所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 口腔顎顔面外科学分野

職名 【 表示 / 非表示

助教

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

外科系歯学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

外科系歯学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:プロポリスの抗腫瘍効果

    研究課題概要:

  • 研究課題名:口腔癌の増殖,浸潤,転移における血管ならびにリンパ管新生に関する研究

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 会議名称:第35回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会

    開催期間:2017年01月

    題目又はセッション名:Stage I,II舌扁平上皮癌の臨床病理組織学的検討〜深達度による比較〜

    発表形態:口頭(一般)

    発表者名(共同発表者含):吉田祥子,岸本晃治,村瀬友里香,長塚 仁,佐々木 朗

  • 会議名称:第64回日本口腔科学会中国・四国地方部会

    開催期間:2016年10月

    題目又はセッション名:舌表在癌の臨床病理学的特徴から診断と治療を再考する

    発表形態:シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)

    発表者名(共同発表者含):岸本晃治, 吉田祥子, 伊原木聰一郎,吉岡徳枝,奥井達雄,矢尾真弓,國定勇希,村瀬友里香,西山明慶,志茂 剛,柳 文修,長塚 仁,佐々木 朗

  • 会議名称:第34回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会

    開催期間:2016年01月

    題目又はセッション名:舌表在癌の臨床病理学的検討

    発表形態:シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)

    発表者名(共同発表者含):岸本晃治 ,吉田祥子 ,柳 文修 ,銅前昇平 ,村瀬友里香 ,長塚 仁 ,佐々木 朗

全件表示 >>

 

写真

氏名

岸本 晃治 (キシモト コウジ)

KISHIMOTO Koji

所属専攻講座

医歯薬学総合研究科

職名

助教

性別

男性

研究室住所

(日)岡山県岡山市北区鹿田町2-5-1

(英)2-5-1 Shikata-cho Kita-ku, Okayama 700-8525, Japan

研究室電話

(日)086-235-6702

(英)81-86-235-6702

研究室FAX

(日)086-235-6704

(英)81-86-235-6704

研究分野・キーワード

(日)外科系歯学

(英)Oral surgery

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:広島大学

    学校の種類:大学

    学部名:歯学部

    学科名:歯学

    卒業年月:1986年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:岡山大学

    研究科名:歯学研究科

    専攻名:歯学

    修了課程:博士課程

    修了年月:1990年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:歯学博士

    学位の分野名:外科系歯学 (Surgical odontology)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:課程

    取得年月:1990年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:医歯薬学総合研究科

    経歴名:助教 (Assistant Professor)

    職務期間:2004年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本口腔外科学会 /  日本国 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • 日本癌学会 /  日本国 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • 日本口腔腫瘍学会 /  日本国 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • 日本口腔科学会 /  日本国 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • 日本癌治療学会 /  日本国 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 外科系歯学 (Surgical odontology)

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:プロポリスの抗腫瘍効果 (Anti-tumor effects of propolis)

    キーワード:プロポリス,抗腫瘍効果 (propolis,Anti-tumor effects)

    研究態様:

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:

    専門分野(科研費分類):外科系歯学

    専門分野(researchmap分類):

  • 研究課題名:口腔癌の増殖,浸潤,転移における血管ならびにリンパ管新生に関する研究 (Study of angiogenesis and lymphargiogenesis on growth invasion and metastasis of coal cancer)

    キーワード:血管新生,リンパ管新生 (Argiogenesis,Lymphangiagenesis)

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:

    専門分野(科研費分類):外科系歯学

    専門分野(researchmap分類):

研修受講歴 【 表示 / 非表示

  • 緩和ケア講習会  ( 2016年01月 )

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:口腔腫瘍学・口腔領域の神経疾患

    担当期間:2019年04月 ~ 2019年06月

    授業形式:専任

    講義内容またはシラバス:顎顔面領域の神経解剖および神経疾患についての講義を行う

  • 年度:2019年度

    授業科目:口腔外科治療学(実習(臨床実習))

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:専任

  • 年度:2019年度

    授業科目:口腔顎顔面外科学I(講義・演習)

