所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

特別支援教育

職名 【 表示 / 非表示

教授

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

特別支援教育   教育実践

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:有意味語未獲得の精神遅滞児に対するコミュニケーション指導-対人的遊びと平仮名文字学習を中心として-

    研究課題概要:有意味語未獲得の知的障害のある小学部児童を対象として、抽出による個別指導を2年間行った。発声・発語意欲の促進、相互作用の持続・発展を意図した対人的遊びと平仮名文字に関する学習を中心に行い、指導の経過について検討した。その結果、平仮名文字学習の中の音声分解・抽出活動において、自発発声・発語が出現し、頻度も増加するなど、指導の有効性が示唆された。対人的遊びでは、使用語彙の選定や場面設定の仕方に関する示唆をえることができた。

  • 研究課題名:「遊びの指導」の授業における児童同士のかかわりと教師の支援

  • 研究課題名:話し言葉をもつ自閉児のコミュニケーション指導-応答性にかかわる指導のあり方-

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:有意味語未獲得の精神遅滞児に対するコミュニケーション指導-対人的遊びと平仮名文字学習を中心として-

    掲載誌名:特殊教育学研究33巻 5号 (頁 49 ~ 56)

    発行年月:1996年03月

    著者氏名(共著者含):

  • 論文題目名:「遊びの指導」の授業における児童同士のかかわりと教師の支援

    掲載誌名:岡山大学大学院教育学研究科研究集録156号 (頁 15 ~ 21)

    発行年月:2014年07月

    著者氏名(共著者含):

  • 論文題目名:Enabling a prelinguistic communicator with autism to use picture card as a strategy for repairing listener misunderstanding:A case study.(共著)

    掲載誌名:Council for Exceptional Children(CEC)学会誌Education and Training in Developmental Disabilities 45巻 3号 (頁 410 ~ 421)

    発行年月:2010年09月

    著者氏名(共著者含):Ohtake1,Y.1, Wehmeyer1,M.L.,Uchida,N.,Nakaya,A.,& Yanagihara,M.

全件表示 >>

 

写真

氏名

仲矢 明孝 (ナカヤ アキタカ)

NAKAYA Akitaka

所属専攻講座

教育学研究科

職名

教授

性別

男性

研究室住所

(日)岡山市北区津島中3-1-1

研究室電話

(日)086-251-7715

研究室FAX

(日)086-251-7715

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

(日)特別支援教育   教育実践

(英)supecial education curriculum and instruction

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:学士(教育)

    学位の分野名:特別支援教育 (Special support education)

    学位授与機関名:神戸大学 (Kobe University)

    取得方法:課程

    取得年月:1977年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:教育学部

    組織名:岡山大学教育学部附属特別支援学校

    経歴名:校長

    職務期間:2016年04月 ~ 2018年03月

  • 職務遂行組織:教育学研究科

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2018年04月 ~ 継続中

  • 職務遂行組織:教育学部

    経歴名:副研究科長

    職務期間:2014年04月 ~ 2016年03月

  • 職務遂行組織:教育学研究科

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2008年04月 ~ 2014年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:岡山大学教育学部附属特別支援学校

    経歴名:副校長

    経歴期間:2004年04月 ~ 2008年03月

  • 所属(勤務)先:岡山大学教育学部附属特別支援学校

    経歴名:主事

    経歴期間:1999年04月 ~ 2004年03月

  • 所属(勤務)先:岡山大学教育学部附属特別支援学校

    経歴名:教諭

    経歴期間:1985年04月 ~ 1999年03月

  • 所属(勤務)先:岡山県立岡山西支援学校

    経歴名:教諭

    経歴期間:1981年04月 ~ 1985年03月

  • 所属(勤務)先:姫路市立白鳥小学校

    経歴名:教諭

    経歴期間:1977年04月 ~ 1981年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本特別ニーズ教育学会 /  日本国 ( 2010年04月 ~ 継続中 )

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:有意味語未獲得の精神遅滞児に対するコミュニケーション指導-対人的遊びと平仮名文字学習を中心として-

    キーワード:精神遅滞児 コミュニケーション 対人的遊び 平仮名文字 音節分解・抽出活動

    研究態様:未設定

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:1996年03月

    専門分野(科研費分類):特別支援教育

    専門分野(researchmap分類):広領域

    研究内容:有意味語未獲得で小学部1年の知的障害児に対し、抽出による自立活動の指導を2年間行った。発声・発語意欲の促進、相互作用の持続・発展を意図した対人的遊びと、平仮名文字に関する学習について指導の経過を検討した。その結果、平仮名文字学習「音節分解・抽出活動」の中で、自発発声・発語が出現し、頻度も増加するなど、指導の有効性が示された。対人的遊びでは、使用語彙の選定や場面設定の仕方に示唆を得ることができた。

