所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

大学院・医歯薬学総合研究科・消化器外科学

職名 【 表示 / 非表示

教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

消化器外科学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

消化器外科、腫瘍外科、遺伝子治療

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:消化器外科領域の低侵襲治療

    研究課題概要:消化器外科領域の診断・治療開発、特に低侵襲な先端医療開発

  • 研究課題名:癌の分子療法 遺伝子治療

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:A simple biological imaging system for detecting viable human circulating tumor cells

    掲載誌名:J Clin Invest119巻 (頁 3172 ~ 3181)

    発行年月:2009年10月

    著者氏名(共著者含):Kojima T , Hashimoto, Y, Watanabe, Y, Kagawa, S, Uno, F, Kuroda, S, Tazawa, H, Kyo, S, Mizuguchi, H, Urata, Y, Tanaka, N, Fujiwara, T

  • 論文題目名:In vivo imaging of lymph node metastasis with telomerase-specific replication-selective adenovirus.

    掲載誌名:Nature Medicine

    発行年月:2006年10月

    著者氏名(共著者含):Kishimoto, H., Kojima, T., Watanabe, Y., Kagawa, S., Fujiwara, T., Uno, F., Teraishi, F., Kyo, S., Mizuguchi, H., Urata, Y., Tanaka, N., *Fujiwara, T.

  • 論文題目名:Multicenter phase I study of repeated intratumoral delivery of adenoviral p53 (ADVEXIN) in patients with advanced non-small cell lung cancer.

    掲載誌名:Journal of Clinical Oncology

    発行年月:2006年04月

    著者氏名(共著者含):*Fujiwara, T., Tanaka, N., Kanazawa, S., Ohtani, S., Saijo, Y., Nukiwa, T., Yoshimura, K., Sato, T., Eto, Y., Chada, S., Nakamura, H., Kato, H.

 

写真

氏名

藤原 俊義 (フジワラ トシヨシ)

FUJIWARA Toshiyoshi

所属専攻講座

医歯薬学総合研究科

職名

教授

性別

男性

ホームページ

http://www.ges-okayama-u.com/

研究分野・キーワード

(日)消化器外科、腫瘍外科、遺伝子治療

(英)Gastroenterological Surgery, Surgical Oncology, Gene Theuapy

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:岡山大学

    学校の種類:大学

    学部名:医学部

    学科名:医学科

    卒業年月:1985年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:岡山大学

    研究科名:医学研究科

    専攻名:外科学

    修了課程:博士課程

    修了年月:1990年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:医学博士 (Doctor(medicive))

    学位の分野名:消化器外科学 (Digestive organ surgery)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:論文

    取得年月:

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:医歯薬学総合研究科

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2010年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:テキサス大学MDアンダーソン癌センター (The University of Texas M. D. Anderson Cancer Center)

    経歴名:研究員 (Researcher)

    経歴期間:1991年01月 ~ 1993年12月

  • 所属(勤務)先:岡山済生会総合病院

    経歴名:未設定

    経歴期間:1985年07月 ~ 1987年07月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本外科学会 /  日本国 ( 1985年04月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:理事

    活動期間:2014年04月 ~ 継続中

  • 日本外科学会 /  日本国 ( 1985年04月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:代議員

    活動期間:2012年02月 ~ 継続中

  • 日本癌治療学会 /  日本国 ( 1994年01月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:理事

    活動期間:2011年10月 ~ 2017年10月

  • 日本癌治療学会 /  日本国 ( 1994年04月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:代議員

    活動期間:2009年08月 ~ 継続中

  • 日本消化器外科学会 /  日本国 ( 1985年04月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:評議員

    活動期間:2015年07月 ~ 継続中

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 消化器外科学 (Digestive organ surgery)

  • 胸部外科学 (Thoracic surgery)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 外科学

  • 消化器の腫よう

  • 消化器の疾患の治療

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 医師

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:消化器外科領域の低侵襲治療 (Minimally Invasive Gastroenterological Surgery)