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:専任

  • 年度:2019年度

    授業科目:口腔外科治療学(講義・演習)

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:口腔外科疾患病棟管理学(実習(臨床実習))

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

全件表示 >>

FDに取り組む姿勢 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    わかりやすい授業を行うにはどうすべきか、「楽しい」授業とは、などということについて研鑚を重ねている。毎年、授業のためのわかりやすいスライドの充実に努めている。学生の理解度を確認するために、一般の講義に加えて、問題形式の講義を取り入れている。
    また、在宅・訪問歯科診療を始めとしたFDに関する研修会にも積極的に参加した。

  • 年度:2017年度

    わかりやすい授業を行うにはどうすべきか、「楽しい」授業とは、などということについて研鑚を重ねている。毎年、授業のためのわかりやすいスライドの充実に努めている。今後も、授業改善アンケートの内容に沿って、授業をなお一層充実させて行く予定である。
    在宅・訪問歯科診療を始めとしたFDに関する研修会にも積極的に参加した。

  • 年度:2016年度

    わかりやすい授業を行うにはどうすべきか、「楽しい」授業とは、などということについて研鑚を重ねている。毎年、授業のためのわかりやすいスライドの充実に努めている。今後も、授業改善アンケートの内容に沿って、授業をなお一層充実させて行く予定である。
    在宅・訪問歯科診療を始めとしたFDに関する研修会にも積極的に参加した。

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Oral Squamous Cell Carcinoma-derived Sonic Hedgehog Promotes Angiogenesis

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Anticancer Research, Anticancer research37巻 12号 (頁 6731 ~ 6737)

    発行年月:2017年12月

    著者氏名(共著者含):Hiromasa Kuroda,Naito Kurio,Tsuyoshi Shimo*,Kenichi Matsumoto,Masanori Masui,Kiyofumi Takabatake*,Tatsuo Okui*,Soichiro Ibaragi*,Yuki Kunisada,Kyoichi Obata,Norie Yoshioka*,Koji Kishimoto*,Hitoshi Nagatsuka*,Akira Sasaki*

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Role of neurokinin 3 receptor signaling in oral squamous cell carcinoma

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Anticancer Research, Anticancer research37巻 11号 (頁 6119 ~ 6123)

    発行年月:2017年11月

    著者氏名(共著者含):Kyoichi Obata,Tsuyoshi Shimo*,Tatsuo Okui*,Kenichi Matsumoto,Hiroyuki Takada,Kiyofumi Takabatake*,Yuki Kunisada,Soichiro Ibaragi*,Norie Yoshioka*,Koji Kishimoto*,Hitoshi Nagatsuka*,Akira Sasaki*

    共著区分:共著

    DOI:10.21873/anticanres.12060

  • 論文題目名:Orthognathic surgery during breast cancer treatment?A case report

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:International Journal of Surgery Case Reports31巻 (頁 30 ~ 34)

    発行年月:2017年01月

    著者氏名(共著者含):Tsuyoshi Shimo*,Norie Yoshioka*,Masahiro Nakamura*,Soichiro Ibaragi*,Tatsuo Okui*,Yuki Kunisada,Masanori Masui,Mayumi Yao,Koji Kishimoto*,Shoko Yoshida,Akiyoshi Nishiyama*,Hiroshi Kamioka*,Akira Sasaki*

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.ijscr.2016.12.014

  • 論文題目名:口角瘻を合併した先天性下唇瘻の1例

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:日本口腔外科学会雑誌62巻 10号 (頁 534 ~ 538)

    発行年月:2016年10月

    著者氏名(共著者含):村瀬友里香,岸本晃治,吉田祥子,銅前昇平,志茂 剛,佐々木 朗

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Gardner症候群患者に認められた巨大な下顎骨骨腫の1例

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:日本口腔外科学会雑誌 62巻 9号 (頁 466 ~ 470)

    発行年月:2016年09月

    著者氏名(共著者含):吉田祥子,岸本晃治,村瀬友里香,高倉裕明,銅前昇平,佐々木 朗

    共著区分:共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:平成29-31年度科学研究費補助金(基盤研究C)実績報告書

