所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

東京大学生産技術研究所 研究員

職名 【 表示 / 非表示

教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

応用生物化学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

セレン生物化学,レドックス生物化学,量子酵素化学,放線菌の二次代謝酵素

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:含フッ素ヌクレオシド系抗生物質の研究

    研究課題概要:放線菌の含フッ素ヌクレオシド系抗生物質生産に関わる遺伝子を植物で発現させてフッ素汚染環境の浄化と太陽光を利用した有機フッ素素材の生産を行う。

  • 研究課題名:Study on Selenoenzymes

  • 研究課題名:分子軌道計算に基づくチオレドキシン還元酵素の精密分子設計

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:A non-radioactive assay for selenophosphate synthetase activity using recombinant pyruvate pyrophosphate synthetase from Thermus thermophilus HB8

    掲載誌名:Biosci Biotechnol Biochem80巻 10号 (頁 1970 ~ 1972)

    発行年月:2016年10月

    著者氏名(共著者含):

  • 論文題目名:Molecular evolution of gas cavity in [NiFeSe] hydrogenases resurrected in silico

    掲載誌名:Scientific Reports6巻 (頁 19742 ~ )

    発行年月:2016年01月

    著者氏名(共著者含):

  • 論文題目名:Identification and characterization of the zosA gene involved in copper uptake in Bacillus subtilis 168

    掲載誌名:Biosci Biotechnol Biochem80巻 3号 (頁 600 ~ 609)

    発行年月:2016年03月

    著者氏名(共著者含):

 

写真

氏名

田村 隆 (タムラ タカシ)

TAMURA Takashi

特記事項

第1種放射線取扱主任者

所属専攻講座

環境生命科学研究科

職名

教授

性別

男性

研究室住所

(日)岡山市津島中1-1-1

(英)1-1-1Tsushima-naka

研究室電話

(日)086-251-8293

(英)81-86-251-8293

研究室FAX

(日)086-251-8388

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

(日)セレン生物化学,レドックス生物化学,量子酵素化学,放線菌の二次代謝酵素

(英)Selenium, Fluorine, redox

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:岡山大学

    学校の種類:大学

    学部名:農学部

    学科名:農芸化学

    卒業年月:1988年03月

    卒業区分:

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:京都大学

    研究科名:農学研究科

    専攻名:農芸化学

    修了課程:博士課程

    修了年月:1993年03月

    修了区分:

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(農学)

    学位の分野名:応用微生物学 (Applied microbiology)

    学位授与機関名:京都大学 (Kyoto University)

    取得方法:課程

    取得年月:1993年05月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:環境生命科学研究科

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2013年04月 ~ 継続中

  • 職務遂行組織:自然科学研究科

    経歴名:准教授 (Associate Professor)

    職務期間:2004年04月 ~ 2013年04月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:東京大学生産技術研究所

    経歴名:研究員

    経歴期間:2010年04月 ~ 継続中

  • 所属(勤務)先:理化学研究所播磨研究所

    経歴名:研究員

    経歴期間:2010年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本農芸化学会 /  日本国 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • 日本生化学会 /  日本国 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 応用生物化学 (Applied Biochemistry)

  • 食品科学 (Food science)

  • 生物生産化学・生物有機化学 (Biological production chemistry/biological organic chemistry)

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:含フッ素ヌクレオシド系抗生物質の研究

    キーワード:含フッ素有機化合物,生合成酵素,遺伝子組換え植物

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2006年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):応用微生物学 、応用生物化学

    専門分野(researchmap分類):

  • 研究課題名:Study on Selenoenzymes (Study on Selenoenzymes)

    キーワード:Sulfur,Selenium,Tellurium (Sulfur,Selenium,Tellurium)

    研究態様:

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:

    専門分野(科研費分類):応用生物化学 、生物生産化学・生物有機化学

    専門分野(researchmap分類):

  • 研究課題名:分子軌道計算に基づくチオレドキシン還元酵素の精密分子設計 (Flcorime Bioduenistry)

    キーワード:量子酵素化学 (organofluorine metabolism)

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:

    専門分野(科研費分類):応用生物化学 、生物生産化学・生物有機化学

    専門分野(researchmap分類):

  • 研究課題名:肺がん細胞のセレン代謝特性の研究

    キーワード:チオレドキシン還元酵素,セレノリン酸合成酵素

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:

    専門分野(科研費分類):応用生物化学 、生物生産化学・生物有機化学

    専門分野(researchmap分類):

