所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

経済学部経済学科、経営学講座

職名 【 表示 / 非表示

教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

経営学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

組織変革、組織行動、組織文化、人的資源管理

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:企業の施策が従業員の意識・行動変革に与える影響に関する研究

    研究課題概要:

  • 研究課題名:組織変革の阻害要因に関する理論・実証的研究

  • 研究課題名:企業の組織変革行動の研究

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 著書名:組織変革のマネジメント:CI活動と人の意識・行動変革

    出版機関名:中央経済社

    発行日:2011年04月

    著者名:松田陽一

    著書形態:単著

  • 著書名:京都大学における「学生の祭」の歴史に関する調査報告書

    出版機関名:未刊

    発行日:2012年01月

    著者名:

    著書形態:単著

 

写真

氏名

松田 陽一 (マツダ ヨウイチ)

MATSUDA Yoichi

所属専攻講座

社会文化科学研究科

職名

教授

性別

男性

研究室電話

(日)086-251-7557

(英)+81-(086)-251-7557

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

(日)組織変革、組織行動、組織文化、人的資源管理

(英)Organizational Change, Organizational Behavior, Organizational Culture, Human Resource Management

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:京都大学

    学校の種類:大学

    学部名:工学部

    学科名:金属加工学科金属物理専攻

    卒業年月:1981年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:神戸大学

    研究科名:経営学研究科

    専攻名:経営総合分析専攻

    修了課程:博士課程

    修了年月:1998年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

  • 大学院名:神戸大学

    研究科名:経営学研究科

    修了課程:修士課程

    修了年月:1995年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(経営学)

    学位の分野名:経営学 (Business administration)

    学位授与機関名:神戸大学 (Kobe University)

    取得方法:課程

    取得年月:1998年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:社会文化科学研究科

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2002年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:積水ハウス株式会社 (Sekisui House,Ltd.)

    経歴名:課長 (Manager)

    経歴期間:1981年04月 ~ 2001年05月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本労務学会 /  日本国 ( 1997年04月 ~ 継続中 )

  • 日本経営学会 /  日本国 ( 1997年04月 ~ 継続中 )

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 経営学 (Business administration)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 経営学

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:企業の施策が従業員の意識・行動変革に与える影響に関する研究 (Research on Organizational Change in Japanese Companies)

    キーワード:施策、意識・行動変革

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2002年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):経営学

    専門分野(researchmap分類):経営学

    研究内容:企業が行う施策を中心に、それが従業員の意識行動の変化に与える影響について明らかにする。文献渉猟、アンケート・インタビュー調査を行う

  • 研究課題名:組織変革の阻害要因に関する理論・実証的研究

    キーワード:組織変革

    研究態様:未設定

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:2011年06月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):経営学

    専門分野(researchmap分類):経営学

    研究内容:1.文献等渉猟
    2.実証調査(アンケート、インタビュー)

  • 研究課題名:企業の組織変革行動の研究

    キーワード:組織変革、組織活性化、組織開発、組織文化、企業文化、社会変動、人的資源管理

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:1995年01月 ~ 2005年12月

    専門分野(科研費分類):経営学

    専門分野(researchmap分類):経営学

  • 研究課題名:京都大学の学生の祭に関する研究

    キーワード:大学史、祭、学生、

    研究態様:個人研究

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:1990年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):社会学

    専門分野(researchmap分類):文化人類学(含民族学・民俗学)

    研究内容:京都大学における学生の祭をおもな対照として、新聞記事・文献資料、およびインタビュー調査を中心にして、歴史的な様相を明らかにする。また、同様に他大学においても志向している。

  • 研究課題名:岡山県における観光振興

    キーワード:観光

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:共同研究

    研究期間:2015年04月 ~ 2017年03月

    専門分野(科研費分類):経営学

    専門分野(researchmap分類):経営学

    研究内容:1.実態調査(アンケート、インタビュー)
    2.シンポジウム開催(2008.8.1)
    3.学会発表(中小企業学会等)
    4.新聞・ラジオでの報道
    5.海外大学での発表(台湾国立交通大学)

