所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

大学院医歯薬学総合研究科病原ウイルス学分野

職名 【 表示 / 非表示

講師

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

ウイルス学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

リンパ腫、白血病、エピジェネテイックス、ウィルス

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:超微量検体を用いた造血器腫瘍関連疾患の早期検出・診断技術及び治療法の開発

    研究課題概要:

  • 研究課題名:造血器腫瘍の発症・進展におけるエピジェネテイックス異常の包括的解析

  • 研究課題名:Tissue regeneration and restoration with multipotent stem cells

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 題目:Cumulative Epigenetic Abnormalities in Host Genes with Viral and Microbial Infection during Initiation and Progression of Malignant Lymphoma/Leukemia.

    掲載誌名:Cancers 3巻 (頁 568 ~ 581;)

    発行年月:2011年01月

    著者氏名(共著者含):Takashi Oka, Hiaki Sato, Mamoru Ouchida, Atae Utsunomiya and Tadashi Yoshino.

 

写真

氏名

岡 剛史 (オカ タカシ)

OKA Takashi

所属専攻講座

医歯薬学総合研究科

職名

講師

性別

男性

研究室住所

(日)〒700-8558 岡山県岡山市北区鹿田町2-5-1

(英)2-5-1 Shikata-cho, KIta-ku, Okayama-shi, Okayama 700-8558 Japan

研究室電話

(日)086-235-7167, 086-235-6742

(英)+81-86-235-7167, +81-86-235-6742

研究室FAX

(日)086-235-7169

(英)+81-86-235-7169

研究分野・キーワード

(日)リンパ腫、白血病、エピジェネテイックス、ウィルス

(英)Lymphoma, Leukemia, Epigenetics, Virus

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:大阪大学

    研究科名:基礎工学研究科

    専攻名:生物工学専攻

    修了課程:博士課程

    修了年月:1983年03月

    修了区分:単位取得満期退学

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:工学博士 (PhD.Ç)

    学位の分野名:生物物理学 (Biophysical Engineering)

    学位授与機関名:大阪大学 (Osaka University)

    取得方法:課程

    取得年月:1983年03月

  • 学位名:医学博士 (Doctor of Medical Science)

    学位の分野名:ウイルス学 (virology)

    学位授与機関名:高知医科大学 (Kochi Medical School)

    取得方法:論文

    取得年月:1992年04月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:医歯薬学総合研究科 、社会環境生命科学専攻

    組織名:病原ウイルス学分野

    経歴名:講師 (Senior Assistant Professor)

    職務期間:2017年04月 ~ 継続中

  • 職務遂行組織:医歯薬学総合研究科 、病態制御科学専攻

    組織名:腫瘍病理学分野

    経歴名:講師 (Senior Assistant Professor)

    職務期間:2016年04月 ~ 2017年03月

  • 職務遂行組織:医歯薬学総合研究科

    経歴名:助教 (Assistant Professor)

    職務期間:2004年04月 ~ 2016年03月

  • 職務遂行組織:医学部

    組織名:第二病理学教室

    経歴名:助手 (Research Associate)

    職務期間:1996年01月 ~ 2004年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:アメリカ ハーバード大学・ハーバードAIDS研究所 細胞生物学部門 (Harvard University, AIDS Insititut, Department of Cell Biology)

    経歴名:客員研究員 (Visiting Scientist)

    経歴期間:1994年02月 ~ 1995年12月

  • 所属(勤務)先:アメリカ テキサス大学M.D.アンダーソン癌センター、分子病理学部門 (Texas University, MD. Anderson Cancer Center, Department of Molecular Pathology)

    経歴名:客員助教授 (Visiting Assistant Professor)

    経歴期間:1992年09月 ~ 1994年01月

  • 所属(勤務)先:大阪大学微生物病研究所腫瘍ウイルス部門

    経歴名:研究員

    経歴期間:1983年06月 ~ 1984年12月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 国際微生物学会連合(International Union of Microbiological Societies) (International union of microbiological societies)  /  日本国 ( 2011年04月 ~ 継続中 )

  • エピジェネテイックス研究会 /  日本国 ( 2006年04月 ~ 継続中 )

  • アメリカ癌学会(American Association of Cancer Research) (American Association of Cancer Research)  /  アメリカ合衆国 ( 2000年04月 ~ 継続中 )

  • 国際比較白血病・関連疾患学会(International association for comparative research on leukemia and Related Disease) (International association for comparative research on leukemia and Related Diseases)  /  日本国 ( 1995年04月 ~ 継続中 )

  • 国際HTLV学会(International Retrovirology Association) ((International Retrovirology Association)  /  ベルギー王国 ( 1992年04月 ~ 継続中 )

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • ウイルス学 (Virology)

  • 分子生物学 (Molecular biology)

  • 実験病理学 (Experimental pathology)

  • 生物物理学 (Biophysics)

  • 人体病理学 (Human pathology)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 血液の医学