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    授業科目:分析化学

    担当期間:2018年12月 ~ 2019年02月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:応用微生物学2-2

    担当期間:2018年12月 ~ 2019年02月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:応用酵素開発学

    担当期間:2018年10月 ~ 2019年03月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:バイオ特許入門

    担当期間:2018年10月 ~ 2019年03月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:微生物遺伝子化学演習

    担当期間:2018年10月 ~ 2019年03月

    授業形式:

全件表示 >>

教育対象学生数 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    卒業論文指導学生: 5人

    修士論文指導学生: 7人

    博士論文指導学生: 0人

  • 年度:2017年度

    卒業論文指導学生: 4人

    修士論文指導学生: 9人

    博士論文指導学生: 0人

  • 年度:2016年度

    卒業論文指導学生: 4人

    修士論文指導学生: 10人

    博士論文指導学生: 1人

  • 年度:2015年度

    卒業論文指導学生: 4人

    修士論文指導学生: 7人

    博士論文指導学生: 1人

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Molecular evolution of gas cavity in [NiFeSe] hydrogenases resurrected in silico

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Scientific Reports6巻 (頁 19742 ~ )

    発行年月:2016年01月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

    DOI:10.1038/srep19742

  • 論文題目名:Identification and characterization of the zosA gene involved in copper uptake in Bacillus subtilis 168

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Biosci Biotechnol Biochem80巻 3号 (頁 600 ~ 609)

    発行年月:2016年03月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

    DOI:10.1080/09168451.2015.1107462

  • 論文題目名:Structural and mechanistic insights into homocysteine degradation by a mutant of methionine γ-lyase based on substrate-assisted catalysis

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Protein Science26巻 6号 (頁 1224 ~ 1230)

    発行年月:2017年06月

    著者氏名(共著者含):Dan Sato,Tomoo Shiba,Shunsuke Yunoto,Kazuo Furutani,Mitsuki Fukumoto,Daizou Kudou,Takashi Tamura*,Kenji Inagaki*,Shigeharu Harada

    共著区分:共著

    DOI:10.1002/pro.3158

  • 論文題目名:Gene cloning, recombinant expression, purification and characterization of l-methionine decarboxylase from Streptomyces sp. 590

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Biochemistry, Journal of biochemistry161巻 4号 (頁 389 ~ 398)

    発行年月:2017年04月

    著者氏名(共著者含):Masaya Hayashi,Akane Okada,Kumiko Yamamoto,Tomomi Okugochi ,Chika Kusaka,Daizou Kudou,Michiko Nemoto*,Junko Inagaki*,Yuu Hirose,Toshihide Okajima,Takashi Tamura*,Kenji Soda,Kenji Inagaki*

    共著区分:共著

    DOI:10.1093/jb/mvw083

  • 論文題目名:The hyperthermophilic cystathionine c-synthase from the aerobic crenarchaeon Sulfolobus tokodaii

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Acta Crystallographica Section F:Structural Biology Communications, Acta Crystallographica Section F: Structural Biology and Crystallization Communications, Acta Crystallographica Section:F Structural Biology Communications73巻 (頁 152 ~ 158)

    発行年月:2017年01月

    著者氏名(共著者含):Dan Sato,Tomoo Shiba,Sae Mizuno,Ayaka Kawamura,Shoko Hanada,Tetsuya Yamada,Mai Shinozaki,Masahiko Yanagitani,Takashi Tamura*,Kenji Inagaki*,Shigeharu Harada

    共著区分:共著

    DOI:10.1107/S2053230X17002011

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:ラジカル転移反応を触媒するピリドキサール酵素の量子化学計算

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:ビタミン91巻 5-6号 (頁 355 ~ 360)

    出版機関名:日本ビタミン学会

    発行年月:2017年06月

    著者氏名(共著者含):田村 隆

    共著区分:単著

  • 題目:量子化学計算が解き明かすピリドキサール酵素の反応機構

    記述言語:日本語

    掲載種別:学会誌

    掲載誌名:ビタミン89巻 (頁 281 ~ 285)

    出版機関名:

    発行年月:2016年06月

    著者氏名(共著者含):田村 隆

    共著区分:単著

学術雑誌編集委員 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    学術雑誌名:Biosci Biotechnol Biochem.

    委員長/委員等の種類:委員

  • 年度:2016年度

    学術雑誌名:ビタミン

    委員長/委員等の種類:委員長

論文査読 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    件数:4件

    学術雑誌名:Biosci.Biotechnol.Biochem.