    キーワード:消化器、外科、低侵襲治療

    研究態様:個人研究

    研究制度:先端技術開発研究

    研究期間:2010年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):消化器外科学

    専門分野(researchmap分類):消化器の腫よう

  • 研究課題名:癌の分子療法 遺伝子治療 (Molecular therapy and Gene Therapy for Caucer)

    キーワード:癌、遺伝子、治療 (Cander,Gene,Therapy)

    研究態様:個人研究

    研究制度:バイオテクノロジー先端技術開発研究

    研究期間:1990年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):消化器外科学

    専門分野(researchmap分類):外科学 、消化器の腫よう 、消化器の疾患の治療

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:外科学Ⅰ

    担当期間:2019年06月 ~ 2019年08月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:外科学I

    担当期間:2019年06月 ~ 2019年08月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:消化器外科学II(講義・演習)

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:外科総論

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:臨床医歯科学概論

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

全件表示 >>

担当授業科目(その他) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    科目名:臓器別がん治療各論

    担当期間:2017年10月

    講義内容またはシラバス:胃がん・食道がん

  • 年度:2016年度

    科目名:がんのベーシックサイエンス・臨床薬理学

    担当期間:2017年10月

    講義内容またはシラバス:がんの分子生物学と診断・治療への応用

  • 年度:2016年度

    科目名:がんのベーシックサイエンス・臨床薬理学

    担当期間:2016年11月

    講義内容またはシラバス:がんの分子生物学と診断・治療への応用

  • 年度:2015年度

    科目名:臓器別がん治療各論

    担当期間:2016年11月

    講義内容またはシラバス:胃がん・食道がん

  • 年度:2015年度

    科目名:がんのベーシックサイエンス・臨床薬理学

    担当期間:2015年10月

    講義内容またはシラバス:がんの分子生物学と診断・治療への応用

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:A simple biological imaging system for detecting viable human circulating tumor cells

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:J Clin Invest119巻 (頁 3172 ~ 3181)

    発行年月:2009年10月

    著者氏名(共著者含):Kojima T , Hashimoto, Y, Watanabe, Y, Kagawa, S, Uno, F, Kuroda, S, Tazawa, H, Kyo, S, Mizuguchi, H, Urata, Y, Tanaka, N, Fujiwara, T

    共著区分:共著

  • 論文題目名:In vivo imaging of lymph node metastasis with telomerase-specific replication-selective adenovirus.

    記述言語:未設定

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:Nature Medicine

    発行年月:2006年10月

    著者氏名(共著者含):Kishimoto, H., Kojima, T., Watanabe, Y., Kagawa, S., Fujiwara, T., Uno, F., Teraishi, F., Kyo, S., Mizuguchi, H., Urata, Y., Tanaka, N., *Fujiwara, T.

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Multicenter phase I study of repeated intratumoral delivery of adenoviral p53 (ADVEXIN) in patients with advanced non-small cell lung cancer.

    記述言語:未設定

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:Journal of Clinical Oncology

    発行年月:2006年04月

    著者氏名(共著者含):*Fujiwara, T., Tanaka, N., Kanazawa, S., Ohtani, S., Saijo, Y., Nukiwa, T., Yoshimura, K., Sato, T., Eto, Y., Chada, S., Nakamura, H., Kato, H.

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Visualized Evaluation of Blood Flow to the Gastric Conduit and Complications in Esophageal Reconstruction

    記述言語:英語

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:J Am Coll Surg226巻 3号 (頁 241 ~ 251)

    発行年月:2018年03月

    著者氏名(共著者含):Noma K, Shirakawa Y, Kanaya N, Okada T, Maeda N, Ninomiya T, Tanabe S, Sakurama K, Fujiwara T

    共著区分:共著

  • 論文題目名:A multi-institution phase II study of docetaxel and S-1 in combination with trastuzumab for HER2-positive advanced gastric cancer (DASH study)

    記述言語:英語

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:Cancer Chemother Pharmacol81巻 2号 (頁 387 ~ 392)

