共著

    担当部分:Cerebrovascular disease.

全件表示 >>

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第32回日本老年脳神経外科学会

    開催場所:久留米

    開催期間:2019年03月

    題目又はセッション名:高齢者悪性グリオーマにおける集学的治療の検討

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第48回日本脳卒中の外科学会学術集会:STROKE 2019

    開催場所:横浜

    開催期間:2019年03月

    題目又はセッション名:頭蓋内深部海綿状血管腫に対する手術アプローチ

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第29回日本間脳下垂体腫瘍学会

    開催場所:大阪

    開催期間:2019年02月

    題目又はセッション名:トルコ鞍部・近傍病変における高解像度鏡視下手術

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第29回日本間脳下垂体腫瘍学会

    開催場所:大阪

    開催期間:2019年02月

    題目又はセッション名:下垂体腺腫に対する経蝶形骨洞手術後の低Na血症についての検討

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:研究集会

    会議名称:第85回岡山内分泌同好会

    開催場所:岡山

    開催期間:2019年02月

    題目又はセッション名:下垂体腺腫に対する経蝶形骨洞手術後の低Na血症についての検討

全件表示 >>

学会賞等受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:日本脳腫瘍学会第17回星野賞

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:2009年11月

    受賞国:日本国

    授与機関:日本脳腫瘍学会

    受賞者・受賞グループ名:黒住和彦

    題目名:Effect of Tumor Microenvironment Modulation on the Efficacy of Oncolytic Virus Therapy

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:悪性脳腫瘍に対する分子標的薬と遺伝子治療併用の新展開

    研究期間:2017年04月 ~ 2020年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:グリオーマは脳に発生する悪性腫瘍で原発性脳腫瘍の約30%を占める。中でも悪性グリオーマの予後は極めて不良である。様々な治療法が試みられている中で、分子標的薬や遺伝子治療は有望な新規治療の一つである。
    本研究の目的としては、研究目的1:分子標的薬(bevacizumab、cilengitideやPD-1阻害剤)と遺伝子治療(新規OVまたはAd-SGE-REIC)との併用について検討する、研究目的2: 分子標的薬(bevacizumab、cilengitideやPD-1阻害剤)と遺伝子治療(新規OVまたはAd-SGE-REIC)との併用効果のメカニズムを調べる、である。
    昨年度、分子標的薬bevacizumab、cilengitide、PD-1阻害剤や腫瘍溶解ウイルス、Ad-SGE-REICなどについて、本研究のセットアップを行った。腫瘍はU87dEGFR などのヒト脳腫瘍細胞系列や脳腫瘍患者から承諾を得て採取した腫瘍由来細胞を用いて、脳腫瘍マウスモデルを作製し、生存期間や腫瘍径を調べた。さまざまな脳腫瘍モデル(幹細胞、モデルも含む)を用い、同様の効果がえられるか否かを検討した。さらに、本年度は、分子標的薬bevacizumab、cilengitideまたはPD-1阻害剤との併用について生存期間などを調べた。どの組み合わせがよいか検討した。さらには遺伝子治療単独と、分子標的薬と遺伝子治療との併用における、腫瘍浸潤、血管新生などについて調べた。
    今後、Bevacizumab、cilengitide、またはPD-1阻害剤により遺伝子治療を増強するメカニズムを調べる。Microarray, プロテオミクス、次世代シークエンスをおこなう。Gene chip, プロテオミクスから選ばれた因子をターゲットとする。統計学的データ解析を行い、学会発表・論文投稿する。

