職名 【 表示 / 非表示

教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

環境微生物学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

環境保全、応用環境微生物学、環境管理

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:高活性鉄酸化細菌を用いた環境負荷低減型資源回収・環境浄化システムの開発

    研究課題概要:

  • 研究課題名:電気培養高活性鉄酸化細菌の諸性質解明と重金属資源回収システムの開発

  • 研究課題名:鉄酸化細菌の生化学とバクテリアリーチングやバイオレメディェーション等の応用微生物学的研究

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Volatilization of Mercury under Acidic Conditions fromMercury-polluted Soil by a Mercury-resistant Acidithiobacillus ferrooxidans SUG 2-2

    掲載誌名:Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry65巻 9号 (頁 1981 ~ 1986)

    発行年月:2001年09月

    著者氏名(共著者含):-

  • 論文題目名:Isolation and Characterization of Acidithiobacillus ferrooxidans Strain D3-2 Active in Copper Bioleaching from a Copper Mine in Chile

    掲載誌名:Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry72巻 4号 (頁 998 ~ 1004)

    発行年月:2008年04月

    著者氏名(共著者含):

  • 論文題目名:The Study on the Volatilization and Recovery of Mercury from Mercury-polluted Soil and Wastewater Using Mercury-Resistant Strains of Acidithiobacillus ferrooxidans

    掲載誌名:7th Symposium on Asian Academic Network for Environmental Safety and Waste Managemen

    発行年月:2005年09月

    著者氏名(共著者含):-

全件表示 >>

 

写真

氏名

竹内 文章 (タケウチ フミアキ)

TAKEUCHI Fumiaki

所属専攻講座

環境管理センター

職名

教授

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)環境保全、応用環境微生物学、環境管理

(英)Environmental Preservation, Applied Microbiochemistory, Environmental Management

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:工学博士 (Doctor of Engineering)

    学位の分野名:化学工学 (Chemical Engineering)

    学位授与機関名:静岡大学 (Shizuoka University)

    取得方法:論文

    取得年月:1995年03月

  • 学位名:農学博士 (Doctor of agriculture)

    学位の分野名:応用微生物学 (Resource maintenance studies)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:論文

    取得年月:2004年09月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:環境管理センター

    経歴名:准教授 (Associate Professor)

    職務期間:2008年04月 ~ 2017年03月

  • 職務遂行組織:環境生命科学研究科

    経歴名:准教授 (Associate Professor)

    職務期間:2012年04月 ~ 2017年03月

  • 職務遂行組織:環境管理センター

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2017年04月 ~ 継続中

  • 職務遂行組織:環境生命科学研究科

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2017年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 化学工学会 /  日本国 ( 1977年12月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:-

    活動期間:1986年04月 ~ 継続中

  • 日本農芸化学会 /  日本国 ( 1999年07月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:-

    活動期間:1994年07月 ~ 継続中

  • 日本生物工学会 /  日本国 ( 1999年04月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:-

    活動期間:1999年04月 ~ 継続中

  • 日本水環境学会 /  日本国 ( 2000年04月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:-

    活動期間:2000年04月 ~ 継続中

  • 廃棄物資源循環学会 /  日本国 ( 2001年04月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:-

    活動期間:2001年04月 ~ 継続中

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 環境微生物学 (Environmental microbiology)

  • 廃棄物資源循環 (Material Cycles and Waste Management)

  • 環境技術・環境材料 (Environmental technology/environmental material)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 環境保全

  • 環境工学一般

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:高活性鉄酸化細菌を用いた環境負荷低減型資源回収・環境浄化システムの開発 (-)

    キーワード:環境浄化,資源回収,応用微生物

    研究態様:未設定

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2018年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):資源保全学 、生態・環境 、システム工学

    専門分野(researchmap分類):環境工学一般 、廃棄物処理 、システム工学一般

  • 研究課題名:電気培養高活性鉄酸化細菌の諸性質解明と重金属資源回収システムの開発

    キーワード:資源回収,環境浄化

    研究態様:個人研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2015年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):資源保全学

    専門分野(researchmap分類):環境工学一般

  • 研究課題名:鉄酸化細菌の生化学とバクテリアリーチングやバイオレメディェーション等の応用微生物学的研究 (Biochemistry of Iron-oxidizing Bacteria and its Application to Bioleaching and Land Bioremediation)

    キーワード:鉄酸化細菌、バクテリアリーチング、バイオレメディェーション

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:1996年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):応用生物化学 、環境影響評価・環境政策 、農業環境工学 

