所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

消化器内科

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

消化器内科学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

肝細胞癌、膵臓癌、EMT、癌幹細胞

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:消化器癌の遺伝子治療

    研究課題概要:消化器癌をターゲットとしたREIC遺伝子治療開発

  • 研究課題名:消化器癌のEMTと幹細胞化シグナル

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 題目:Loss of runt-related transcription factor 3 causes development and progression of hepatocellular carcinoma.

    掲載誌名:Journal of Cellular Biochemistry112巻 3号 (頁 745 ~ 749)

    発行年月:2011年03月

    著者氏名(共著者含):

  • 題目:Human hepatocyte carcinogenesis.

    掲載誌名:Int J Oncol.112巻 3号 (頁 745 ~ 749)

    発行年月:2013年04月

    著者氏名(共著者含):Shiraha H, Yamamoto K, Namba M.

  • 題目:Significance of des-gamma-carboxy prothrombin production in hepatocellular carcinoma.

    掲載誌名:Acta Med Okayama. 63巻 6号 (頁 299 ~ 304)

    発行年月:2009年12月

    著者氏名(共著者含):Fujikawa T, Shiraha H, Yamamoto K.

全件表示 >>

 

写真

氏名

白羽 英則 (シラハ ヒデノリ)

SHIRAHA Hidenori

所属専攻講座

岡山大学病院

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)肝細胞癌、膵臓癌、EMT、癌幹細胞

(英)hepatocellular carcinoma, pancreatic cancer, EMT, cancer stem cell

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:岡山大学

    学校の種類:大学

    学部名:医学部

    学科名:医学科

    卒業年月:1992年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:岡山大学

    研究科名:医学研究科

    専攻名:内科学

    修了課程:博士課程

    修了年月:1996年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:博士(医学)

    学位の分野名:消化器内科学 (Digestive organs internal medicine)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:課程

    取得年月:1996年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科機能再生再建科学

    経歴名:日本学術振興会特別研究員

    経歴期間:2002年04月 ~ 2003年12月

  • 所属(勤務)先:米国ペンシルバニア州ピッツバーグ大学 (University of Pittsburgh)

    経歴名:博士研究員 (Postdoctoral fellow)

    経歴期間:1999年07月 ~ 2002年03月

  • 所属(勤務)先:米国アラバマ州立大学バーミングハム校 (University of Alabama at Birmingham)

    経歴名:博士研究員 (Postdoctoral fellow)

    経歴期間:1997年04月 ~ 1999年06月

  • 所属(勤務)先:岡山県建部町久米南町組合立福渡病院

    経歴名:職員(医療系)

    経歴期間:1996年04月 ~ 1997年03月

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 消化器内科学 (Digestive organs internal medicine)

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • 内科学

取得資格 【 表示 / 非表示

  • 医師

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:消化器癌の遺伝子治療

    キーワード:遺伝子治療

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2011年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):消化器内科学

    専門分野(researchmap分類):消化器の腫よう

    研究内容:消化器癌に対するAd-SGE-REICの治療薬開発を行っている。

  • 研究課題名:消化器癌のEMTと幹細胞化シグナル

    キーワード:EMT

    研究態様:未設定

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2002年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):消化器内科学

    専門分野(researchmap分類):消化器の腫よう

    研究内容:肝癌、膵癌、胃癌を対象とし解析を行っている。

 

FDに取り組む姿勢 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    年間5回以上の他学からの特別講義を参観し、講義の展開方法、学生とのコミュニュケーションのとり方について学び、自分の担当講義によいところを取り入れたいと考えている。
    また、常に学生とコミュニケーションをとり、講義方法など改善に努めている。

  • 年度:2018年度

    年間5回以上の他学からの特別講義を参観し、講義の展開方法、学生とのコミュニュケーションのとり方について学び、自分の担当講義によいところを取り入れたいと考えている。
    また、常に学生とコミュニケーションをとり、講義方法など改善に努めている。

  • 年度:2017年度

    年間5回以上の他学からの特別講義を参観し、講義の展開方法、学生とのコミュニュケーションのとり方について学び、自分の担当講義によいところを取り入れたいと考えている。
    また、常に学生とコミュニケーションをとり、講義方法など改善に努めている。

  • 年度:2016年度

    年間5回以上の他学からの特別講義を参観し、講義の展開方法、学生とのコミュニュケーションのとり方について学び、自分の担当講義によいところを取り入れたいと考えている。
    また、常に学生とコミュニケーションをとり、講義方法など改善に努めている。