  • 診断学,治療学

  • 感染症,寄生虫病

  • 血液の疾患

  • 血液腫よう

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:超微量検体を用いた造血器腫瘍関連疾患の早期検出・診断技術及び治療法の開発

    キーワード:造血器腫瘍

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:1998年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):人体病理学

    専門分野(researchmap分類):血液の医学

  • 研究課題名:造血器腫瘍の発症・進展におけるエピジェネテイックス異常の包括的解析 (Comprehensive analyses of epugenetic abnormalities in hematopoietic malignancies)

    キーワード:エピジェネテイックス (Epigenetics)

    研究態様:国際共同研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:1998年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):実験病理学

    専門分野(researchmap分類):血液腫よう

  • 研究課題名:Tissue regeneration and restoration with multipotent stem cells (Tissue regeneration and restoration with multipotent stem cells)

    キーワード:Tissue regeneration (Tissue regeneration)

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:1996年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):細胞生物学 、発生生物学 、医用生体工学・生体材料学

    専門分野(researchmap分類):医学一般

  • 研究課題名:成体多能性幹細胞による組織再生・修復に関する研究 (Development of new diagnostic and therapeutic method of hematopoietic malignancy)

    キーワード:幹細胞

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:1996年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):実験病理学

    専門分野(researchmap分類):医学一般

  • 研究課題名:Molecular mechanism of leukemogenesis of HTLV-1 (Molecular mechanism of leukemogenesis of HTLV-1)

    キーワード:leukemia virus,HTLV-1 (leukemia virus,HTLV-1)

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:1984年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):ウイルス学 、分子生物学 、生物物理学

    専門分野(researchmap分類):血液の疾患

全件表示 >>

研修受講歴 【 表示 / 非表示

  • 岡山大学医学部医学教育FDワークショップ   ( 2013年08月 )

 

担当授業科目(その他) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    科目名:大学院セミナー

    担当期間:2015年04月 ~ 2016年03月

    講義内容またはシラバス:研究を進める上で必要な文献検索、文献読解, 討論・発表能力等実践的な能力の向上を図るための場とする。

  • 年度:2015年度

    科目名:病理学2

    担当期間:2015年04月 ~ 2016年03月

    講義内容またはシラバス:本講義の目的は、病理学の基本、病気の原因、成り立ちを学ぶこと。特に分子生物学的理解の進歩もとり入れて、形態異常及び機能異常の両面から疾病の本質を理解することを目標とする。私は腫瘍及び感染症を担当した。

  • 年度:2015年度

    科目名:研究方法論基礎論

    担当期間:2015年04月 ~ 2016年03月

    講義内容またはシラバス:自立した研究者として基本的な研究の進め方を身につけるため、研究に必要な基礎知識と最新の知見を学習する。

  • 年度:2015年度

    科目名:医学セミナー(チュートリアル)

    担当期間:2015年04月 ~ 2016年03月

    講義内容またはシラバス:チュートリアル形式による学習で、主体的・能動的に問題解決に挑戦する学習習慣を身につけさせることが目標である。

  • 年度:2014年度

    科目名:大学院セミナー

    担当期間:2014年04月 ~ 2015年03月

    講義内容またはシラバス:研究を進める上で必要な文献検索、文献読解, 討論・発表能力等実践的な能力の向上を図るための場とする。

全件表示 >>

学生活動支援 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    学生活動支援の種類:学生相談

    学生活動支援:大学院生・留学生の生活相談やその他の相談に応じた。また困ったことが生じた際援助した。

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Merkel cell polyomavirus and Langerhans cell neoplasm. ( Merkel cell polyomavirus and Langerhans cell neoplasm. )

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Cell Communication and Signaling ( Cell Communication and Signaling) 16巻 (頁 49 ~ 61)

    発行年月:2018年08月

    著者氏名(共著者含):Ichiro Murakami1,2*, Noriko Wada2, Junko Nakashima1,2, Mitsuko Iguchi1,2, Makoto Toi2, Yumiko Hashida3,Tomonori Higuchi3, Masanori Daibata3, Michiko Matsushita4, Takeshi Iwasaki5, Satoshi Kuwamoto6,7, Yasushi Horie6, Keiko Nagata7, Kazuhiko Hayashi7, Takashi Oka8, Tadashi Yoshino9, Toshihiko Imamura10, Akira Morimoto11, Shinsaku Imashuku12, Jean Gogusev13 and Francis Jaubert14 ( Ichiro Murakami1,2*, Noriko Wada2, Junko Nakashima1,2, Mitsuko Iguchi1,2, Makoto Toi2, Yumiko Hashida3,Tomonori Higuchi3, Masanori Daibata3, Michiko Matsushita4, Takeshi Iwasaki5, Satoshi Kuwamoto6,7, Yasushi Horie6, Keiko Nagata7, Kazuhiko Hayashi7, Takashi Oka8, Tadashi Yoshino9, Toshihiko Imamura10, Akira Morimoto11, Shinsaku Imashuku12, Jean Gogusev13 and Francis Jaubert14)

