所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

腫瘍・胸部外科

職名 【 表示 / 非表示

准教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

胸部外科学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

肺移植

 

写真

氏名

山根 正修 (ヤマネ マサオミ)

YAMANE Masaomi

所属専攻講座

医歯薬学総合研究科

職名

准教授

性別

男性

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

(日)肺移植

(英)lung transplantation ischemia reperfusion injury

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:岡山大学

    学校の種類:大学

    学部名:医学部

    卒業年月:1996年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:岡山大学

    研究科名:医学研究科

    修了課程:博士課程

    修了年月:2003年09月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:医学博士

    学位の分野名:胸部外科学 (Thoracic surgery)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:課程

    取得年月:2003年09月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:医歯薬学総合研究科

    経歴名:准教授 (Associate Professor)

    職務期間:2017年04月 ~ 継続中

  • 職務遂行組織:医療教育統合開発センター

    経歴名:准教授 (Associate Professor)

    職務期間:2013年04月 ~ 2017年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:トロント大学 トロント総合病院 胸部外科研究室

    経歴名:研究員

    経歴期間:2001年09月 ~ 2003年06月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本呼吸器外科学会 /  日本国 ( 1996年04月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:評議員

    活動期間:2010年04月 ~ 継続中

  • 日本胸部外科学会 /  日本国 ( 1996年04月 ~ 継続中 )

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 胸部外科学 (Thoracic surgery)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 外科学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 医師

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:医療シミュレーション教育コース

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:専任

  • 年度:2019年度

    授業科目:呼吸器・乳腺内分泌外科学I(演習・実習)

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:実践地域総合外科学(演習・実習)

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:専任

  • 年度:2019年度

    授業科目:実践地域総合外科学(講義・演習)

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:呼吸器・乳腺内分泌外科学II(演習・実習)

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

全件表示 >>

FDに取り組む姿勢 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    毎年FDを企画開催、世話人として取り組んでいる。
    また他大学、施設でのFD支援を行っている。
    新人教員FD
    関連施設臨床教授FD:臨床教授を対象に受講必須のFDとして、2018年度より開始した。2019年度は12月14日に開催した
    他大学FD:岐阜大学(10月2日)

  • 年度:2018年度

    毎年FDを企画開催、世話人として取り組んでいる。
    また他大学、施設でのFD支援を行っている。
    新人教員FD
    関連施設臨床教授FD:臨床教授を対象に受講必須のFDとして、2018年度より開始した。
    他大学FD:慶應義塾大学、川崎医科大学

  • 年度:2017年度

    毎年FDを企画開催、世話人として取り組んでいる。
    また他大学、施設でのFD支援を行っている。
    教員FD
    他大学のFD:神戸大学

  • 年度:2016年度

    毎年FDを企画開催、世話人として取り組んでいる。
    また他大学、施設でのFD支援を行っている。
    教員FD
    外科系指導者養成FD

  • 年度:2015年度

    毎年FDを企画開催、世話人として取り組んでいる。
    また他大学、施設でのFD支援を行っている。
    教員FD
    外科系指導者養成FD

教育対象学生数 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    修士論文指導学生: 3人

  • 年度:2017年度

    博士論文指導学生: 5人

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:SPRED2 deficiency may lead to lung ischemia-reperfusion injury via ERK1/2 signaling pathway activation

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Surg Today48巻 (頁 1089 ~ 1095)

    発行年月:2018年12月

    著者氏名(共著者含):Okada M, Yamane M, Yamamoto S, Otani S, Miyoshi K, Sugimoto S, Matsukawa A, Toyooka S, Oto T, Miyoshi S

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Low-risk donor lungs optimize the post-lung transplant outcome for high lung allocation score patients

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Surg Today48巻 (頁 928 ~ 935)

    発行年月:2018年10月

    著者氏名(共著者含):Kurosaki T, Miyoshi K, Otani S, Imanishi K, Sugimoto S, Yamane M, Kobayashi M, Toyooka S, Oto T

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Donor-derived cell-free DNA is associated with acute rejection and decreased oxygenation in primary graft dysfunction after living donor-lobar lung transplantation

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Sci Rep8巻 (頁 15366 ~ )

    発行年月:2018年10月

    著者氏名(共著者含):Tanaka S, Sugimoto S, Kurosaki T, Miyoshi K, Otani S, Suzawa K, Hashida S, Yamane M, Oto T, Toyooka S

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Myoepithelioma occurring in the posterior mediastinum harboring EWSR1 rearrangement: a case report

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Jpn J Clin Oncol

    発行年月:2018年09月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

  • 論文題目名:A single-nucleotide polymorphism in a gene modulating glucocorticoid sensitivity is associated with the decline in total lung capacity after lung transplantation

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Surg Today. 

