職名 【 表示 / 非表示

准教授

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

矯正歯科

 

写真

氏名

川邉 紀章 (カワナベ ノリアキ)

KAWANABE Noriaki

所属専攻講座

医歯薬学総合研究科

職名

准教授

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)矯正歯科

(英)Orthodontics

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:医歯薬学総合研究科

    経歴名:准教授 (Associate Professor)

    職務期間:2014年12月 ~ 継続中

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:顎・顔面・咬合異常の治療学

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:顎・顔面・咬合異常の診査と判断

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:顎・顔面・咬合異常の診査と診断

    担当期間:2019年10月 ~ 2019年12月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:口腔,顎,顔面の成長発育

    担当期間:2019年10月 ~ 2019年12月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:歯の移動の臨床手技実習

    担当期間:2019年06月 ~ 2019年08月

    授業形式:

全件表示 >>

その他 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    後期研修医、博士研究員および大学院生(合計20名)の臨床指導 2018年4月〜2019年3月

  • 年度:2017年度

    後期研修医、博士研究員および大学院生(合計18名)の臨床指導 2017年4月〜2018年3月

  • 年度:2016年度

    後期研修医、博士研究員および大学院生(合計18名)の臨床指導 2016年4月〜2017年3月

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Basic and important points regarding the diagnosis of oral cancers using fluorine-18-labeled fluoro-2-deoxy-d-glucose positron emission tomography?computed tomography

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Oral Radiology (頁 1 ~ 8)

    発行年月:2017年03月

    著者氏名(共著者含):Shinji Kito,Hirofumi Koga,Masafumi Oda,Tatsurou Tanaka,Masaaki Kodama,Manabu Habu,Ikuya Miyamoto,Shinya Kokuryo,Noriaki Yamamoto,Nao Wakasugi-Sato,Shinobu Matsumoto-Takeda,Daigo Yoshiga,Kenji Osawa,Shun Nishimura,Takaaki Joujima,Ken ichi Mochida,Noriaki Kawanabe*,Kou Matsuo,Masataka Uehara,Masaaki Sasaguri,Izumi Yoshioka,Kazuhiro Tominaga,Yasuhiro Morimoto

    共著区分:共著

    DOI:10.1007/s11282-017-0273-0

  • 論文題目名:Changes in the distributions of fluorine-18-labelled fluoro-2- deoxy-D-glucose accumulation into tongue-related muscles after dissection in patients with tongue cancer

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Dentomaxillofacial Radiology46巻 6号 (頁 1666 ~ 1671)

    発行年月:2017年01月

    著者氏名(共著者含):Shinji Kito,Hirofumi Koga,Masafumi Oda,Tatsurou Tanaka,Ikuya Miyamoto,Masaaki Kodama,Manabu Habu,Shinya Kokuryo,Kenji Osawa,Noriaki Yamamoto,Shinobu Matsumoto-Takeda,Nao Wakasugi-Sato,Noriaki Kawanabe*,Daigo Yoshiga,Shun Nishimura,Takaaki Joujima,Ayae Kito-Shingaki,Masataka Uehara,Masaaki Sasaguri,Yasuhiro Morimoto

    共著区分:共著

    DOI:10.1259/dmfr.20160396

  • 論文題目名:A single-center, open-label, randomized controlled clinical trial to evaluate the efficacy and safety of the indirect bonding technique

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Acta Medica Okayama, Acta. Medica Okayama, Acta medicinae Okayama, Acta medica Okayama70巻 5号 (頁 413 ~ 416)

    発行年月:2016年01月

    著者氏名(共著者含):Takashi Murakami*,Noriaki Kawanabe*,Tomoki Kataoka*,Mitsuhiro Hoshijima*,Hiroki Komori,Atsuro Fujisawa,Hiroshi Kamioka*

    共著区分:共著

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:平成27-29年度科学研究費補助金(基盤研究C)実施状況報告書

    記述言語:日本語

    著書種別:その他

    出版機関名:

    発行日:2018年04月

    著者名:川邉紀章

    著書形態:共著

    担当部分:RNA検出プローブを用いた新しい歯根膜幹細胞の単離方法の確立に関する研究

  • 著書名:中・四国矯正歯科学会 六十年のあゆみ

    記述言語:日本語

    著書種別:その他

    出版機関名:中・四国矯正歯科学会

    発行日:2017年12月

    著者名:

    著書形態:共著

  • 著書名:平成27-29年度科学研究費補助金(基盤研究C)実施状況報告書

    記述言語:日本語

    著書種別:その他

    出版機関名:

    発行日:2017年04月

    著者名:川邉紀章

    著書形態:共著

    担当部分:RNA検出プローブを用いた新しい歯根膜幹細胞の単離方法の確立に関する研究

  • 著書名:平成27-29年度科学研究費補助金(基盤研究C)実施状況報告書

    記述言語:日本語

    著書種別:その他

    出版機関名:

    発行日:2016年04月

    著者名:川邉紀章

    著書形態:共著

    担当部分:RNA検出プローブを用いた新しい歯根膜幹細胞の単離方法の確立に関する研究

  • 著書名:平成24-26年 度科学研究費補助金(基盤研究C)

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:

    発行日:2015年04月

    著者名:川邉紀章

    著書形態:共著

    担当部分:人工多能性幹細胞(iPS細胞)を利用した、ロンベルグ症候群の病因解明に関する研究

全件表示 >>

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:95th Congress of the European Orthodontic Society

    開催場所:Nice, France

    開催期間:2019年06月

    題目又はセッション名:The relation between chondrodysplasia and RPL5-associated cell death in patients with Diamond-Blackfan anemia

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 中・四国矯正歯科学会

    役職・役割名:座長

    活動期間:2019年01月 ~ 2019年12月

  • 中・四国矯正歯科学会

    役職・役割名:大会事務局長

    活動期間:2018年01月 ~ 2018年12月

  • 中・四国矯正歯科学会

    役職・役割名:座長

    活動期間:2017年01月 ~ 2017年12月

  • 日本矯正歯科学会

    役職・役割名:認定医審査委員

    活動期間:2016年04月 ~ 2018年03月

  • 中・四国矯正歯科学会

    役職・役割名:編集理事

    活動期間:2016年01月 ~ 2017年12月

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:MRI新技術を用いた上気道分析-OSAS患者の治療基準の作成を目指して-

    研究期間:2016年04月 ~ 2019年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:MRIを用いて顎変形症患者の気道容積の術前術後変化を定量的に計測する方法を確立し、OSAS治療への応用を目指す。

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:MRI新技術を用いた上気道分析-OSAS患者の治療基準の作成を目指して-

    研究期間:2016年04月 ~ 2019年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:MRIを用いて顎変形症患者の気道容積の術前術後変化を定量的に計測する方法を確立し、OSAS治療への応用を目指す。

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:RNA検出プローブを用いた新しい歯根膜幹細胞の単離方法の確立に関する研究

    研究期間:2015年04月 ~ 2018年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:RNA検出プローブを用いた新しい手法によって歯根膜幹細胞を検出するために、歯根膜幹細胞に特異的に発現するRNAの同定を行う。

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:MRI新技術を用いた上気道分析-OSAS患者の治療基準の作成を目指して-

    研究期間:2016年04月 ~ 2019年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:MRIを用いて顎変形症患者の気道容積の術前術後変化を定量的に計測する方法を確立し、OSAS治療への応用を目指す。

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:RNA検出プローブを用いた新しい歯根膜幹細胞の単離方法の確立に関する研究

    研究期間:2015年04月 ~ 2018年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:RNA検出プローブを用いた新しい手法によって歯根膜幹細胞を検出するために、歯根膜幹細胞に特異的に発現するRNAの同定を行う。

全件表示 >>

 

診療活動・医療支援 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    医療活動の実績:矯正歯科の分野において、高度な医療である歯科矯正用アンカースクリューや舌側矯正を行った。また、口唇裂口蓋裂に代表される先天性疾患の治療も行った。

    治験,臨床研究の実績:臨床研究として、矯正歯科受診患者のQOLに関する研究、矯正歯科患者の抜去歯から幹細胞を単離する研究、ロンベルグ症候群の病因解明に関する研究、を行った。