    記述言語:日本語

    著書種別:その他

    出版機関名:Angiogeninの活性阻害剤N65828による口腔癌分子標的治療への展開

    発行日:2018年04月

    著者名:

    著書形態:単著

  • 著書名:平成29-31年度科学研究費補助金(基盤研究C)実績報告書

    記述言語:日本語

    著書種別:その他

    出版機関名:Angiogeninの活性阻害剤N65828による口腔癌分子標的治療への展開

    発行日:2017年04月

    著者名:

    著書形態:単著

  • 著書名:平成26-28年度科学研究費補助金(基盤研究C)実績報告書

    記述言語:日本語

    著書種別:その他

    出版機関名:Angiogeninの分泌阻害剤terrein配糖体の新規口腔癌治療薬への応用

    発行日:2016年04月

    著者名:

    著書形態:単著

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第72回日本口腔科学会学術集会

    開催場所:名古屋

    開催期間:2018年05月

    題目又はセッション名:当科における歯原性腫瘍症例の臨床的検討

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第36回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会

    開催場所:新潟

    開催期間:2018年01月

    題目又はセッション名:舌扁平上皮癌の進行度評価における新TNM分類の有用性

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第36回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会

    開催場所:新潟

    開催期間:2018年01月

    題目又はセッション名:進行癌に対するセツキシマブの臨床経験

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第36回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会

    開催場所:新潟

    開催期間:2018年01月

    題目又はセッション名:頬脂肪体を用いて再建を行った舌癌の1症例

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第62回(公社)日本口腔外科学会総会

    開催場所:京都

    開催期間:2017年10月

    題目又はセッション名:エナメル上皮腫に対する治療法の臨床的検討

全件表示 >>

共同研究(外部資金無し) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    相手方組織名称:Guo-fu Hu, Molecular Oncology Research Institute, Tufts Medical Center

    研究課題等:Angiogeninを標的とした口腔癌治療

    研究テーマにおける役割:Angiogeninの各種インヒビターを用い、口腔扁平上皮癌に対する抗腫瘍作用を検討する。

  • 年度:2017年度

    相手方組織名称:Guo-fu Hu, Molecular Oncology Research Institute, Tufts Medical Center

    研究課題等:Angiogeninを標的とした口腔癌治療

    研究テーマにおける役割:Angiogeninの各種インヒビターを用い、口腔扁平上皮癌に対する抗腫瘍作用を検討する。

  • 年度:2016年度

    相手方組織名称:Guo-fu Hu, Molecular Oncology Research Institute, Tufts Medical Center

    研究課題等:Angiogeninを標的とした口腔癌治療

    研究テーマにおける役割:Angiogeninの各種インヒビターを用い、口腔扁平上皮癌に対する抗腫瘍作用を検討する。

 

診療活動・医療支援 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    医療活動の実績:口腔癌の術後や外傷による顎堤欠損症例の骨移植およびインプラント治療を積極的に行っている。2018年度は中央手術室で口腔癌を中心に全身麻酔手術の執刀を行った。また、各地域で、口腔がん検診を行った。

    治験,臨床研究の実績:口腔がんの臨床統計を行い、治療法の検討を行った。

    医療教育の実績:5年および6年の学生に対して、口腔外科に関する臨床予備実習と臨床実習(抜歯手技を中心)の教育指導を担当した。そして、卒後研修医に対しては、病棟業務を中心に教育を行った。また、臨床系大学院生に対しては、口腔癌の臨床統計および病理組織学的研究を指導した。さらに、院外からの、歯科衛生士実習生の臨床教育にあたった。

    医療支援:近隣の医療機関からの自分個人宛の紹介患者を本年度は約60人診察・治療し、病院連携を保っている。また、津山中央病院と三豊総合病院で、これらの地域の口腔外科的疾患を持つ患者や、障害者を中心に診察・治療を行った。さらに、歯科医師会の歯科医師を対象に、口腔がん検診研修会を開催した。

他機関等における教育支援 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    他機関名:各歯科衛生士専門学校学生

