所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

自然科学研究科

職名 【 表示 / 非表示

講師

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

情報学基礎

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

自然言語処理 語彙意味論 用語抽出

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:小論文採点支援システムの研究

    研究課題概要:自由度のある記述式答案に対して自動で採点する手法を研究開発する.

  • 研究課題名:述語項構造辞書構築と類義表現獲得の研究

  • 研究課題名:意味役割および概念フレーム付与システムの研究

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Japanese Semantic Role Labeling with Hierarchical Tag Context Trees

    掲載誌名:Proceedings of PACLING2015 (頁 184 ~ 189)

    発行年月:2015年05月

    著者氏名(共著者含):Yasuhiro Ishihara, Koichi Takeuchi

  • 論文題目名:Annotating Semantic Role Information to Japanese Balanced Corpus

    掲載誌名:Proceedings of MAPLEX 2015

    発行年月:2015年02月

    著者氏名(共著者含):Koichi Takeuchi, Masayuki Ueno, Nao Takeuchi

  • 論文題目名:Terminology-driven Augumentation of Bilingual Terminologies

    掲載誌名:Proceedings of the XIV Machine Translation Summit (頁 3 ~ 10)

    発行年月:2013年09月

    著者氏名(共著者含):Koichi Sato, Koichi Takeuchi, Kyo Kageura

 

写真

氏名

竹内 孔一 (タケウチ コウイチ)

TAKEUCHI Koichi

所属専攻講座

自然科学研究科

職名

講師

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)自然言語処理 語彙意味論 用語抽出

(英)natural language processing, lexical semantics, terminology,

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:奈良先端科学技術大学院大学

    研究科名:情報科学研究科

    専攻名:情報処理学

    修了課程:博士課程

    修了年月:1998年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(工学) (Doctor of Engineering)

    学位の分野名:情報科学 (Information Science)

    学位授与機関名:奈良先端科学技術大学院大学 (Nara Institute of Science and Technology)

    取得方法:課程

    取得年月:1998年03月

  • 学位名:修士(工学) (Master of Engineering)

    学位の分野名:情報科学 (Information Science)

    学位授与機関名:奈良先端科学技術大学院大学 (Nara Institute of Science and Technology)

    取得方法:論文

    取得年月:1995年09月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:自然科学研究科

    経歴名:講師 (Senior Assistant Professor)

    職務期間:2003年12月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 電子情報通信学会 (The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers)  /  日本国 ( 2014年05月 ~ 2016年05月 )

    役職・役割名:委員長

    (Chair)

    活動期間:2014年05月 ~ 2016年05月

    活動内容:言語理解とコミュニケーション研究会の運営

  • 言語処理学会 (The Association for Natural Language Processing)  /  日本国 ( 2013年09月 ~ 2015年08月 )

    役職・役割名:論文誌編集委員

    活動期間:2013年09月 ~ 2015年08月

  • 電子情報通信学会 /  日本国 ( 1994年04月 ~ 継続中 )

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 情報学基礎 (Fundamental informatics)

  • 言語学 (Linguistics)

  • 知能情報学 (Intelligent informatics)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 知能情報学

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:小論文採点支援システムの研究

    キーワード:小論文 自動採点 採点支援

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:2016年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):知能情報学

    専門分野(researchmap分類):知能情報学

  • 研究課題名:述語項構造辞書構築と類義表現獲得の研究 (Construction of predicate argument strcuture thesaurus and extraction of similar phrases)

    キーワード:語彙意味論,語彙概念構造,含意認識 (lexical semantics, linguistics, textual entailment)

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2004年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):知能情報学 、情報学基礎 、言語学

    専門分野(researchmap分類):自然語処理

    研究内容:述語を中心とした意味構造と類義表現の同定システムを構築する.具体的には「彼が本を買う」は「購入する」と同じであること,また「彼が本を妹に買った」の場合,購入した本は妹の手に渡ることを同定しつつ,類義表現の同定を行う.

  • 研究課題名:意味役割および概念フレーム付与システムの研究 (Identifying semantic roles and frames of predicates in sentences)

    キーワード:意味役割,概念フレーム,述語 (Semantic role labeling, frames, predicates)

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:フロンティア研究

    研究期間:2004年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):情報学基礎

    専門分野(researchmap分類):情報システム工学

  • 研究課題名:用語対抽出に関する研究 (Bilingual term extraction)

    キーワード:専門用語抽出,用語対,翻訳支援

    研究態様:国際共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2004年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):知能情報学 、情報学基礎 、言語学

    専門分野(researchmap分類):自然語処理

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    授業科目:自然言語処理論

    担当期間:2018年10月 ~ 2019年03月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:技術英語

    担当期間:2018年10月 ~ 2019年03月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:表現技法2

    担当期間:2018年10月 ~ 2019年03月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:メディア情報処理論

    担当期間:2018年10月 ~ 2019年03月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:パターン認識と学習

    担当期間:2018年10月 ~ 2018年12月

    授業形式:

全件表示 >>

教育活動に関する受賞 【 表示 / 非表示

  • 賞名:教育貢献賞

    受賞年月:2017年03月

    授与機関:岡山大学工学部

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Construction of Open Essay Writing Data and Automatic Essay Scoring System for Japanese

    記述言語:英語

    掲載種別:国際会議proceedings

    掲載誌名:Proceedings of The 15th International Conference of the Pacific Association for Computational Linguistics (頁 215 ~ 220)

    発行年月:2017年09月

    著者氏名(共著者含):Masayuki Ohno, Koichi Takeuchi, Kota Motojin, Masahiro Taguchi, Yoshihiko Inada, Masaya Iizuka, Tatsuhiko Abo, Hitoshi Ueda

