所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

医歯薬学総合研究科 疫学・衛生学分野

職名 【 表示 / 非表示

助教

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

疫学・予防医学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

疫学理論、因果推論、社会疫学、環境疫学、産業保健

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:疫学・統計学理論に基づいた因果理論の構築に関する研究

    研究課題概要:近年、適切な科学的評価とそれに基づく政策判断の必要性が非常に高まっている。これらの課題に取り組むためには、各分野の実証研究にとどまらず、疫学・統計学理論に基づいた因果理論の構築が必要不可欠である。本研究は、これらの課題に応えるため、疫学・統計学の理論を精緻化し、因果関係の推論において、バイアスを制御するための方法論を構築することを目的とする。

  • 研究課題名:わが国における社会的・地理的健康格差に関する研究

  • 研究課題名:ソーシャル・キャピタルと健康に関する研究

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:On the relations between excess fraction, attributable fraction, and etiologic fraction

    掲載誌名:American Journal of Epidemiology 175巻 6号 (頁 567 ~ 575)

    発行年月:2012年03月

    著者氏名(共著者含):Suzuki E, Yamamoto E, Tsuda T

  • 論文題目名:Identification of operating mediation and mechanism in the sufficient-component cause framework

    掲載誌名:European Journal of Epidemiology 26巻 5号 (頁 347 ~ 357)

    発行年月:2011年05月

    著者氏名(共著者含):Suzuki E, Yamamoto E, Tsuda T

  • 論文題目名:Social and geographical inequalities in suicide in Japan from 1975 through 2005: a census-based longitudinal analysis

    掲載誌名:PLoS ONE 8巻 5号 (頁 e63443 ~ )

    発行年月:2013年05月

    著者氏名(共著者含):Suzuki E, Kashima S, Kawachi I, Subramanian SV

 

写真

氏名

鈴木 越治 (スズキ エツジ)

SUZUKI Etsuji

所属専攻講座

医歯薬学総合研究科

職名

助教

性別

男性

ホームページ

http://www.unit-gp.jp/eisei/wp/

研究分野・キーワード

(日)疫学理論、因果推論、社会疫学、環境疫学、産業保健

(英)epidemiologic methods, causal inference, social epidemiology, environmental epidemiology, occupational health

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(医学) (Ph.D. (Medicine))

    学位の分野名:衛生学 (Hygienics)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:課程

    取得年月:2009年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:医歯薬学総合研究科

    経歴名:助教 (Assistant Professor)

    職務期間:2009年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本疫学会 (Japan Epidemiological Association)  /  日本国 ( 2015年09月 ~ 継続中 )

  • 米国疫学研究学会 (Society for Epidemiologic Research)  /  アメリカ合衆国 ( 2015年05月 ~ 継続中 )

  • 日本公衆衛生学会 (Japanese Society of Public Health)  /  日本国 ( 2013年07月 ~ 継続中 )

  • 日本衛生学会 (The Japanese Society for Hygiene)  /  日本国 ( 2008年11月 ~ 継続中 )

  • 日本保健医療社会学会 (The Japanese Society of Health and Medical Sociology)  /  日本国 ( 2007年04月 ~ 2007年07月 )

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 疫学・予防医学 (Epidemiology and preventive medicine)

  • 衛生学・公衆衛生学 (Hygiene and public health)

  • 統計科学 (Statistical science)

  • 環境影響評価 (Environmental impact assessment)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 疫学

  • 公衆衛生

  • 社会医学一般

  • 産業衛生,産業災害

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:疫学・統計学理論に基づいた因果理論の構築に関する研究 (Research on the establishment of causal theories based on epidemiologic and statistical methods)

    キーワード:疫学理論,因果推論,マルチレベル分析 (epidemiologic methods, causal inference, multilevel analysis)

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2008年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):衛生学 、公衆衛生学・健康科学

    専門分野(researchmap分類):社会医学一般 、公衆衛生

  • 研究課題名:わが国における社会的・地理的健康格差に関する研究 (Research on social and geographic inequalities in health in Japan)

    キーワード:社会疫学,環境疫学,健康格差 (social epidemiology, environmental epidemiology, health inequalities)