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Gene expression analysis of hypersensitivity to mosquito bite, chronic active EBV infection and NK/T-lymphoma/leukemia ( Gene expression analysis of hypersensitivity to mosquito bite, chronic active EBV infection and NK/T-lymphoma/leukemia)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Leukemia & Lymphoma, ( Leukemia & Lymphoma,) 58巻 11号 (頁 2683 ~ 2694)

    発行年月:2017年04月

    著者氏名(共著者含):Kana Washio, Takashi Oka, Lamia Abdalkader, Michiko Muraoka, Akira Shimada, Megumi Oda, Hiaki Sato, Katsuyoshi Takata, Yoshitoyo Kagami, Norio Shimizu, Seiichi Kato, Hiroshi Kimura, Kazunori Nishizaki, Tadashi Yoshino & Hirokazu Tsukahara ( Kana Washio, Takashi Oka, Lamia Abdalkader, Michiko Muraoka, Akira Shimada, Megumi Oda, Hiaki Sato, Katsuyoshi Takata, Yoshitoyo Kagami, Norio Shimizu, Seiichi Kato, Hiroshi Kimura, Kazunori Nishizaki, Tadashi Yoshino & Hirokazu Tsukahara)

    共著区分:共著

    DOI:10.1080/10428194.2017.1304762

  • 論文題目名:Aberrant differential expression of EZH1 and EZH2 in Polycomb repressive complex 2 among B- and T/NK-cell neoplasms

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Pathology48巻 5号 (頁 467 ~ 482)

    発行年月:2016年08月

    著者氏名(共著者含):Lamia Abdalkader,Takashi Oka*,Katsuyoshi Takata,Hiaki Sato*,Ichiro Murakami,Arie P. Otte,Tadashi Yoshino*

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.pathol.2016.05.002

  • 論文題目名:Acute-phase ITIH4 levels distinguish multi-system from single-system Langerhans cell histiocytosis via plasma. Peptidomics.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Clinical Proteomics 12巻 (頁 16 ~ 23)

    発行年月:2015年08月

    著者氏名(共著者含): I Murakami, Y Oh, A Morimoto, H Sano, S Kanzaki, M Matsushita, T Iwasaki, S Kuwamoto, M Kato, K Nagata, K Hayashi, S Imashuku,J Gogusev, F Jaubert, T Oka and T. Yoshino,

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Establishment of a Langerhans cell histiocytosis lesion cell line with dermal dendritic cell characteristics. ( Establishment of a Langerhans cell histiocytosis lesion cell line with dermal dendritic cell characteristics.)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Oncol Rep.33巻 1号 (頁 171 ~ 178)

    発行年月:2015年04月

    著者氏名(共著者含):Murakami I, Gogusev J, Jaubert F, Matsushita M, Hayashi K, Miura I, Tanaka T, Oka T, Yoshino T. ( Murakami I, Gogusev J, Jaubert F, Matsushita M, Hayashi K, Miura I, Tanaka T, Oka T, Yoshino T. )

    共著区分:共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:Cumulative Epigenetic Abnormalities in Host Genes with Viral and Microbial Infection during Initiation and Progression of Malignant Lymphoma/Leukemia.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Cancers 3巻 (頁 568 ~ 581;)

    出版機関名:

    発行年月:2011年01月

    著者氏名(共著者含):Takashi Oka, Hiaki Sato, Mamoru Ouchida, Atae Utsunomiya and Tadashi Yoshino.

    共著区分:共著

  • 題目:Interleukin-1 loop model for pathogenesis of Langerhans cell histiocytosis.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Cell Communication and Signaling13巻 (頁 13 ~ )

    出版機関名:

    発行年月:2015年07月

    著者氏名(共著者含):Murakami I, Matsushita M, Iwasaki T, Kuwamoto S, Kato M, Nagata K, Horie Y, Hayashi K, Imamura T, Morimoto A, Imashuku S, Gogusev J, Jaubert F, Takata K, Oka T, Yoshino T.

    共著区分:単著

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:Accumulation of Specific Epigenetic Abnormalities during Development and Progression of T cell Leukemia/Lymphoma. (jointly worked)

    記述言語:英語

    著書種別:著書

    出版機関名:INTECH Open Access Publisher

    発行日:2011年06月

    著者名:Takashi Oka, Hiaki Sato, Mamoru Ouchida, Atae Utsunomiya, Daisuke Ennishi, Mitsune Tanimoto, and Tadashi Yoshino,

    著書形態:共著

  • 著書名:成人T細胞白血病・リンパ腫におけるエピジェネテイック異常と発症・進展機構の解析

    記述言語:日本語

    著書種別:その他

    出版機関名:

    発行日:2014年03月

    著者名:

    著書形態:その他

  • 著書名:Gene silencing:New research

    記述言語:未設定

    著書種別:著書

    出版機関名:Nova Science Publishers,Inc,New Yoek

    発行日:2006年04月

    著者名:Oka T.Ouchida M.Tanimoto M.Shimizu K.Yoshino T

    著書形態:単著

    担当部分:High frequent gene silencing of hematopoietic cell specific protein tyrosine phosphatase SHP1 in hematopoietic cell malignancies.