全件表示 >>

研修受講歴 【 表示 / 非表示

  • 桃太郎フォーラム  ( 2014年09月 )

  • 岡山大入試動向に関する研修  ( 2012年09月 )

  • 留学生事務に関する研修  ( 2012年09月 )

  • 入管法改正に関する研修  ( 2012年05月 )

  • 留学生事務に関する研修  ( 2009年08月 )

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:人的資源管理論

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:基礎研究(4学期)

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:人的資源管理論

    担当期間:2019年10月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:企業マネジメント論演習A

    担当期間:2019年10月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:基礎研究(3学期)

    担当期間:2019年10月 ~ 2019年12月

    授業形式:

全件表示 >>

担当授業科目(その他) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    科目名:修学の方法

    担当期間:2017年04月 ~ 2017年09月

    講義内容またはシラバス:大学生活のイントロを紹介する。

  • 年度:2016年度

    科目名:修学の方法Ⅰ

    担当期間:2016年04月 ~ 2016年09月

    講義内容またはシラバス:大学生活のイントロを紹介する。

  • 年度:2015年度

    科目名:修学の方法Ⅰ

    担当期間:2015年04月 ~ 2015年09月

    講義内容またはシラバス:大学生活のイントロを紹介する。

FDに取り組む姿勢 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    院・学部の授業の教材(ビジュアル・配布)について、履修学生の声を反映し、修正をすすめ、効果をあげている。他大学院(例:神戸・関学・ウエールズ,台湾交通大等)、社会人院生との交流をすすめている(社会人院生ゼミへの参加、企業や医療系組織へのインタビューの実施等)。外部講師(ゲスト)は順調で年間学部・院で年間4名招聘している。フィールドワークを行い、とくにインタビューについては、必ず1回以上同行し、またビデオ等で予行している。レポート、PPT画面・文章作成についても、修了OBOGにチェックを願い、常にチェック・フィードバックしている。留学生については、研究生・院生とも毎朝(9時)のミーティングが生活習慣のチェックを含め、効果あると考えている。

  • 年度:2017年度

    院・学部の授業の教材(ビジュアル・配布)について、履修学生の声を反映し、修正をすすめ、効果をあげている。他大学院(例:神戸・関学・ウエールズ,台湾交通大等)、社会人院生との交流をすすめている(社会人院生ゼミへの参加、企業インタビューの実施等)。外部講師(ゲスト)は順調で年間学部・院で年間4名招聘している。フィールドワークを行い、とくにインタビューについては、必ず1回以上同行し、またビデオ等で予行している。レポート、PPT作成についても、常にチェックし、フィードバックしている。

  • 年度:2016年度

    院・学部の授業の教材(ビジュアル・配布)について、履修学生の声を反映し、修正をすすめ、効果をあげている。他大学院(例:神戸・関学・ウエールズ,台湾交通大等)、社会人院生との交流をすすめている(社会人院生ゼミへの参加、企業インタビューの実施等)。外部講師(ゲスト)は順調で年間学部・院で4名招聘している。

  • 年度:2015年度

    院・学部の授業の教材(ビジュアル・配布)について、履修学生の声を反映し、修正をすすめ、効果をあげている。他大学院(例:神戸・関学・ウエールズ,台湾交通大等)、社会人院生との交流をすすめている(社会人院生ゼミへの参加、企業インタビューの実施等)。外部講師(ゲスト)は順調で年間学部・院で4名招聘している。

教育対象学生数 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    卒業論文指導学生: 0人 、(うち留学生数):0人