    研究態様:国際共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2010年06月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):衛生学 、公衆衛生学・健康科学

    専門分野(researchmap分類):社会医学一般 、公衆衛生

  • 研究課題名:ソーシャル・キャピタルと健康に関する研究 (Research on social capital and health)

    キーワード:社会疫学,ソーシャル・キャピタル (social epidemiology, social capital)

    研究態様:国際共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2008年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):衛生学 、公衆衛生学・健康科学

    専門分野(researchmap分類):社会医学一般 、公衆衛生

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:生物統計学基礎論

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:疫学・衛生学I(演習・実習)

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:疫学・衛生学II(講義・演習)

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:疫学・衛生学I(講義・演習)

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:臨床研究論Ⅱ

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

全件表示 >>

担当授業科目(その他) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    科目名:がんのベーシックサイエンス・臨床薬理学

    担当期間:2019年06月

    講義内容またはシラバス:講義名:がんの疫学と予防
    人間における発がん性をどのように評価するべきか、国際がん研究機関の評価方法を説明し、疫学理論と因果推論の観点から概説する。疫学方法論の基礎についても概観する。

  • 年度:2018年度

    科目名:社会疫学(応用)

    担当期間:2019年03月

    講義内容またはシラバス:社会疫学にとどまらず、疫学研究・医学研究全般を行う上で必要となる、健康の社会的決定要因について学ぶ。

  • 年度:2018年度

    科目名:医学統計学

    担当期間:2019年01月

    講義内容またはシラバス:なぜ医学を実践するうえで、統計学を学ぶ必要があるのかという大切な前提を確認したうえで、将来自ら適切な統計手法の選択ができ、また研究論文で用いられている統計手法が妥当なものであるかどうか判断できるようになることを目的とする。

  • 年度:2018年度

    科目名:がんのベーシックサイエンス・臨床薬理学

    担当期間:2018年12月

    講義内容またはシラバス:講義名:がんの疫学と予防
    人間における発がん性をどのように評価するべきか、国際がん研究機関の評価方法を説明し、疫学理論と因果推論の観点から概説する。疫学方法論の基礎についても概観する。

  • 年度:2018年度

    科目名:社会疫学(基礎)

    担当期間:2018年11月

    講義内容またはシラバス:社会疫学にとどまらず、疫学研究・医学研究全般を行う上で必要となる、健康の社会的決定要因について学ぶ。

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Across-site differences in the mechanism of alcohol-induced digestive tract carcinogenesis: an evaluation by mediation analysis ( Across-site differences in the mechanism of alcohol-induced digestive tract carcinogenesis: an evaluation by mediation analysis)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Cancer Research ( Cancer Research) 80巻 7号 (頁 1601 ~ 1610)

    発行年月:2020年04月

    著者氏名(共著者含):Koyanagi YN, Suzuki E, Imoto I, Kasugai Y, Oze I, Ugai T, Iwase M, Usui Y, Kawakatsu Y, Sawabe M, Hirayama Y, Tanaka T, Abe T, Ito S, Komori K, Hanai N, Tajika M, Shimizu Y, Niwa Y, Ito H, Matsuo K ( Koyanagi YN, Suzuki E, Imoto I, Kasugai Y, Oze I, Ugai T, Iwase M, Usui Y, Kawakatsu Y, Sawabe M, Hirayama Y, Tanaka T, Abe T, Ito S, Komori K, Hanai N, Tajika M, Shimizu Y, Niwa Y, Ito H, Matsuo K)

    共著区分:共著

    DOI:10.1158/0008-5472.CAN-19-2685

  • 論文題目名:Obesity and remission rates in Japanese patients with rheumatoid arthritis requiring anti-tumor necrosis factor alpha therapy ( Obesity and remission rates in Japanese patients with rheumatoid arthritis requiring anti-tumor necrosis factor alpha therapy)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Archives of Rheumatology ( Archives of Rheumatology)

    発行年月:2020年03月

    著者氏名(共著者含):Yamazaki K, Suzuki E, Ishihara R, Miyamoto T ( Yamazaki K, Suzuki E, Ishihara R, Miyamoto T)