  • 著書名:Immunoelectron microscopic study of the expression of T-cell receptor(TCR) /CD3 complex in human T-Cymphotropic Virus(HTLV) - producing cells (共著) (Immunoelectron microscopic study of the expression of T-cell receptor(TCR) CD3 complex in human T-Cymphotropic Virus(HTLV) - producing cells "jointly worked")

    記述言語:英語

    著書種別:著書

    出版機関名:in "Cells and Diseases" Hematolymphoreticular Study Group, Seoul, Korea (in "Cells and Diseases" Hematolymphoreticular Study Group, Seoul, Korea)

    発行日:1997年04月

    著者名:

    著書形態:単著

  • 著書名:Ultrastructural and immunoelectron microscopic comparisons of human T-lymphotropic virus type-(]G0001[) Japanese monkey derived type-C virus particles.(共著) (Ultrastructural and immunoelectron microscopic comparisons of human T-lymphotropic virus type-(]G0001[) Japanese monkey derived type-C virus particles."jointly worked")

    記述言語:未設定

    著書種別:未設定

    出版機関名:in Approaches to cancer therapy research in France & Japan. Fukutani, R., et al., edited, Pergamon Press, (in Approaches to cancer therapy research in France & Japan. Fukutani, R., et al., edited, Pergamon Press,)

    発行日:1987年10月

    著者名:

    著書形態:単著

全件表示 >>

論文査読 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    件数:1件

    学術雑誌名:Acta Medica Okayama

  • 年度:2015年度

    件数:1件

    学術雑誌名:Pathology

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第4回日本HTLV-1学会学術集会

    開催場所:大阪、関西医科大学 加多乃講堂

    開催期間:2017年08月

    題目又はセッション名:HTLV-1キャリアにおける異常DNAメチル化と成人T細胞白血病/リンパ腫(ATL)発症との関連について

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:H29第57回日本リンパ網内系学会

    開催場所:東京、京王プラザホテル

    開催期間:2017年06月 ~ 2017年07月

    題目又はセッション名:成人T細胞白血病/リンパ腫(ATL)を発症したHTLV-1キャリアにおける異常DNAメチル化の解析

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第106回日本病理学会総会

    開催場所:東京、京王プラザホテル

    開催期間:2017年04月

    題目又はセッション名:Proteomic analysis on Langerhans cell histiocytosis patients and a new triple-risk factor model (Proteomic analysis on Langerhans cell histiocytosis patients and a new triple-risk factor model)

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第106回日本病理学会総会

    開催場所:東京、京王プラザホテル

    開催期間:2017年04月

    題目又はセッション名:成人T細胞白血病/リンパ腫(ATL)におけるDNA異常メチル化と病態の変動との関連

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:The18th International Conference on Human Retrovirology: HTLV and Related Viruses HTLV (The18th International Conference on Human Retrovirology: HTLV and Related Viruses HTLV )

    開催場所:2017, March 7 to 10, 2017 in Tokyo, Japan

    開催期間:2017年03月

    題目又はセッション名:Sensitive detection of dynamic changes of metabolic abnormalities during onset and progression of adult T-cell leukemia/lymphoma (ATL) and induction of specific leukemic cell death by photodynamic action (Sensitive detection of dynamic changes of metabolic abnormalities during onset and progression of adult T-cell leukemia/lymphoma (ATL) and induction of specific leukemic cell death by photodynamic action)

全件表示 >>

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 日本HTLV−1学会

    役職・役割名:評議員

    活動期間:2017年04月 ~ 2018年03月

  • 日本HTLV−1学会

    役職・役割名:評議員

    活動期間:2016年04月 ~ 2017年12月

  • 日本病理学会

    役職・役割名:評議員,座長

    活動期間:2016年04月 ~ 2017年03月

  • 日本病理学会

    役職・役割名:評議員,座長

    活動期間:2015年04月 ~ 2016年12月

  • 日本HTLV−1学会

    役職・役割名:評議員

    活動期間:2015年04月 ~ 2016年12月

全件表示 >>

発明・工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 工業所有権区分:特許

    発明の名称: 異常活性化細胞検出による悪性腫瘍の検査方法及び異常活性化細胞除去還流返血治療装置

    発明(考案)者名:岡 剛史、藤田洋史、吉野正

    登録番号:特許第6352912号

    登録日:2018年06月15日

  • 工業所有権区分:特許

    発明の名称:高悪性型ATLLの診断のためのデータ取得方法、高悪性型ATLL診断用キットおよび高悪性型ATLL診断システム

    発明(考案)者名:岡 剛史、大内田守、吉野正

    登録番号:特許第6156621号

    登録日:2017年06月16日

  • 工業所有権区分:特許

    発明の名称:成人T細胞白血病・リンパ腫の予後推定法およびキット

    発明(考案)者名:岡 剛史

    登録番号:特許5522348

    登録日:2014年04月18日

  • 工業所有権区分:特許

    発明の名称:Test method for MALT lymphoma and kit therefor (Test method for MALT lymphoma and kit therefor)