    修士論文指導学生: 9人 、(うち留学生数): 3人

    博士論文指導学生: 3人 、(うち留学生数): 0人

    研究生等指導学生: 11人 、(うち留学生数): 11人

  • 年度:2017年度

    卒業論文指導学生: 1人 、(うち留学生数):0人

    修士論文指導学生: 3人 、(うち留学生数): 1人

    博士論文指導学生: 3人 、(うち留学生数): 0人

    研究生等指導学生: 3人 、(うち留学生数): 3人

  • 年度:2016年度

    卒業論文指導学生: 0人 、(うち留学生数):0人

    修士論文指導学生: 3人 、(うち留学生数): 3人

    博士論文指導学生: 3人 、(うち留学生数): 0人

    研究生等指導学生: 3人 、(うち留学生数): 3人

  • 年度:2015年度

    卒業論文指導学生: 1人 、(うち留学生数):0人

    修士論文指導学生: 0人

    博士論文指導学生: 0人

    研究生等指導学生: 5人 、(うち留学生数): 5人

教科書、教材等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    教科書,教材等の種類:教材作成

    大学教育教材開発:1.院:経営学応用ワークブックとPPT資料
    2.日本企業論ワークブックとPPT資料
    3.院・学部:人的資源管理論ワークブックとPPT資料
    4.組織行動論を学ぶワークブックとPPT資料

  • 年度:2017年度

    教科書,教材等の種類:教材作成

    大学教育教材開発:1.院:経営学応用ワークブック(PPT資料)
    2.日本企業論ワークブック(PPT資料)
    3.院:人的資源管理論ワークブック(PPT資料)

  • 年度:2016年度

    教科書,教材等の種類:教材作成

    大学教育教材開発:1.院:経営学応用ワークブック(PPT資料)
    2.日本企業論ワークブック(PPT資料)
    3.院:人的資源管理論ワークブック(PPT資料)

  • 年度:2015年度

    教科書,教材等の種類:教材作成

    大学教育教材開発:1.教材経営学応用・人的資源管理論(院:PPT資料)
    2.院:ケース資料(私製)
    3.日本企業論Ⅰワークブック(私製)
    4.組織行動論Ⅱケースブック(私製)

  • 年度:2014年度

    教科書,教材等の種類:教材作成

    大学教育教材開発:1.e-learning教材経営学応用・人的資源管理論(院:PPT資料)
    2.院:ケース資料(私製)
    3.日本企業論Ⅰワークブック(私製)
    4.日本企業論Ⅱワークブック(私製)

全件表示 >>

学生活動支援 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    学生活動支援の種類:留学生支援

    学生活動支援:1.留学生(院生以上。研究生は別)に対して、個人奨学金制度を設けた
    2.就職支援(学部、留学生・院生)として、個人的にアドバイザーの紹介、就職先の斡旋、インターンシップ先の紹介等を行った
    3.企業インタビュー等に同行させた。
    4.院・学部ゼミで日本と外国企業研究に参加させた。
    5.レクリエーションとして海水浴、市場見学、登山等を行った。
    6.ゼミにおいて学部生との交流を図った。
    7.院生の一部のインタビュー先を紹介し、同行した。

  • 年度:2017年度

    学生活動支援の種類:留学生支援

    学生活動支援:1.留学生(院生以上。研究生は別)に対して、個人奨学金制度を設けた
    2.就職支援(学部、留学生・院生)として、個人的にアドバイザーの紹介、就職先の斡旋、インターンシップ先の紹介等を行った
    3.企業インタビュー等に同行させた。
    4.院・学部ゼミで日本と外国企業研究に参加させた。
    5.レクリエーションとして海水浴、市場見学、登山等を行った。
    6.ゼミにおいて学部生との交流を図った。

  • 年度:2016年度

    学生活動支援の種類:留学生支援

    学生活動支援:1.留学生(院生以上。研究生は別)に対して、個人奨学金制度を設けた
    2.就職支援(学部、留学生・院生)として、個人的にアドバイザーの紹介、就職先の斡旋、インターンシップ先の紹介等を行った
    3.企業インタビュー等に同行させた。
    4.院・学部ゼミで日本と外国企業研究に参加させた。
    5.レクリエーションとして海水浴、市場見学、登山等を行った。
    6.ゼミにおいて学部生との交流を図った。

  • 年度:2015年度

    学生活動支援の種類:留学生支援

    学生活動支援:1.留学生(院生以上。研究生は別)に対して、個人奨学金制度を設けた
    2.就職支援(学部、留学生・院生)として、個人的にアドバイザーの紹介、就職先の斡旋、インターンシップ先の紹介等を行った
    3.企業インタビュー等に同行させた。
    4.院・学部ゼミで日本と外国企業研究に参加させた。
    5.レクリエーションとして海水浴、市場見学、登山等を行った。
    6.ゼミにおいて学部生との交流を図った。