  • 年度:2015年度

    年間5回以上の他学からの特別講義を参観し、講義の展開方法、学生とのコミュニュケーションのとり方について学び、自分の担当講義によいところを取り入れたいと考えている。
    また、常に学生とコミュニケーションをとり、講義方法など改善に努めている。

教育対象学生数 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    博士論文指導学生: 1人

    研究生等指導学生: 2人

  • 年度:2018年度

    博士論文指導学生: 2人

    研究生等指導学生: 2人

  • 年度:2017年度

    博士論文指導学生: 2人

    研究生等指導学生: 2人

  • 年度:2016年度

    博士論文指導学生: 2人

    研究生等指導学生: 2人

  • 年度:2015年度

    博士論文指導学生: 3人

    研究生等指導学生: 1人

教育改善等助成資金 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    助成資金の名称:該当なし

    代表/分担別:代表者

  • 年度:2018年度

    助成資金の名称:該当なし

    代表/分担別:代表者

  • 年度:2017年度

    助成資金の名称:該当なし

    代表/分担別:代表者

  • 年度:2016年度

    助成資金の名称:該当なし

    代表/分担別:代表者

  • 年度:2015年度

    助成資金の名称:該当なし

    代表/分担別:代表者

その他 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    教育には、岡山大学卒業生として、後輩教育に熱意をもって接している。

    臨床実習での指導での、カルテの書き方、診断法の徹底に力を注いでいる。

    医学研究インターンシップでは、学生の教育のアレンジ、指導など教室内での中心的役割を果たしている。

  • 年度:2018年度

    教育には、岡山大学卒業生として、後輩教育に熱意をもって接している。

    臨床実習での指導での、カルテの書き方、診断法の徹底に力を注いでいる。

    医学研究インターンシップでは、学生の教育のアレンジ、指導など教室内での中心的役割を果たしている。

  • 年度:2017年度

    教育には、岡山大学卒業生として、後輩教育に熱意をもって接している。

    臨床実習での指導での、カルテの書き方、診断法の徹底に力を注いでいる。

    医学研究インターンシップでは、学生の教育のアレンジ、指導など教室内での中心的役割を果たしている。

  • 年度:2016年度

    教育には、岡山大学卒業生として、後輩教育に熱意をもって接している。

    臨床実習での指導での、カルテの書き方、診断法の徹底に力を注いでいる。

    医学研究インターンシップでは、学生の教育のアレンジ、指導など教室内での中心的役割を果たしている。

  • 年度:2015年度

    教育には、岡山大学卒業生として、後輩教育に熱意をもって接している。

    臨床実習での指導での、カルテの書き方、診断法の徹底に力を注いでいる。

    医学研究インターンシップでは、学生の教育のアレンジ、指導など教室内での中心的役割を果たしている。

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:All carbonated beverages effectively dissolve phytobezoars.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Clin Res Hepatol Gastroenterol.S2210-7401巻 18号 (頁 30027)

    発行年月:2018年06月

    著者氏名(共著者含):Iwamuro M, Yamauchi K, Shiraha H, Okada H.

    共著区分:共著

  • 論文題目名:A subclinical high tricuspid regurgitation pressure gradient independent of the mean pulmonary artery pressure is a risk factor for the survival after living donor liver transplantation.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:BMC Gastroenterol.18巻 1号 (頁 62)

    発行年月:2018年05月

    著者氏名(共著者含):Saragai Y, Takaki A, Umeda Y, Matsusaki T, Yasunaka T, Oyama A, Kaku R, Nakamura K, Yoshida R, Nobuoka D, Kuise T, Takagi K, Adachi T, Wada N, Takeuchi Y, Koike K, Ikeda F, Onishi H, Shiraha H, Nakamura S, Morimatsu H, Ito H, Fujiwara T, Yagi T, Okada H.

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Transcatheter Arterial Chemoembolization to Reduce Size of Hepatocellular Carcinoma before Radiofrequency Ablation.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Acta Med Okayama.72巻 1号 (頁 47 ~ 52)

    発行年月:2018年02月

    著者氏名(共著者含):Ako S, Nakamura S, Nouso K, Dohi C, Wada N, Morimoto Y, Takeuchi Y, Yasunaka T, Kuwaki K, Onishi H, Ikeda F, Shiraha H, Takaki A, Okada H.