    発明(考案)者名:Takashi Oka,Takami Kondo, Tadashi Yoshino, Mamoru Oouchida (Takashi Oka,Takami Kondo, Tadashi Yoshino, Mamoru Oouchida)

    登録番号:EP2034029

    登録日:2013年02月27日

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:成人T細胞白血病・リンパ腫におけるエピジェネテイック異常の1細胞解析

    研究期間:2016年04月 ~ 2021年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:成人T細胞白血病・リンパ腫(ATL)はとくに病期の進んだ症例の予後は大変不良であり、このような難治性リンパ腫・白血病をどのように扱うかは焦眉の課題となってきている。ATLはHTLV-Iを原因ウイルスとする疾患であるが現在のところ有効な治療法が確立されていない。このような臨床病理学的特徴がどのような分子基盤によって成り立っているか明らかにするためにATL患者検体、培養細胞、動物モデル等の様々な実験系によりエピジェネテイック異常に焦点を当てATL発症機構について包括的網羅的解析法を駆使しながら様々な角度から総合的且つ詳細に解析する事を目的としている。とりわけ新たに開発したDNAメチル化ライブイメージング法及びトランスジェニックマウスを用いて内部環境及び外部環境の変化に応答するDNAメチル化及びヒストン修飾の動的変化を1細胞レベル及び組織レベルでライブ解析し、HTLV-Iの感染がどのように異常DNAメチル化を誘導し、悪性腫瘍の形質を獲得しATL発症にいたるか詳細に解析する。そのことにより,ハイリスクHTLV-Iキャリアの同定しATL発症及び低悪性度ATLから高悪性度ATLへの進展の早期発見・早期診断技術の開発、また有効な新規治療法の開発につなげる事を目指す。

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:骨芽細胞による石灰化を制御する新規血清タンパク質の同定

    研究期間:2016年04月 ~ 2020年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:申請者らは、骨芽細胞分化系における石灰化誘導分子が血清中に含まれることを明らかにし,その中で,血清のセリンプロテアーゼ活性が骨芽細胞による石灰化に重要であることを見いだした。
    本研究では骨芽細胞による石灰化において役割を持つセリンプロテアーゼ関連タンパク質を分離し、質量分析により同定後、その分子が石灰化能を持つ事を確認することを目的とする。

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:輸送蛋白に関わる蛋白尿発症機序の解明

    研究期間:2014年04月 ~ 2017年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:蛋白尿発症機序を明らかにし、診断治療に役立てるという全体構想に対して、2009-2011 年の基盤研究Cでは糸球体上皮細胞(ポドサイト)に発現し、ポドシン蛋白に結合する輸送蛋白を同定した。2012-2013 年の萌芽研究ではこの輸送蛋白のコンディショナルノックアウトマウスを作成した。この輸送蛋白のinvivo における機能を詳細に確かめることが今回の目的である。

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:ランゲルハンス細胞組織球症の解析-質量分析装置を用いた新規バイオマーカーの同定-

    研究期間:2014年04月 ~ 2017年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:ランゲルハンス細胞組織球症(以下LCH)は、ランゲルハンス細胞の異常増殖が見られるが、反応性疾患か腫瘍性疾患か確定していない。LCHには、BRAF、SHP-1といったシグナル伝達に関わる異常所見がある事から、シグナル伝達物質を中心に網羅的解析を進める研究計画を立案した。NPO法人日本LCH研究会を通じて得られた患者血清、病理組織、血液RNAを、2010年岡山大学に導入された新規質量分析器等を用いて網羅的解析を進め、新規バイオマーカーの探索、疾患原因解明、治療応用を目指す

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:ランゲルハンス細胞組織球症の解析-質量分析装置を用いた新規バイオマーカーの同定-

    研究期間:2014年04月 ~ 2017年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:ランゲルハンス細胞組織球症(以下LCH)は、ランゲルハンス細胞の異常増殖が見られるが、反応性疾患か腫瘍性疾患か確定していない。LCHには、BRAF、SHP-1といったシグナル伝達に関わる異常所見がある事から、シグナル伝達物質を中心に網羅的解析を進める研究計画を立案した。NPO法人日本LCH研究会を通じて得られた患者血清、病理組織、血液RNAを、2010年岡山大学に導入された新規質量分析器等を用いて網羅的解析を進め、新規バイオマーカーの探索、疾患原因解明、治療応用を目指す

全件表示 >>

共同研究(外部資金無し) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    相手方組織名称:独立行政法人理化学研究所 生命システム研究センター(QBiC)

