職名 【 表示 / 非表示

教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

生物系薬学

研究分野・キーワード 【 表示 / 非表示

生物系薬学、細菌学

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:細菌の病原性

    研究課題概要:

  • 研究課題名:大腸菌が産生する下痢毒素

 

写真

氏名

岡本 敬の介 (オカモト ケイノスケ)

OKAMOTO Keinosuke

所属専攻講座

医歯薬学総合研究科

職名

教授

性別

男性

研究分野・キーワード

(日)生物系薬学、細菌学

(英)Biopharmaceutics, Bacterilogy

出身学校 【 表示 / 非表示

  • 学校名:岡山大学

    学校の種類:大学

    学部名:医学部

    学科名:薬学

    卒業年月:1973年03月

    卒業区分:卒業

    所在国:日本国

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大学院名:大阪大学

    研究科名:医学研究科

    専攻名:細菌血清学

    修了課程:博士課程

    修了年月:1979年03月

    修了区分:修了

    所在国:日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学位名:医学博士 (Doctor(Philosophy))

    学位の分野名:細菌学 (Bacteriology)

    学位授与機関名:大阪大学 (Osaka University)

    取得方法:課程

    取得年月:

  • 学位名:薬学修士 (Master(Pharmacy))

    学位の分野名:分子生物学 (Molecular Biology)

    学位授与機関名:岡山大学 (Okayama University)

    取得方法:課程

    取得年月:

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 職務遂行組織:医歯薬学総合研究科

    経歴名:教授 (Professor)

    職務期間:2004年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本薬学会 /  日本国 ( 1992年04月 ~ 継続中 )

    活動内容:ReaD移行データ日付 :

  • 日本細菌学会 /  日本国 ( 1985年09月 ~ 継続中 )

    役職・役割名:評議員

    活動期間:

    活動内容:ReaD移行データ日付 : 1997

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 生物系薬学 (Biological system pharmaceutical science)

  • 細菌学(含真菌学) (Bacteriology (includes mycology))

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 研究課題名:細菌の病原性 (Pathogenicity of Bacteria)

    キーワード:Toxin

    研究態様:未設定

    研究制度:(選択しない)

    研究期間:1990年04月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):細菌学(含真菌学)

    専門分野(researchmap分類):感染症,寄生虫病

  • 研究課題名:大腸菌が産生する下痢毒素 (Enterotoxin produced by Escherichia coli)

    キーワード:大腸菌,下痢毒,ペプタイド (Escherichia coli,Enterotoxin,Peptide)

    研究態様:国内共同研究

    研究制度:保健医療分野における基礎研究推進事業

    研究期間:1990年01月 ~ 継続中

    専門分野(科研費分類):細菌学(含真菌学) 、生物系薬学 、創薬化学

    専門分野(researchmap分類):

研修受講歴 【 表示 / 非表示

  • 薬学部FDフォーラム(14)  ( 2009年12月 )

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 年度:2016年度

    授業科目:生物化学3

    担当期間:2016年04月 ~ 2017年03月

    授業形式:

  • 年度:2016年度

    授業科目:生物化学II

    担当期間:2016年04月 ~ 2017年03月

    授業形式:

  • 年度:2016年度

    授業科目:生物化学II

    担当期間:2016年04月 ~ 2017年03月

    授業形式:

  • 年度:2016年度

    授業科目:生物化学4

    担当期間:2016年04月 ~ 2017年03月

    授業形式:

  • 年度:2016年度

    授業科目:生物化学3

    担当期間:2016年04月 ~ 2017年03月

    授業形式:

全件表示 >>

 

論文(総説以外) 【 表示 / 非表示

  • 論文題目名:E. coli mismatch repair enhances AT-to-GC mutagenesis caused by alkylating agents

    記述言語:英語

    掲載種別:学術雑誌

    掲載誌名:Mutation Research - Genetic Toxicology and Environmental Mutagenesis815巻 (頁 22 ~ 27)

    発行年月:2017年03月

    著者氏名(共著者含):Kota Nakano,Yoko Yamada,Eizo Takahashi*,Sakae Arimoto*,Keinosuke Okamoto*,Kazuo Negishi,Tomoe Negishi

    共著区分:共著

    DOI:10.1016/j.mrgentox.2017.02.001

 
 

全学的な実績(委員等) 【 表示 / 非表示

  • 年度:2011年度

    委員会等の名称:研究用微生物安全管理委員会

    役職:座長

    任期:2011年04月 ~ 継続中