    共著区分:共著

  • 論文題目名:肝移植後C型肝炎再発に対するソホスブビル含有治療の有効性

    記述言語:日本語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:肝臓58巻 11号 (頁 599 ~ 604)

    発行年月:2017年11月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:単著

  • 論文題目名:Promising therapeutic efficacy of a novel reduced expression in immortalized cells/dickkopf-3 expressing adenoviral vector for hepatocellular carcinoma

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Gastroenterology and Hepatology (Australia), Journal of Gastroenterology and Hepatology32巻 10号 (頁 1769 ~ 1777)

    発行年月:2017年10月

    著者氏名(共著者含):Hiroaki Sawahara,Hidenori Shiraha*,Daisuke Uchida,Hironari Kato *,Ryo Kato,Atsushi Oyama,Teruya Nagahara,Masaya Iwamuro*,Shigeru Horiguchi*,Koichiro Tsutsumi,Mari Mandai,Tetsushige Mimura,Nozomu Wada,Yasuto Takeuchi*,Kenji Kuwaki,Hideki Onishi *,Shinichiro Nakamura*,Masami Watanabe*,Masakiyo Sakaguchi*,Akinobu Takaki*,Kazuhiro Nouso,Takahito Yagi*,Yasutomo Nasu*,Hiromi Kumon,Hiroyuki Okada*

    共著区分:共著

    DOI:10.1111/jgh.13757

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 題目:Human hepatocyte carcinogenesis.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Int J Oncol.112巻 3号 (頁 745 ~ 749)

    出版機関名:

    発行年月:2013年04月

    著者氏名(共著者含):Shiraha H, Yamamoto K, Namba M.

    共著区分:共著

  • 題目:Loss of runt-related transcription factor 3 causes development and progression of hepatocellular carcinoma.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Cellular Biochemistry112巻 3号 (頁 745 ~ 749)

    出版機関名:

    発行年月:2011年03月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

  • 題目:Significance of des-gamma-carboxy prothrombin production in hepatocellular carcinoma. ( Significance of des-gamma-carboxy prothrombin production in hepatocellular carcinoma.)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Acta Med Okayama. 63巻 6号 (頁 299 ~ 304)

    出版機関名:Acta Med Okayama.

    発行年月:2009年12月

    著者氏名(共著者含):Fujikawa T, Shiraha H, Yamamoto K. ( Fujikawa T, Shiraha H, Yamamoto K.)

    共著区分:共著

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • 日本消化器病学会

    役職・役割名:中国支部評議員

    活動期間:2008年04月 ~ 継続中

その他 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    主に消化器癌の増殖・転移・血管新生・癌幹細胞化・EMTに関する研究を行っている。
    中でも細胞内シグナル伝達を中心に解析を行っている。
    消化器癌における、REIC遺伝子導入の研究も行っている。

  • 年度:2017年度

    主に消化器癌の増殖・転移・血管新生・癌幹細胞化・EMTに関する研究を行っている。
    中でも細胞内シグナル伝達を中心に解析を行っている。
    消化器癌における、REIC遺伝子導入の研究も行っている。

  • 年度:2016年度

    主に消化器癌の増殖・転移・血管新生・癌幹細胞化・EMTに関する研究を行っている。
    中でも細胞内シグナル伝達を中心に解析を行っている。
    消化器癌における、REIC遺伝子導入の研究も行っている。

  • 年度:2015年度

    主に消化器癌の増殖・転移・血管新生・癌幹細胞化・EMTに関する研究を行っている。
    中でも細胞内シグナル伝達を中心に解析を行っている。
    消化器癌における、REIC遺伝子導入の研究も行っている。

 