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:悪性脳腫瘍に対する分子標的薬と遺伝子治療併用の新展開

    研究期間:2017年04月 ~ 2020年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:グリオーマは脳に発生する悪性腫瘍で、原発性脳腫瘍の約30%を占める。中でも悪性グリオーマの予後は極めて不良である。様々な治療法が試みられている中で、分子標的薬や遺伝子治療は有望な新規治療の一つである。
    本研究の目的としては、研究目的1:分子標的薬(bevacizumab、cilengitideやPD-1阻害剤)と遺伝子治療(新規OVまたはAd-SGE-REIC)との併用について検討する、研究目的2: 分子標的薬(bevacizumab、cilengitideやPD-1阻害剤)と遺伝子治療(新規OVまたはAd-SGE-REIC)との併用効果のメカニズムを調べる、である。
    本年度は、分子標的薬bevacizumab、cilengitide、PD-1阻害剤や腫瘍溶解ウイルス、Ad-SGE-REICなどについて、本研究のセットアップを行った。腫瘍はU87dEGFRなどのヒト脳腫瘍細胞系列や脳腫瘍患者から承諾を得て採取した腫瘍由来細胞を用いて、脳腫瘍マウスまたはラットモデルを作製し、生存期間や腫瘍径を調べた。さまざまな脳腫瘍モデル(幹細胞、モデルも含む)を用い、同様の効果がえられるか否かを検討した。
    来年度は分子標的薬bevacizumab、cilengitideまたはPD-1阻害剤との併用について生存期間などを調べる。どの組み合わせがよいか検討する。さらには遺伝子治療単独と、分子標的薬と遺伝子治療との併用における、血管透過性の亢進、ウイルス力価の評価、ウイルス由来のgene量または、mRNA量、炎症・免疫細胞の浸潤などについて調べる。

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:新規OVと分子標的薬の併用療法 (The combination therapy of novel oncolytic virus with molecular targeted drug)

    研究期間:2014年04月 ~ 2017年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:我々は新規分子標的薬(Cilengitide)と併用によりOV治療の効果を増強することができたが、この結果を発展させるために、オンコリティックウイルスや薬剤について、本研究のセットアップを行っている。第二種使用等拡散防止措置確認の申請を行い、審査を通過した。
    代替実験として、34.5ENVEのプロトタイプとなる RAMBOを使用した。抗浸潤作用の実験を行っており、Cilengitideの抗浸潤効果とRAMBOの抗浸潤効果の相乗効果が得られた。さらに、bevacizumab誘導性浸潤モデルにてRAMBOを使用することにより抗浸潤効果を得ることができた。 34.5ENVEのコントロール実験とする予定である。

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:新規OVと分子標的薬の併用療法

    研究期間:2014年04月 ~ 2017年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:本研究では、腫瘍微小環境をターゲットとした分子標的薬と新規腫瘍溶解ウイルス(OV: 34.5ENVE)との併用による治療効果について実験する。次に分子標的薬と新規OV 治療との併用療法による相乗効果についてのメカニズムを調べ、OV の効果をさらに増強させる因子を探していく。応募者らは過去に、OV をより効果的な治療戦略とするため悪性グリオーマに対するOV を用いた腫瘍微小環境についての研究を行ってきた。この研究で我々が得た結果では、新規分標的薬cRGD ペプタイド(Cilengitde)を用いて炎症を抑え、OV による抗腫瘍効果をより増強し、治療効果を高めることができた。さらに我々は抗血管新生作用を持つvasculostatin という蛋白を発現する新規OVであるRAMBO (for Rapid Antiangiogenesis Mediated By Oncolytic virus)を使用し、単独の治療効果、Cilengitide との併用効果を得ることができた。最近の報告では、YooらはOVである34.5ENVE(viral ICP34.5 Expressed by Nestin promotor and Vstat120 Expressing)を作製している。Nestin promoterにてICP34.5 がドライブされることにより増殖が促進される。また、同時に血管新生作用を持つvasculostatin を発現するOV である。我々は新規分子標的薬(Cilengitide)と併用によりOV治療の効果を増強することができたが、この結果を発展させるために、オンコリティックウイルスや薬剤について、本研究のセットアップを行っている。第二種使用等拡散防止措置確認の申請をしているところである。

