所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

循環器内科学

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

循環器内科学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

循環器内科

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:遠隔虚血プレコンディショニングを用いた造影剤腎症への総合的治療法の開発

    研究課題概要:遠隔虚血プレコンディショニング(Remote ischemic preconditioning:RIPC)とは、上肢または下肢における反復虚血現象が、遠隔の標的臓器の虚血抵抗性を高める手技である。RIPCについては、心筋梗塞での再灌流障害抑制などが報告されているが、最近、申請者らも上腕におけるRIPCが急性心筋梗塞患者の緊急カテーテル後の造影剤腎症の発症抑制に寄与することを報告した(図2)。本研究の目的は、造影剤腎症に対するRIPCの腎保護効果の機序の解明である。我々は、特に細胞が分泌するエクソソーム顆粒に着目し、ヒト検体と動物実験の両方からエクソソーム-microRNAを介したRIPCの新たな機序を明らかにし、臨床応用への基盤となる基礎研究を行うとともに、造影剤腎症予防の新たな創薬ターゲットを探索的に検討する。

 

写真

氏名

伊藤 浩 (イトウ ヒロシ)

ITO Hiroshi

所属専攻講座

医歯薬学総合研究科

性別

男性

ホームページ

http://cardio.icn.jp/index.html

研究分野・キーワード

(日)循環器内科

(英)Cardiovascular Medicine

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:大阪大学

    学校の種類:大学

    学部名:医学部

    学科名:医学科

    卒業年月:1982年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:大阪大学

    研究科名:医学研究科

    専攻名:循環器内科

    修了課程:博士課程

    修了年月:1986年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(医学)

    学位の分野名:循環器内科学 (Circulatory organs internal medicine)

    学位授与機関名:大阪大学 (Osaka University)

    取得方法:課程

    取得年月:1986年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:桜橋渡辺病院

    経歴名:職員(医療系)

    経歴期間:1986年07月 ~ 2009年03月

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 循環器内科学 (Circulatory organs internal medicine)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 循環系医学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 医師

  • 超音波指導医

  • 超音波専門医

  • 循環器専門医

  • 内科認定医

全件表示 >>

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:遠隔虚血プレコンディショニングを用いた造影剤腎症への総合的治療法の開発

    キーワード:遠隔虚血プレコンディショニング

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2015年04月 ~ 2018年03月

    専門分野(科研費分類):循環器内科学

    専門分野(researchmap分類):循環系医学

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    授業科目:総合循環器病学(講義・演習)

    担当期間:2018年04月 ~ 2019年03月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:循環器内科学I(講義・演習)

    担当期間:2018年04月 ~ 2019年03月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:総合循環器病学(演習・実習)

    担当期間:2018年04月 ~ 2019年03月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:循環器系(臓器・系別統合講義)

    担当期間:2018年04月 ~ 2019年03月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:心筋梗塞特論

    担当期間:2018年04月 ~ 2019年03月

    授業形式:

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Noninvasive differentiation of ischemic cardiomyopathy from idiopathic dilated cardiomyopathy with ultrasonic tissue characterization using integrated backscatter.

    記述言語:未設定

    掲載種別:未設定

    掲載誌名: J Echocardiogr 3巻 (頁 33 ~ 39)

    発行年月:2008年04月

    著者氏名(共著者含):*Ito H, Iwakura K, Okamura A, Onoue K, Kawano S, Fujii K.

    共著区分:単著

  • 論文題目名:Usefulness of a new grading system based on coronary flow velocity pattern in predicting outcome in patients with acute myocardial infarction having percutaneous coronary intervention.

    記述言語:未設定

    掲載種別:未設定

    掲載誌名: Am J Cardiol 96巻 (頁 927 ~ 932)

    発行年月:2008年04月

    著者氏名(共著者含):Okamura A, *Ito H, Iwakura K, Kawano S, Inoue K, Yamamoto K, Ogihara T, Fujii K.

    共著区分:共著

  • 論文題目名: Effect of reactive hyperemia after coronary revascularization on myocardial tissue reperfusion by thrombolysis in myocardial infarction flow grade in acute myocardial infarction.

    記述言語:未設定

    掲載種別:未設定

    掲載誌名: Am J Cardiol 97巻 (頁 617 ~ 623)

    発行年月:2008年04月

    著者氏名(共著者含):Okamura A, *Ito H, Iwakura K, Kawano S, Kurotobi T, Date M, Inoue K, Ogihara T, Fujii K.

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Circulating adipocyte fatty acid-binding protein is a predictor of cardiovascular events in patients with stable angina undergoing percutaneous coronary intervention

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:BMC Cardiovascular Disorders17巻 1号 (頁 83 ~ 106)

    発行年月:2017年10月

    著者氏名(共著者含):Wataru Takagi,Toru Miyoshi*,Masayuki Doi,Keisuke Okawa,Kazumasa Nosaka,Tomoyuki Nishibe,Naoaki Matsuo,Satoshi Hirohata*,Hiroshi Ito *

    共著区分:共著

    DOI:10.1186/s12872-017-0691-2

  • 論文題目名:Comparison of longevity and clinical outcomes of implantable cardioverter-defibrillator leads among manufacturers

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Heart Rhythm14巻 10号 (頁 1496 ~ 1503)

    発行年月:2017年10月

    著者氏名(共著者含):Satoshi Kawada,Nobuhiro Nishii*,Yoshimasa Morimoto,Akihito Miyoshi,Motomi Tachibana,Hiroyasu Sugiyama,Koji Nakagawa*,Atsuyuki Watanabe*,Hiroshi Morita*,Hiroshi Ito *

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.hrthm.2017.05.020

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:完全皮下植込み型除細動器の単回の通常スクリーニングでは, 完全に除外できなかったBrugada症候群の1例(共著)