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:高成果チーム医療のマネジメントに関するアンケート調査の報告 ( Report on the Questionary Survey Research of management in high performance medical care team,jounly worked )

    記述言語:日本語

    掲載種別:大学紀要

    掲載誌名:岡山大学経済学会雑誌50巻 3号 (頁 1 ~ 16)

    発行年月:2019年03月

    著者氏名(共著者含):川上佐智子小堀浩志(2nd) ( sachiko kawakami)

    共著区分:共著

    担当部分:全部執筆・校正

  • 論文題目名:公共性と効率性のマネジメント~これからの経営学 ( Management for public and efficiency )

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:経営学論集第88集 ( readings of business management) 88巻 (頁 2 ~ 3)

    発行年月:2018年04月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:単著

    担当部分:全執筆

  • 論文題目名:ワークショップ1:医療、ものづくりの新たなマネジメントを考える ( work shop1:new management for medical,making )

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:経営学論集第88集 ( readings of business management) 88巻 (頁 6 ~ 8)

    発行年月:2018年04月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:単著

    担当部分:全執筆

  • 論文題目名:従業員の健康マネジメントに関するアンケート調査報告書(集計結果) ( Report on the Questionary Survey Research of health management for workers,jounly worked )

    記述言語:日本語

    掲載種別:大学紀要

    掲載誌名:岡山大学経済学会雑誌49巻 3号 (頁 145 ~ 162)

    発行年月:2018年03月

    著者氏名(共著者含):小堀浩志(1ST) ( hiroshi kobori)

    共著区分:共著

    担当部分:一部執筆・校正

  • 論文題目名:職別工事業の技能労働者等における人事考課制度のアンケート調査の報告 ( Report on the Questionary Survey Research of personnel rating systems for skilled workers in construction,jounly worked )

    記述言語:日本語

    掲載種別:大学紀要

    掲載誌名:岡山大学経済学会雑誌49巻 2号 (頁 35 ~ 55)

    発行年月:2018年02月

    著者氏名(共著者含):井上朗弘(1ST) ( akihiro inoue)

    共著区分:共著

    担当部分:一部執筆・校正

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:組織変革のマネジメント:CI活動と人の意識・行動変革 (guidance to organizational change management)

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:中央経済社

    発行日:2011年04月

    著者名:松田陽一 (matsuda yoichi)

    著書形態:単著

  • 著書名:組織変革マネジメントへの招待 (guidance to organizational change management,"joint worked")

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:岡山大学出版会

    発行日:2014年03月

    著者名:山本智子・川上佐智子・大月説子

    著書形態:共著

    担当部分:1~4章(全8章)

  • 著書名:経営者の事業観の伝承に関する事例研究:吉本興業・林正之助を対象とし、遺伝子の伝承メタファーに基づいて

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:岡山大学経済学部

    発行日:2009年03月

    著者名:*松田陽一

    著書形態:単著

  • 著書名:組織変革における抵抗のマネジメントに関する研究~理論と実態 (studies in management of resistance in organizational change )

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:岡山大学経済学部 (okayama university in faculty of economics)

    発行日:2019年03月

    著者名:

    著書形態:単著

    担当部分:1~4章(全8章)

  • 著書名:京都大学における「学生の祭」の歴史に関する調査報告書

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:未刊

    発行日:2012年01月

    著者名:

