所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

言語教育研究センター

職名 【 表示 / 非表示

准教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

外国語教育

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

言語教育

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:言語教育

    研究課題概要:

主要業績 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:The balance of teacher autonomy and top-down coordination in ESOL programs.

    掲載誌名:TESOL Quarterly50巻 1号

    発行年月:2016年01月

    著者氏名(共著者含):

  • 論文題目名:Variables influencing teacher autonomy, administrative coordination, and collaboration.

    掲載誌名:Journal of Education Administration

    発行年月:2016年01月

    著者氏名(共著者含):

 

写真

氏名

PRICHARD CALEB SYLVE (プリチャード ケイレブ)

PRICHARD CALEB SYLVESTER

所属専攻講座

全学教育・学生支援機構

職名

准教授

性別

男性

メールアドレス

メールアドレス

研究分野・キーワード

(日)言語教育

(英)Language Education

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:オレゴン大学

    学校の種類:大学

    学部名:歴史

    卒業年月:1997年06月

    卒業区分:卒業

    所在国:アメリカ合衆国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:Portland State University

    研究科名:言語教育研究科

    修了課程:修士課程

    修了年月:2001年02月

    修了区分:修了

    所在国:アメリカ合衆国

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:■廃止組織■ 、言語教育センター

    経歴名:准教授 (Associate Professor)

    職務期間:2012年04月 ~ 継続中

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 所属(勤務)先:共立女子大学

    経歴名:准教授

    経歴期間:2010年04月 ~ 2012年03月

  • 所属(勤務)先:フェリス女子大学

    経歴名:准教授

    経歴期間:2006年04月 ~ 2010年03月

  • 所属(勤務)先:カリフォルニア大学リバーサイド校の韓国ソウル校

    経歴名:講師

    経歴期間:2001年06月 ~ 2002年05月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • JALT学会  /  日本国 ( 2002年11月 ~ 継続中 )

  • TESOL学会 /  アメリカ合衆国 ( 1999年01月 ~ 継続中 )

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 外国語教育 (TESOL / Applied Linguistics)

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:言語教育 (Second Language Education)

    キーワード:読む プログラム運営 オーラルスキル CALL (Reading Adminsitration Speaking CALL)

    研究態様:未設定

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2000年03月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):言語学 、英語学

    専門分野(researchmap分類):教育学

    (Research areas include reading strategies, language program administration, pedagogy, and CALL.)

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:英語コミュニケーション6-2

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:専任

  • 年度:2019年度

    授業科目:コミュニケーション開発1

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:専任

  • 年度:2019年度

    授業科目:総合英語5(リーディング)-2

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:総合英語5(ライティング)-2

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:総合英語5(リーディング)-2

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:The balance of teacher autonomy and top-down coordination in ESOL programs.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:TESOL Quarterly50巻 1号

    発行年月:2016年01月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Variables influencing teacher autonomy, administrative coordination, and collaboration.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Education Administration

    発行年月:2016年01月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

  • 論文題目名:L2 Readers' Global Processing and Selective Attention: An Eye Tracking Study

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:TESOL Quarterly52巻 (頁 2 ~ https://doi.org/10.1002/tesq.423)

    発行年月:2017年11月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

  • 論文題目名:Training L2 learners to use Facebook appropriately and effectively.

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:CALICO Journal30 巻 2号

    発行年月:2013年05月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

  • 論文題目名: L2 learners’ ability to detect satirical news and the effect of humor competency training ( L2 learners' ability to detect satirical news and the effect of humor competency training)

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:TESOL Journal ( TESOL Journal)

    発行年月:2019年01月

    著者氏名(共著者含):

    共著区分:共著

全件表示 >>

論文査読 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    学術雑誌名:language and Cognition

  • 年度:2017年度

    学術雑誌名:Apples - Journal of Applied Language Studies

  • 年度:2017年度

    学術雑誌名:Teaching and Teacher Education

学会等における発表 【 表示 / 非表示

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称: International Congress of Linguists ( International Congress of Linguists)

    開催期間:2018年06月

    題目又はセッション名:Global Reading Strategies and Selective Attention (Global Reading Strategies and Selective Attention)

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:American Association of Applied Linguistics 2017

    開催期間:2017年03月

    題目又はセッション名:Fake News or Odd News?: Analyzing Japanese English Speakers’ Difficulty in Detecting Satire

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:TESOL 2017 Convention

    開催期間:2017年03月

    題目又はセッション名:New Ways of Teaching With Humor to Enrich Your Classroom

  • 会議区分:国際会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:American Association of Applied Linguistics 2017

    開催期間:2017年03月

    題目又はセッション名:Eye Tracking to Evaluate the Global Reading Strategies of L2 Readers

  • 会議区分:国内会議

    発表の種類:学会発表

    会議名称:JALT 2016

    開催期間:2016年11月

    題目又はセッション名:Transforming Humor in ELT from Ha-Ha to Aha!

全件表示 >>

学会等における役割 【 表示 / 非表示

  • JALT

    役職・役割名:Member , Scheduling Chair for Okayama Branch

    活動期間:2002年09月 ~ 継続中

  • JALT

    役職・役割名:Member , Scheduling Chair for Okayama Branch

    活動期間:2002年09月 ~ 継続中

  • TESOL

    役職・役割名:Member

    活動期間:2000年09月 ~ 継続中

  • JALT

    役職・役割名:Member

    活動期間:2002年09月 ~ 継続中

  • TESOL

    役職・役割名:Member

    活動期間:2000年09月 ~ 継続中

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:Evaluating the effectives of humor training in language education

    研究期間:2016年04月 ~ 継続中

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:Researching the effect of humor training

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:Utilizing Eye Movement Data to Assess Strategic Competence Across a Range of Reading Task Types in Second Language Learners

    研究期間:2015年04月 ~ 継続中

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:Researching reading strategies through eye tracking

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:Evaluating the effectives of humor training in language education

    研究期間:2016年04月 ~ 継続中

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:Researching the effect of humor training

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:Utilizing Eye -Movement Data to Identify Reading Strategies of Proficient Readers in a Second Language

    研究期間:2015年04月 ~ 継続中

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:Researching reading strategies through eye tracking

  • 研究種目名:基盤研究(C)

    研究題目:Evaluating the effectives of humor training in language education

    研究期間:2016年04月 ~ 継続中

    資金支給機関:文部科学省

    研究内容:Researching the effect of humor training

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 共同研究希望テーマ:Critical Thinking and Active Learning Spaces (Critical Thinking and Active Learning Spaces )

    共同研究実施形態:大学等の研究機関との共同研究を希望する

    産学連携協力可能形態:共同研究

 

公開講座・講演会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2017年度

    講座、講演会等種類:公開講座

    参加人数:100人

    開催日:2018年03月

    講座等名:内外情勢調査会パネルディスカッション

    講義題名:(1)グローバルに活躍できる人材の育成や多文化共生について(主に教育

    主催者:時事通信社岡山支局

審議会・委員会等 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    外部委員会区分:委員会

    名称:岡山市外国人市民会議

    役職:委員

 

全学的な実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:基幹教育センター教員会議

    役職:委員

  • 年度:2018年度

    委員会等の名称:岡山大学国際同窓会総会

    役職:副委員長

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:基幹教育センター教員会議

    役職:委員

  • 年度:2017年度

    委員会等の名称:岡山大学国際同窓会総会

    役職:副委員長

  • 年度:2016年度

    委員会等の名称:基幹教育センター教員会議

    役職:委員

全件表示 >>