所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

理学部・生物学科,生体統御学研究グループ,生体情報システム研究室

職名 【 表示 / 非表示

教授

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

生物形態・構造

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:羽形成の局所制御系の解明

    研究課題概要:

  • 研究課題名:鳥類メラノコルチン系の解析

  • 研究課題名:MSH機能及びその受容体遺伝子に関する系統発生学的研究

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Conserved distal promoter of the agouti signaling protein (ASIP) gene controls sexual dichromatism in chickens

    掲載誌名:Gen. Comp. Endocrinol. 177巻 (頁 231 ~ 237)

    発行年月:2012年06月

    著者氏名(共著者含):E. Oribe, A. Fukao, C. Yoshihara, M. Mendori, K. G. Rosal, S. Takahashi and S. Takeuchi

  • 題目:Recent developments in our understanding of the avian melanocortin system: Its involvement in the regulation of pigmentation and energy homeostasis

    掲載誌名:PEPTIDES 26 (10): 1733-1743巻

    発行年月:2005年10月

    著者氏名(共著者含):Boswell T, *Takeuchi S

  • 論文題目名:Elaborate color patterns of individual chicken feathers may be formed by the agouti signaling protein

    掲載誌名:Gen. Comp. Endocrinol. 175巻 (頁 495 ~ 499)

    発行年月:2012年01月

    著者氏名(共著者含):C. Yoshihara, A. Fukao, K. Ando, Y. Tashiro, S. Taniuchi, S. Takahashi and S. Takeuchi

全件表示 >>

 

写真

氏名

竹内 栄 (タケウチ サカエ)

TAKEUCHI Sakae

所属専攻講座

自然科学研究科

職名

教授

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)生物形態・構造

(英)Morphology, Structure of Organism

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:理学博士

    学位の分野名:細胞生物学 (Cell biology)

    学位授与機関名:東北大学 (Tohoku University)

    取得方法:課程

    取得年月:1990年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:自然科学研究科

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2014年04月 ~ 継続中

  • 職務遂行組織:自然科学研究科

    経歴名:准教授 (Associate Professor)

    職務期間:2007年04月 ~ 2014年03月

  • 職務遂行組織:自然科学研究科

    経歴名:助教授 (Associate Professor)

    職務期間:2005年04月 ~ 2007年03月

  • 職務遂行組織:理学部

    経歴名:助教授 (Associate Professor)

    職務期間:2001年11月 ~ 2005年03月

  • 職務遂行組織:理学部

    経歴名:助手 (Research Associate)

    職務期間:1990年07月 ~ 2001年10月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:国立岡山病院附属看護学校

    経歴名:非常勤講師

    経歴期間:1991年04月 ~ 2014年03月

  • 所属(勤務)先:国立仙台病院リハビリテーション学院

    経歴名:非常勤講師

    経歴期間:1990年04月 ~ 1990年07月

  • 所属(勤務)先:東北大学医療技術短期大学部

    経歴名:非常勤講師

    経歴期間:1990年04月 ~ 1990年07月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本動物学会 /  日本国 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • 日本比較内分泌学会 /  日本国 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • 日本遺伝学会 /  日本国 ( )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 生物科学一般

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:羽形成の局所制御系の解明

    キーワード:羽,形態形成,局所ホルモン系

    研究態様:個人研究

    研究制度:その他の研究制度

    研究期間:2010年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):形態・構造

    専門分野(researchmap分類):生物科学一般

  • 研究課題名:鳥類メラノコルチン系の解析 (Study on avian melanocortin system)

    キーワード:メラノコルチン (melanocortin)

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:1990年07月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):動物生理・行動 、分子生物学 、形態・構造

    専門分野(researchmap分類):生物科学一般

  • 研究課題名:MSH機能及びその受容体遺伝子に関する系統発生学的研究 (Phylogenic Study on MSH Function and Its Receptor Gene)

    キーワード:MSH,受容体,進化 (MSH,Receptor,Evolution)

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:1990年07月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):動物生理・行動 、分子生物学 、形態・構造

    専門分野(researchmap分類):生物科学一般

  • 研究課題名:メラノコルチン系の系統発生学的研究 (Phylogenic Study on Melanocortin System)

    キーワード:メラノコルチン,生理機能,進化 (Melanocortin, Physiological function, Evolution)

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:1990年07月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):動物生理・行動 、分子生物学 、形態・構造

    専門分野(researchmap分類):生物科学一般

  • 研究課題名:子宮,卵巣及び下垂体細胞の増殖・分化に関する研究

    キーワード:細胞増殖,分化,細胞成長因子

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:1992年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):動物生理・行動 、分子生物学 、形態・構造

    専門分野(researchmap分類):生物科学一般

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    授業科目:基礎生物学2b

    担当期間:2018年12月 ~ 2019年02月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:基礎生物学2b

    担当期間:2018年12月 ~ 2019年02月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:生体制御学IB

    担当期間:2018年12月 ~ 2019年02月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:細胞制御学

    担当期間:2018年10月 ~ 2019年03月

    授業形式:

  • 年度:2018年度

    授業科目:細胞応答学

    担当期間:2018年10月 ~ 2019年03月

    授業形式:

全件表示 >>

教科書、教材等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    教科書,教材等の種類:教科書出版

    大学教育教材開発:第5章 細胞間の情報伝達
    第10章 細胞におけるエネルギー摂取と呼吸・循環系の仕組み
    基礎生物科学,鷲谷いづみ,髙橋純夫編,培風館(2016) pp.46-56, pp. 100-105