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Urgent intubation without neuromuscular blocking agents and the risk of tracheostomy ( Urgent intubation without neuromuscular blocking agents and the risk of tracheostomy)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Internal and Emergency Medicine ( Internal and Emergency Medicine) 15巻 1号 (頁 127 ~ 134)

    発行年月:2020年01月

    著者氏名(共著者含):Fujinaga J, Suzuki E, Kuriyama A, Onodera M, Doi H ( Fujinaga J, Suzuki E, Kuriyama A, Onodera M, Doi H)

    共著区分:共著

    DOI:10.1007/s11739-019-02214-0

  • 論文題目名:Effect heterogeneity and variable selection for standardizing causal effects to a target population ( Effect heterogeneity and variable selection for standardizing causal effects to a target population)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:European Journal of Epidemiology ( European Journal of Epidemiology) 34巻 12号 (頁 1119 ~ 1129)

    発行年月:2019年12月

    著者氏名(共著者含):Huitfeldt A, Swanson SA, Stensrud MJ, Suzuki E ( Huitfeldt A, Swanson SA, Stensrud MJ, Suzuki E)

    共著区分:共著

    DOI:10.1007/s10654-019-00571-w

  • 論文題目名:On the collapsibility of measures of effect in the counterfactual causal framework ( On the collapsibility of measures of effect in the counterfactual causal framework)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Emerging Themes in Epidemiology ( Emerging Themes in Epidemiology) 16巻 (頁 1)

    発行年月:2019年01月

    著者氏名(共著者含):Huitfeldt A, Stensrud MJ, Suzuki E ( Huitfeldt A, Stensrud MJ, Suzuki E)

    共著区分:共著

    DOI:10.1186/s12982-018-0083-9

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:Causal diagrams: pitfalls and tips ( Causal diagrams: pitfalls and tips)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Epidemiology

    出版機関名:Japan Epidemiological Association ( Japan Epidemiological Association)

    発行年月:2019年12月

    著者氏名(共著者含):Suzuki E, Shinozaki T, Yamamoto E ( Suzuki E, Shinozaki T, Yamamoto E)

    共著区分:共著

  • 題目:健康格差拡大の原因究明に向けた高度な分析方法と理論の構築 ( Development of advanced analytic methods and theories to investigate the causes of increasing health inequalities)

    記述言語:日本語

    掲載種別:その他

    掲載誌名:公益財団法人総合健康推進財団 平成28年度研究報告書 第33回一般研究奨励助成事業 (頁 33 ~ 40)

    出版機関名:公益財団法人総合健康推進財団 ( Foundation for Total Health Promotion)

    発行年月:2018年08月

    著者氏名(共著者含):鈴木越治 ( Suzuki E)

    共著区分:単著

  • 題目:A typology of four notions of confounding in epidemiology

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Epidemiology 27巻 2号 (頁 49 ~ 55)

    出版機関名:Japan Epidemiological Association

    発行年月:2017年02月

    著者氏名(共著者含):Suzuki E, Mitsuhashi T, Tsuda T, Yamamoto E

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.je.2016.09.003

  • 題目:100 mSv以下の被ばくでは発がん影響がないのか-統計的有意差の有無と影響の有無(共著) ( Is there a carcinogenic effect from exposure to less than 100 mSv? Presence or absence of statistical significance and effect)

    記述言語:日本語

    掲載種別:商業雑誌

    掲載誌名:科学83巻 7号 (頁 735 ~ 742)

    出版機関名:岩波書店 ( Iwanami Shoten)

    発行年月:2013年07月

    著者氏名(共著者含):津田敏秀,山本英二,鈴木越治 ( Tsuda T, Yamamoto E, Suzuki E)

    共著区分:共著

  • 題目:しごとと健康(20)健康診断・事後措置の問題解決4

    記述言語:日本語

    掲載種別:商業雑誌

    掲載誌名:健康管理11号 (頁 40 ~ 41)

    出版機関名:保健文化社

    発行年月:2011年11月

    著者氏名(共著者含):高尾総司,鈴木越治

    共著区分:共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:社会疫学 <上> (Social Epidemiology second edition)