    著書形態:単著

全件表示 >>

論文査読 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    件数:2件

    学術雑誌名:日本経営学会誌 査読

  • 年度:2017年度

    件数:1件

    学術雑誌名:日本経営学会誌 再査読

  • 年度:2016年度

    件数:1件

    学術雑誌名:日本経営学会誌

  • 年度:2016年度

    件数:1件

    学術雑誌名:日本労務学会誌

  • 年度:2015年度

    件数:1件

    学術雑誌名:日本経営学会誌

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 日本経営学会

    役職・役割名:司会/コーディネーター

    活動期間:2017年08月

    活動内容:ワークショップ2の企画・コーディネート・当日の司会進行

  • 日本経営学会

    役職・役割名:第91回大会プログラム委員会・委員

    活動期間:2017年04月 ~ 2017年09月

    活動内容:日本経営学会91回大会の大会プログラム委員会・委員として、プログラム作成、企画にかかわる

  • 日本経営学会

    役職・役割名:大会実行委員会・委員長

    活動期間:2017年01月 ~ 2017年11月

    活動内容:日本経営学会91回大会の実行委員会・委員長

  • 日本経営学会

    役職・役割名:第91回大会プログラム委員会・委員

    活動期間:2016年04月 ~ 2017年03月

    活動内容:日本経営学会91回大会の大会プログラム委員会・委員として、プログラム作成、企画にかかわる

  • 日本経営学会

    役職・役割名:第91回大会プログラム委員会・委員

    活動期間:2015年08月 ~ 2016年03月

    活動内容:日本経営学会91回大会の大会プログラム委員会・委員として、プログラム作成、企画にかかわる

全件表示 >>

報道機関発表 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    全国版/地方版別:地方版

    メディアの種類:テレビ

    会社名等:RNC放送

    番組名等及び内容:2015年8月20日取材「社会人の学びについて」戸倉記者
    放送は8月25日(火) 18:15-19:00「RNC news every.」で行いました。

    報道年月日:2015年08月20日

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:病院の高成果チーム医療が組織変革マネジメントに与える影響に関する理論・実証的研究 (theoretical and positivismitic studies on the effects that high perfomace medical care team gives organizational change management in hospital)

    研究期間:2017年04月 ~ 2020年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:高成果のチーム医療チームが、病院の組織変革(人の意識・行動変革)に与える影響について、文献渉猟、アンケート調査、インタビュー調査、観察調査によって明らかにする。

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:病院の高成果チーム医療が組織変革マネジメントに与える影響に関する理論・実証的研究 (theoretical and positivismitic studies on the effects that high perfomace medical care team gives organizational change management in hospital)

    研究期間:2017年04月 ~ 2020年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:高成果のチーム医療チームが、病院の組織変革(人の意識・行動変革)に与える影響について、文献渉猟、アンケート調査、インタビュー調査、観察調査によって明らかにする。

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:チーム医療が病院の組織変革に与える影響に関する理論・実証的研究

    研究期間:2014年04月 ~ 2017年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:チーム医療が、病院の組織変革(人の意識・行動変革)に与える影響について、文献渉猟、アンケート調査、インタビュー調査、観察調査によって明らかにする。

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:チーム医療が病院の組織変革に与える影響に関する理論・実証的研究

    研究期間:2014年04月 ~ 2017年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:チーム医療が、病院の組織変革(人の意識・行動変革)に与える影響について、文献渉猟、アンケート調査、インタビュー調査、観察調査によって明らかにする。

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:チーム医療が病院の組織変革に与える影響に関する理論・実証的研究

    研究期間:2014年04月 ~ 2017年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:チーム医療が、病院の組織変革(人の意識・行動変革)に与える影響について、文献渉猟、アンケート調査、インタビュー調査、観察調査によって明らかにする。

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 資金名称:寄附金

    研究題目:岡山県の観光振興に関する調査研究

    研究期間:2015年04月 ~ 2016年03月

    資金支給機関:財団法人岡山経済研究

    研究内容:主に岡山県の観光振興に関する調査研究(産業、施策等)

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 研究題目:岡山県の観光振興に関する調査研究

    共同研究区分:国内共同研究

    研究期間:2015年04月 ~ 2016年03月

    相手先機関名:財団法人岡山経済研究所

    研究内容:主に岡山県の観光振興に関する調査研究(産業、施策対象)

学内競争的資金(学長裁量経費等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    研究期間:2015年07月 ~ 2016年03月

    研究費名:大学院社会文化科学研究科共同研究(博士研究助成・川上佐智子と共同研究)

    課題名:組織変革の類型化における調査・研究

その他 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    三好貴之・松田陽一『介護職員の採用活動に関するアンケート調査の報告書』2017年5月1日,未刊。

