職名 【 表示 / 非表示

教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

整形外科学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

外傷 、骨折

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:整形外科インプラントのMRI発熱予測システムの開発

    研究課題概要:MRI撮像において従来安全とみなされていた非磁性体金属でもインプラント発熱が生じることが分かってきた。高齢化に伴い整形外科インプラントが入った患者は増加しているため、臨床現場において整形外科インプラントが入った患者のMRI撮像は避けて通れなくなっている。しかしどのインプラントがどの程度の磁場まで安全なのかはいまだ不明である。我々の目的は安全なMRI撮像のために、インプラントのMRI発熱予測システムを開発することである

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Efficacy of low-intensity pulsed ultrasound treatment for surgically managed fresh diaphyseal fractures of the lower extremity: multi-center retrospective cohort study.

    掲載誌名:J Orthop SciVol.18巻 (3)号 (頁 410 ~ 418)

    発行年月:2013年05月

    著者氏名(共著者含):Kinami Y, Noda T, Ozaki T

  • 会議名称:第87回日本整形外科学会学術総会

    開催期間:2014年05月

    題目又はセッション名:教育研修講演46: ロッキングプレート -現在、そして未来-

    発表形態:口頭(招待・特別)

    発表者名(共同発表者含):野田 知之

  • 会議名称:第87回日本整形外科学会学術総会

    開催期間:2014年05月

    題目又はセッション名:整形外科外傷教育をどうすべきか 岡山大学の取り組み

    発表形態:シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)

    発表者名(共同発表者含):野田 知之 、島村 安則、尾﨑 敏文、木浪 陽、佐藤 徹

全件表示 >>

 

写真

氏名

野田 知之 (ノダ トモユキ)

NODA Tomoyuki

所属専攻講座

医歯薬学総合研究科

職名

教授

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)外傷 、骨折

(英)Trauma, fracture

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(医学)

    学位の分野名:整形外科学 (Orthopaedic surgery)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:論文

    取得年月:2000年09月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:医歯薬学総合研究科

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2018年04月 ~ 継続中

  • 職務遂行組織:医歯薬学総合研究科

    経歴名:准教授 (Associate Professor)

    職務期間:2017年04月 ~ 2018年03月

  • 職務遂行組織:岡山大学病院

    組織名:整形外科

    経歴名:講師 (Senior Assistant Professor)

    職務期間:2010年09月 ~ 2017年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:岡山済生会総合病院

    経歴名:職員(医療系)

    経歴期間:2003年04月 ~ 2005年12月

  • 所属(勤務)先:Freiburg大学(Freiburg, Germany)

    経歴名:AO財団 fellow shipにて研修渡航

    経歴期間:2003年02月 ~ 2003年03月

  • 所属(勤務)先:赤穂中央病院

    経歴名:職員(医療系)

    経歴期間:1999年04月 ~ 2003年03月

  • 所属(勤務)先:香川県立中央病院

    経歴名:職員(医療系)

    経歴期間:1997年01月 ~ 1999年04月

  • 所属(勤務)先:厚生年金高知リハビリテーション病院

    経歴名:職員(医療系)

    経歴期間:1994年04月 ~ 1996年12月

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 整形外科学 (Orthopaedic surgery)

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:整形外科インプラントのMRI発熱予測システムの開発

    キーワード:MRI, 発熱, インプラント

    研究態様:個人研究

    研究制度:科学技術振興調整費

    研究期間:2015年03月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):整形外科学

    専門分野(researchmap分類):運動器系の医学

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:生体材料学

    担当期間:2019年04月 ~ 2020年03月

    授業形式:

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:大腿骨複合骨折の治療経験

    記述言語:日本語

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:骨折39巻 4号 (頁 965 ~ 970)

    発行年月:2017年10月

    著者氏名(共著者含):清野 正普,山川 泰明,島村 安則,野田 知之,前原 孝,尾﨑 敏文

    共著区分:共著

  • 論文題目名:寛骨臼骨折に対する診断と治療のスキルアップ

    記述言語:日本語

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:MB Orthop30巻 5号 (頁 68 ~ 78)

    発行年月:2017年05月

    著者氏名(共著者含):野田 知之

    共著区分:単著

  • 論文題目名:上肢骨折に対するプレートによる最小侵襲骨接合術

    記述言語:日本語

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:関節外科36巻 4号 (頁 26 ~ 35)