  • 研究課題名:「遊びの指導」の授業における児童同士のかかわりと教師の支援

    キーワード:知的障害特別支援学校 遊びの指導 授業分析 児童同士のかかわり 発信の過程

    研究態様:個人研究

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:2014年07月

    専門分野(科研費分類):特別支援教育

    専門分野(researchmap分類):広領域

  • 研究課題名:話し言葉をもつ自閉児のコミュニケーション指導-応答性にかかわる指導のあり方-

    キーワード:自閉児  コミュニケーション 応答技能 文字 動詞述語構文

    研究態様:個人研究

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:1994年03月

    専門分野(科研費分類):特別支援教育

    専門分野(researchmap分類):広領域

    研究内容:話し言葉の機能的使用が困難な自閉症の中学部生徒に対し、抽出による自立活動の指導を3年間行った。応答性にかかわるスキル獲得を目的とする学習「質問に答える」の課題について、指導の経過を検討した。その結果、質問への返答技能を獲得するための学習課題と指導の順序を示すことができた。さらに、質問内容の理解を促し、思考過程を視覚化できる文字を利用することの有効性を強調した。

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    授業科目:通常学級における特別支援教育の実践と課題

    担当期間:2017年10月 ~ 2018年03月

    授業形式:専任

    講義内容またはシラバス:発達障害のある子どもが在籍する通常の学級における授業づくりや学級経営に関し、組織的な校内支援や個別的支援、学級全体に関わる支援の在り方について学習する。

  • 年度:2015年度

    授業科目:特別支援教育の実践と課題

    担当期間:2015年10月 ~ 2016年03月

    授業形式:専任

    講義内容またはシラバス:発達障害の特徴の理解、対応の基本等に関する講義を行う。次に、通常学級で新卒院生が行った授業のビデオ録画を視聴し、特別支援教育の視点から検討する。最後に、教育現場の実践と課題について、学校組織、システム等の点から解説し、討論を行った。

  • 年度:2015年度

    授業科目:特別支援教育実習II(特別支援教育実習基礎研究)

    担当期間:2015年04月 ~ 2015年09月

    授業形式:専任

    講義内容またはシラバス:・特別支援学校(視覚障害・聴覚障害・肢体不自由・知的障害)、特別支援学級(知的障害)、通級による指導における特別支援教育の実際についての講義・演習。
    ・本学部附属特別支援学校教員による主免教育実習のための実践的な授業設計に関する演習・講義。

  • 年度:2015年度

    授業科目:問題行動にかかわるアセスメントと支援プログラムの開発

    担当期間:2015年10月 ~ 2016年03月

    授業形式:専任

    講義内容またはシラバス:問題行動のとらえ方、行動アセスメント等の技法、アセスメントに基づく支援プランの作成方法、支援プランの実施方法について学習する。

  • 年度:2015年度

    授業科目:特別支援教育における授業づくり

    担当期間:2015年04月 ~ 2016年03月

    授業形式:専任

    講義内容またはシラバス:特別支援教育における教師の授業力、子供の実態把握と目標設定、教材化、発問・指示・説明、授業批評について、具体例を入れながら解説する。さらに、グループに分かれて授業(教科等)及び対象児を選定し、学習指導案の作成と模擬授業を行う。

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:有意味語未獲得の精神遅滞児に対するコミュニケーション指導-対人的遊びと平仮名文字学習を中心として-

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:特殊教育学研究33巻 5号 (頁 49 ~ 56)

    発行年月:1996年03月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:単著

  • 論文題目名:「遊びの指導」の授業における児童同士のかかわりと教師の支援

    記述言語:日本語

    掲載種別:大学紀要

    掲載誌名:岡山大学大学院教育学研究科研究集録156号 (頁 15 ~ 21)

    発行年月:2014年07月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Enabling a prelinguistic communicator with autism to use picture card as a strategy for repairing listener misunderstanding:A case study.(共著)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Council for Exceptional Children(CEC)学会誌Education and Training in Developmental Disabilities 45巻 3号 (頁 410 ~ 421)

    発行年月:2010年09月

    著者氏名(共著者含):Ohtake1,Y.1, Wehmeyer1,M.L.,Uchida,N.,Nakaya,A.,& Yanagihara,M.

    共著区分:共著

  • 論文題目名:話し言葉をもつ自閉児のコミュニケ-ション指導-応答性にかかわる指導のあり方-

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:特殊教育学研究(日本特殊教育学会)31巻 5号 (頁 69 ~ 76)

    発行年月:1994年03月

    著者氏名(共著者含):仲矢明孝

    共著区分:単著

  • 論文題目名:Repair strategies used by verbal students with autism during free play(共著)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Council for Exceptional Children(CEC)学会誌 Focus on Autism and Developmental Disabilites. 26巻 1号 (頁 3 ~ 14)

    発行年月:2011年03月

    著者氏名(共著者含):Ohtake,Y.,Wehmeyer,M.L.,Nakaya,A,Takahashi,S.,& Yanagihara,M.

