所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

農生命科学専攻 生物機能化学講座

職名 【 表示 / 非表示

助教

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

水圏生命科学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

微生物学 遺伝子工学 バイオミネラリゼーション プロテオミクス

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:珪藻のシリカ殻形成に関する研究

    研究課題概要:

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:A Proteomic Analysis from the Mineralized Radular Teeth of the Giant Pacific Chiton, Cryptochiton stelleri (Mollusca)

    掲載誌名:Proteomics12巻 18号 (頁 2890 ~ 2894)

    発行年月:2012年09月

    著者氏名(共著者含):Nemoto, M., Wang, Q., Li, D., Pan, S., Matsunaga, T. and Kisailus, D.

  • 論文題目名:Identification of a frustule-associated protein of the marine pennate diatom Fistulifera sp. strain JPCC DA0580.

    掲載誌名:Marine genomics16巻 (頁 39 ~ 44)

    発行年月:2014年02月

    著者氏名(共著者含):Nemoto, M., Maeda, Y., Muto, M., Tanaka, M., Yoshino, T., Mayama, S. and Tanaka, T.

  • 論文題目名:Phase Transformations and Structural Developments in the Radular Teeth of Cryptochiton Stelleri

    掲載誌名: Advanced Functional Materials 23巻 (頁 2908 ~ 2917)

    発行年月:2013年01月

    著者氏名(共著者含):Wang, Q., Nemoto, M., Li, D., Weaver, J. C., Weden, B., Stegemeier, J., Bozhilov, K. N., Wood, L. R., Milliron, G. W., Kim, C. S., DiMasi, E. and Kisailus D.

 

写真

氏名

根本 理子 (ネモト ミチコ)

NEMOTO Michiko

所属専攻講座

環境生命科学研究科

職名

助教

性別

女性

研究室住所

(日)岡山市北区津島中1-1-1

(英)1-1-1 Tsushima-naka, Kita-ku, Okayama 700-8530 Japan

研究室電話

(日)086-251-8303

(英)+81-86-251-8303

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

(日)微生物学 遺伝子工学 バイオミネラリゼーション プロテオミクス

(英)Microbiology Genetic engineering Biomineralization Proteomics

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:東京農工大学

    学校の種類:大学

    学部名:工学部

    学科名:生命工学科

    卒業年月:2005年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:東京農工大学

    研究科名:工学府

    専攻名:生命工学専攻

    修了課程:博士課程

    修了年月:2010年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(工学)

    学位の分野名:生物機能・バイオプロセス (Bio-function/bioprocesses)

    学位授与機関名:東京農工大学 (Tokyo University of Agriculture and Technology)

    取得方法:課程

    取得年月:2010年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:環境生命科学研究科

    経歴名:助教 (Assistant Professor)

    職務期間:2015年04月 ~ 継続中

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 水圏生命科学 (Other)

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:珪藻のシリカ殻形成に関する研究 (Research on diatom silica cell wall formation)

    キーワード:微生物学 遺伝子工学 バイオミネラリゼーション プロテオミクス

    研究態様:個人研究

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:2015年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):生物機能・バイオプロセス

    専門分野(researchmap分類):微生物学(ウイルス以外)

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    授業科目:コース演習3

    担当期間:2018年04月 ~ 2019年03月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:卒業論文

    担当期間:2018年04月 ~ 2019年03月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:研究科目演習II

    担当期間:2018年04月 ~ 2019年03月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:研究科目演習I

    担当期間:2018年04月 ~ 2019年03月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:コース演習I

    担当期間:2018年04月 ~ 2019年03月

    授業形式:

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Integrated transcriptomic and proteomic analyses of a molecular mechanism of radular teeth biomineralization in Cryptochiton stelleri.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Scientific reports

    発行年月:2019年01月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Compound heterozygous TYK2 mutations underlie primary immunodeficiency with T-cell lymphopenia

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名: Scientific reports

    発行年月:2018年05月

    著者氏名(共著者含):Nemoto, M., Hattori, H., Maeda, N., Akita, N., Muramatsu, H., Moritani, S., Kawasaki, T., Maejima, M., Ode, H., Hachiya, A., Sugiura, W., Yokomaku, Y., Horibe, K. and Iwatani, Y.

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Gene cloning, recombinant expression, purification and characterization of l-methionine decarboxylase from Streptomyces sp. 590

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Biochemistry, Journal of biochemistry161巻 4号 (頁 389 ~ 398)

    発行年月:2017年04月

    著者氏名(共著者含):Masaya Hayashi,Akane Okada,Kumiko Yamamoto,Tomomi Okugochi ,Chika Kusaka,Daizou Kudou,Michiko Nemoto*,Junko Inagaki*,Yuu Hirose,Toshihide Okajima,Takashi Tamura*,Kenji Soda,Kenji Inagaki*

    共著区分:共著

    DOI:10.1093/jb/mvw083

  • 論文題目名:Molecular evolution of gas cavity in [NiFeSe] hydrogenases resurrected in silico

