職名 【 表示 / 非表示

准教授

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

植物生理学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:植物の環境ストレス応答

    研究課題概要:

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Calcium specificity signaling mechanisms in abscisic acid signal transduction in Arabidopsis guard cells

    掲載誌名:eLife4巻 (頁 e03599 ~ )

    発行年月:2015年07月

    著者氏名(共著者含):Brandt B, Munemasa S, Wang C, Nguyen D, Yong T, Yang PG, Poretsky E, Belknap TF, Waadt R, Alemán F, Schroeder JI

  • 題目:Mechanisms of abscisic acid-mediated control of stomatal aperture

    掲載誌名:Current Opinion in Plant Biology 28巻 (頁 154 ~ 162)

    発行年月:2015年12月

    著者氏名(共著者含):Munemasa S, Hauser F, Park J, Waadt R, Brandt B, Schroeder JI

  • 論文題目名:The Arabidopsis calcium-dependent protein kinase, CPK6, functions as a positive regulator of methyl jasmonate signaling in guard cells.

    掲載誌名:Plant Physiol155巻 1号 (頁 553 ~ 561)

    発行年月:2010年10月

    著者氏名(共著者含):Munemasa S, Hossain MA, Nakamura Y, Mori IC, Murata Y.

全件表示 >>

 

写真

氏名

宗正 晋太郎 (ムネマサ シンタロウ)

MUNEMASA Shintaro

所属専攻講座

環境生命科学研究科

職名

准教授

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)植物生理学

(英)Plant physiology

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:岡山大学

    学校の種類:大学

    学部名:農学部

    学科名:総合農業科学科

    卒業年月:2004年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:岡山大学

    研究科名:自然科学研究科

    専攻名:バイオサイエンス専攻

    修了課程:博士課程

    修了年月:2009年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(農学)

    学位の分野名:応用分子細胞生物学 (Applied molecular cell biology)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:課程

    取得年月:2009年03月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:環境生命科学研究科

    経歴名:准教授 (Associate Professor)

    職務期間:2020年04月 ~ 継続中

  • 職務遂行組織:環境生命科学研究科

    経歴名:助教 (Assistant Professor)

    職務期間:2012年05月 ~ 2020年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • American Society of Plant Biologists /  アメリカ合衆国 ( 2015年06月 ~ 継続中 )

  • 日本植物生理学会 (The Japanese Society of Plant Physiologists)  /  日本国 ( 2007年01月 ~ 継続中 )

  • 日本農芸化学会 (Japan Society for Bioscience, Biotechnology, and Agrochemistry)  /  日本国 ( 2005年01月 ~ 継続中 )

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:植物の環境ストレス応答

    キーワード:植物の環境ストレス応答

    研究態様:国際共同研究

    研究制度:ライフサイエンス基礎科学研究

    研究期間:2010年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):応用分子細胞生物学 、植物生理・分子

    専門分野(researchmap分類):植物生理学

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2020年度

    授業科目:生物情報化学演習

    担当期間:2020年04月 ~ 2021年03月

    授業形式:

  • 年度:2020年度

    授業科目:生物情報化学演習

    担当期間:2020年04月 ~ 2021年03月

    授業形式:

  • 年度:2020年度

    授業科目:細胞情報化学特論

    担当期間:2020年04月 ~ 2021年03月

    授業形式:

  • 年度:2020年度

    授業科目:生物情報化学演習

    担当期間:2020年04月 ~ 2021年03月

    授業形式:

  • 年度:2020年度

    授業科目:生物情報化学演習

    担当期間:2020年04月 ~ 2021年03月

    授業形式:

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Blue light and CO2 signals converge to regulate light-induced stomatal opening

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Nature Communications8巻 1号 (頁 2410 ~ 2416)

    発行年月:2017年12月

    著者氏名(共著者含):Asami Hiyama,Atsushi Takemiya,Shintaro Munemasa*,Eiji Okuma,Naoyuki Sugiyama,Yasuomi Tada,Yoshiyuki Murata*,Ken Ichiro Shimazaki

    共著区分:共著

    DOI:10.1038/s41467-017-01237-5

  • 論文題目名:3,4-Dihydroxyphenylacetic acid is a potential aldehyde dehydrogenase inducer in murine hepatoma Hepa1c1c7 cells

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Bioscience, Biotechnology and Biochemistry, Agricultural and Biological Chemistry, Journal of the Agricultural Chemical Society of Japan, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, Bioscience, biotechnology, and biochemistry81巻 10号 (頁 1978 ~ 1983)