    共著区分:共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:新しい特別支援教育 インクルーシブ教育の今とこれから

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:ぎょうせい

    発行日:2017年12月

    著者名:

    著書形態:共著

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本特殊教育学会第53回大会

    開催場所:東北大学

    開催期間:2015年09月

    題目又はセッション名:障害の重い子どもの表出の読み取り-A児とのかかわりを通して-

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本LD学会第25回大会(東京)

    開催場所:パシフィコ横浜

    開催期間:2016年11月

    題目又はセッション名:特別支援学級において集団で行う自立活動の指導に関わる実践上の課題-設計過程の分析-

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本LD学会第26大会

    開催場所:栃木県総合文化センター

    開催期間:2017年10月

    題目又はセッション名:通級による指導における個別の指導計画の作成と指導に関わる課題の検討

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本LD学会第26回大会

    開催場所:栃木県総合文化センター

    開催期間:2017年10月

    題目又はセッション名:自閉症スペクトラム症のある生徒に対する行動変容を促す支援-筆談を中心としたやりとりが状況の意味理解に及ぼす効果の検討-

 

公開講座・講演会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    講座、講演会等種類:講演会

    参加人数:250人

    開催日:2017年08月

    講座等名:中国地区知的障害教育研究大会

    講義題名:知的障害教育における授業づくり-子どもの学びと教師の学び-

    主催者:中国地区知的障害教育研究

    対象者:教職員

    開催地,会場:公立学校共済組合岡山宿泊所ピュアリティまきび

  • 年度:2016年度

    講座、講演会等種類:公開講座

    参加人数:500人

    開催日:2016年08月

    講座等名:名古屋市教育センター特別支援学校・特別支援学級・通級指導教室教員研修会

    講義題名:知的障害のある子どもの自立活動の指導

    主催者:名古屋市教育センター

    対象者:教職員

    開催地,会場:名古屋市教育センター

  • 年度:2015年度

    講座、講演会等種類:公開講座

    参加人数:600人

    開催日:2015年08月

    講座等名:神戸市教育委員会 特別支援教育夏期集中セミナー

    講義題名:領域・教科を合わせた指導の授業づくりと支援のあり方

    主催者:神戸市教育委員会

    対象者:特別支援学校、特別支援学級担当者他

    開催地,会場:神戸市立青陽須磨支援学校

  • 年度:2017年度

    講座、講演会等種類:公開講座

    参加人数:130人

    開催日:2017年08月

    講座等名:岡山県総合教育センター研修講座 平成29年度小・中学校特別支援学級等新任担当教員研修講座

    講義題名:特別支援学級等における自立活動の指導

    主催者:岡山県総合教育センター

    対象者:教職員

    開催地,会場:岡山県総合教育センター

  • 年度:2016年度

    講座、講演会等種類:公開講座

    参加人数:50人

    開催日:2016年07月

    講座等名:岡山県総合教育センター研修講座平成28年度特別支援学校基礎研修講座

    講義題名:教科別の指導の授業づくり

    主催者:岡山県総合教育センター

    対象者:教職員

    開催地,会場:岡山県総合教育センター

全件表示 >>

教育臨床 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    認定講習会の実績:更新講習において「特別支援教育の実践と課題」に沿って、2コマの講義を行った。

    附属校園の研究活動及び教育研究会等の指導助言:附属特別支援学校における「授業づくり研修会」において「授業づくりのむずかしさとおもしろさ」の演題で講話を行った。

    一般校園の研究活動及び教育研究会等の指導助言:・校内研修会 講義「知的障害のある子どもの自立活動について」平成29年4月18日(火)島根県立石見養護学校 教職員 約40名
    ・校内研修会 島根県立松江養護学校 講演及び実践に関わる指導助言 中学部教職員約40人 平成29年11月29日(水)
    ・授業づくり研修会 小学部授業に関わる指導助言 平成29年9月21日(木)岡山県立東備支援学校 教職員 約50人

  • 年度:2016年度

    認定講習会の実績:教員免許状更新講習「特別支援教育の基礎と実践的課題」2016.8.7に本学において実施。受講者は100名。

    附属校園の研究活動及び教育研究会等の指導助言:岡山大学教育学部附属特別支援学校平成28年度研究発表会において「知的障害のある児童生徒の自立活動の指導-目標・内容設定から評価までのプロセスと指導の実際-」の演題で講演した。

