職名 【 表示 / 非表示

教授

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

精神医学、てんかん学

 

写真

氏名

山田 了士 (ヤマダ ノリヒト)

YAMADA Norihito

所属専攻講座

医歯薬学総合研究科

職名

教授

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)精神医学、てんかん学

(英)psychiatry, epileptology

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(医学)

    学位の分野名:精神神経科学 (Psychoneurosis studies)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:論文

    取得年月:1991年09月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:医歯薬学総合研究科

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2015年04月 ~ 継続中

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:精神神経病態学

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:精神神経病態学

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:神経精神医学(基本臨床実習)

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:精神神経病態学II(講義・演習)

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:精神神経病態学I(講義・演習)

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Algorithm-based pharmacotherapy for first-episode schizophrenia involuntarily hospitalized

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Early Intervention in Psychiatry (頁 885 ~ 889)

    発行年月:2017年01月

    著者氏名(共著者含):Bunta Yoshimura,Kojiro Sato,Manabu Takaki*,Norihito Yamada*

    共著区分:共著

    DOI:10.1111/eip.12442

  • 論文題目名:Neuropathological comorbidity associated with argyrophilic grain disease

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Neuropathology (頁 1 ~ 59)

    発行年月:2017年01月

    著者氏名(共著者含):Osamu Yokota ,Tomoko Miki,Chikako Ikeda,Shigeto Nagao,Shintaro Takenoshita,Hideki Ishizu,Takashi Haraguchi,Shigetoshi Kuroda,Seishi Terada*,Norihito Yamada*

    共著区分:共著

    DOI:10.1111/neup.12429

  • 論文題目名:Human Rho Guanine Nucleotide Exchange Factor 11 (ARHGEF11) Regulates Dendritic Morphogenesis.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Int J Mol Sci18巻 1号 (頁 E67)

    発行年月:2016年12月

    著者氏名(共著者含):Mizuki Y, Takaki M, Sakamoto S, Okamoto S, Kishimoto M, Okahisa Y, Itoh M, Yamada N

    共著区分:共著

  • 論文題目名:精神科医が緩和ケアに学ぶこと.

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:日本社会精神医学会雑誌25巻 4号 (頁 358 ~ 363)

    発行年月:2016年11月

    著者氏名(共著者含):山田了士

    共著区分:単著

  • 論文題目名:Positive affect and regional cerebral blood flow in Alzheimer’s disease.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Psychiatry Res Neuroimaging256巻 (頁 15 ~ 20)

    発行年月:2016年10月

    著者氏名(共著者含):Hayashi S, Terada S, Sato S, Oshima E, Miki T, Yokota O, Ishihara T, Yamada N

    共著区分:共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:嗜銀顆粒病の認知機能障害,生活障害,行動・心理症状.

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:精神医学58巻 11号 (頁 941 ~ 951)

    出版機関名:

    発行年月:2016年11月

    著者氏名(共著者含):橫田修、長尾茂人、池田智香子、三木知子、寺田整司、山田了士

    共著区分:共著

  • 題目:てんかん 病状の変化, 事前の準備.

    記述言語:日本語

    掲載種別:学会誌

    掲載誌名:日本周産期メンタルヘルス学会会誌2巻 1号 (頁 26 ~ 32)

    出版機関名:

    発行年月:2016年09月

    著者氏名(共著者含):山田了士

    共著区分:単著

  • 題目:大学病院は今.岡山大学精神神経病態学.

    記述言語:日本語

    掲載種別:商業雑誌

    掲載誌名:「Consonance 統合失調症を考える」 2016 Summer (頁 10 ~ 11)

    出版機関名:

    発行年月:2016年07月

    著者氏名(共著者含):山田了士

    共著区分:単著

  • 題目:嗜銀顆粒病の診断と治療.

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:臨床精神医学45巻 4号 (頁 489 ~ 497)

    出版機関名:

    発行年月:2016年04月

    著者氏名(共著者含):池田智香子、橫田修、長尾茂人、三木知子、大島悦子、寺田整司、山田了士

    共著区分:共著

  • 題目:さまざまな患者さんに対応するために多様性を伸ばす教育を.

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:精神科臨床Legato2巻 2号 (頁 38 ~ 42)

    出版機関名:

    発行年月:2016年04月

    著者氏名(共著者含):山田了士

    共著区分:単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:精神科研修ノート改訂第2版

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:診断と治療社

    発行日:2016年04月

    著者名:山田了士

    著書形態:単著

    担当部分:入院適応の決定.

  • 著書名:先進医薬研究振興財団研究成果報告集2015年度

    記述言語:日本語

    著書種別:その他

    出版機関名:先進医薬研究振興財団

    発行日:2016年03月

    著者名:岡久祐子、酒本真次、髙木学、松本洋輔、山田了士

    著書形態:共著

    担当部分:性同一性障害全ゲノム関連解析による病態解明.

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第35回日本認知症学会学術集会

    開催場所:東京

    開催期間:2016年12月

    題目又はセッション名:嗜銀顆粒病と進行性核上性麻痺のタウ陽性アストロサイト病変:免疫組織化学的比較検討

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第40回日本心身医学会中国・四国地方会

    開催場所:高松

    開催期間:2016年11月

    題目又はセッション名:産後うつとして治療された、頭部の違和感を主訴とする症例

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第29回日本総合病院精神医学会総会

    開催場所:東京

    開催期間:2016年11月

    題目又はセッション名:当院肝胆膵外科手術患者におけるせん妄の認知度調査

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:研究集会

    会議名称:精神疾患と認知症の脳病理研究会

    開催場所:岡山

    開催期間:2016年11月

    題目又はセッション名:幻覚妄想で初発し嗜銀顆粒病および軽度の進行性核上性麻痺病理を有した一剖検例

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:研究集会

    会議名称:精神疾患と認知症の脳病理研究会

    開催場所:岡山

    開催期間:2016年11月

    題目又はセッション名:30年以上行動異常が持続したのちパーキンソニズムを呈した進行性核上性麻痺病理を伴う嗜銀顆粒病の一例

全件表示 >>