    発行年月:2018年09月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

全件表示 >>

論文査読 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    学術雑誌名:General Thoracic and Cardiovascular Surgery

  • 年度:2019年度

    学術雑誌名:Surgical Case Reports

  • 年度:2019年度

    学術雑誌名:Journal of Translational Medicine

  • 年度:2018年度

    件数:1件

    学術雑誌名:Acta Medica Okayama

  • 年度:2018年度

    件数:2件

    学術雑誌名:Acta Medica Okayama

全件表示 >>

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:招待講演

    会議名称:日本心臓血管外科学会学術総会

    開催期間:2019年02月

    題目又はセッション名:次世代外科医の育成

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第59回日本肺癌学会総会

    開催場所:東京

    開催期間:2018年12月

    題目又はセッション名:導入化学放射線療法後手術を施行した局所進行非小細胞肺癌患者に発症した肺アスペルギルス症

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第59回日本肺癌学会学術集会

    開催場所:東京

    開催期間:2018年12月

    題目又はセッション名:悪性胸膜中皮腫に対するREIC/Dkk-3遺伝子治療

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:旭化成ファーマ社内講演会

    開催場所:岡山

    開催期間:2018年12月

    題目又はセッション名:肺移植とEx-vivo lung perfusion

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第2回岡山大学医学部医学科外科医学教育ワークショップセミナー

    開催場所:岡山

    開催期間:2018年11月

    題目又はセッション名:臨床実習,指導の実際

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:抗炎症関連分子Spred2に着目したマウスモデルによる移植肺機能温存法の開発

    研究期間:2019年04月 ~ 2022年03月

    資金支給機関:独立行政法人日本学術振興会

    研究内容:肺移植後の5年生存率は約50%と他の臓器移植に比して不良である。高い頻度で生じる移植後の虚血再灌流障害による炎症は急性肺機能障害や拒絶反応に関与しており、生存率向上のために移植後肺障害の制御が喫緊の課題となっている。
    一方で移植後肺障害にERK経路の関与が指摘されていた。近年、ERK経路抑制分子であり抗炎症機能も有するSpred分子群が発見され、各臓器障害との関連性が研究されている。
    我々はマウス肺虚血再灌流モデルを用いて、Spred2遺伝子の欠損によりERK経路が活性化し肺障害が重症化することを発見した。さらに肺移植モデルでは正常な移植肺もSpred2欠損レシピエント内では肺障害が惹起されることも見出した。
    本研究では、我々が開発した種々のSpred2遺伝子改変マウスを用いて、移植肺におけるSpred2の機能を解明し、肺移植後の新しい肺機能温存法の開発を目指す。

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 資金名称:ノバルティスファーマ研究助成金

    研究題目:肺移植後虚血再灌流における基礎的研究

    研究期間:2017年07月 ~ 継続中

    資金支給機関:ノバルティスファーマ

 

公開講座・講演会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    講座、講演会等種類:講演会

    参加人数:45人

    開催日:2019年10月

    講座等名:岐阜大学医学部FD

    主催者:岐阜大学医学教育センター

    対象者:岐阜大学学外施設指導者

    開催地,会場:岐阜大学医学部記念会館 2階ホール

  • 年度:2018年度

    講座、講演会等種類:講演会

    参加人数:100人

    開催日:2018年06月

    講座等名:羽生総合病院 医療安全講演会

    講義題名:チーム医療で患者安全を向上させる

    主催者:羽生総合病院

    対象者:病院職員

  • 年度:2018年度

    講座、講演会等種類:講演会

    参加人数:25人

    開催日:2018年06月

    講座等名:慶應義塾大学 医学教育FDプログラム

    講義題名:「診療参加型臨床実習を推進できる指導医の態度」

    主催者:慶應義塾大学 医学教育センター

    対象者:慶應義塾大学 医学部教員

    開催地,会場:慶應義塾大学信濃町キャンパス

  • 年度:2017年度

    講座、講演会等種類:講演会

    参加人数:20人

    開催日:2017年11月

    講座等名:平成29年度第三回 岡山県外科医会、岡山県医師会外科部会

    講義題名:外科教育の現況と今後の展望

    主催者:岡山県外科医会

    対象者:岡山県医師会会員

  • 年度:2017年度

    講座、講演会等種類:講演会

    参加人数:100人

    開催日:2017年09月

    講座等名:住友別子病院 医療安全研修

    講義題名:チーム医療とリーダーシップ
    患者安全な医療の向上のために

    主催者:住友別子病院

    対象者:病院職員

全件表示 >>

高大連携 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    高大連携の種類:学部紹介

    高校名等:高松高校

    実施日時,時間数:2019年8月7日、3時間

    活動内容:医療教育シミュレーションの体験、指導

  • 年度:2018年度

    高大連携の種類:学部紹介

    高校名等:高松高校

    実施日時,時間数:2018年8月9日、3時間

    活動内容:医療教育シミュレーションの体験、指導

  • 年度:2017年度

    高大連携の種類:学部紹介

    高校名等:高松高校

    実施日時,時間数:2017年8月22日、3時間

    活動内容:医療教育シミュレーションの体験、指導

  • 年度:2016年度

    高大連携の種類:学部紹介

    高校名等:高松高校

    実施日時,時間数:2016年8月5日、3時間

    活動内容:医療教育シミュレーションの体験、指導

 

所属部局等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    委員会等の名称:医療安全管理部職員会議

    役職:委員

    任期:2019年04月 ~ 継続中

    貢献の実績:岡山大学病院におけるインシデントレポートをもとに医療安全面での検討を定期的に行う.

  • 年度:2019年度

    委員会等の名称:岡山大学医学部医学科プログラム評価委員会

    役職:委員長

    任期:2019年04月 ~ 継続中

  • 年度:2019年度

    委員会等の名称:包括適正請求審査小委員会

    役職:委員

    任期:2019年04月 ~ 継続中

  • 年度:2019年度

    委員会等の名称:保険審査委員会

    役職:委員

    任期:2019年04月 ~ 継続中

  • 年度:2019年度

    委員会等の名称:薬事委員会

    役職:委員

    任期:2019年04月 ~ 継続中

全件表示 >>