    発行年月:2017年04月

    著者氏名(共著者含):島村 安則,中原 龍一,野田 知之,尾﨑 敏文

    共著区分:共著

  • 論文題目名:骨盤輪損傷・寛骨臼骨折治療最近の知見

    記述言語:日本語

    掲載種別:未設定

    掲載誌名:関節外科36巻 4号 (頁 56 ~ 65)

    発行年月:2017年04月

    著者氏名(共著者含):山川 泰明,野田 知之,尾﨑 敏文

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Total hip arthroplasty after failed treatment of proximal femur fracture

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Archiv fur orthopadische und Unfall-Chirurgie, Archives of Orthopaedic and Trauma Surgery, Archives of Orthopaedic and Traumatic Surgery137巻 3号 (頁 417 ~ 424)

    発行年月:2017年03月

    著者氏名(共著者含):Tomonori Tetsunaga*,Kazuo Fujiwara*,Hirosuke Endo*,Tomoyuki Noda*,Tomoko Tetsunaga*,Toru Sato,Naofumi Shiota,Toshifumi Ozaki *

    共著区分:共著

    DOI:10.1007/s00402-017-2631-0

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:1336専門家による私の治療 2017-18年度版

    記述言語:日本語

    著書種別:未設定

    出版機関名:日本医事新報社

    発行日:2017年08月

    著者名:野田 知之

    著書形態:単著

    担当部分:骨盤骨折

  • 著書名:チームで診る高齢者脆弱性骨折 手術と周術期管理

    記述言語:日本語

    著書種別:未設定

    出版機関名:医療ジャーナル社

    発行日:2017年06月

    著者名:野田 知之

    著書形態:単著

    担当部分:1)大腿骨近位部骨折:頚部,転子部骨折 1大腿骨頚部骨折 2大腿骨転子部骨折 3周術期管理(合併症予防)

  • 著書名:髄内釘による骨接合術 -全テクニック公開・初心者からエキスパートまで-

    記述言語:日本語

    著書種別:未設定

    出版機関名:全日本病院出版会

    発行日:2017年05月

    著者名:野田 知之

    著書形態:単著

    担当部分:Ⅱ.新鮮骨折に対する髄内釘の実践テクニック 1.大腿骨骨折に対する髄内釘固定 4) Infra-isthmal fracture に対する髄内釘固定 ①Infra-isthmal fractureのピットフォール ②Infra-isthmal fractureを上手に固定するコツ

  • 著書名:今日の治療指針 私はこう治療している

    記述言語:日本語

    著書種別:未設定

    出版機関名:医学書院

    発行日:2017年01月

    著者名:野田 知之

    著書形態:単著

    担当部分:骨折の装具療法

  • 著書名:今日の整形外科治療指針第7版

    記述言語:日本語

    著書種別:未設定

    出版機関名:医学書院

    発行日:2016年04月

    著者名:野田編

    著書形態:単著

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第29回日本整形外科学会骨系統疾患研究会

    開催期間:2017年12月

    題目又はセッション名:大腿骨骨折を繰り返し治療に難渋している骨形成不全症の1例

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第23回救急整形外傷シンポジウム

    開催期間:2017年11月

    題目又はセッション名:骨盤・寛骨臼骨折に対し術中CT/3Dナビゲーションシステムを使用し、骨外穿破した症例の検討

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第23回救急整形外傷シンポジウム

    開催期間:2017年11月

    題目又はセッション名:腰動脈損傷を伴う多発脊椎骨折の3例

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第23回救急整形外傷シンポジウム

    開催期間:2017年11月

    題目又はセッション名:下腿骨幹部骨折に対する髄内釘固定術後の回旋変形

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第23回救急整形外傷シンポジウム

    開催期間:2017年11月

    題目又はセッション名:大理石骨病の大腿骨骨折は治療に難渋する!

全件表示 >>

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 日本骨折治療学会

    役職・役割名:評議員

    活動期間:2009年07月 ~ 継続中

  • 日本骨折治療学会

    役職・役割名:編集委員長

    活動期間:2009年07月 ~ 継続中

  • JABO(Japanese association of biological osteosynthesis)

    役職・役割名:世話人

    活動期間:2007年12月 ~ 継続中

    活動内容:骨折治療の教育・啓蒙。ワークショップの併催の全国的研修会の開催。

  • 骨盤・寛骨臼骨折研究会

    役職・役割名:代表世話人

    活動期間:2006年07月 ~ 継続中

    活動内容:症例検討会、研修講演の準備・調整。検討会運営にもあたっている。

  • 岡山骨折研究会

    役職・役割名:世話人

    活動期間:2006年01月 ~ 継続中