    医療教育の実績:矯正歯科医において歯学部5年生、6年生、および卒後研修医の臨床実習の指導を行った。また、矯正歯科に入局した大学院生、後期研修医、および医員の矯正歯科臨床指導も行った。

    医療支援:やくり歯科(香川県高松市)・姫路共立歯科(兵庫県姫路市)・ふじひら歯科医院(兵庫県加古川市)における矯正歯科診療。

  • 年度:2018年度

    医療活動の実績:矯正歯科の分野において、高度な医療である歯科矯正用アンカースクリューや舌側矯正を行った。また、口唇裂口蓋裂に代表される先天性疾患の治療も行った。

    治験,臨床研究の実績:臨床研究として、矯正歯科受診患者のQOLに関する研究、矯正歯科患者の抜去歯から幹細胞を単離する研究、ロンベルグ症候群の病因解明に関する研究、を行った。

    医療教育の実績:矯正歯科医において歯学部5年生、6年生、および卒後研修医の臨床実習の指導を行った。また、矯正歯科に入局した大学院生、後期研修医、および医員の矯正歯科臨床指導も行った。

    医療支援:やくり歯科(香川県高松市)・姫路共立歯科(兵庫県姫路市)・ふじひら歯科医院(兵庫県加古川市)における矯正歯科診療。

  • 年度:2017年度

    医療活動の実績:矯正歯科の分野において、高度な医療である歯科矯正用アンカースクリューや舌側矯正を行った。また、口唇裂口蓋裂に代表される先天性疾患の治療も行った。

    治験,臨床研究の実績:臨床研究として、矯正歯科受診患者のQOLに関する研究、矯正歯科患者の抜去歯から幹細胞を単離する研究、ロンベルグ症候群の病因解明に関する研究、を行った。

    医療教育の実績:矯正歯科医において歯学部5年生、6年生、および卒後研修医の臨床実習の指導を行った。また、矯正歯科に入局した大学院生、後期研修医、および医員の矯正歯科臨床指導も行った。

    医療支援:やくり歯科(香川県高松市)・姫路共立歯科(兵庫県姫路市)・ふじひら歯科医院(兵庫県加古川市)における矯正歯科診療。

  • 年度:2016年度

    医療活動の実績:矯正歯科の分野において、高度な医療である歯科矯正用アンカースクリューや舌側矯正を行った。また、口唇裂口蓋裂に代表される先天性疾患の治療も行った。

    治験,臨床研究の実績:臨床研究として、矯正歯科受診患者のQOLに関する研究、矯正歯科患者の抜去歯から幹細胞を単離する研究、ロンベルグ症候群の病因解明に関する研究、を行った。

    医療教育の実績:矯正歯科医において歯学部5年生、6年生、および卒後研修医の臨床実習の指導を行った。また、矯正歯科に入局した大学院生、後期研修医、および医員の矯正歯科臨床指導も行った。

    医療支援:やくり歯科(香川県高松市)・姫路共立歯科(兵庫県姫路市)・ふじひら歯科医院(兵庫県加古川市)における矯正歯科診療。

 

所属部局等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:機能系共同研究室歯学部先端領域研究センター運営会議

    役職:委員

    任期:2018年04月 ~ 2019年03月

    貢献の実績:歯学部先端領域研究センター運営の検討を行った。

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:歯科経営委員会

    役職:委員

    任期:2018年04月 ~ 2019年03月

    貢献の実績:大学病院(歯科系)の患者数や診療報酬請求額の改善など病院運営を行った。

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:医局長会

    役職:委員

    任期:2018年04月 ~ 2019年03月

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:病院内連絡協議会

    役職:委員

    任期:2018年04月 ~ 2019年03月

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:治験推進委員会

    役職:委員

    任期:2018年04月 ~ 2019年03月

    貢献の実績:矯正歯科における治験推進を行った。

全件表示 >>

所属講座等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:出張管理

    役職:その他

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:固定資産管理

    役職:その他

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:医局のきまり

    役職:その他

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:節電等

    役職:その他

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:組かえDNA管理

    役職:その他

    貢献の実績:歯科矯正学講座研究室における組かえDNAの取り扱い指導および管理を行った。

全件表示 >>