    共著区分:共著

  • 論文題目名:A Method of Augmenting Bilingual Terminology by Taking Advantage of the Conceptual Systematicity of Terminologies

    記述言語:英語

    掲載種別:国際会議proceedings

    掲載誌名:Proceedings of the 5th International Workshop on Computational Terminology

    発行年月:2016年12月

    著者氏名(共著者含):Miki Iwai, Koichi Takeuchi, Kyo Kageura, Kazuya Ishibashi

    共著区分:共著

  • 論文題目名:係り元の末尾表現に着目した Hierarchical Tag Context Tree を利用した日本語意味役割付与システムの構築,

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:情報処理学会論文誌57巻 7号 (頁 1611 ~ 1626)

    発行年月:2016年07月

    著者氏名(共著者含):石原 靖弘, 竹内 孔一

    共著区分:共著

  • 論文題目名:A Mechanical Method for Evaluating Trainee Answers in a Risk Prediction Training System Based on the 4R Method

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Information Engineering Express1巻 3号 (頁 59 ~ 68)

    発行年月:2015年09月

    著者氏名(共著者含):Hirotsugu Minowa, Hiromi Fujimoto, Koichi Takeuchi

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Automatic Evaluation Methods of Trainee’s Answers to Develop a 4R Risk Prediction Training System

    記述言語:英語

    掲載種別:国際会議proceedings

    掲載誌名:4th International Congress on Advanced Applied Informatics (頁 283 ~ 286)

    発行年月:2015年07月

    著者氏名(共著者含):Hirotsugu Minowa, Hiromi Fujimoto, Koichi Takeuchi

    共著区分:共著

    DOI:10.1109/IIAI-AAI.2015.301

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:Computational terminology and filtering of terminological information -Introduction to the special issue-

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Terminology24巻 1号 (頁 1 ~ 6)

    出版機関名:John Benjamins Publishing Company

    発行年月:2018年04月

    著者氏名(共著者含):Patrick Drouin, Natalia Grabar, Thierry Hamon, Kyo Kageura, Koichi Takeuchi,

    共著区分:共著

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:コーパスと自然言語処理

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:朝倉出版

    発行日:2017年12月

    著者名:Koichi Takeuchi

    著書形態:共著

    担当部分:第6章

  • 著書名:Thesaurus with Predicate-Argument Structure to Provide Base Framework to Determine States, Actions, and Change-of-States

    記述言語:英語

    著書種別:著書

    出版機関名:IGI Global

    発行日:2016年07月

    著者名:Koichi Takeuchi

    著書形態:単著

    担当部分:Chapter 7

学術雑誌編集委員 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    学術雑誌名:自然言語処理

    委員長/委員等の種類:委員

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:言語処理学会第24回年次大会

    開催場所:岡山

    開催期間:2018年03月

    題目又はセッション名:小論文自動採点データ構築と理解力および妥当性評価手法の構築

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:電子情報通信学会言語理解とコミュニケーション研究会

    開催期間:2017年09月

    題目又はセッション名:小論文採点支援のための関連文書取得法の考察

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:研究集会

    会議名称:意味と理解の研究会

    開催期間:2017年03月

    題目又はセッション名:述語項構造による言語処理

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:情報処理学会第79回全国大会

    開催期間:2017年03月

    題目又はセッション名:統計的学習モデルを利用した日本語慣用句の意味的曖昧性解消

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:情報処理学会第79回全国大会

    開催期間:2017年03月

    題目又はセッション名:HTML内の並列構造を利用したWebページ上のイベント情報抽出

全件表示 >>

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 言語理解とコミュニケーション研究会 

    役職・役割名:研究専門委員

    活動期間:2018年05月 ~ 2019年06月

    活動内容:研究会の運営補助

  • 言語処理学会

    役職・役割名:大会実行委員長

    活動期間:2017年04月 ~ 2018年06月

    活動内容:年次大会の実行

  • 言語理解とコミュニケーション研究会 

    役職・役割名:研究専門委員

    活動期間:2017年05月 ~ 2018年06月

    活動内容:研究会の運営補助

  • 言語処理学会

    役職・役割名:大会実行委員長

    活動期間:2017年04月 ~ 2018年06月

    活動内容:年次大会の実行

  • 人工知能学会「意味と理解の研究会」

    役職・役割名:幹事

    活動期間:2017年04月 ~ 2018年03月

    活動内容:意味と理解の研究会の運営

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:言語処理及び言語分析を指向した大規模コーパスを利用した述語シソーラスの拡張

    研究期間:2014年04月 ~ 2017年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:言語理論を参考にしつつ,言語処理に利用できる一貫性のある述語シソーラスの構築を行う.

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:言語処理及び言語分析を指向した大規模コーパスを利用した述語シソーラスの拡張

    研究期間:2014年04月 ~ 2017年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:言語理論を参考にしつつ,言語処理に利用できる一貫性のある述語シソーラスの構築を行う.

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:言語処理及び言語分析を指向した大規模コーパスを利用した述語シソーラスの拡張

    研究期間:2014年04月 ~ 2017年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:言語理論を参考にしつつ,言語処理に利用できる一貫性のある述語シソーラスの構築を行う.

  • 研究種目名:萌芽研究

    研究題目:Webからの能動的候補獲得による専門用語対訳辞書の自動拡張

    研究期間:2012年04月 ~ 2015年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:対訳用語クローラーの作成と改善,ネットワークに基づく語彙成長のルーチンの開発

  • 研究種目名:萌芽研究

    研究題目:Webからの能動的候補獲得による専門用語対訳辞書の自動拡張

    研究期間:2012年04月 ~ 2015年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:対訳用語クローラーの作成と改善,ネットワークに基づく語彙成長のルーチンの開発

全件表示 >>