生涯学習支援貢献 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    該当なし。

  • 年度:2018年度

    該当なし。

  • 年度:2017年度

    該当なし。

  • 年度:2016年度

    該当なし。

  • 年度:2015年度

    該当なし。

審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    外部委員会区分:委員会

    名称:肝臓移植適応判定委員会

    役職:委員

    活動内容:肝臓移植のレシピエントの移植適応を判定

  • 年度:2018年度

    外部委員会区分:委員会

    名称:肝臓移植適応判定委員会

    役職:委員

    活動内容:肝臓移植のレシピエントの移植適応を判定

  • 年度:2017年度

    外部委員会区分:委員会

    名称:肝臓移植適応判定委員会

    役職:委員

    活動内容:肝臓移植のレシピエントの移植適応を判定

  • 年度:2016年度

    外部委員会区分:委員会

    名称:肝臓移植適応判定委員会

    役職:委員

    活動内容:肝臓移植のレシピエントの移植適応を判定

  • 年度:2015年度

    外部委員会区分:委員会

    名称:肝臓移植適応判定委員会

    役職:委員

    活動内容:肝臓移植のレシピエントの移植適応を判定

診療活動・医療支援 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    医療活動の実績:肝臓病、消化器病における診療を行っている。
    週2回の外来(担当患者約1500人)
    腹部超音波検査(60-80件を3-4人の医師で施行している)、肝細胞癌のラジオ波治療も行っている。

    治験,臨床研究の実績:年間5-10件の治験に治験分担医師として参加している。

    医療教育の実績:指導医として、病棟の研修医の指導を行っている。

    医療支援:福山 小川内科胃腸科、森近内科において週に一度診療活動を行い、消化器病・肝臓病患者の診察、内視鏡検査、腹部超音波検査など行い、地域の医療に貢献している。

  • 年度:2018年度

    医療活動の実績:肝臓病、消化器病における診療を行っている。
    週2回の外来(担当患者約1500人)
    腹部超音波検査(60-80件を3-4人の医師で施行している)、肝細胞癌のラジオ波治療も行っている。

    治験,臨床研究の実績:年間5-10件の治験に治験分担医師として参加している。

    医療教育の実績:指導医として、病棟の研修医の指導を行っている。

    医療支援:福山 小川内科胃腸科、森近内科において週に一度診療活動を行い、消化器病・肝臓病患者の診察、内視鏡検査、腹部超音波検査など行い、地域の医療に貢献している。

  • 年度:2017年度

    医療活動の実績:肝臓病、消化器病における診療を行っている。
    週2回の外来(担当患者約1500人)
    腹部超音波検査(60-80件を3-4人の医師で施行している)、肝細胞癌のラジオ波治療も行っている。

    治験,臨床研究の実績:年間5-10件の治験に治験分担医師として参加している。

    医療教育の実績:指導医として、病棟の研修医の指導を行っている。

    医療支援:福山 小川内科胃腸科、森近内科において週に一度診療活動を行い、消化器病・肝臓病患者の診察、内視鏡検査、腹部超音波検査など行い、地域の医療に貢献している。

  • 年度:2016年度

    医療活動の実績:肝臓病、消化器病における診療を行っている。
    週2回の外来(担当患者約1500人)
    腹部超音波検査(60-80件を3-4人の医師で施行している)、肝細胞癌のラジオ波治療も行っている。

    治験,臨床研究の実績:年間5-10件の治験に治験分担医師として参加している。

    医療教育の実績:指導医として、病棟の研修医の指導を行っている。

    医療支援:福山 小川内科胃腸科、森近内科において週に一度診療活動を行い、消化器病・肝臓病患者の診察、内視鏡検査、腹部超音波検査など行い、地域の医療に貢献している。

  • 年度:2015年度

    医療活動の実績:肝臓病、消化器病における診療を行っている。
    週2回の外来(担当患者約1500人)
    腹部超音波検査(60-80件を3-4人の医師で施行している)、肝細胞癌のラジオ波治療も行っている。

    治験,臨床研究の実績:年間5-10件の治験に治験分担医師として参加している。

    医療教育の実績:指導医として、病棟の研修医の指導を行っている。

    医療支援:福山 小川内科胃腸科、森近内科において週に一度診療活動を行い、消化器病・肝臓病患者の診察、内視鏡検査、腹部超音波検査など行い、地域の医療に貢献している。

その他 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    消化器病、特に肝臓病の診療にあたり、大学病院での高度医療から地域に貢献できる診療まで、患者様の利益を考えながら診療にあたっている。

  • 年度:2018年度

    消化器病、特に肝臓病の診療にあたり、大学病院での高度医療から地域に貢献できる診療まで、患者様の利益を考えながら診療にあたっている。

  • 年度:2017年度

    消化器病、特に肝臓病の診療にあたり、大学病院での高度医療から地域に貢献できる診療まで、患者様の利益を考えながら診療にあたっている。

  • 年度:2016年度

    消化器病、特に肝臓病の診療にあたり、大学病院での高度医療から地域に貢献できる診療まで、患者様の利益を考えながら診療にあたっている。

  • 年度:2015年度

    消化器病、特に肝臓病の診療にあたり、大学病院での高度医療から地域に貢献できる診療まで、患者様の利益を考えながら診療にあたっている。

 