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:心電図37巻 4号 (頁 243 ~ 254)

    出版機関名:

    発行年月:2017年12月

    著者氏名(共著者含):信定さおり, 橘 元見, 西井伸洋, 細川智巳, 須浪夏姫, 亀井成美, 青木佐知子, 越智真金, 川下隆二, 森田 宏, 岡田 健, 伊藤 浩

    共著区分:共著

  • 題目:治療に難渋した壊死性好酸球性心筋炎の1例(共著)

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:心臓49巻 suppl-1号 (頁 159 ~ 167)

    出版機関名:

    発行年月:2017年12月

    著者氏名(共著者含):小出祐嗣、中村一文、木村朋生、中川晃志、三好 亨、西井伸洋、伊藤 浩、大澤 晋、笠原慎吾、田中健大、柳井広之、安藤 翠、大郷恵子、山中俊明

    共著区分:共著

  • 題目:岡山での取り組み

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:心臓リハビリテーション23巻 suppl号 (頁 61 ~ )

    出版機関名:

    発行年月:2017年12月

    著者氏名(共著者含):伊藤 浩

    共著区分:単著

  • 題目:血行再建後の末梢動脈疾患 (PAD) 患者に対する外来リハビリテーションの効果(共著)

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:心臓リハビリテーション 23巻 suppl号 (頁 263 ~ )

    出版機関名:

    発行年月:2017年12月

    著者氏名(共著者含):中山理絵, 木元 朗, 三原直子, 遠部千尋, 伊藤真理, 戸田洋伸, 高谷陽一, 杉山弘恭, 谷山真規子, 三好 亨, 伊藤 浩

    共著区分:共著

  • 題目:外来心臓リハビリテーションを施行している冠動脈疾患患者における血管内皮機能の改善に寄与する因子の検討(共著)

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:心臓リハビリテーション23巻 suppl号 (頁 683 ~ )

    出版機関名:

    発行年月:2017年12月

    著者氏名(共著者含):柚木 佳, 松三博明, 幡 芳樹, 久保元基, 大野祐子, 三好 亨, 伊藤 浩

    共著区分:共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:循環器診療ザ・ベーシック 心筋症 基礎知識 左室緻密化障害(共著)

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:メジカルビュー社

    発行日:2017年10月

    著者名:酒谷優佳、伊藤 浩

    著書形態:共著

  • 著書名:循環器診療ザ・ベーシック 心筋症 実践 左室緻密化障害(共著)

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:メジカルビュー社

    発行日:2017年10月

    著者名:酒谷優佳、伊藤 浩

    著書形態:共著

  • 著書名:循環器内科グリーンノート(共著)

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:中外医学社

    発行日:2016年10月

    著者名:谷山真規子、伊藤 浩

    著書形態:共著

    担当部分:5. 基本検査 12 睡眠ポリグラフ検査

  • 著書名:臨床心臓CT学 基礎と実践マネージメント

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:中外医学社

    発行日:2016年10月

    著者名:伊藤 浩

    著書形態:共著

    担当部分:心臓CTとチーム医療の実践

  • 著書名:Integrated Cardiac Imaging 画像で病態に迫る、治療効果を判定する

    記述言語:日本語

    著書種別:著書

    出版機関名:メジカルビュー社

    発行日:2016年10月

    著者名:伊藤 浩

    著書形態:共著

    担当部分:1 リスク層別化をする

全件表示 >>

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:シンポジウム

    会議名称:第31回日本冠疾患学会学術集会

    開催場所:大阪国際会議場(大阪市)

    開催期間:2017年12月

    題目又はセッション名:心房中隔欠損、卵円孔開存に対するカテーテル治療:最近の知見

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:シンポジウム

    会議名称:第111回日本循環器学会中国地方会

    開催場所:倉敷市芸文館(倉敷市)

    開催期間:2017年12月

    題目又はセッション名:第3の死因、thromboembolism、を考える

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第111回日本循環器学会中国地方会

    開催場所:倉敷市芸文館(倉敷市)

    開催期間:2017年12月

    題目又はセッション名:心肺停止に至ったQT短縮症候群の1例

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第111回日本循環器学会中国地方会

    開催場所:倉敷市芸文館(倉敷市)

    開催期間:2017年12月

    題目又はセッション名:先天性QT延長症候群に伴うVf stormを来した1例

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第111回日本循環器学会中国地方会

    開催場所:倉敷市芸文館(倉敷市)

    開催期間:2017年12月

    題目又はセッション名:運動負荷試験中にwide QRS tachycardiaを来したBrugada症候群の1例

全件表示 >>

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 第21回日本心不全学会学術集会

    役職・役割名:シンポジウム 座長

    活動期間:2017年10月

  • 第21回日本心不全学会学術集会

    役職・役割名:YIA審査講演 審査員

    活動期間:2017年10月

  • 第65回日本心臓病学会学術集会

    役職・役割名:上田賞・学会優秀論文賞選考委員 委員長

    活動期間:2017年09月 ~ 2017年10月

  • 第65回日本心臓病学会学術集会

    役職・役割名:ランチョンセミナー 座長

    活動期間:2017年09月 ~ 2017年10月

  • 第65回日本心臓病学会学術集会

    役職・役割名:会長特別企画座長

    活動期間:2017年09月 ~ 2017年10月

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:遠隔虚血プレコンディショニングを用いた造影剤腎症への総合的治療法の開発

    研究期間:2015年04月 ~ 2018年03月

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:遠隔虚血プレコンディショニングを用いた造影剤腎症への総合的治療法の開発

 

公開講座・講演会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    講座、講演会等種類:講演会

    講座等名:第49回糖尿病学の進歩