    記述言語:日本語

    著書種別:翻訳

    出版機関名:大修館書店 (Taishukan Shoten)

    発行日:2017年09月

    著者名:鈴木越治,道端達也,三橋利晴,谷原真一 (Suzuki E, Michibata T, Mitsuhashi T, Tanihara S)

    著書形態:共訳

    担当部分:第1章 社会疫学の歴史的枠組み―健康の社会的決定要因―

  • 著書名:Epistasis: Methods and Protocols

    記述言語:英語

    著書種別:著書

    出版機関名:Springer

    発行日:2015年01月

    著者名:Suzuki E, VanderWeele TJ

    著書形態:共著

    担当部分:(Chapter 11) Compositional epistasis: an epidemiologic perspective

  • 著書名:ソーシャル・キャピタルと健康政策:地域で活用するために (Global Perspectives on Social Capital and Health)

    記述言語:日本語

    著書種別:翻訳

    出版機関名:日本評論社 (Nippon Hyoron Sha)

    発行日:2013年08月

    著者名:鈴木越治 (Suzuki E)

    著書形態:単訳

    担当部分:第2章 職場のソーシャル・キャピタルと健康

  • 著書名:Global Perspectives on Social Capital and Health (jointly worked)

    記述言語:英語

    著書種別:著書

    出版機関名:Springer

    発行日:2013年08月

    著者名:Oksanen T, Suzuki E, Takao S, Vahtera J, Kivimäki M

    著書形態:共著

    担当部分:(Chapter 2) Workplace social capital and health

  • 著書名:Current Topics in Public Health (jointly worked)

    記述言語:英語

    著書種別:著書

    出版機関名:InTech

    発行日:2013年05月

    著者名:Chiba Y, Suzuki E

    著書形態:共著

    担当部分:(Chapter 3) Causal inference with intermediates: simple methods for principal strata effects and natural direct effects

全件表示 >>

論文査読 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    件数:3件

    学術雑誌名:Social Science & Medicine

  • 年度:2019年度

    件数:2件

    学術雑誌名:Journal of Epidemiology

  • 年度:2019年度

    件数:1件

    学術雑誌名:Journal of the Royal Society Interface

  • 年度:2019年度

    件数:2件

    学術雑誌名:Scientific Reports

  • 年度:2019年度

    件数:1件

    学術雑誌名:Epidemiology

全件表示 >>

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:The third European Causal Inference Meeting (EuroCIM 2020) (The third European Causal Inference Meeting (EuroCIM 2020))

    開催場所:Oslo, Norway

    開催期間:2020年04月

    題目又はセッション名:A different perspective of "cross-world independence assumption" and the utility of natural effects compared to controlled effects (A different perspective of "cross-world independence assumption" and the utility of natural effects compared to controlled effects)

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第35回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会 (The 35th Annual Meeting of The Japanese Society for Neuroendovascular Therapy)

    開催場所:Fukuoka, Japan

    開催期間:2019年11月

    題目又はセッション名:岡山県における脊椎動静脈疾患の悉皆調査 (Inventory survey of spinal arteriovenous shunt in Okayama prefecture)

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第35回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会 (The 35th Annual Meeting of The Japanese Society for Neuroendovascular Therapy)

    開催場所:Fukuoka, Japan

    開催期間:2019年11月

    題目又はセッション名:岡山県における頭蓋内硬膜動静脈瘻の悉皆調査 (Inventory survey of dural arteriovenous fistula in Okayama prefecture)

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第35回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会 (The 35th Annual Meeting of The Japanese Society for Neuroendovascular Therapy)

    開催場所:Fukuoka, Japan

    開催期間:2019年11月

    題目又はセッション名:岡山県における脳脊髄動静脈シャント疾患の悉皆調査 (Inventory survey of cerebral and spinal arteriovenous shunts in Okayama prefecture)

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:招待講演

    会議名称:2019 WNAR/IMS/JR Annual Meeting (2019 WNAR/IMS/JR Annual Meeting)