    専門分野(researchmap分類):環境工学一般 、環境汚染一般 、選鉱

  • 研究課題名:高活性鉄酸化細菌の解析と電気培養菌固定化による重金属回収システムの構築 (Development of Heavy Metal Recovery System by Immobilization Cell of Electrochemical of High Active Acidithiobacillus ferrooxidans)

    キーワード:Acidithiobacillus ferrooxidans、高活性鉄酸化細菌、バイオレメディェーション、バイオリーチング、電気培養

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2012年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):応用生物化学 、環境影響評価・環境政策 、生物多様性・分類

    専門分野(researchmap分類):環境工学一般 、環境汚染一般 、汚染原因物質

  • 研究課題名:循環型社会構築のためのマネジメントシステムの開発 (Development of the management system system for Sustainable Society)

    キーワード:環境マネジメント、地球温暖化対策

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:1993年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):環境影響評価・環境政策 、資源保全学

    専門分野(researchmap分類):環境工学一般 、環境衛生,公害対策一般 、自然保護

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    授業科目:環境マネジメント学演習

    担当期間:2018年10月 ~ 2019年03月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:資源環境制御学

    担当期間:2018年04月 ~ 2018年09月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:環境マネジメント学演習

    担当期間:2018年04月 ~ 2018年09月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:資源環境制御学

    担当期間:2018年04月 ~ 2018年09月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:環境マネジメント学演習

    担当期間:2018年04月 ~ 2019年03月

    授業形式:

全件表示 >>

担当授業科目(その他) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    科目名:環境と安全(理系学部への出前講義)

    担当期間:2003年04月 ~ 継続中

    講義内容またはシラバス:理系学部において実験・実習等を始める前に,安全管理,環境管理,化学物質管理,廃棄物管理,廃液管理,排水管理について熟知させる。テキスト「環境安全の手引き」及び環境管理センターパンフレットを配布。

  • 年度:2016年度

    科目名:教養教育科目「サステイナブル・キャンパスを目指して」

    担当期間:2013年10月 ~ 継続中

    講義内容またはシラバス:-

教科書、教材等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    教科書,教材等の種類:教材作成

    大学教育教材開発:環境管理センターホームページ(日本語)を大幅改訂版を公開した。
    (本学指定デザインに基づく)

  • 年度:2017年度

    教科書,教材等の種類:その他

    大学教育教材開発:岡山大学環境報告書2017(日本語版)
    岡山大学環境報告書2017(英語版)
    岡山大学環境報告書2017 ダイジェスト(日本語版英語表記)
    岡山大学環境報告書2017 ポスター
    について企画・編集・発行を担当した。

  • 年度:2017年度

    教科書,教材等の種類:教材作成

    大学教育教材開発:環境管理センターホームページ(英語語)を公開した。
    (本学指定デザインに基づく)

  • 年度:2017年度

    教科書,教材等の種類:教材作成

    大学教育教材開発:次年度用教育広報等資料作成(主担当分)
    「環境・安全ガイドブック2018」の発行,ホームページ掲載
    「環境安全の手引き2017年4月発行」
    「環境管理センター概要(和文)」
    「環境管理センター概要(英文)」
    の発行及びホームページへ掲載した。

  • 年度:2017年度

    教科書,教材等の種類:その他

    大学教育教材開発:啓発資料(ポスター及び啓発資料PDF)作成
    「古紙の分別と雑紙(ざつがみ)回収(日本語)」
    「古紙の分別と雑紙(ざつがみ)回収(英語)」
    資料について講習会等で啓発,ホームページに掲載した。
    (関連業者とのの調整)

全件表示 >>

学生活動支援 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    学生活動支援の種類:学生相談

    学生活動支援:岡山大学エコナイト2017 共催 学生活動支援

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:鉄酸化細菌 Acidithiobacillus ferrooxidans の基礎と応用―水銀耐性鉄酸化細菌の分離と水銀耐性機構―

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:極限環境生物学会誌10巻 1号 (頁 43 ~ 53)

    発行年月:2011年12月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

  • 論文題目名:鉄酸化細菌 Acidithiobacillus ferrooxidans の硫黄酸化機構

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:酵素工学研究会誌66号 (頁 15 ~ 21)

    発行年月:2011年10月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Sulfite Oxidation Catalyzed by aa3-Type Cytochrome c Oxidase in Acidithiobacillus ferrooxidans