    発行年月:2018年02月

    著者氏名(共著者含):Kagawa S, Muraoka A, Kambara T, Nakayama H, Hamano R, Tanaka N, Noma K, Tanakaya K, Kishimoto H, Shigeyasu K, Kuroda S, Kikuchi S, Kuwada K, Nishizaki M, Shirakawa Y, Fujiwara T

    共著区分:共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:生体肝移植ドナー手術 後区域グラフト採取術

    記述言語:日本語

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:手術71巻 10号 (頁 1383 ~ 1388)

    出版機関名:

    発行年月:2017年09月

    著者氏名(共著者含):八木孝仁, 楳田祐三, 吉田龍一, 信岡大輔, 藤原俊義

    共著区分:共著

  • 題目:ウイルス療法第3回 がんウイルス療法の臨床試験

    記述言語:日本語

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:がん免疫療法1巻 2号 (頁 118 ~ 120)

    出版機関名:

    発行年月:2017年09月

    著者氏名(共著者含):藤原俊義

    共著区分:単著

  • 題目:ウイルス療法第2回 がん治療に用いられるウイルス

    記述言語:日本語

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:がん免疫療法1巻 2号 (頁 115 ~ 117)

    出版機関名:

    発行年月:2017年09月

    著者氏名(共著者含):藤原俊義

    共著区分:単著

  • 題目:臨床応用されるp53研究 現状と今後の課題 進化するp53遺伝子を用いたがんウイルス療法

    記述言語:日本語

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:実験医学35巻 14号 (頁 2364 ~ 2365)

    出版機関名:

    発行年月:2017年09月

    著者氏名(共著者含):藤原俊義

    共著区分:単著

  • 題目:がんウイルス療法

    記述言語:日本語

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:腫瘍内科20巻 2号 (頁 171 ~ 176)

    出版機関名:

    発行年月:2017年08月

    著者氏名(共著者含):藤原俊義

    共著区分:単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:次世代がん治療

    記述言語:日本語

    著書種別:未設定

    出版機関名:エヌ・ティー・エス

    発行日:2017年06月

    著者名:田澤 大, 田辺俊介, 香川俊輔, 白川靖博, 藤原俊義

    著書形態:共著

    担当部分:テロメラーゼ依存性腫瘍融解アデノウイルスTelomelysinの臨床開発

  • 著書名:今,着実に実り始めた遺伝子治療 - 最新研究と今後の展開

    記述言語:日本語

    著書種別:未設定

    出版機関名:株式会社メディカルドゥ

    発行日:2016年06月

    著者名:藤原俊義

    著書形態:単著

    担当部分:食道がんに対する放射線併用アデノウイルス療法の臨床開発

  • 著書名:新人ナースのための消化器外科 術前術後ケアQ&A102

    記述言語:日本語

    著書種別:未設定

    出版機関名:メディカ出版

    発行日:2016年04月

    著者名:菊地覚次, 藤原俊義

    著書形態:共著

    担当部分:4章 胃の手術と術前術後ケアQ&A

  • 著書名:Advances inMedicine and Biology. Vol.110

    記述言語:英語

    著書種別:未設定

    出版機関名:Nova Publishers, Inc.

    発行日:2016年04月

    著者名:Tazawa H, Kagawa S, Shigeyasu K, Fujiwara T

    著書形態:共著

    担当部分:Telomerase-targeted replicative adenoviruses for cancer treatnment and diagnosis

  • 著書名:Current Strategies in Cancer Gene Therapy

    記述言語:英語

    著書種別:未設定

    出版機関名:Springer International Publishing

    発行日:2016年04月

    著者名:Tazawa H, Kagawa S, Fujiwara T

    著書形態:共著

    担当部分:p53 replacement therapy for cancer

全件表示 >>

学術雑誌編集委員 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    学術雑誌名:Cancer Science