    活動内容:歯学部附属病院における歯科衛生士学生の臨床実習に協力し、間近に口腔外科の疾患、その治療に実際に接する機会を与え、学生の質問に対して答え、知識の向上に寄与している。

  • 年度:2017年度

    他機関名:各歯科衛生士専門学校学生

    活動内容:歯学部附属病院における歯科衛生士学生の臨床実習に協力し、間近に口腔外科の疾患、その治療に実際に接する機会を与え、学生の質問に対して答え、知識の向上に寄与している。

  • 年度:2016年度

    他機関名:各歯科衛生士専門学校学生

    活動内容:歯学部附属病院における歯科衛生士学生の臨床実習に協力し、間近に口腔外科の疾患、その治療に実際に接する機会を与え、学生の質問に対して答え、知識の向上に寄与している。

 

全学的な実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2010年度

    委員会等の名称:腫瘍センター運営委員

    役職:その他

    任期:2008年04月 ~ 継続中

    貢献の実績:腫瘍センター運営委員佐々木教授の代理として運営会議に参加し、外来癌化学療法治療プロトコール、院内癌登録、緩和ケアチーム等の整備に貢献した。

  • 年度:2010年度

    委員会等の名称:中央手術部連絡委員会

    役職:委員

    任期:2008年04月 ~ 継続中

    貢献の実績:手術枠の管理・運営と手術件数の調整、さらに口腔外科関連で必要な手術器具・機械の管理・購入等に尽力を注いだ。また、新中央診療棟手術室の設計と設備品選定にヒアリングメンバーとして貢献した。

  • 年度:2010年度

    委員会等の名称:病棟医長会

    役職:委員

    任期:2008年04月 ~ 継続中

    貢献の実績:病棟間の連絡、整備

  • 年度:2010年度

    委員会等の名称:鹿田地区施設環境整備委員会

    役職:委員

    任期:2008年04月 ~ 継続中

    貢献の実績:鹿田地区施設環境整備に尽力を尽くしている。

  • 年度:2010年度

    委員会等の名称:臨床栄養部運営委員会

    役職:委員

    任期:2008年04月 ~ 継続中

    貢献の実績:入院患者の給食の管理・運営に関して貢献した。また、毎月2回、検食業務を行っている。

全件表示 >>

所属部局等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:臨床実習実施部会

    役職:委員

    任期:2016年04月 ~ 継続中

    貢献の実績:2016〜2017年臨床実習の学生に対する、口腔外科の臨床実習の計画、指導、成績の集計等の全般を担当した。

  • 年度:2016年度

    委員会等の名称:臨床実習実施部会

    役職:委員

    任期:2016年04月 ~ 2017年03月

    貢献の実績:2016〜2017年臨床実習の学生に対する、口腔外科の臨床実習の計画、指導、成績の集計等の全般を担当した。

  • 年度:2016年度

    委員会等の名称:インプラント外来運営委員

    役職:委員

    任期:2012年04月 ~ 継続中

    貢献の実績:インプラント診療に関する取り決め等に貢献した。

  • 年度:2015年度

    委員会等の名称:インプラント外来運営委員

    役職:委員

    任期:2012年04月 ~ 継続中

    貢献の実績:インプラント診療に関する取り決め等に貢献した。

  • 年度:2014年度

    委員会等の名称:インプラント外来運営委員。

    役職:委員

    任期:2012年04月 ~ 継続中

    貢献の実績:インプラント診療に関する取り決め等に貢献した。

全件表示 >>

所属講座等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:手術予定管理係
    入院カルテ監査

    役職:その他

    貢献の実績:手術予定管理(手術枠の調整と手術部との交渉にあたった.)
    入院カルテ監査

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:手術予定管理係
    入院カルテ整理係

    役職:その他

    貢献の実績:手術予定管理(手術枠の調整と手術部との交渉にあたった.)
    入院カルテ整理

  • 年度:2016年度

    委員会等の名称:手術予定管理係
    入院カルテ整理係

    役職:その他

    貢献の実績:手術予定管理(手術枠の調整と手術部との交渉にあたった.)
    入院カルテ整理