    研究課題等:成人T細胞白血病の発症・進展に伴うDNAメチル化異常発生機構のLIVE CELL IMAGING解析

    研究テーマにおける役割:培養細胞,患者検体及びモデル動物を用いた分子病理学的解析

  • 年度:2017年度

    相手方組織名称:慈愛会 今村病院分院

    研究課題等:成人T細胞白血病・リンパ腫の発症機構に関するエピジェネテイック異常の解析

    研究テーマにおける役割:研究の統括及び分子病理学的解析

  • 年度:2017年度

    相手方組織名称:岡山大学医学部

    研究課題等:間葉系幹細胞の骨芽細胞分化とそれに対するリセドロネートの作用

    研究テーマにおける役割:間葉系幹細胞の提供及び培養技術に関する貢献

  • 年度:2017年度

    相手方組織名称:高知大学教育研究部医療学系連携医学部門

    研究課題等:LCH(ランゲルハンス細胞組織球症)発症の分子病理学的解析

    研究テーマにおける役割:遺伝子の網羅的発現解析及び分子生物学的解析

  • 年度:2016年度

    相手方組織名称:独立行政法人理化学研究所 生命システム研究センター(QBiC)

    研究課題等:成人T細胞白血病の発症・進展に伴うDNAメチル化異常発生機構のLIVE CELL IMAGING解析

    研究テーマにおける役割:培養細胞,患者検体及びモデル動物を用いた分子病理学的解析

全件表示 >>

産学官連携等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    申請している特許に関連し、企業との共同研究を検討しつつある。
    更に新しい特許申請の準備をしている。

  • 年度:2016年度

    申請している特許に関連し、企業との共同研究を検討しつつある。
    更に新しい特許申請の準備をしている。

  • 年度:2015年度

    申請している特許に関連し、企業との共同研究を検討しつつある。
    更に新しい特許申請の準備をしている。

その他 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    広範囲の造血器腫瘍に異常を起こしている遺伝子の同定に成功した。この遺伝子異常をもとに造血器腫瘍を高感度・高精度に検出法に関する新しい技術を開発し、特許申請をしている。この技術を実用化することで、造血器腫瘍の早期発見・早期診断・腫瘍細胞のモニタリングによる再発予防等、臨床に於いても有用な技術となる可能性がある。また集団検診にも応用可能で、造血器腫瘍の発症前診断にも繋がる新技術である。これは、国民の健康維持に関する重要な社会的貢献であり、マスコミに於いても注目され報道された(2010.1.15 山陽新聞)。

  • 年度:2016年度

    広範囲の造血器腫瘍に異常を起こしている遺伝子の同定に成功した。この遺伝子異常をもとに造血器腫瘍を高感度・高精度に検出法に関する新しい技術を開発し、特許申請をしている。この技術を実用化することで、造血器腫瘍の早期発見・早期診断・腫瘍細胞のモニタリングによる再発予防等、臨床に於いても有用な技術となる可能性がある。また集団検診にも応用可能で、造血器腫瘍の発症前診断にも繋がる新技術である。これは、国民の健康維持に関する重要な社会的貢献であり、マスコミに於いても注目され報道された(2010.1.15 山陽新聞)。

  • 年度:2015年度

    広範囲の造血器腫瘍に異常を起こしている遺伝子の同定に成功した。この遺伝子異常をもとに造血器腫瘍を高感度・高精度に検出法に関する新しい技術を開発し、特許申請をしている。この技術を実用化することで、造血器腫瘍の早期発見・早期診断・腫瘍細胞のモニタリングによる再発予防等、臨床に於いても有用な技術となる可能性がある。また集団検診にも応用可能で、造血器腫瘍の発症前診断にも繋がる新技術である。これは、国民の健康維持に関する重要な社会的貢献であり、マスコミに於いても注目され報道された(2010.1.15 山陽新聞)。

 

国際貢献(受入実績) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    外国人研究者受入数:0人

    外国人訪問者数:3人

    外国人留学生数:0人

    外国人研修生数:0人

他機関等における教育支援 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    他機関名:新見公立大学

    活動内容:病理学の講義

  • 年度:2016年度

    他機関名:新見公立大学

    活動内容:病理学の講義

  • 年度:2015年度

    他機関名:新見公立大学

    活動内容:病理学の講義

その他 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    2015年度 ~
    成人T細胞白血病・リンパ腫の予後推定法およびキットに関する国内特許を取得した。これにより、我々の疾病の診断法、治療法に関する基礎研究の開発が社会に貢献する道を開いた。
    造血器腫瘍特に成人T細胞白血病及びMALTリンパ腫に関する高感度・高精度検出法に関する新しい技術を開発し、特許を取得した。この技術を実用化することで、造血器腫瘍の早期発見・早期診断・腫瘍細胞のモニタリングによる再発予防等、臨床に於いても有用な技術となる。また集団検診にも応用可能で、造血器腫瘍の発症前診断にも繋がる新技術である。これにより多くの人々の健康維持に大きく貢献できるものと思われ、予防医学に関連する新産業基盤の構築に繋がる成果である。