    委員長/委員等の種類:委員

論文査読 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    件数:4件

    学術雑誌名:Annals of Gastroenterological Surgery

  • 年度:2017年度

    学術雑誌名:World Jouranal of Surgery

  • 年度:2017年度

    件数:1件

    学術雑誌名:Surgical Case Report

  • 年度:2017年度

    件数:1件

    学術雑誌名:Gastric Cancer

  • 年度:2017年度

    学術雑誌名:Cancer Biology & Therapy

全件表示 >>

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第30回日本内視鏡外科学会総会

    開催場所:京都市

    開催期間:2017年12月

    題目又はセッション名:切離断端の安全域を向上させる殺細胞性を兼ね備えた癌細胞特異的蛍光発現製剤を用いた内視鏡外科手術の開発

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第30回日本内視鏡外科学会総会

    開催場所:京都市

    開催期間:2017年12月

    題目又はセッション名:多発筋炎/ 皮膚筋炎でみつかり腹腔鏡下に切除し得た直腸癌の一例

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第30回日本内視鏡外科学会総会

    開催場所:京都市

    開催期間:2017年12月

    題目又はセッション名:腹臥位胸腔鏡下食道亜全摘における臨床応用解剖実習の有用性

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第30回日本内視鏡外科学会総会

    開催場所:京都市

    開催期間:2017年12月

    題目又はセッション名:内視鏡手術教育における術前解剖シミュレーターの重要性

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第30回日本内視鏡外科学会総会

    開催場所:京都市

    開催期間:2017年12月

    題目又はセッション名:完全鏡視下手縫いによる逆流防止弁形成食道残胃吻合(観音開き法)

全件表示 >>

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 第1回岡山県ストーマ保有者災害対策研究会

    役職・役割名:会長

    活動期間:2016年01月

  • 第104回日本消化器病学会中国支部例会

    役職・役割名:会長

    活動期間:2015年12月

    活動内容:第104回日本消化器病学会中国支部例会

  • 第178回岡山外科会・第1回日本臨床外科学会岡山県支部会

    役職・役割名:会長

    活動期間:2015年11月

    活動内容:第178回岡山外科会・第1回日本臨床外科学会岡山県支部会

報道機関発表 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    全国版/地方版別:地方版

    メディアの種類:新聞

    会社名等:中国四国医事新報

    報道年月日:2017年02月23日

  • 年度:2017年度

    全国版/地方版別:全国版

    メディアの種類:新聞

    会社名等:読売新聞

    番組名等及び内容:がん細胞 破壊するウイルス

    報道年月日:2017年12月29日

  • 年度:2017年度

    全国版/地方版別:全国版

    メディアの種類:新聞

    会社名等:日経産業新聞

    番組名等及び内容:がんを「視る・見る」

    報道年月日:2017年11月15日

  • 年度:2017年度

    全国版/地方版別:地方版

    メディアの種類:新聞

    会社名等:山陽新聞

    番組名等及び内容:胃がん市民公開講座

    報道年月日:2017年10月06日

  • 年度:2017年度

    全国版/地方版別:全国版

    メディアの種類:新聞

    会社名等:日本経済新聞

    番組名等及び内容:がん治療 ウイルス+alphaで

    報道年月日:2017年09月25日

全件表示 >>

学会賞等受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:日本消化器外科学会 学会賞(学術部門)受賞 (JSGS Science of the Year)

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:2017年07月13日

    受賞国:日本国

    授与機関:日本消化器外科学会

    受賞者・受賞グループ名:藤原 俊義

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 資金名称:日本医療研究開発機構研究費 革新的がん医療実用化研究事業

    研究題目:難治がん・希少がんに対するp53癌抑制遺伝子搭載武装化ウイルス製剤の実用化のための非臨床試験

    研究期間:2017年04月 ~ 2020年03月

    資金支給機関:総務省

    研究内容:難治がん・希少がんに対するp53癌抑制遺伝子搭載武装化ウイルス製剤の実用化のための非臨床試験

  • 資金名称:厚生労働科学研究費補助金

    研究題目:蛍光ウイルス試薬を用いた進行胃癌患者の腹腔内浮遊がん細胞の生物学的悪性度評価に基づく早期再発症例の診断技術の開発

    研究期間:2014年04月 ~ 2017年03月

    資金支給機関:厚生労働省