職名 【 表示 / 非表示

助教

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

補綴理工系歯学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

補綴理工系歯学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:心理物理学的アプローチによる歯根膜感覚に関する研究

    研究課題概要:客観的評価が困難な咬合感覚について,心理物理学的手法を利用した歯根膜感覚の客観的評価を行う.

  • 研究課題名:顎関節症と咬合感覚との関連

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Dependence of psychophysical threshold on rate of applied force to the upper first molar in humans.

    掲載誌名:Archives of Oral Biology58巻 5号 (頁 474 ~ 481)

    発行年月:2013年05月

    著者氏名(共著者含):

  • 論文題目名:Effect of transient occlusal loading on the threshold of tooth tactile sensation perception for tapping like the impulsive stimulation.

    掲載誌名:Odontology

    発行年月:2012年07月

    著者氏名(共著者含):Morimoto Y, Oki K, Iida S, Shirahige C, Maeda N, Kawakami S, Matsunaga T, Minagi S

  • 論文題目名:Specific Diurnal EMG Activity Pattern Observed in Occlusal Collapse Patients: Relationship between Diurnal Bruxism and Tooth Loss Progression.

    掲載誌名:PLoS One9巻 7号

    発行年月:2014年07月

    著者氏名(共著者含):Kawakami S, Kumazaki Y, Manda Y, Oki K, Minagi S.

 

写真

氏名

沖 和広 (オキ カズヒロ)

OKI Kazuhiro

所属専攻講座

医歯薬学総合研究科

職名

助教

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)補綴理工系歯学

(英)Prosthodontics and Dental Technology

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:岡山大学

    学校の種類:大学

    学部名:歯学部

    学科名:歯学

    卒業年月:1997年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:岡山大学大学院

    研究科名:歯学研究科

    専攻名:歯学

    修了課程:博士課程

    修了年月:2001年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(歯学)

    学位の分野名:補綴理工系歯学 (Prosthodontics and Dental Technology)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:課程

    取得年月:2001年03月

  • 学位名:学士(歯学)

    学位の分野名:学士(歯学) (Prosthetic odontology)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:課程

    取得年月:1997年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:医歯薬学総合研究科

    経歴名:助教 (Assistant Professor)

    職務期間:2004年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • Japan Prosthodontic Society (Japan Prosthodontic Society)  /  日本国 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • 日本補綴歯科学会 /  日本国 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 補綴理工系歯学 (Prosthetic odontology)

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:心理物理学的アプローチによる歯根膜感覚に関する研究 (Periodontal sensation research by psychophysical approach)

    キーワード:歯根膜感覚、心理物理学 (Periodontal sensation, Psychophysics)

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2001年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):補綴理工系歯学

    専門分野(researchmap分類):歯科学 、歯と口腔の診断

  • 研究課題名:顎関節症と咬合感覚との関連

    キーワード:Temporomandibular disorders, Occlusal sensation

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2012年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):補綴理工系歯学

    専門分野(researchmap分類):歯科学 、歯と口腔の診断

 
 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:精神的ストレスが歯根膜感覚,頬部皮膚触覚に及ぼす影響に関する検討.

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:日本顎口腔機能学会雑誌24巻 1号 (頁 44 ~ 45)

    発行年月:2017年09月

    著者氏名(共著者含):宋本儒享、沖 和広、加藤聖也、皆木省吾

    共著区分:共著

  • 論文題目名:A new occlusal surface design for artificial posterior teeth to achieve high masticatory performance

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Prosthodontic Research, Nippon Hotetsu Shika Gakkai zasshi, Nihon Hotetsu Shika Gakkai zasshi61巻 2号 (頁 193 ~ 201)

    発行年月:2017年04月

    著者氏名(共著者含):Yuki Hashimoto ,Kyoko Sugimoto*,Yuki Tanaka ,Kazuhiro Oki*,Shogo Minagi *

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.jpor.2016.05.004

  • 論文題目名:Ipsilateral molar clenching induces less pain and discomfort than contralateral molar clenching in patients with unilateral anterior disc displacement of the temporomandibular joint

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Oral and Facial Pain and Headache, Journal of oral & facial pain and headache30巻 3号 (頁 241 ~ 248)

    発行年月:2016年01月

    著者氏名(共著者含):Yohei Kumazaki,Shigehisa Kawakami*,Atsutoshi Hirata,Kazuhiro Oki*,Shogo Minagi*

    共著区分:共著

    DOI:10.11607/ofph.1405

  • 論文題目名:Effect of visual biofeedback of posterior tongue movement on articulation rehabilitation in dysarthria patients.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:J Oral Rehabil42巻 8号 (頁 571 ~ 579)

    発行年月:2015年08月

    著者氏名(共著者含):Yano J, Shirahige C, Oki K, Oisaka N, Kumakura I, Tsubahara A, Minagi S

    共著区分:共著

    DOI:10.1111/joor.12293

  • 論文題目名:Specific Diurnal EMG Activity Pattern Observed in Occlusal Collapse Patients: Relationship between Diurnal Bruxism and Tooth Loss Progression.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:PLoS One9巻 7号

    発行年月:2014年07月

    著者氏名(共著者含):Kawakami S, Kumazaki Y, Manda Y, Oki K, Minagi S.

