職名 【 表示 / 非表示

准教授

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:高齢者総合的機能評価スクリーニングツール開発のための、高齢乳がん 患者を対象とした多施設共同前向き観察研究

    研究課題概要:

  • 研究課題名:化学療法施行中の乳がん患者におけるePROを用いた 症状・Quality of Lifeのモニタリング調査研究

  • 研究課題名:乳がんコホート研究

 

写真

氏名

平 成人 (タイラ ナルト)

TAIRA Naruto

所属専攻講座

岡山大学病院

職名

准教授

性別

男性

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:岡山大学病院

    経歴名:准教授 (Associate Professor)

    職務期間:2017年04月 ~ 継続中

  • 職務遂行組織:岡山大学病院

    経歴名:講師 (Senior Assistant Professor)

    職務期間:2013年04月 ~ 2017年03月

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:高齢者総合的機能評価スクリーニングツール開発のための、高齢乳がん 患者を対象とした多施設共同前向き観察研究

    キーワード:高齢乳がん

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:指定研究

    研究期間:2019年10月 ~ 2026年09月

    専門分野(科研費分類):外科学一般

    専門分野(researchmap分類):腫よう学一般

  • 研究課題名:化学療法施行中の乳がん患者におけるePROを用いた 症状・Quality of Lifeのモニタリング調査研究

    キーワード:転移乳がんに対する化学療法施行中の患者における electronic patient-reported outcome (ePRO)を用いた 症状・Quality of Lifeのモニタリング調査研究

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:受託研究

    研究期間:2019年09月 ~ 2022年08月

    専門分野(科研費分類):外科学一般

    専門分野(researchmap分類):抗腫よう薬

  • 研究課題名:乳がんコホート研究 (Breast Cancer Cohort Study)

    キーワード:乳がん、サバイバーシップ、生活習慣 (Breast Cancer, survivor-ship research)

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:科学研究費補助金

    研究期間:2013年02月 ~ 2023年02月

    専門分野(科研費分類):公衆衛生学・健康科学

    専門分野(researchmap分類):予防医学一般

 
 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:The efficacy and feasibility of dose-dense sequential chemotherapy for Japanese patients with breast cancer

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Bresat Cancer

    発行年月:2018年11月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

  • 論文題目名:"A randomized, open-label, Phase III trial of pertuzumab retreatment in HER2-positive locally advanced/metastatic breast cancer patients previously treated with pertuzumab, trastuzumab and chemotherapy: the Japan Breast Cancer Research Group-M05 PRECIOUS study."

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Jpn J Clin Oncol.

    発行年月:2018年09月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Hormonal Therapy Resistant Estrogen-receptor Positive Metastatic Breast Cancer Cohort (HORSE-BC) Study : Current Status of Treatment Selection in Japan

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Acta Med Okayama

    発行年月:2018年08月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Tumour-infiltrating lymphocytes (TILs)-related genomic signature predicts chemotherapy response in breast cancer

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Breast Cancer Res Treat

    発行年月:2018年08月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

  • 論文題目名:"Patient-Reported Outcome Results from the Open-Label Randomized Phase III SELECT BC Trial Evaluating First-Line S-1 Therapy for Metastatic Breast Cancer."

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Oncology

    発行年月:2018年04月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

全件表示 >>

学術雑誌編集委員 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    学術雑誌名:Breast Cancer

    委員長/委員等の種類:委員

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第41回 San Antonio Breast Cancer Symposium

    開催期間:2018年12月

    題目又はセッション名:Sequential second line endocrine therapy is still an effective strategy for postmenopausal ER+ and HER2- advanced breast cancer with low sensitivity to initial endocrine therapy

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第41回 San Antonio Breast Cancer Symposium

    開催期間:2018年12月

    題目又はセッション名:Effects of a soy isoflavone in breast cancer treatment

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第41回 San Antonio Breast Cancer Symposium

    開催期間:2018年12月

    題目又はセッション名:Progression-free survival or time to progression in comparative clinical trials of metastatic breast cancer as a potential surrogate for overall survival: A systematic review of 49 trials focusing on breast cancer subtype

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第41回 San Antonio Breast Cancer Symposium

    開催期間:2018年12月

    題目又はセッション名:Analysis of cognitive function in elderly HER2-positive breast cancer patients receiving either trastuzumab monotherapy or trastuzumab plus chemotherapy as a postoperative adjuvant treatment: A cognitive function sub-study of a randomized, open-label, phase 3 clinical trial (RESPECT trial)

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:第41回 San Antonio Breast Cancer Symposium

    開催期間:2018年12月

    題目又はセッション名:Patient-reported outcomes with trastuzumab monotherapy versus trastuzumab plus standard chemotherapy as a postoperative adjuvant therapy in HER2-positive elderly breast cancer patients (RESPECT): A randomized, open-label, phase 3 clinical trial

全件表示 >>