    開催場所:Portland, OR

    開催期間:2019年06月

    題目又はセッション名:Mechanisms and sufficient causes: an insight into how researchers define etiology (Mechanisms and sufficient causes: an insight into how researchers define etiology)

全件表示 >>

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 日本公衆衛生学会 (Japanese Society of Public Health)

    役職・役割名:日本公衆衛生雑誌査読委員

    活動期間:2015年04月 ~ 2018年03月

  • 日本保健医療社会学会 (The Japanese Society of Health and Medical Sociology)

    役職・役割名:第33回日本保健医療社会学会大会 一般演題セッション「健康」 座長

    活動期間:2007年05月

学会賞等受賞 【 表示 / 非表示

  • 受賞学術賞名:Journal of Epidemiology, Best Reviewer 2018 (Journal of Epidemiology, Best Reviewer 2018)

    受賞区分:学会誌・学術雑誌による顕彰

    受賞年月:2019年01月31日

    受賞国:日本国

    授与機関:Japan Epidemiological Association

    受賞者・受賞グループ名:鈴木越治 (Suzuki E)

  • 受賞学術賞名:平成27年度「武見奨励賞」

    受賞区分:出版社・新聞社・財団等の賞

    受賞年月:2015年12月18日

    受賞国:日本国

    授与機関:公益信託武見記念生存科学研究基金

    受賞者・受賞グループ名:鈴木越治 (Suzuki E)

    題目名:わが国における健康格差の推移と要因の評価およびバイアスの同定・制御方法の構築

  • 受賞学術賞名:優秀ポスター賞

    受賞区分:国内学会・会議・シンポジウム等の賞

    受賞年月:2008年11月

    受賞国:日本国

    授与機関:第67回日本公衆衛生学会総会

    受賞者・受賞グループ名:鈴木越治,頼藤貴志,高尾総司,杉山真澄,土居弘幸 (Suzuki E, Yorifuji T, Takao S, Sugiyama M, Doi H)

    題目名:緑茶摂取量と全死因死亡の関連性

 

公開講座・講演会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    講座、講演会等種類:講演会

    参加人数:15人

    開催日:2019年05月

    講座等名:Division of Cancer Epidemiology and Prevention, Aichi Cancer Center Research Institute

    講義題名:How could the sufficient-cause model advance our understanding of etiology?

    主催者:Division of Cancer Epidemiology and Prevention, Aichi Cancer Center Research Institute

    開催地,会場:Aichi Cancer Center Research Institute. Aichi, Japan

  • 年度:2019年度

    講座、講演会等種類:公開講座

    開催日:2019年09月

    講座等名:令和元年度感染症疫学基礎研修会

    講義題名:「疫学概論・因果推論(講義)」、「記述疫学、分析疫学(講義)」 

    開催地,会場:岡山大学

  • 年度:2018年度

    講座、講演会等種類:講演会

    参加人数:20人

    開催日:2018年05月

    講座等名:Special Epidemiology Seminar

    講義題名:How could the sufficient-cause model advance our understanding of etiology?

    主催者:Department of Epidemiology, Biostatistics and Occupational Health, McGill University

    開催地,会場:McGill University, Montreal, Canada

  • 年度:2018年度

    講座、講演会等種類:公開講座

    開催日:2019年02月

    講座等名:平成30年度食中毒疫学研修会

    講義題名:「疫学概論」

    開催地,会場:岡山大学

  • 年度:2017年度

    講座、講演会等種類:講演会

    参加人数:15人

    開催日:2017年10月

    講座等名:Causal Inference Group Meeting

    講義題名:How could the sufficient-cause model deepen our understanding of causality?

    主催者:Department of Epidemiology, Harvard T.H. Chan School of Public Health, Harvard University

    開催地,会場:Harvard T.H. Chan School of Public Health, Boston, MA

全件表示 >>

 

所属講座等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:教育企画委員

    役職:委員

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:大学院学務企画委員

    役職:委員

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:教育企画委員

    役職:委員

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:大学院学務企画委員

    役職:委員

  • 年度:2016年度

    委員会等の名称:大学院学務企画委員

    役職:委員

全件表示 >>