    共著区分:共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:顎口腔機能の評価法・研究法-2015-

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:日本顎口腔機能学会

    発行日:2017年07月

    著者名:

    著書形態:共著

  • 著書名:顎口腔機能評価のガイドライン(2016改訂版)

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:日本顎口腔機能学会

    発行日:2017年03月

    著者名:日本顎口腔機能学会ガイドライン統括委員会

    著書形態:共著

  • 著書名:新 よくわかる顎口腔機能-咬合・摂食嚥下・発音を理解する-

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:日本顎口腔機能学会

    発行日:2017年02月

    著者名:

    著書形態:共著

  • 著書名:The Science and Art of Occlusion and Oral Rehabilitation 咬合のサイエンスとアート (The Science and Art of Occlusion and Oral Rehabilitation)

    記述言語:英語

    著書種別:翻訳

    出版機関名:クインテッセンス出版

    発行日:2016年08月

    著者名:皆木省吾,沖 和広,兒玉直紀

    著書形態:共訳

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第58回日本顎口腔機能学会学術大会

    開催場所:徳島

    開催期間:2017年04月

    題目又はセッション名:精神的ストレスが歯根膜感覚、頬部皮膚触覚に及ぼす影響に関する検討

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第125回日本補綴歯科学会学術大会

    開催場所:金沢

    開催期間:2016年07月

    題目又はセッション名:無歯顎堤における片側性咬合平衡の得られる領域の分布と対向関係に関する分析

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:平成27年度日本補綴歯科学会中国・四国支部学術大会

    開催場所:松江

    開催期間:2015年09月

    題目又はセッション名:顎顔面痛の有無における昼夜の咬筋低レベル筋活動の比較検討

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:研究集会

    会議名称:第9回顎口腔機能セミナー

    開催場所:広島

    開催期間:2015年08月

    題目又はセッション名:歯根膜感覚絶対閾値および口腔周囲軟組織弁別閾値の計測と解析

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:日本顎関関節学会 第28回総会・学術大会

    開催場所:愛知

    開催期間:2015年07月

    題目又はセッション名:口唇圧による前歯舌側移動により発症・再燃した顎関節症の一症例

全件表示 >>

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 日本顎口腔機能学会 (Japanese Society of Stomatognathic Function)

    役職・役割名:ガイドライン システマティックレビューチーム

    活動期間:2015年11月 ~ 2017年03月

    活動内容:日本顎口腔機能学会が頒布する「顎口腔機能評価のガイドライン 2015改訂版」の改訂に際して,システマティックレビューチームの一員として論文情報収集とAbstract form作成を行った.

  • 日本顎口腔機能学会 (Japanese Society of Stomatognathic Function)

    役職・役割名:ガイドライン システマティックレビューチーム

    活動期間:2015年11月 ~ 継続中

    活動内容:日本顎口腔機能学会が頒布する「顎口腔機能評価のガイドライン 2015改訂版」の改訂に際して,システマティックレビューチームの一員として論文情報収集とAbstract form作成を行った.

 
 

全学的な実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:クリニカルパス実務者会議

    役職:委員

    任期:2011年04月 ~ 継続中

    貢献の実績:医事課医療総務係より電子メールにて配信される情報を所属部局に伝達.

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:NST委員会

    役職:委員

    任期:2011年04月 ~ 継続中

    貢献の実績:カンファレンスに参加し,歯科的見地から口腔衛生および義歯治療に関する指導を行った.

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:NST委員会

    役職:委員

    任期:2011年04月 ~ 継続中

    貢献の実績:カンファレンスに参加し,歯科的見地から口腔衛生および義歯治療に関する指導を行った.

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:クリニカルパス実務者会議

    役職:委員

    任期:2011年04月 ~ 継続中

    貢献の実績:医事課医療総務係より電子メールにて配信される情報を所属部局に伝達.

  • 年度:2016年度

    委員会等の名称:NST委員会

    役職:委員

    任期:2011年04月 ~ 継続中

    貢献の実績:カンファレンスに参加し,歯科的見地から口腔衛生および義歯治療に関する指導を行った.

全件表示 >>

所属部局等の実績(委員以外) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    貢献の項目と割合等:外来予診(火曜午前)担当

  • 年度:2017年度

    貢献の項目と割合等:外来予診(火曜午前)担当

  • 年度:2016年度

    貢献の項目と割合等:外来予診(火曜午前)担当

所属講座等の実績(自由記述) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    貢献の項目と割合等:2008年10月に所属講座大学院生を対象としたジャーナルクラブを立ち上げ,毎週木曜19時より学口腔機能に関する論文の抄読会を行っている.

  • 年度:2016年度

    貢献の項目と割合等:2008年10月に所属講座大学院生を対象としたジャーナルクラブを立ち上げ,毎週木曜19時より学口腔機能に関する論文の抄読会を行っている.

その他管理運営活動 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    外来予診(火曜午前)担当