  • 年度:2017年度

    小堀浩志・松田陽一『従業員の健康マネジメントに関するアンケート調査の報告書』2017年10月1日,未刊。

  • 年度:2017年度

    井上朗弘・松田陽一『職別工事業の技能労働者等における人事評価に関するアンケート調査の報告書』2017年7月1日,未刊。

  • 年度:2016年度

    松田陽一・川上佐智子『チーム医療が組織変革に与える影響に関するアンケート調査報告書・続』2016年11月30日,未刊。

  • 年度:2016年度

    松田陽一『京都大学におけるの学生の祭」の歴史に関する調査報告 修正版』2016年9月30日,未刊。

全件表示 >>

寄付金・講座・研究部門 【 表示 / 非表示

  • 寄附金名称:寄付金 (松田 陽一)

    寄附者名称:財団法人岡山経済研究

    寄附年月:2015年04月

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 共同研究希望テーマ:企業の組織変革(行動・施策活動)に関する調査(組織行動論、人的資源管理対象) (studies and research on organizational change(cf.o.b,hrm))

    共同研究実施形態:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する

    産学連携協力可能形態:共同研究

  • 共同研究希望テーマ:観光振興に関する調査

    共同研究実施形態:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する

    産学連携協力可能形態:共同研究

  • 共同研究希望テーマ:都市再開発マネジメントにおける調査・研究 (studies and research on the urban redevelopment management)

    共同研究実施形態:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する

    産学連携協力可能形態:共同研究

  • 共同研究希望テーマ:医療機関におけるチーム医療と組織変革(人の意識・行動変革)に関する調査 (studies and research on team care and organizational change(cf.o.b,hrm))

    共同研究実施形態:産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する

    産学連携協力可能形態:共同研究

 

公開講座・講演会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    講座、講演会等種類:その他

    参加人数:12人

    開催日:2019年08月

    講座等名:岡山県看護師協会サーレベル講習会

    講義題名:組織理論とマネジメント

    主催者:岡山県看護師協会

    対象者:(サードレベル)看護師

    開催地,会場:岡山県看護師協会会館大会議室

  • 年度:2016年度

    講座、講演会等種類:その他

    参加人数:40人

    開催日:2016年09月

    講座等名:チーム医療マネジメント研究会~事例報告とディスカッション

    講義題名:同上

    主催者:松田研究室

    対象者:医療従事者

    開催地,会場:岡山大学・総合文化科学棟・2階共同研究室

高大連携 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    高大連携の種類:学部紹介

    高校名等:進学ガイダンス・大阪

    実施日時,時間数:7月30日(日)14:00-16:30

    活動内容:学部等紹介

  • 年度:2017年度

    高大連携の種類:学部紹介

    高校名等:オープンキャンパス

    実施日時,時間数:8月6日(日)10:00-12:00

    活動内容:学部等紹介

  • 年度:2017年度

    高大連携の種類:学部紹介

    高校名等:高校生のための大学講座

    実施日時,時間数:8月9日(火)13:00-14:00

    活動内容:経営学概要、学部紹介等

  • 年度:2017年度

    高大連携の種類:学部紹介

    高校名等:西大寺・湯梨浜学園高等学校

    実施日時,時間数:10月30日(月)14:00-16:30

    活動内容:学部等紹介

  • 年度:2017年度

    高大連携の種類:学部紹介

    高校名等:姫路南・兵庫県立北条高等学校

    実施日時,時間数:6月19日(月)14:00-16:15

    活動内容:経営学概要、学部紹介等

全件表示 >>

審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2014年度

    外部委員会区分:委員会

    名称:岡山市公の施設の指定管理候補者選定委員会

    役職:委員

    活動内容:市・3施設に関する指定管理者選定に関わる募集要項案作成および管理者選定の業務。

  • 年度:2013年度

    外部委員会区分:委員会

    名称:日本学術振興会科研費審査(第一次・基盤C)

    役職:委員

    活動内容:科研費申請書類にかかわる第1次審査をweb上で行う

  • 年度:2012年度

    外部委員会区分:委員会

    名称:日本学術振興会科研費審査(第一次・基盤C)