    ハイリスクHTLV−1キャリアーの同定・発症前診断法、成人T細胞白血病の早期発見法および先制治療による発症・進展予防技術・装置を国際特許申請した。

    第33回「バイオシーズ公開会」NPO法人 近畿バイオインダストリー振興財団主催(大阪:2015年2月12日)及び「中央西日本メディカルイノベーション2015」(岡山: 2015年2月17日)我々が開発したハイリスクHTLV−1キャリアーの同定・発症前診断法、成人T細胞白血病の早期発見法および先制治療による発症・進展予防技術・装置を企業に向けて公開し、我々の基礎研究開発が社会に貢献できるように努力した。

    2013年度
    ハイリスクHTLV−1キャリアーの同定・発症前診断法、成人T細胞白血病の早期発見法および先制治療による発症・進展予防技術・装置を特許申請した。
    高悪性型ATLLの診断に関する技術の国内特許(2013年)を出願し、MALTリンパ腫の検査方法及びキットに関する国際特許を取得(2013年)。これにより、我々の疾病の診断法、治療法に関する基礎研究の開発が社会に貢献する道を開いた。

    2012年度
    高悪性型ATLLの診断に関する技術の国内特許(2012年)、MALTリンパ腫の検査方法及びキットに関する国内特許を取得(2012年)。これにより、我々の疾病の診断法、治療法に関する基礎研究の開発が社会に貢献する道を開いた。

    岡山大学知恵の見本市2012 に発表し、基礎研究の開発が社会に貢献する道を開いた。

    2011年度
    岡山県産業振興財団岡山TLO技術シーズ集第7号(2011)にて、我々が開発したMALTリンパ腫の早期発見技術の社会への公開に務めた。

  • 年度:2016年度

    2015年度 ~
    成人T細胞白血病・リンパ腫の予後推定法およびキットに関する国内特許を取得した。これにより、我々の疾病の診断法、治療法に関する基礎研究の開発が社会に貢献する道を開いた。
    造血器腫瘍特に成人T細胞白血病及びMALTリンパ腫に関する高感度・高精度検出法に関する新しい技術を開発し、特許を取得した。この技術を実用化することで、造血器腫瘍の早期発見・早期診断・腫瘍細胞のモニタリングによる再発予防等、臨床に於いても有用な技術となる。また集団検診にも応用可能で、造血器腫瘍の発症前診断にも繋がる新技術である。これにより多くの人々の健康維持に大きく貢献できるものと思われ、予防医学に関連する新産業基盤の構築に繋がる成果である。

    ハイリスクHTLV−1キャリアーの同定・発症前診断法、成人T細胞白血病の早期発見法および先制治療による発症・進展予防技術・装置を国際特許申請した。

    第33回「バイオシーズ公開会」NPO法人 近畿バイオインダストリー振興財団主催(大阪:2015年2月12日)及び「中央西日本メディカルイノベーション2015」(岡山: 2015年2月17日)我々が開発したハイリスクHTLV−1キャリアーの同定・発症前診断法、成人T細胞白血病の早期発見法および先制治療による発症・進展予防技術・装置を企業に向けて公開し、我々の基礎研究開発が社会に貢献できるように努力した。

    2013年度
    ハイリスクHTLV−1キャリアーの同定・発症前診断法、成人T細胞白血病の早期発見法および先制治療による発症・進展予防技術・装置を特許申請した。
    高悪性型ATLLの診断に関する技術の国内特許(2013年)を出願し、MALTリンパ腫の検査方法及びキットに関する国際特許を取得(2013年)。これにより、我々の疾病の診断法、治療法に関する基礎研究の開発が社会に貢献する道を開いた。

    2012年度
    高悪性型ATLLの診断に関する技術の国内特許(2012年)、MALTリンパ腫の検査方法及びキットに関する国内特許を取得(2012年)。これにより、我々の疾病の診断法、治療法に関する基礎研究の開発が社会に貢献する道を開いた。

    岡山大学知恵の見本市2012 に発表し、基礎研究の開発が社会に貢献する道を開いた。

    2011年度
    岡山県産業振興財団岡山TLO技術シーズ集第7号(2011)にて、我々が開発したMALTリンパ腫の早期発見技術の社会への公開に務めた。

  • 年度:2015年度

    2015年度
    成人T細胞白血病・リンパ腫の予後推定法およびキットに関する国内特許を取得した。これにより、我々の疾病の診断法、治療法に関する基礎研究の開発が社会に貢献する道を開いた。
    造血器腫瘍特に成人T細胞白血病及びMALTリンパ腫に関する高感度・高精度検出法に関する新しい技術を開発し、特許を取得した。この技術を実用化することで、造血器腫瘍の早期発見・早期診断・腫瘍細胞のモニタリングによる再発予防等、臨床に於いても有用な技術となる。また集団検診にも応用可能で、造血器腫瘍の発症前診断にも繋がる新技術である。これにより多くの人々の健康維持に大きく貢献できるものと思われ、予防医学に関連する新産業基盤の構築に繋がる成果である。