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Conserved distal promoter of the agouti signaling protein (ASIP) gene controls sexual dichromatism in chickens

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Gen. Comp. Endocrinol. 177巻 (頁 231 ~ 237)

    発行年月:2012年06月

    著者氏名(共著者含):E. Oribe, A. Fukao, C. Yoshihara, M. Mendori, K. G. Rosal, S. Takahashi and S. Takeuchi

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Elaborate color patterns of individual chicken feathers may be formed by the agouti signaling protein

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Gen. Comp. Endocrinol. 175巻 (頁 495 ~ 499)

    発行年月:2012年01月

    著者氏名(共著者含):C. Yoshihara, A. Fukao, K. Ando, Y. Tashiro, S. Taniuchi, S. Takahashi and S. Takeuchi

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Feather follicles express two classes of pro-opiomelanocortin (POMC) mRNA using alternative promoters in chickens (共著)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:General and Comparative Endocrinology 171巻 1号 (頁 46 ~ 51)

    発行年月:2011年03月

    著者氏名(共著者含):C. Yoshihara, Y. Tashiro, S. Taniuchi, H. Katayama, S. Takahashi and S. Takeuchi

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.ygcen.2010.12.018

  • 論文題目名:Identification of mammalian Pit-1w, possibly involved in spermatogenesis in mice

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:General and Comparative Endocrinology 173巻 2号 (頁 289 ~ 294)

    発行年月:2011年09月

    著者氏名(共著者含):S. Taniuchi, K. Maeda, T. Kudo, S. Takahashi and S. Takeuchi

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.ygcen.2011.06.016

  • 論文題目名:Pit-1w may regulate prolactin gene expression in mouse testis

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Gen. Comp. Endocrinol.178巻 (頁 180 ~ 184)

    発行年月:2012年08月

    著者氏名(共著者含):K. Maeda, S. Taniuchi, S. Takahashi and S. Takeuchi

    共著区分:共著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:Recent developments in our understanding of the avian melanocortin system: Its involvement in the regulation of pigmentation and energy homeostasis

    記述言語:未設定

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:PEPTIDES 26 (10): 1733-1743巻

    出版機関名:

    発行年月:2005年10月

    著者氏名(共著者含):Boswell T, *Takeuchi S

    共著区分:単著

  • 題目:Avian melanocortin system: alpha-MSH may act as an autocrine/paracrine hormone: a minireview.

    記述言語:未設定

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:Annals New York Academy of Sciences994, 366-372巻

    出版機関名:

    発行年月:2003年06月

    著者氏名(共著者含):Takeuchi S*, Takahashi S, Okimoto R, Schioth HB, Boswell T.

    共著区分:単著

  • 題目:鳥類におけるメラニンを用いた体色発現システムの分子機構

    記述言語:日本語

    掲載種別:学会誌

    掲載誌名:比較生理生化学26巻 1号 (頁 3 ~ 11)

    出版機関名:日本比較生理生化学会

    発行年月:2009年01月

    著者氏名(共著者含):織部恵莉・吉原千尋・高橋純夫・竹内 栄

    共著区分:共著

  • 題目:鳥類の羽色発現機構-メラニンによる羽の着色とメラニン形成の制御機構

    記述言語:未設定

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:「生物の科学 遺伝」11月号45-51 (2008) (頁 45 ~ 51)

    出版機関名:

    発行年月:2008年11月

    著者氏名(共著者含):吉原千尋・竹内 栄 

    共著区分:共著

  • 題目:黒色鶏やカラスはなぜ黒い?下垂体中葉を欠く鳥類に体色制御のα-MSH調節系は存在するか

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:岡山実験動物研究会25号 (頁 3 ~ 6)

    出版機関名:岡山実験動物研究会

    発行年月:2009年04月

    著者氏名(共著者含):竹内 栄

    共著区分:単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:ホルモンから見た生命現象と進化 第7巻 生体防御・社会性 -

    記述言語:未設定

    著書種別:著書

    出版機関名:学会出版センター

    発行日:2016年08月

    著者名:竹内 栄(*)

    著書形態:単著

    担当部分:鳥類と哺乳類の保護色

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第68回岡山実験動物研究会例会

    開催場所:岡山

    開催期間:2014年11月

    題目又はセッション名:マウス卵胞顆粒膜細胞におけるインスリン様成長因子1遺伝子の発現

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第39回日本比較内分泌学会大会

    開催場所:岡崎

    開催期間:2014年11月

    題目又はセッション名:Runx3 deletion decrease Inhbb mRNA expression in granulosa cells of immature follicles in mice

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:(公社)日本動物学会第85回仙台大会

    開催期間:2014年09月

    題目又はセッション名:成鶏羽の性的二型をつくる局所シグナル系

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:(公社)日本動物学会第85回仙台大会

    開催期間:2014年09月

    題目又はセッション名:転写因子Runx3 によるマウス卵胞顆粒膜細胞機能の制御

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:16th International Congress of Endocrinology

    開催場所:Chicago

    開催期間:2014年06月

    題目又はセッション名:Runx3 regulates ovulation and steroidogenesis in granulosa cells in mice

全件表示 >>

 

公開講座・講演会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2015年度

    講座、講演会等種類:公開講座

    開催日:2015年08月

    講座等名:「高校生のための大学講座」

    講義題名:鳥の謎:きれいな♂と地味な♀

    主催者:地域連携推進部会

    対象者:高校生

    開催地,会場:岡山大学