    発行年月:2017年10月

    著者氏名(共著者含):Yujia Liu,Ayuki Kurita,Sayaka Nakashima,Beiwei Zhu,Shintaro Munemasa*,Toshiyuki Nakamura*,Yoshiyuki Murata*,Yoshimasa Nakamura*

    共著区分:共著

    DOI:10.1080/09168451.2017.1361809

  • 論文題目名:Benzyl isothiocyanate ameliorates acetaldehyde-induced cytotoxicity by enhancing aldehyde dehydrogenase activity in murine hepatoma Hepa1c1c7 cells

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Food and Chemical Toxicology, Food and Cosmetics Toxicology108巻 (頁 305 ~ 313)

    発行年月:2017年10月

    著者氏名(共著者含):Yujia Liu,Momoko Yamanaka,Naomi Abe-Kanoh,Xiaoyang Liu ,Beiwei Zhu,Shintaro Munemasa*,Toshiyuki Nakamura*,Yoshiyuki Murata*,Yoshimasa Nakamura*

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.fct.2017.08.016

  • 論文題目名:Inhibition of phosphatidylinositide 3-kinase ameliorates antiproliferation by benzyl isothiocyanate in human colon cancer cells

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Biochemical and Biophysical Research Communications491巻 1号 (頁 209 ~ 216)

    発行年月:2017年09月

    著者氏名(共著者含):Xiaoyang Liu ,Chiaki Takano,Tomomi Shimizu,Shintaro Yokobe,Naomi Abe-Kanoh,Beiwei Zhu,Toshiyuki Nakamura*,Shintaro Munemasa*,Yoshiyuki Murata*,Yoshimasa Nakamura*

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.bbrc.2017.07.078

  • 論文題目名:(-)-Epigallocatechin-3-gallate inhibits human angiotensin-converting enzyme activity through an autoxidation-dependent mechanism

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Biochemical and Molecular Toxicology, Journal of Biochemical Toxicology (頁 484 ~ 496)

    発行年月:2017年01月

    著者氏名(共著者含):Zhe Liu,Sayaka Nakashima,Toshiyuki Nakamura*,Shintaro Munemasa*,Yoshiyuki Murata*,Yoshimasa Nakamura*

    共著区分:共著

    DOI:10.1002/jbt.21932

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:Mechanisms of abscisic acid-mediated control of stomatal aperture

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Current Opinion in Plant Biology 28巻 (頁 154 ~ 162)

    出版機関名:

    発行年月:2015年12月

    著者氏名(共著者含):Munemasa S, Hauser F, Park J, Waadt R, Brandt B, Schroeder JI

    共著区分:共著

  • 題目:Diverse stomatal signaling and the signal integration mechanism

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Annual Review of Plant Physiology 66巻 (頁 369 ~ 392)

    出版機関名:

    発行年月:2015年02月

    著者氏名(共著者含):Murata Y, Mori IC, Munemasa S

    共著区分:共著

  • 題目:Methyl jasmonate signaling and signal crosstalk between methyl jasmonate and abscisic acid in guard cells.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Plant Signaling & Behavior 6巻 (頁 939 ~ 941)

    出版機関名:

    発行年月:2011年07月

    著者氏名(共著者含):Munemasa S, Mori IC, Murata Y.

    共著区分:共著

著書 【 表示 / 非表示

  • 著書名:Regulation of Stomatal Responses to Abiotic and Biotic Stresses by Redox State

    記述言語:英語

    著書種別:著書

    出版機関名:Springer International Publishing

    発行日:2016年09月

    著者名:Murata Y, Munemasa S, Mori IC

    著書形態:共著

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 日本農芸化学会中四国支部 第25回中四国支部若手シンポジウム 第9回農芸化学の未来開拓セミナー

    役職・役割名:世話人

    活動期間:2017年05月

  • 日本農芸化学会中四国支部 第23回中四国支部若手シンポジウム 第8回農芸化学の未来開拓セミナー

    役職・役割名:世話人

    活動期間:2016年05月

  • 日本農芸化学会中四国支部 第19回中四国支部若手シンポジウム 第7回農芸化学の未来開拓セミナー

    役職・役割名:世話人

    活動期間:2015年05月

  • 日本農芸化学会中四国支部 第17回中四国支部若手シンポジウム 第6回農芸化学の未来開拓セミナー

    役職・役割名:世話人

    活動期間:2014年05月

  • 日本農芸化学会中四国支部 第15回中四国支部若手シンポジウム 第5回農芸化学の未来開拓セミナー

    役職・役割名:世話人

    活動期間:2013年05月

学内競争的資金(学長裁量経費等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    研究期間:2016年11月

    研究費名:SAKU (Supporting Advanced activities of Key yoUng researchers) program 2016