    記述言語:未設定

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry74巻 11号 (頁 2242 ~ 2247)

    発行年月:2010年11月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Volatilization of Metal Mercury from Organomercurials by Highly Mercury-Resistant Acidithiobacillus ferrooxidans MON-1

    記述言語:未設定

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry74巻 5号 (頁 1007 ~ 1012)

    発行年月:2010年06月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Activity evaluation of immobilized Highly Mercury-Resistant Acidithiobacillus ferrooxidans MON-1 strain

    記述言語:未設定

    掲載種別:国際会議proceedings

    掲載誌名:PROCEEDINGS OF THE 5TH VIETNAMESE JAPANESE SCIENTIFIC EXCHANGE CONFERENCE, OCTOBER 2009 (頁 94 ~ 95)

    発行年月:2009年10月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:高度活性鉄酸化細菌の電気培養固定化による重金属回収と環境浄化の効率化システム開発

    記述言語:未設定

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:山陽放送学術文化財団リポート57号 (頁 32 ~ 36)

    出版機関名:

    発行年月:2013年10月

    著者氏名(共著者含):竹内 文章

    共著区分:単著

  • 題目:高活性鉄酸化細菌の電気培養及び環境修復・資源回収システムの開発

    記述言語:未設定

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:生物学に関する試験論叢27巻 (頁 73 ~ 80)

    出版機関名:

    発行年月:2012年12月

    著者氏名(共著者含):竹内 文章

    共著区分:共著

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:粉粒体空気輸送の振動効果による所要動力低減に関する研究

    記述言語:未設定

    著書種別:著書

    出版機関名:-

    発行日:1995年01月

    著者名:*竹内文章

    著書形態:単著

  • 著書名:Application of Vibration to Pneumatic conveyance of Granular Materials

    記述言語:未設定

    著書種別:その他

    出版機関名:-

    発行日:1995年01月

    著者名:-

    著書形態:単著

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:地下水・土壌汚染とその防止に関する研究集 (-)

    開催場所:沖縄

    開催期間:2017年11月

    題目又はセッション名:微生物を利用した水銀等汚染地下水の浄化技術 (-)

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:13th International Conference on Mercury as Global Pollutant

    開催期間:2017年07月

    題目又はセッション名:Volatilization of Elemental Mercury under Acidic Conditions from Mercury- Polluted Soil and Mercury Wastewater by a Highly Mercury Resistant Iron-Oxidizing Bacterium Acidithiobacillus ferrooxidans

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:American Society for Microbiology 114th General Meeting (American Society for Microbiology 114th General Meeting)

    開催場所:Denver

    開催期間:2014年05月

    題目又はセッション名:Production of Sulfite from Reduced Inorganic Sulfur Compounds by Cytochrome Oxidase of AcidithioBacillus ferrooxidans

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本農芸化学会2014年度会(2013)

    開催場所:神奈川

    開催期間:2014年03月

    題目又はセッション名:A. ferrooxidans 由来 cytochrome oxidaseによる還元型無機硫黄化合物からの亜硫酸の生成

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第65回日本生物工学会大会(2013)

    開催場所:広島市

    開催期間:2013年10月

    題目又はセッション名:Acidithiobacillus ferrooxidans より精製したcytochromes oxidase は元素硫黄依存性の鉄還元酵素活性を持っている

全件表示 >>

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 大学等環境安全協議会

    役職・役割名:役員(評議員)

    活動期間:1986年04月 ~ 継続中

  • 日本生物工学会

    役職・役割名:-

    活動期間:1999年04月 ~ 継続中

  • 日本農芸化学会

    役職・役割名:-

    活動期間:1994年07月 ~ 継続中

  • 化学工学会

    役職・役割名:-

    活動期間:1986年04月 ~ 継続中

  • 日本水環境学会

    役職・役割名:-

    活動期間:2000年04月 ~ 継続中

全件表示 >>

発明・工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 工業所有権区分:特許

    発明の名称:水銀の気化方法,及び汚染土壌又は汚染水の浄化方法,並びに水銀の気化方法 (*)

    発明(考案)者名:* (*)

    登録番号:P4578597

    登録日:2010年11月10日

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:高活性鉄酸化細菌を用いた環境負荷低減型資源回収・環境浄化システムの開発

    研究期間:2018年04月 ~ 継続中

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:..

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:電気培養高活性鉄酸化細菌の諸性質解明と重金属資源回収システムの開発

    研究期間:2015年04月 ~ 2019年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:..