全学的な実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2011年度

    委員会等の名称:教務委員会

    役職:委員

    任期:2009年04月 ~ 継続中

    貢献の実績:教育企画委員として、学生教育の消化器・肝臓内科での統括と中央との連絡を行っている。

  • 年度:2010年度

    委員会等の名称:教務委員会

    役職:委員

    任期:2009年04月 ~ 継続中

    貢献の実績:教育企画委員として、学生教育の消化器・肝臓内科での統括と中央との連絡を行っている。

  • 年度:2009年度

    委員会等の名称:教務委員会

    役職:委員

    任期:2009年04月 ~ 継続中

    貢献の実績:教育企画委員として、学生教育の消化器・肝臓内科での統括と中央との連絡を行っている。

所属部局等の実績(委員以外) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    貢献の項目と割合等:副病棟医長として病棟の管理運営をおこなった。

  • 年度:2018年度

    貢献の項目と割合等:副病棟医長として病棟の管理運営をおこなった。

  • 年度:2017年度

    貢献の項目と割合等:副病棟医長として病棟の管理運営をおこなった。

  • 年度:2016年度

    貢献の項目と割合等:副病棟医長として病棟の管理運営をおこなった。

  • 年度:2015年度

    貢献の項目と割合等:副病棟医長として病棟の管理運営をおこなった。

所属講座等の実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    委員会等の名称:ネットワーク管理責任者

    役職:その他

    貢献の実績:ネットワーク管理責任者としてIPアドレスの管理、ネットワークの保守を行った。

  • 年度:2019年度

    委員会等の名称:毒劇物取扱責任者

    役職:委員

    貢献の実績:毒劇物取扱責任者として毒劇物の管理を行った。

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:毒劇物取扱責任者

    役職:委員

    貢献の実績:毒劇物取扱責任者として毒劇物の管理を行った。

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:ネットワーク管理責任者

    役職:その他

    貢献の実績:ネットワーク管理責任者としてIPアドレスの管理、ネットワークの保守を行った。

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:ネットワーク管理責任者

    役職:その他

    貢献の実績:ネットワーク管理責任者としてIPアドレスの管理、ネットワークの保守を行った。

全件表示 >>

所属講座等の実績(自由記述) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    貢献の項目と割合等:所属講座においては、研究室の統括、管理を行っている。
    研究室内の試薬、機器の管理を行っている。

  • 年度:2018年度

    貢献の項目と割合等:所属講座においては、研究室の統括、管理を行っている。
    研究室内の試薬、機器の管理を行っている。

  • 年度:2017年度

    貢献の項目と割合等:所属講座においては、研究室の統括、管理を行っている。
    研究室内の試薬、機器の管理を行っている。

  • 年度:2016年度

    貢献の項目と割合等:所属講座においては、研究室の統括、管理を行っている。
    研究室内の試薬、機器の管理を行っている。

  • 年度:2015年度

    貢献の項目と割合等:所属講座においては、研究室の統括、管理を行っている。
    研究室内の試薬、機器の管理を行っている。

その他管理運営活動 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    研究室のネットワークの管理・運営を担当している。障害のないように管理するため,通常から多大な時間を取られている。

    化学物質・毒・劇物保管、使用責任者として研究室の薬品,試薬の管理を行っている。

  • 年度:2018年度

    研究室のネットワークの管理・運営を担当している。障害のないように管理するため,通常から多大な時間を取られている。

    化学物質・毒・劇物保管、使用責任者として研究室の薬品,試薬の管理を行っている。

  • 年度:2017年度

    研究室のネットワークの管理・運営を担当している。障害のないように管理するため,通常から多大な時間を取られている。

    化学物質・毒・劇物保管、使用責任者として研究室の薬品,試薬の管理を行っている。

  • 年度:2016年度

    研究室のネットワークの管理・運営を担当している。障害のないように管理するため,通常から多大な時間を取られている。

    化学物質・毒・劇物保管、使用責任者として研究室の薬品,試薬の管理を行っている。

  • 年度:2015年度

    研究室のネットワークの管理・運営を担当している。障害のないように管理するため,通常から多大な時間を取られている。

    化学物質・毒・劇物保管、使用責任者として研究室の薬品,試薬の管理を行っている。