所属学科・講座など 【 表示 / 非表示

放射線技術科学分野

職名 【 表示 / 非表示

教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

解剖学一般(含組織学・発生学)

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

解剖学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:細胞内骨格の超微構造

    研究課題概要:

  • 研究課題名:低線量放射線に対する生体の応答

  • 研究課題名:細胞外基質の働き

 

写真

氏名

田口 勇仁 (タグチ タケヒト)

TAGUCHI Takehito

所属専攻講座

保健学研究科

職名

教授

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)解剖学

(英)Anatomy

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:岡山大学

    学校の種類:大学

    学部名:医学部

    学科名:医学科

    卒業年月:1982年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:岡山大学

    研究科名:医学研究科

    専攻名:生理系解剖学

    修了課程:博士課程

    修了年月:1986年09月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:医学博士

    学位の分野名:解剖学一般(含組織学・発生学) (General anatomy(includes histology/embryology))

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:課程

    取得年月:1886年09月

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:保健学研究科

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2004年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 国際組織細胞学会 /  日本国 ( 1996年04月 ~ 継続中 )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • 日本癌学会 /  日本国 ( 1984年04月 ~ 2010年10月 )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • 日本解剖学会 /  日本国 ( 1881年04月 ~ 継続中 )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 解剖学一般(含組織学・発生学) (General anatomy(includes histology/embryology))

専門分野(researchmap分類) 【 表示 / 非表示

  • その他の医学

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:細胞内骨格の超微構造

    キーワード:イオンエッチング、走査型電子顕微鏡、免疫組織化学

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2004年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):解剖学一般(含組織学・発生学)

    専門分野(researchmap分類):

  • 研究課題名:低線量放射線に対する生体の応答

    キーワード:低線量放射線、抗酸化機能、免疫機能、生化学的および細胞組織学的検討

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2003年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):解剖学一般(含組織学・発生学)

    専門分野(researchmap分類):

  • 研究課題名:細胞外基質の働き

    キーワード:基底幕、Ⅳ形コラーゲン、免疫組織化学

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:2003年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):解剖学一般(含組織学・発生学)

    専門分野(researchmap分類):

  • 研究課題名:血管周囲プロテオグリカン

    キーワード:陽性荷電鉄コロイド,血管周囲腔,プロテオグリカン

    研究態様:個人研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:1998年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):解剖学一般(含組織学・発生学)

    専門分野(researchmap分類):

  • 研究課題名:強陰性荷電破膜をもつ神経細胞

    キーワード:陽性荷電鉄コロイド,中枢神経細胞,強性陰性荷電破膜

    研究態様:機関内共同研究

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:1995年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):解剖学一般(含組織学・発生学)

    専門分野(researchmap分類):その他の医学

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2019年度

    授業科目:形態・機能学演習

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:臨床医学特別実習

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:形態・機能学演習

    担当期間:2019年12月 ~ 2020年02月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:放射線生命・健康科学演習

    担当期間:2019年10月 ~ 2020年03月

    授業形式:

  • 年度:2019年度

    授業科目:放射線安全・医療応用学演習

    担当期間:2019年10月 ~ 2020年03月

    授業形式:

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:Protective effects of hot spring water drinking and radon inhalation on ethanol-induced gastric mucosal injury in mice

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Radiation Research58巻 5号 (頁 614 ~ 625)

    発行年月:2017年09月

    著者氏名(共著者含):Reo Etani,Takahiro Kataoka*,Norie Kanzaki,Akihiro Sakoda,Hiroshi Tanaka,Yuu Ishimori,Fumihiro Mitsunobu*,Takehito Taguchi*,Kiyonori Yamaoka*

    共著区分:共著

    DOI:10.1093/jrr/rrx021

  • 論文題目名:Evaluating the protective effects of radon inhalation or ascorbic acid treatment after transient global cerebral ischemic injury in gerbils

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Journal of Nuclear Science and Technology (頁 1 ~ 5)

    発行年月:2016年07月

    著者氏名(共著者含):Takahiro Kataoka*,Reo Etani,Norie Kanzaki,Kaori Sasaoka,Yusuke Kobashi,Katsumi Hanamoto*,Takehito Taguchi*,Kiyonori Yamaoka*

    共著区分:共著

    DOI:10.1080/00223131.2016.1198731