    ハイリスクHTLV−1キャリアーの同定・発症前診断法、成人T細胞白血病の早期発見法および先制治療による発症・進展予防技術・装置を国際特許申請した。

    第33回「バイオシーズ公開会」NPO法人 近畿バイオインダストリー振興財団主催(大阪:2015年2月12日)及び「中央西日本メディカルイノベーション2015」(岡山: 2015年2月17日)我々が開発したハイリスクHTLV−1キャリアーの同定・発症前診断法、成人T細胞白血病の早期発見法および先制治療による発症・進展予防技術・装置を企業に向けて公開し、我々の基礎研究開発が社会に貢献できるように努力した。

    2013年度
    ハイリスクHTLV−1キャリアーの同定・発症前診断法、成人T細胞白血病の早期発見法および先制治療による発症・進展予防技術・装置を特許申請した。
    高悪性型ATLLの診断に関する技術の国内特許(2013年)を出願し、MALTリンパ腫の検査方法及びキットに関する国際特許を取得(2013年)。これにより、我々の疾病の診断法、治療法に関する基礎研究の開発が社会に貢献する道を開いた。

    2012年度
    高悪性型ATLLの診断に関する技術の国内特許(2012年)、MALTリンパ腫の検査方法及びキットに関する国内特許を取得(2012年)。これにより、我々の疾病の診断法、治療法に関する基礎研究の開発が社会に貢献する道を開いた。

    岡山大学知恵の見本市2012 に発表し、基礎研究の開発が社会に貢献する道を開いた。

    2011年度
    岡山県産業振興財団岡山TLO技術シーズ集第7号(2011)にて、我々が開発したMALTリンパ腫の早期発見技術の社会への公開に務めた。

 

所属部局等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    委員会等の名称:動物実験施設利用者会議

    役職:委員

    任期:2015年04月 ~ 2016年03月

    貢献の実績:会議に参加議論した。

  • 年度:2015年度

    委員会等の名称:労働安全衛生委員会

    役職:委員

    任期:2015年04月 ~ 2016年03月

    貢献の実績:委員会において学内の安全衛生に関する討論をおこなった。また研究室における労働安全衛生上の問題点を検討し解決する努力を行った。

  • 年度:2014年度

    委員会等の名称:動物実験施設利用者会議

    役職:委員

    任期:2014年04月 ~ 2015年03月

    貢献の実績:会議に参加議論した。

  • 年度:2014年度

    委員会等の名称:労働安全衛生委員会

    役職:委員

    任期:2014年04月 ~ 2015年03月

    貢献の実績:委員会において学内の安全衛生に関する討論をおこなった。また研究室における労働安全衛生上の問題点を検討し解決する努力を行った。

所属講座等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    委員会等の名称:労働安全衛生委員

    役職:委員

    貢献の実績:「研究室ガイドライン」の作製及び研究室安全管理・指導
    毒物・劇物の取り扱い安全管理

  • 年度:2015年度

    委員会等の名称:RI/ラジオアイソトープ委員

    役職:委員

    貢献の実績:研究室のRI使用に関する指導及び管理、
    アイソトープ委員会出席

  • 年度:2015年度

    委員会等の名称:組換えDNA実験、病原性微生物取り扱い実験

    役職:委員

    貢献の実績:組換えDNA実験、病原性微生物取り扱い実験の安全指導。組換え体および病原性微生物保管・管理.「研究室ガイドライン」を作製し、安全に研究が遂行できるよう初心者セミナーを行っている。

  • 年度:2015年度

    委員会等の名称:動物実験委員

    役職:委員

    貢献の実績:動物実験実験の安全指導・管理.「研究室ガイドライン」を作製し、安全に研究が遂行できるよう初心者セミナーを行っている。

所属講座等の実績(自由記述) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    貢献の項目と割合等:実験室の機器の維持管理、薬品類(毒物/劇物をふくむ)のケミカルハザードに対する対策、バイオハザードに対する安全対策(安全キャビネット等の定期点検などを含む)、ラジオアイソトープの安全管理等、研究室全般にわたり安全衛生の維持・管理を行っている。そのために年1回、私が中心となり作成した実験の安全管理に係わる「研究室ガイドライン」の冊子の改訂を行い、それに基づいて説明会及び新入局者の研究室のオリエンテーションを行っている。

その他管理運営活動 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    腫瘍病理学分野研究室の電気設備・吸排気関連設備、分析機器・水道ガス等の設備・備品の維持管理及び化学物質・毒物劇物の管理、組み替えDNA実験、動物実験等の全般をおこなっており、職員・院生の労働衛生上の問題点が生じないように努力している。