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:新規OVと分子標的薬の併用療法

    研究期間:2014年04月 ~ 2017年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:本研究の目的としては、腫瘍微小環境をターゲットとした分子標的薬と新規腫瘍溶解ウイルス(OV: 34.5ENVE)との併用による治療効果について実験する。次に分子標的薬と新規OV治療との併用療法による相乗効果についてのメカニズムを調べ、OV の効果をさらに増強させる因子を探していく。
    過去に、我々はOV をより効果的な治療戦略とするため悪性グリオーマに対するOV を用いた腫瘍微小環境についての研究を行ってきた。この研究で我々が得た結果では、新規分標的薬cRGD ペプタイド(Cilengitde)を用いて炎症を抑え、OV による抗腫瘍効果をより増強し、治療効果を高めることができた。さらに我々は抗血管新生作用を持つvasculostatin という蛋白を発現する新規OVであるRAMBO (for Rapid Antiangiogenesis Mediated By Oncolytic virus)を使用し、単独の治療効果、Cilengitide との併用効果を得ることができた。共同研究施設においてYoo らは新規OVである34.5ENVE (viral ICP34.5 Expressed by Nestin promotor andVstat120 Expressing)を作製した。Nestin promoterにてICP34.5がドライブされることにより増殖が促進される。また、同時に血管新生作用を持つvasculostatin を発現する。彼らはこのウイルスを用いてヒト脳腫瘍マウスモデルにおいて有意な治療効果を得た。現在、本研究のセットアップを行っているところである。併用にて使用するインテグリン阻害剤に関しては、bevacizumab誘導脳腫瘍浸潤性変化に対する浸潤抑制効果を示すことができた。今後、OVのセットアップを行う。さらに、新規OV34.5ENVE の効果について検証し、インテグリン阻害剤との併用効果について検討する。

全件表示 >>

 

公開講座・講演会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    講座、講演会等種類:公開講座

    開催日:2016年11月

    講座等名:第59回総合キャンサーボード─脳腫瘍の最新治療アプローチ─

    講義題名:グリオーマの化学療法の現状と新規治療

    主催者:岡山大学病院 腫瘍センター
    岡山大学医師会
    中国・四国広域がんぷろ養成コンソーシアム

    対象者:岡山大学病院 医師、歯科医師、研修医、メディカルスタッフ、医歯薬看護学生、大学院生、院外医療従事者

    開催地,会場:岡山大学鹿田キャンパス内 マスカットキューブ3F

診療活動・医療支援 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    治験,臨床研究の実績:(介入研究)再発膠芽腫に対する用量強化テモゾロミド+ベバシズマブ逐次併用療法をベバシズマブ療法と比較する多施設共同ランダム化第III相試験:研究分担者
    (介入研究)初発中枢神経系原発悪性リンパ腫に対する照射前大量メトトレキサート療法+放射線治療と,照射前大量メトトレキサート療法+テモゾロミド併用放射線治療+テモゾロミド維持療法とのランダム化比較試験:JCOG1114 (JCOG─バイオバンク・ジャパン連携バイオバンクへの試料の提供):研究分担者
    (臨床研究)中枢神経系原発悪性リンパ腫腫瘍細胞および周辺組織におけるPD-L1の発現の解析:研究分担者
    (観察研究:早期承認)深部脳腫瘍に対するViewsite併用手術の有用性の判定:研究責任者
    (観察研究:早期承認)トルコ鞍部病変に対する経蝶形骨洞手術後の低Na血症についての検討:研究責任者
    (観察研究:迅速審査)悪性脳腫瘍の新たなバイオマーカー及び分子標的の探索とそれらの臨床応用に向けた多施設共同研究による遺伝子解析:研究分担者
    (観察研究:迅速審査)一般社団法人日本脳神経外科学会データベース研究事業(Japan Neurosurgical Database:JND):研究分担者

  • 年度:2016年度

    治験,臨床研究の実績:(臨床研究)初発膠芽腫に対するカルムスチン脳内留置用剤および放射線療法併用テモゾロミド、ベバシズマブ療法の有効性・安全性を検討する第II相臨床試験 (RADICAL)(2016.4.19 分担研究者)
    (観察研究:早期承認)磁場式ナビゲーション下神経内視鏡手術における術中VEPモニタリングのセッティング条件 2016.9.2承認(研究責任者)