    一般校園の研究活動及び教育研究会等の指導助言:〇授業づくり研修会での指導助言。平成28年9月13日、10月25日、11月14日。岡山県立東備支援学校。教職員約80名。
    〇授業づくり研修会での指導助言。平成28年、9月6日、10月4日。岡山県立西備支援学校。教職員約20名。
    〇自立活動研修会での指導助言。平成28年月30日。島根県立松江養護学校。教職員約30人。
    〇校内研修会での指導助言。平成28年9月29日、10月27日、12月14日。岡山県立岡山南支援学校。教職員約30人。
    〇校内研修会の指導助言。平成28年11月21日。岡山市立福島小学校。教職員約15人。
    〇校内研修会での指導助言。平成28年6月21日。岡山県健康の森学園支援学校。教職員約30人。

  • 年度:2015年度

    認定講習会の実績:教員免許状更新講習 8月7日(木)特別支援教育の基礎と実践的課題 約100人

    附属校園の研究活動及び教育研究会等の指導助言:附属特別支援学校における講話「授業づくりについて」9月19日(土)

    一般校園の研究活動及び教育研究会等の指導助言:〇校内研修会 指導助言 平成27年6月2日(火)岡山県健康の森学園支援学校「自立活動の指導について」 学部教職員 約50人
    〇校内研修会 指導助言 平成27年6月30日(火)岡山県立東備支援学校 高等部授業にかかわる指導助言 教職員 約80人
    〇校内研修会 指導助言 平成27年8月26日(水)岡山県立東備支援学校 中学部授業にかかわる指導助言 教職員 約80人
    〇校内研修会 指導助言 平成27年9月15日(火)岡山県立東備支援学校 高等部授業にかかわる指導助言 教職員 約80人
    〇校内研修会 指導助言 平成27年11月11日(水)岡山県立東備支援学校 小学部授業にかかわる指導助言 教職員 約80人
    〇校内研修会 指導助言 平成27年12月10日(木)岡山県立東備支援学校 小学部授業にかかわる指導助言 教職員 約80人
    〇校内研修 指導助言 岡山市立福島小学校 教職員約20人 特別支援学級の授業研究「自立活動の指導」平成27年9月16日(水)
    〇岡山県立岡山西支援学校授業研究会 指導助言 全校 教職員約70人 平成28年2月10日(水)
    〇校内研修会 島根県立松江養護学校 指導助言 中学部「自立活動の指導」 教職員約40人 平成28年2月22日(月)

 

部局長などの実績 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    役職:その他

    職名:岡山大学教育学部附属特別支援学校長

    任期:2016年04月 ~ 2019年03月

    貢献の実績:原則として毎週2日間、附属特別支援学校で勤務し、校長としての職務を遂行した。

  • 年度:2016年度

    役職:その他

    職名:岡山大学教育学部附属特別支援学校校長

    任期:2016年04月 ~ 2019年03月

    貢献の実績:原則として毎週2日間、附属特別支援学校で勤務し、校長としての職務を遂行した。

  • 年度:2015年度

    役職:副学部長

    職名:教育学部副学部長

    任期:2014年04月 ~ 2016年03月

    貢献の実績:附属学校部長として、附属4校園に関わる様々な事案への対応、学部附属学校園一貫教育合同委員会委員長としての業務等を行った。

  • 年度:2015年度

    役職:副研究科長

    職名:大学院教育学研究科副研究科長

    任期:2014年04月 ~ 2016年03月

    貢献の実績:社会貢献担当として、教育実習・インターンシップ等に関わる様々な業務(WG委員長等)を初め、社会貢献に関わる業務を遂行した。

  • 年度:2014年度

    役職:副学部長

    職名:教育学部副学部長

    任期:2014年04月 ~ 2016年03月

    貢献の実績:附属学校部長として、附属4校園に関わる様々な事案への対応、学部附属学校園一貫教育合同委員会委員長としての業務等を行った。

全件表示 >>

所属部局等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    委員会等の名称:附属学校園一貫教育合同委員会

    役職:委員長

    任期:2014年04月 ~ 2016年03月

    貢献の実績:附属4校園の共同研究推進に関わる業務を担当する委員(附属5名、学部5名)で構成される本委員会において、委員長として会議を招集し、議事を進行するなど、研究発表会開催に向けた内容面を中心とした検討を行った。

  • 年度:2015年度

    委員会等の名称:将来計画委員会カリキュラム改革WG

    役職:委員長

    任期:2015年02月 ~ 2016年03月

    貢献の実績:合計12回の会議を持ち、協議した結果以下の内容を整理して教授会に報告した。(1.現行の教員養成カリキュラムの課題と改革の必要性、2.改革の方向性、3.新カリキュラムの概念図、4.ロードマップ)

  • 年度:2014年度

    委員会等の名称:教育実習関係専門委員会

    役職:委員

    任期:2014年04月 ~ 2015年03月

    貢献の実績:教育実習に関わる様々な業務(事前事後指導、専門委員会、学生指導、実習校との打ち合わせ、連絡調整等)を遂行した。