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:電気培養高活性鉄酸化細菌の諸性質解明と重金属資源回収システムの開発

    研究期間:2015年04月 ~ 2018年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:..

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:電気培養高活性鉄酸化細菌の諸性質解明と重金属資源回収システムの開発

    研究期間:2015年04月 ~ 2019年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:..

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:電気培養高活性鉄酸化細菌の諸性質解明と重金属資源回収システムの開発

    研究期間:2015年04月 ~ 2018年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:..

全件表示 >>

 

公開講座・講演会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    講座、講演会等種類:講演会

    開催日:2017年06月

    講座等名:予想される巨大地震に備えた耐災のまちづくり(開催協力)

    講義題名:南海トラフ巨大地震への備え~ レジリエントな社会の構築に向けて~
    白木 渡
    高性能計算を使う都市丸ごと地震シミュレーション
    堀 宗朗

    主催者:岡山大学環境管理センター

    対象者:一般の方(高校生以上)

    開催地,会場:環境理工学部棟104室

  • 年度:2016年度

    講座、講演会等種類:公開講座

    開催日:2016年12月

    講座等名:日本の環境問題と岡山大学の環境活動

    講義題名:「日本の環境政策の変遷と環境マネジメント」西村伸一
    「地球環境対策を考える」竹内文章
    「岡山大学環境報告書を読む」崎田真一

    主催者:岡山大学環境管理センター

    対象者:一般の方(高校生以上)

  • 年度:2016年度

    講座、講演会等種類:講演会

    開催日:2016年06月

    講座等名:岡山大学環境管理センター公開講演会

    講義題名:-資源循環からみた未来社会の構図-
    安井 至/醍醐 市朗/小林 昭一

    主催者:岡山大学環境管理センター

    対象者:一般市民,学内教職員・学生

    開催地,会場:岡山大学創立50周年記念館

  • 年度:2015年度

    講座、講演会等種類:講演会

    開催日:2015年06月

    講座等名:岡山大学環境管理センター公開講演会

    講義題名:-環境と人と化学物質-
    江守 正多/西村 伸一/津田 良夫

    主催者:岡山大学環境管理センター

    対象者:一般市民,学内教職員・学生

    開催地,会場:岡山大学大学院自然科学研究科棟2階 大講義室

生涯学習支援貢献 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    岡山大学環境報告書2017(日本語版)
    岡山大学環境報告書2017(英語版)
    岡山大学環境報告書2017 ダイジェスト(日本語版英語表記)
    岡山大学環境報告書2017 ポスター
    について企画・編集・発行を担当し学外に公開した。

審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    外部委員会区分:その他公的団体

    名称:大学等環境安全協議会評議員

    役職:委員

    活動内容:平成16年度~

  • 年度:2017年度

    外部委員会区分:審議会

    名称:岡山県公害審議会委員,その他委員会

    役職:委員

    活動内容:2012年度~

国際貢献(協力事業) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    相手方国名:国際連合環境計画(UNEP)

    プロジェクト名:UNEP Global Mercury Partnership
    Waste Management Partnership Area

    期間:2010年10月 ~ 継続中

    役割:UNEP水銀パートナーシップの廃棄物管理分野のリソースパーソンとして登録・活動

 

部局長などの実績 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    役職:その他

    職名:環境管理センター副センター長

    任期:2018年04月 ~ 2019年03月

  • 年度:2017年度

    役職:その他

    職名:環境管理センター環境マネジメント部門部門長

    任期:2017年04月 ~ 2018年03月

全学的な実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:環境マネジメント委員会

    役職:委員

    任期:2007年04月 ~ 継続中

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:環境マネジメント委員会 地球温暖化対策・エネルギー管理専門部会

    役職:部会長

    任期:2012年04月 ~ 2018年03月

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:環境マネジメント委員会 環境公報専門専門部会

    役職:部会長

    任期:2017年04月 ~ 2018年03月

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:環境マネジメント委員会 省資源専門部会

    役職:部会長

    任期:2017年04月 ~ 2018年03月

所属部局等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:環境管理センター放射線障害防止委員会

    役職:委員

    任期:2003年04月 ~ 2017年10月

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:「環境制御」編集委員会

    役職:委員

    任期:2003年04月 ~ 継続中

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:環境管理センター運営委員会

    役職:委員

    任期:2002年04月 ~ 継続中

 

おすすめURL 【 表示 / 非表示