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Scientific Reports6巻

    発行年月:2016年01月

    著者氏名(共著者含):Takashi Tamura*,Naoki Tsunekawa,Michiko Nemoto*,Kenji Inagaki*,Toshiyuki Hirano,Fumitoshi Sato

    共著区分:共著

    DOI:10.1038/srep19742

  • 論文題目名:A non-radioactive assay for selenophosphate synthetase activity using recombinant pyruvate pyrophosphate dikinase from thermus thermophilus HB8

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Bioscience, Biotechnology and Biochemistry, Agricultural and Biological Chemistry, Journal of the Agricultural Chemical Society of Japan, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry80巻 10号 (頁 1970 ~ 1972)

    発行年月:2016年01月

    著者氏名(共著者含):Saho Kamada,Takahiro Okugochi,Kaori Asano,Ryuta Tobe,Hisaaki Mihara,Michiko Nemoto*,Kenji Inagaki*,Takashi Tamura*

    共著区分:共著

    DOI:10.1080/09168451.2016.1200458

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:ヒザラガイの磁鉄鉱形成メカニズム

    記述言語:日本語

    掲載種別:学会誌

    掲載誌名:化学と生物

    出版機関名:

    発行年月:2017年09月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:単著

  • 題目:エリートHIVコントローラーの謎

    記述言語:英語

    掲載種別:学会誌

    掲載誌名:日本生物工学会誌92巻 4号 (頁 189)

    出版機関名:

    発行年月:2014年04月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:単著

  • 題目:2030 年への挑戦 “藻類を燃料に”

    記述言語:日本語

    掲載種別:学会誌

    掲載誌名:太陽エネルギー39巻 (頁 27 ~ 36)

    出版機関名:一般社団法人日本太陽エネルギー学会

    発行年月:2013年01月

    著者氏名(共著者含):田中剛、根本理子、吉野知子

    共著区分:共著

  • 題目:藻類から得られるバイオ燃料の可能性と今後の課題

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:未来材料 12巻 (頁 37 ~ 43)

    出版機関名:エヌ・ティー・エス

    発行年月:2012年03月

    著者氏名(共著者含):田中剛、根本理子

    共著区分:共著

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:Biological Magnetic Materials and Applications (共著)

    記述言語:英語

    著書種別:著書

    出版機関名:Springer Singapore

    発行日:2018年06月

    著者名:Kisailus, D. and Nemoto, M.

    著書形態:共著

  • 著書名:"Molecular Bioengineering of Magnetosomes for Biotechnological Applications" in Coordination Chemistry in Protein Cages: Principles, Design, and Applications

    記述言語:英語

    著書種別:著書

    出版機関名:John Wiley & Sons, Inc.

    発行日:2013年04月

    著者名:Arakaki, A., Nemoto, M. and Matsunaga, T.

    著書形態:共著

論文査読 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    件数:1件

    学術雑誌名:Journal of Bioscience and Bioengineering

  • 年度:2018年度

    件数:1件

    学術雑誌名:Journal of Bioscience and Bioengineering

  • 年度:2017年度

    件数:1件

    学術雑誌名:Algal Research

  • 年度:2017年度

    件数:1件

    学術雑誌名:Journal of Bioscience and Bioengineering

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:The 14th International Symposium on Biomineralization (BIOMIN XIV)

    開催期間:2017年10月

    題目又はセッション名:Identification of the proteins involved in tooth mineralization in the giant pacific chiton, Cryptochiton stelleri by RNA-seq based transcriptome and proteome analysis

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:The IVth International Conference “Molecular Life of Diatoms”

    開催期間:2017年07月

    題目又はセッション名:Development of genetic transformation systems for the diatoms Nitzschia sp. and Achnanthes sp.

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本農芸化学会2017年度大会

    開催期間:2017年03月

    題目又はセッション名:Identification of the proteins involved in tooth mineralization in the giant pacific chiton, Cryptochiton stelleri by transcriptome and proteome analysis

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:研究集会

    会議名称:第3回 分子珪藻研究会

    開催期間:2016年12月

    題目又はセッション名:Pseudoleyanella lunata の被殻形成過程に観察される 酸性小胞のキャラクタリゼーション

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:招待講演

    会議名称:International Workshop for Interplay between Nanocarbon, Supramolecule, and Biochemistry

    開催期間:2016年03月

    題目又はセッション名:Application of genomics and proteomics to biomineralization research

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:珪藻のシリカ被殻形成関連タンパク質の動態解析に基づく被殻形成機構の解明

    研究期間:2018年04月 ~ 継続中

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:被殻形成関連タンパク質の発現動態を解析することで、タンパク質によるシリカ被殻形成制御機構を明らかにすることを目的とした研究

  • 研究種目名:若手研究(B)

    研究題目:エイズ発症者から分離された新規HIV-2が宿主防御機構から逃避する分子機序の解明

    研究期間:2014年04月 ~ 2016年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:本研究では、世界で最初のHIV-2組換え流行株CRF01_AB株のウイルス学的特性を明らかにし、非組換え型の HIV-2 の特徴と比較解析することにより、病原性との因果関係を明らかにすることを目的とする。