  • 年度:2015年度

    件数:2件

    学術雑誌名:Biosci Biotech Biochem 1
    J Biosci Bioeng. 1

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:Extremophile2018

    開催期間:2018年09月

    題目又はセッション名:Invention of Protein Thermal Refolding (PTR)

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:Extremophile2018

    開催期間:2018年09月

    題目又はセッション名:Tagging [NiFeSe] hydrogenase in Desulfovibrio alaskensis G20

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部合同大会

    開催期間:2017年09月

    題目又はセッション名:新規[NiFeSe]ヒドロゲナーゼの探索とアフィニティタグ配列導入の検討

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本放線菌学会

    開催期間:2017年09月

    題目又はセッション名:酸や熱ショックがS.incarnatusのシネフンギン生産に及ぼす影響

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本農芸化学会中四国支部第47回講演会

    開催期間:2017年01月

    題目又はセッション名:放線菌のrpoB遺伝子改変を目的としたマーカーレスゲノム改変技術

全件表示 >>

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 日本農芸化学会

    役職・役割名:BBB編集委員

    活動期間:2016年04月 ~ 継続中

  • 日本農芸化学会

    役職・役割名:BBB編集委員

    活動期間:2016年04月 ~ 継続中

報道機関発表 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    全国版/地方版別:地方版

    メディアの種類:山陽新聞

    会社名等:山陽新聞

    番組名等及び内容:アオコの増殖を抑制するバイオ燃料電池の開発

発明・工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 工業所有権区分:特許

    発明の名称:変異型RNAポリメラーゼβサブユニット遺伝子

    発明(考案)者名:田村 隆

    登録番号:6139139

    登録日:2017年05月12日

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 資金名称:岡山県特別電源

    研究題目:アオコの発生を抑制するバイオ燃料電池の開発

    研究期間:2017年06月 ~ 2018年02月

    資金支給機関:地方自治体

  • 資金名称:岡山県特別電源

    研究題目:アオコの発生を抑制するバイオ燃料電池の開発

    研究期間:2017年06月 ~ 2018年02月

    資金支給機関:地方自治体

 

高大連携 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    高大連携の種類:学部紹介

    高校名等:岡山県立倉敷古城池高等学校
    岡山県立岡山朝日高校

    実施日時,時間数:2時間x2

    活動内容:学部紹介
    校内・フィールドサイエンスセンター見学

  • 年度:2016年度

    高大連携の種類:講義

    高校名等:岡山県立津山高等学校
    福山市立福山高等学校

    実施日時,時間数:2016/07/14(津山高校)
    2016/10/26(福山高校)

    活動内容:模擬授業 1時間 4回

  • 年度:2015年度

    高大連携の種類:学部紹介

    高校名等:2015/7/2 高知県立追手前高校
    2015/10/15岡山県立岡山一宮高校
    2015/11/19岡山県立芳泉高校

    実施日時,時間数:13-15時

    活動内容:学部紹介
    学部・フィールドサイエンスセンター見学

  • 年度:2015年度

    高大連携の種類:講義

    高校名等:広島県立府中高等学校

    実施日時,時間数:2015/12/8

    活動内容:模擬授業 1時間 

国際貢献(受入実績) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    外国人留学生数:1人

 

部局長などの実績 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    役職:その他

    職名:分析計測部門部門長

    任期:2018年04月 ~ 2019年03月

  • 年度:2018年度

    役職:その他

    職名:自然生命科学研究支援センター副センター長

    任期:2018年04月 ~ 2019年03月

  • 年度:2017年度

    役職:その他

    職名:分析計測部門部門長

    任期:2017年04月 ~ 2018年03月

  • 年度:2016年度

    役職:その他

    職名:分析計測部門部門長

    任期:2016年04月 ~ 2018年03月

全学的な実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:設備・技術サポート推進室運営会議

    役職:委員

    任期:2017年04月 ~ 継続中

  • 年度:2011年度

    委員会等の名称:放射性同位元素等安全管理委員会

    役職:委員

    任期:2006年04月 ~ 継続中

  • 年度:2010年度

    委員会等の名称:放射性同位元素等安全管理委員会

    役職:委員

    任期:2006年04月 ~ 継続中

全学的な実績(委員以外) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    貢献の項目と割合等:放射性同位元素取扱主任者 農学部施設
    放射線規制室による立ち入り検査に対応(2017/1/24)

所属部局等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:学部運営会議

    役職:委員

    任期:2014年04月 ~ 2015年03月

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:学部運営会議

    役職:委員

    任期:2014年04月 ~ 2015年03月