    役職:委員

    活動内容:科研費申請書類にかかわる第1次審査をweb上で行う

  • 年度:2009年度

    外部委員会区分:委員会

    名称:日本学術振興会科研費審査(第一次・萌芽)

    役職:委員

    活動内容:科研費申請書類にかかわる第1次審査をweb上で行う

調査・研究会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    名称:チーム医療マネジメント研究会

    役職:会長・委員長

    活動内容:科研費研究をもとに、チーム医療マネジメントについて、事例報告と課題討論を、医療関係者(医師、看護師、事務職等)約40名、9月24日土・午後1~4時。岡山大で行った。

国際貢献(受入実績) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    外国人留学生数:3人

    外国人研修生数:3人

  • 年度:2016年度

    外国人留学生数:5人

    外国人研修生数:1人

  • 年度:2015年度

    外国人留学生数:5人

他機関等における教育支援 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    他機関名:台湾国立交通大学経営管理学院

    活動内容:曾芳代助教授の「日本的経営管理」授業にて、要請があり4時間の研究発表・質疑を行う。同行社会人院生の発表も行う。
    2018年12月22日

  • 年度:2017年度

    他機関名:台湾国立交通大学経営管理学院

    活動内容:曾芳文助教授の「日本的経営管理」授業にて、要請があり4時間の研究発表・質疑を行う。同行社会人院生の発表も行う。
    2017年12月16日(予定)

  • 年度:2016年度

    他機関名:台湾国立交通大学経営管理学院

    活動内容:曾芳文助教授の「日本的経営管理」授業にて、要請があり4時間の研究発表・質疑を行う。同行社会人院生の発表も行う。
    2016年12月17日(予定)

  • 年度:2015年度

    他機関名:台湾国立交通大学経営管理学院

    活動内容:曾芳文助教授の「日本的経営管理」授業にて、要請があり4時間の研究発表・質疑を行う。同行社会人院生の発表も行う。
    2015年12月19日

 

部局長などの実績 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    役職:専攻長

    職名:大学院社会文化科学研究科社会文化学専攻長(博士前期課程)

    任期:2019年04月 ~ 2021年03月

  • 年度:2015年度

    役職:専攻長

    職名:大学院社会文化科学研究科社会文化学専攻長(博士後期課程)

    任期:2015年04月 ~ 2017年03月

全学的な実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:高大連携委員会

    役職:委員

    任期:2017年04月 ~ 2018年03月

    貢献の実績:全学の高大連携事業の推進・実施

  • 年度:2016年度

    委員会等の名称:岡山大学出版会検討委員会

    役職:委員

    任期:2015年04月 ~ 2016年03月

  • 年度:2014年度

    委員会等の名称:岡山大学出版会編集委員会

    役職:委員

    任期:2014年04月 ~ 2015年03月

所属部局等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    委員会等の名称:教務委員会

    役職:委員

    任期:2019年04月 ~ 2021年03月

    貢献の実績:学部教務・教育に関する業務全般

  • 年度:2019年度

    委員会等の名称:カリキュラム検討委員会

    役職:委員

    任期:2019年04月 ~ 2021年03月

    貢献の実績:学部教育カリキュラム改変に関する業務全般

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:キャリア教育委員会

    役職:委員長

    任期:2018年04月 ~ 2020年03月

    貢献の実績:学部キャリア教育に関する業務全般(修学の方法、インターンシップ等)

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:大学院改組WG

    役職:委員

    任期:2017年04月 ~ 2017年06月

    貢献の実績:大学院の改組に関する検討

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:人事採用委員会(リーダーシップ論)

    役職:委員長

    任期:2017年09月 ~ 2018年06月

    貢献の実績:リーダシップ論教員採用人事に関わる書類審査・面接業務、委員長業務

全件表示 >>

所属講座等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:講座会議(講座代表)

    役職:その他

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:大学院・経営学講座・プログラムコーディネーター

    役職:その他

    貢献の実績:改組後、とくに入試にかかわる業務を行う